【2021年】電動ジギングリールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

最近ではジギングにも電動リールが選ばれるようになっています。どのようなリールが人気なのでしょうか?今回、釣りラボでは、電動ジギングリールの特徴、おすすめの電動ジギングリール、2021年シーズンに向けた新製品の電動ジギングリールをご紹介します。

リール ジギング
スポンサーリンク

そもそも電動リールでジギングは楽しめる?

シマノ(SHIMANO) 電動リール 19 ビーストマスター 2000EJ 電動 ジギング

そもそも電動リールでジギングは楽しめるのでしょうか。
電動リールはオフショアでのジギングにはおすすめのタックルの一つです。

手巻きのリールの場合ヒットしたターゲット巻き上げる際には、手巻きで行う必要がありますが、電動リールの場合にはスイッチ一つで巻き上げることができます。

力の無い人や女性でも、より大きめのメタルジグを扱ったり、大型のターゲットを狙うことができます。

電動リールは、タナ取りが容易です。
手巻きのベイトリールにはICカウンターの付属しているものも多くあり、それなりに深さを把握することはできますが、電動の場合にはより簡単にタナ取りをすることができます。

手巻きのリールを用いてのターゲットとのファイトもそれなりに楽しいものですが、手巻きの疲労などを考えると電動リールも十分にジギングを楽しめるタックルと言えます。
なお電動リールジギングロッドはベイトリール用を用います。

スポンサーリンク

電動ジギングリールの選び方

ダイワ(DAIWA) 電動リール レオブリッツ 300J 300J 2015年モデル

電動ジギングリールの選び方について解説します。
電動ジギングのリールは、狙うターゲットの魚種や狙う深さによって変わってきます。
大きな電動リールであれば、汎用性は高いですが、重くなって操作性も悪くなってしまいます。

選ぶポイント1:糸巻量で選ぶ

ライトジギングや中深海のジギングであればPE3号や4号を200mから300m程度、巻けるものを、ジギングとなるともう少し余裕をもってPE3号から4号を400m程度巻くことができるものを選択しておくと良いでしょう。

太刀魚(タチウオ)や青物狙いなどの他にタイラバなどにも活用できる汎用性の高い電動リールになります。

もちろん小型の魚のみを狙う場合には、PEラインの太さをPE2号程度に落としてもかまいませんし、深い場所を狙う場合には、太いPEラインを長く巻くことができるものでもよいでしょう。

選ぶポイント2:パワーで選ぶ

同じ糸巻量でも搭載しているモーター性能などによって巻き上げ力は変わってきます。
巻き上げ力は、スピードやより大型の魚を巻き上げる際に重要です。

高性能のモーターを搭載しているものは一般的には高価格になりますので、予算と相談して決めましょう。

スポンサーリンク

電動ジギングリールおすすめ人気6選

シマノ(SHIMANO) 電動リール 15 プレミオ 3000 右ハンドル 初心者向け

電動ジギングリールおすすめ人気6選をご紹介します。

【シマノ】ビーストマスター 2000EJ

シマノから発売されているジギング専用の電動リールで、ジャークを行うEJモードを組み込んでおり、シマノ電動リールジギングでおすすめの製品です。

高温時にも力を発揮するブラシレスモーターを採用し耐久性も抜群でランキングでも上位にあります。
2000EJはPEライン3号を500m巻くことができるラインキャパを持っています。

【ダイワ】レオブリッツ 300J

自重が545gと極めて軽量な電動リールで、JOGパワーレバーがリールの中央部にあり、ダイワ電動リールジギングでおすすめです。

300JはPEライン3号を400m巻くことができるラインキャパを持ち、最大ドラグ力10kgとなる操作性の高い電動ジギング用リールです。

【シマノ】プレミオ 3000

シンプルなエントリーモデルで、扱いやすいのが特徴となっています。
価格も比較的安く、かつ必要十分な機能を搭載し初心者にも人気のエントリーモデルです。

PEライン4号を400m巻くことができるラインキャパを持っているので、電動リールジギングにあった仕様となっています。

【ダイワ】シーボーグ 300MJ

ダイワの電動リールシーボーグシリーズの旗艦モデルで、小型電動リールに要求される基本的な性能はもちろんのこと操作性やデザインをブラッシュアップしています。

JOGパワーレバーの採用で、巻き上げのスピードコントロールを指で行うことができるようになりました。

【シマノ】フォースマスター 2000

繊細さもった電動ジギングリールで、MUTEKIモーターを搭載し、さらなるパワーを備えました。

PEライン4号を400mm巻くことができるラインキャパを持っておりディープタイラバなどにも向く電動リールです。

【ダイワ】シーボーグ 200J-SJ

ダイワの電動スロージギング専用モデルで、アカムツやクロムツなどをターゲットとした釣りにあった設定となっています。

根魚など比較的小型の魚をターゲットとしており、使用するPEラインも1.5号で巻き取り量400mですが、必要十分な設定です。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの電動ジギングリール2選

ダイワ(DAIWA) 電動リール 20 シーボーグ 300MJ (2020モデル)

2021年新作のおすすめ電動ジギングリール2選をご紹介します。

【ダイワ】シーボーグ 300J

2021年新製品で軽量でコンパクトなボディと、ハイパワーを生み出すMAGMAXモーターで手持ちでも快適に取り扱うことができます。

300Jはブライトライン(PEライン)3号を400m巻くことができ、スプール容量も十分でジギングにも最適な仕様です。

【シマノ】フォースマスター 1000

2021年に発売された新作の電動リールでMUTEKIモーターなどの最新の技術も搭載しモデルチェンジしました。

フォースマスター1000は680gの軽量ボディと、PEライン3号を400m巻くことができるスプールを持ち電動ジギングに最適なリールです。

スポンサーリンク

電動ジギングリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) 電動リール 16 フォースマスター 2000 右ハンドル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】電動ジギングリールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • そもそも電動リールでジギングは楽しめる?
  • 電動ジギングリールの選び方
  • 電動ジギングリールおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめの電動ジギングリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】電動リールおすすめランキング8選!シマノやダイワの人気製品から使い方・選び方も
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ…
【2021年】シマノの電動リールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
シマノは数多くの電動リールを発売しており、初めて電動リールを購入する際におすすめのブランドの一つです。今回、釣りラボでは…
【2021年最新版】電動リール用バッテリーおすすめ5選!選び方や処分方法も解説
特に船釣りや大物狙いの釣りにおいて大活躍の電動リールですが、バッテリーには寿命があり、買い替えが必要になります。今回釣り…
【2021年】ダイワの電動リールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
船釣りに欠かせない電動リールですが、どのメーカのものを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回、釣…
【2021年】ワカサギ電動リールおすすめ人気7選!選び方・メリットもご紹介
冬の風物詩として知られるワカサギ釣り。繊細なワカサギ釣りには専用のリールを用いる必要があります。今回釣りラボでは、ワカサ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン