【2021年】ネオプレーンのウェーダーおすすめ人気8選!選び方や新製品もご紹介

ネオプレーンのウェーダーを選ぶ方が近年増えています。今回、釣りラボでは、ネオプレーンのウェーダーの特徴、おすすめのネオプレーンのウェーダー、2021年シーズンに向けた新製品のネオプレーンのウェーダーをご紹介します。

釣りの時期・時間帯
スポンサーリンク

そもそもクロロプレン(ネオプレーン)素材とは?どんな特徴がある?

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー フェルトスパイク(PX8725) 3L ジャーマングレー

そもそもクロロプレン(ネオプレーン)素材とは?どんな特徴があるのでしょうか。
ネオプレーンとは天然ゴムに代わる合成ゴムとして初めてデュポン社が開発したクロロプレン(ゴム)の商品名で、材質は基本的に同じものです。

クロロプレン(ネオプレーン)素材の特徴は、耐候性、耐熱性、耐薬品性、耐薬品性に優れていることで、保温性が高いことからウェーダーやスキンダイビングのスーツなどに多用されています。

スポンサーリンク

クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーの選び方

マズメ(MAZUME) ウェーダー ネオプレーンウェイダー MZBF-431-01 ブラック M

クロロプレン(ネオプレーン)ウェーダーの選び方について解説します。

選ぶポイント1:形状で選ぶ

クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーには、大きく分けて3つの形状があります。
チェストハイウェーダーは胸までをカバーし、腰までをカバーするウェストハイウェーダー、ひざ下程度の水深に対応するヒップウェーダーなどです。

それぞれ動きやすさや、対応できる水深が異なりますので、釣行する場所の状況を考慮し選択しましょう。

選ぶポイント2:ソールの形状で選ぶ

ウェーダーのソールには、ラジアルソール、フェルトソール、ピンフェルトソールのほかに、ブーツ部分がないストッキングタイプなどがあります。

ラジアルソールは、砂や土の上などに向いています。
フェルトソールは、濡れた磯や渓流などでグリップ力が高くなっており、ピンフェルトソールはピンの力でぬめりのある場所などでも高いグリップ力を発揮します。

ストッキングタイプは、シューズを履き替えることで、様々なフィールドに対応できる汎用性の高いウェーダーです。

スポンサーリンク

クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) フィッシングウェーダー ネオウェーダー ブラック 3L NW-4204R

クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーおすすめ人気6選をご紹介します。
保温性能に優れたクロロプレン(ネオプレーン)ウェーダーなどありますので参考にしてみてください。

【プロックス】3Dインナークロロプレンウェーダー

4mm厚のクロロプレンウェーダーでチェアストハイのモデルです。
冬場や、初夏で解禁当初の渓流など寒さの厳しい時期に対応しており、3Dインナーで保温性も抜群でおすすめです。

フロントに大型のポケットがあり、オープンポケットはハンドウォーマーにもなります。
他に簡易防水ポケットもあり小物品の保管に便利です。

【マズメ】ネオプレーンウェーダー

ストレッチ性がアップしたマズメのネオプレーンウェーダーで、保温力が圧倒的に優れており人気があり、ランキングにあがることもあります。

ネオプレーンウェーダーのソールはフェルトスパイクソールですが、スパイクピンはつま先とかかとのみについており、動きやすさとグリップ性を両立させました。

【ダイワ】ネオウェーダー

機動性に富むとともに保温性も高く、高い機能を搭載したダイワから発売されているクロロプレンウェーダーです。

ブーツは、新型のクロロプレンブーツで耐久性やクッション性が高く、屈曲性の高いキュービックセンサーソールを採用しています。

【エクセル】クロロプレンウェーダーフェルトソール

4mmの厚さで保温性も高いエクセルのクロロプレン素材のウェーダーで、ラジアルソールとなっています。

エクセルのウェーダーは、価格が比較的安くコストパフォーマンスに優れているので、おすすめです。

【ダイワ】タイトフィットソルトストッキングウェーダー

スマートな見た目の、タイトフィットタイプのクロロプレンウェーダーで、ソルト専用になっています。

ストッキングタイプとなっているので、シューズとの組み合わせで、さまざまな場所で釣りを楽しむことができます。

【ダイワ】タイトフィットソルトウェーダー

クロロプレンを素材に使用したウェーダー保温力が高く、水の抵抗を押さえるタイトフィットフォルムが特徴です。

ソールはフェルトスパイクソールで、屈曲性とグリップ力を両立させたツービックセンサーソールとなっています。
予想外の波でウェーダー内に水が入りにくくなるように、波よけ機構を採用しています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのクロロプレン(ネオプレーン)のウェーダー2選

ウェーダー クロロプレーンウェダー (フェルトソール 中丸) OH-8800 3L

2021年新作、おすすめのクロロプレン(ネオプレーン)のウェーダー2選をご紹介します。

【リバレイ】RBBクロロプレンウェーダー

2021年新作、クロロプレンウェーダーの最新モデルで、5mmの厚さのクロロプレンを使用しており、保温性は抜群で冬でも安心です。

サイズはMから大きいサイズの3LOまであるので、自分の体格に応じて選択できます。
リバレイは1年間のピンホールの無償修理に対応しており、アフターサービスも万全です。

【ドレス】クロロプレンウェーダーエアボーン

2021年新製品のクロロプレンウェーダーで、軽くて動きやすい4mm厚のクロロプレン生地を採用しています。

ソールは、いろいろなフィールドに対応可能なラジアルソールで、水の侵入を押さえるウェストベルトや、肩への負担を軽減するショルダーベルトを採用しています。

スポンサーリンク

クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーについてまとめ

ダイワ(DAIWA) フィッシングウェーダー タイトフィットソルトクロロプレンストッキングウェーダー(ソックス先丸) ブラック L SW-4051CS-T

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ネオプレーンのウェーダーおすすめ人気8選!選び方や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそもクロロプレン(ネオプレーン)素材とは?どんな特徴がある?
  • クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーの選び方
  • クロロプレン(ネオプレーン)のウェーダーおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのクロロプレン(ネオプレーン)のウェーダー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ネオプレーンのウェーダー
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめのウェーダー10選を紹介!種類ごとの特徴や用途別の選び方も解説!
ウェーダーの購入を考えているけど、色々な種類があり、どれを買えば良いかわからない人は多いのではないでしょうか?今回、釣り…
【2021年】ダイワのウェーダーおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
ダイワのウェーダーは、渓流釣りなどで活躍する人気の商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのウェーダーの特徴、おすすめのダイ…
【2021年】マズメのウェーダーおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も
水中に入る際に必要になるウェーダー。中でも人気が高いのがマズメのウェーダーです。今回、釣りラボでは、マズメのウェーダーの…
【2021年】シマノのウェーダーおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
シマノのウェーダーは、ダイワと並んで人気のある製品であり、釣りで非常に重宝されます。今回、釣りラボでは、シマノのウェーダ…
【2021年】プロックスのウェーダーおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
プロックスのウェーダーは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、プロックス…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン