【価格・ランク別】シマノのおすすめスピニングリール8選!シマノの魅力や選び方も解説

シマノのスピニングリールは種類が豊富で、釣りたい魚やサイズによって選ぶことができます。今回、釣りラボでは、シマノのスピニングリールの魅力に迫り、おすすめのリールをレベル別ランクにして紹介しますので、お気に入りを是非見つけてください。

リール
スポンサーリンク

シマノのスピニングリールの魅力

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ステラ SW 6000XG オフショア&ショアゲーム #6000ハイスピードモデル

リールを選ぶ最初の分かれ道はスピニングリールにするかベイトリールにするかですが、より汎用性が高いのはスピニングリールがおすすめです。

次にメーカーですが、ダイワと並んで世界中で高く評価されるシマノのリールをおすすめします。

防水性能が優れている

シマノにはコアプロテクト、Xプロテクトという防水機構があります。
簡単に言えば、水圧がかかっても内部に海水が侵入しにくい機構です。
リールを水に水没させる動画をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

ランクの高いリールにはXプロテクトが搭載されていることが多くなります。

回転が軽い

シマノのスピニングリールの特徴の一つがその巻き心地です。
一度手に取ればその軽さは他メーカーの性能を圧倒することがすぐにわかります。
基本的にはリールのランクが高くなるほど巻き心地が良くなります。

ライントラブルが少ない

シマノのリールはライントラブルが非常に少ないことで有名です。
AR-C設計が採用されるランクのものはライン放出時の抵抗が抑えられているため、ライントラブルがおきにくくなっています

スポンサーリンク

シマノのスピニングリールの選び方

シマノ(SHIMANO) リール 15 BB-X テクニウム各種 2500DXG/C3000DXG/C4000D

非常にたくさんの種類があるシマノのスピニングリールですが、どのように選んだらいいのかをご紹介します。

番手で選ぶ

まずは番手が重要です。
自分の釣りたいターゲットや状況に応じて選びましょう
数字が大きくなるほど巻くことのできるラインの量が多くなり、太いラインにも対応できるようになります。

一般的には釣りたい魚のサイズが大きくなるほど大きな番手のリールが必要になります。

1000番

1000番のリールは重量の軽さがメリットです。
細いロッドと相性がよいため、総合的にタックルの重量が軽くなり、感度が向上します。

ひと巻きあたりのライン回収量が少なく、ゆっくりと引けるためエリアトラウトに最適です。

2000~3000番

2000番から2500番のリールはいわゆるライトタックルと呼ばれ、アジやメバル釣りに向いています
ゆっくりとルアーを引くデッドスローもできますのでエリアトラウトにもおすすめです。

2500番から3000番のリールは汎用性があり、一つ持っておくといろいろな釣りに対応できます。
メバル、アジ、エギングにも使用できます。
ただ、大きめのシーバス等がかかってしまうと取り込みに時間がかかるぐらいのイメージになります。

4000~5000番

4000番のリールはエギングやフラットフィッシュ、青物やシーバスを釣るのに向いています
リール自体の重さもそれなりにあるのでタックルバランスに気を付ける必要があります。

6000番~

6000番はいわゆる大物ねらいに使用するリールです。
オフショアでも使用することができます。
シイラやヒラマサといった大型の魚にも負けないパワーがあります。

重さで選ぶ

重さで選ぶことも重要です。
ロッドとのバランスが悪いと必要以上に疲れてしまったり、感度が鈍くなってしまいます。

番手が同じであっても軽いリールのほうが手返しがよく、疲れにくいので一日中釣りをするような方には軽いモデルをおすすめします。

価格で選ぶ

価格も大切な要素です。
ロッドのランクとリールのランクを合わせるのが一般的ですが、そこまでこだわらない方もいます。

高価なリールは修理やパーツ交換も高価なので廉価なリールを次々と買い替えていくのも一つの考え方です。

スポンサーリンク

【ランク別】シマノのおすすめスピニングリール8選

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

それでは、シマノのおすすめスピニングリールをランク別にご紹介していきます。

シマノのリールのランク表一覧(価格順)

ランク名称価格
初心者ランクセドナ5,000円前後
アリビオ6,000円前後
ナスキー10,000円前後
中級者ランクソアレ12,000~30,000円前後
ストラディック18,000~30,000円前後
上級者ランクツインパワー30,000~60,000円前後
テクニウム70,000円前後
ステラ65,000~100,000円前後

【上級者ランク】シマノスピニングリール3選

上級者におすすめのシマノスピニングリールをご紹介します。

【SHIMANO】ステラ(スピニングリール)

釣りをする方であれば一度は耳にしたことがあるシマノ最高峰ランクのリールです。
その特徴はこれでもかというくらいに滑らかな巻き心地です。
しっかりとメンテナンスをすれば何年も使える耐久性も兼ね備えています。

【SHIMANO】テクニウム(レバーブレーキ機能付きスピニングリール)

ステラと並ぶシマノの最高峰リールの一つです。
レバーブレーキ時にハンドルが回転しないということが特徴になります。
フカセ釣りの可能性を広げてくれるリールです。

【SHIMANO】ツインパワー(スピニングリール)

発売以来30年にわたって売れ続けているシマノのスピニングリールです。
高剛性、高耐久性がその特徴になります。
サーフフィッシングにぴったりです。

【中級者ランク】シマノスピニングリール2選

中級者におすすめのスピニングリールをご紹介します。

【SHIMANO】ストラディック

シマノの中級者向けスピニングリールです。
HAGANEギア、Xプロテクトの採用により剛性と耐水性が向上しています。
上級モデルと遜色のない性能に仕上がったリールです。

【SHIMANO】ソアレ(スピニングリール)

ライトタックルと非常に相性の良いシマノのスピニングリールです。
軽量でありながらもHAGANEギアの採用により十分な剛性を保持しています。
アジングやバス、トラウトフィッシングにおすすめです。

【初心者ランク】シマノスピニングリール3選

初心者向けのシマノスピニングリールをご紹介します。

【SHIMANO】ナスキー(スピニングリール)

ワゴンリールから脱却したい初心者におすすめのリールです。
HAGANEギア、コアプロテクトが採用されているので剛性、耐水性を十分備えています。
1000番から5000番までラインナップされているので、目的に応じてチョイスできます。

【SHIMANO】アリビオ(スピニングリール)

AR-Cスプール搭載により、ライントラブルを激減させたシマノの初心者向けスピニングリールです。
初心者にとってライントラブルはその日の釣りをやめるか続けるかの重大な問題です。
快適に釣りをするためにもおすすめなリールです。

【SHIMANO】セドナ(スピニングリール)

まさにこれから釣りを始める方におすすめしたいモデルです。
ロッドに近い重心配置により疲れやすさが軽減されています。
また、しっかりとドラグも装備されていますので、魚とのやり取りがスムーズに行えます。

スポンサーリンク

シマノリールランクについてまとめ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【価格・ランク別】シマノのおすすめスピニングリール8選!シマノの魅力や選び方も解説」というテーマに沿って、

  • シマノのスピニングリールの魅力
  • シマノのスピニングリールの選び方
  • 【ランク別】シマノのおすすめスピニングリール8選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】コスパ最強のスピニングリールおすすめ12選!特徴・選び方・使い方も
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
【2021年】バス釣り用スピニングリールおすすめ10選!コスパ最強の製品をご紹介
バスゲームではベイトリールが使われることも多いですが、一方でスピニングリールを使う人も多いです。今回、釣りラボでは、バス…
メンテナンスでスピニングリールを長持ちさせる!やり方・おすすめグリスをご紹介
潮を被ったり、時には砂も付いたりとスピニングリールは過酷な環境にさらされています。今回、釣りラボでは、過酷な環境で使用さ…
【2021年最新版】ジギング用スピニングリールおすすめ10選!特徴や選び方も詳しく解説!
オフショアジギング向けのスピニングリールは種類がたくさんあって迷ってしまいます。今回、釣りラボでは、初心者・中級者・上級…
【2021年最新】コスパ最強のスピニングリールおすすめ10選!選ぶポイントも解説
スピニングリールが欲しい方の中にはコスパを重視したい方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、コスパの良いスピニ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン