【2020年】ランディングネットおすすめ7選!使い方や渓流・シーバス向けの人気商品をご紹介!

釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ランディングネットの選び方や使い方を解説した上で、おすすめのランディングネット5選、2020年の新製品2選を紹介します。

シーバス
スポンサーリンク

ランディングネットとは?

ランディングネット

出典:写真AC

ランディングネットとは、ヒットした魚を取り込む際に使用する網です。
大物を無理に釣りあげようとした場合のラインブレイクやロッドの破損、ターゲットのバラシを防ぐことができます。
魚をリリースする際も負担を軽減できるので、持っておきたいアイテムのひとつです。

ランディングネットの選び方

ランディングネットは、機能性やシャフトと長さ、素材や大きさなど様々な違いがあります。
選び方のポイントを確認しておきましょう。

機能性

釣り場によっては、ランディングネットの機能性が重要な要素です。
折りたたみできるかどうか、持ち運びしやすいかどうかは必ずチェックしてください。
フォールドを移動しながらのランガンや、現場へ電車や自転車などで向かう場合は、特にコンパクトさや機動性に重点をおきましょう。

シャフト(柄)の長さ

ランディングネットのシャフト(柄)は、釣りを行うフィールドによって最適な長さが異なります。

エリアトラウトと呼ばれる管理釣り場では、2m程度の短めのシャフトがおすすめです。
取り回しが良く素早いキャッチ&リリースができるので、バス釣りにも向いています。
こういった現場に長い柄は不要なので、伸縮機能がないランディングネットが手軽です。

ニジマスやヤマメをターゲットにした渓流でのフライフィッシングや、狭いボート・カヤックでの釣りには、3m程度のシャフトが適しています。
この程度の長さのランディングネットは伸縮できる折りたたみタイプがほとんどなので、現場への持ち運びにも便利です。

堤防やサーフからの海釣りや船釣りでは、5m以上の長いシャフトのランディングネットを選んでください。
足場からの高低差があってもターゲットを取り込むことが可能です。
ランディングネット自体も重量があるので、持ち運びには不向きです。

ネットの素材・フレームの大きさ

ランディングネットの素材は、強度の高いより糸、安価で初心者向けのナイロン、ルアーフックや魚が絡みにくいラバーから選びます。
好みで選んで問題ありませんが、リリース前提ならばラバーをおすすめします。

フレームの大きさはターゲットの魚のサイズに合わせて選んでください。
アジやメバルなどは30cm程度、チヌやヒラマサなどの大型青物は60cm程度が適しています。
形状は、大物をキャッチしやすいオーバル形や汎用性の高い丸型などがあります。

ランディングネットの使い方

ランディングネットの使い方を抑えておきましょう。

まず魚の頭の方からネットに入れ、ネットの中央部分ですくいます。
下流側にネットを入れることと、ネット自体はあまり動かさず魚をネットに誘導することがコツです。
ネットの中央に魚が入ったら、ラインを緩めてランディングしてください。

グリップの手入れやネットの補修など、メンテナンスをしっかりしておくとランディングネットが長持ちします。

スポンサーリンク

ランディングネットのおすすめ人気商品5選

ランディングネット

出典:写真AC

それでは、おすすめのランディングネットを5つ紹介します。

ラバー素材でおすすめのランディングネット2選

まずは、ラバー素材のおすすめランディングネットを2つご紹介します。

【プロックス】オールインワンソルト

ラバーコーティングネットなので、小さいイカをリリースするエギングやヒレやトゲの引っかかりやすいロックフィッシュにも向いています。
仕舞寸法はコンパクトですが、ブリやヒラマサなどの大型青物にも対応できるネットサイズです。
ジョイントやホルダーが標準装備なのも嬉しく、初心者の最初の一本としておすすめできます。

【タカミヤ】REALMETHOD ラバーランディングネット

アジングやトラウトに適した小さめのランディングネットです。
丸洗いできるので、汚れやぬめりが落としやすく清潔に使うことができます。
ハンドルは劣化しにくいプラスチックラバーで、落下防止のナスカン付コードが付属しています。

渓流釣り・トラウトにおすすめのランディングネット1選

続いて、渓流釣りやトラウトゲームにおすすめな、持ち運びやすいランディングネットをご紹介します。

【ドレス】ランディングネット

渓流や管理釣り場でのトラウトに最適のランディングネットです。
ワンタッチで折りたため、軽量なので持ち運びに適しています。
コスパが良いので、子供との川遊びにもおすすめです。

シーバス・青物におすすめのランディングネット2選

最後に、シーバスや青物のような大物向けのおすすめランディングネットを2つご紹介します。

【テイルウォーク】CATCHBAR 改

ルアーフィッシングタックルメーカーのテイルウォークのシーバス用大型ランディングネットです。
カラビナやコードを装備できるリングがついており、ネットがラバーコーティングされている点も魅力です。

【ダイワ】玉網(タモ) ランディングポール 2 磯玉網

持ち運びしやすい小継のシャフトと網がセットになったランディングネットです。
ポール部分はネットとギャフのどちらでも取り付けることができます。
全魚種対応で、大物にもしっかり対応できる安心のダイワ製です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめランディングネット2選

続いて、2020年に発売された新製品のランディングネットを2つご紹介します。

【がまかつ】宵姫ランディングネット

2020年に老舗メーカー「がまかつ」よりリリースされたこちらのランディングネットは、フリーフラップジョイントによってポールの角度が360度自由に調整できるという優れものです。
移動の際の折りたたみはもちろんホルダーに差す際にも便利な上、ネジを緩めて好みの角度でまた締め込むだけという調節の手軽さも魅力です。
やや大きめで深いネット部分はV字になっており、魚をしっかりキャッチでき安定感があります。

【テイルウォーク】KEISON STREAM NET L

こちらは、ルアーフィッシング用タックルでポピュラーなテイルウォークが2020年にリリースした、渓流や湖といったネイティブエリアでのトラウトフィッシング向けランディングネットです。
トラウトを取り込みやすいS字カーブに作られたバーズアイメイプルのウッドフレームと、鮮やかなオレンジ色のネットが目を惹きます。
材質とデザインに反してリーズナブルな価格設定となっており、サイズ展開はMとLの2種類となっています。

スポンサーリンク

ランディングネットのおすすめカスタムパーツ

ランディングネット

出典:写真AC

ランディングネットにおすすめのカスタムパーツを紹介します。
準備しておくと快適に釣りが行える便利グッズですので、是非チェックしてみてください。

折りたたみジョイント

折りたたみジョイントとは、ランディングネットの網フレームとシャフトの接続に使用するパーツです。
折りたたみジョイントを使うことによって、接続部分で二つ折りにすることができます。

【メジャークラフト】MCLA/BL ランディングアーム

ロック機能が付いており、安全性も高い折りたたみジョイントです。
ネットを振り出すとロックが解除される仕組のため、急いでいる時でもスムーズです。
カラーバリエーションはレッド、ブルー、ブラックから選べます。

ランディングネットホルダー

ランディングネットホルダーは、ランディングネットをベルトやベストに収納でき、移動の際に非常に便利です。
自作するアングラーもいますが、おすすめのホルダーを紹介します。

【プロックス】タモホルダーライト

ランディングネットホルダーがあれば、逐一地面に置いたり取り上げたりしなくても済み、スピーディです。
六角レンチが付属しており、カラーはブルーとブラックから選ぶことができます。

スポンサーリンク

ランディングネットのおすすめ人気商品まとめ

ランディングネット

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ランディングネットおすすめ7選!使い方や渓流・シーバス向けの人気商品をご紹介!」というテーマに沿って、「ランディングネットとは?」「ランディングネットのおすすめ人気商品5選」「ランディングネットのおすすめカスタムパーツ」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ラバー素材のランディングネット(タモ網)の特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介
ランディングネットは釣りの際に必ず持っておきたいアイテムの一つです。そんなランディングネットは素材によって使いやすさが違…
トラウトフィッシングにおすすめなランディングネットやその選び方をご紹介!
トラウトフィッシングでは繊細なトラウトをできるだけダメージを抑えて捕獲することが重要になります。そこでポイントとなるのが…
ランディングネット(タモ網)の携帯方法を解説!おすすめの商品も紹介
渓流釣りなどでランディングネットを用いる際には持ち運びやすさがとても重要になってきます。そこで今回釣りラボでは、ランディ…
青物釣りにおすすめのランディングネット(タモ網)を徹底解説!選び方もご紹介
ランディングネットにはサイズや形が異なり、釣る魚の種類によって変える必要があります。そこで今回釣りラボでは、青物魚を釣る…
ランディングネットの簡単な編み方解説!網目の種類や減らし目の方法も紹介
釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。そんなランディングネットを自分で編むことはで…