【入門】サビキリールの選び方(番手・サイズ)を徹底解説!おすすめ商品も紹介

サビキリールはどのようなポイントに注意して選ぶと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者向けに入門編として、サビキリールの番手・サイズ・スプールの大きさ・ギア比・ハンドル・ドラグ力の選び方や、迷った際のおすすめのサビキリールをご紹介します。ぜひご覧ください。

リール
スポンサーリンク

そもそもサビキリールってどんなリール?

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT2500D (2020モデル)

サビキ釣りとは、魚の皮や化学繊維、スキンゴムなどを巻いた疑似バリが何本もついた多点バリ仕掛けをもちいて、コマセと呼ばれる撒き餌をまいて、寄ってきた魚に疑似バリを食わせる釣りスタイルのことです。

釣りの世界では、投入した仕掛けを動かすことを「サビく」といいます。
サビキ釣りでは、仕掛けを上下に動かし、魚の食い気を誘うので、この名がつけられました。

サビキリールには、糸絡みや、魚に引っ張られたときに糸が切れてしまったり、というライントラブルの少ない、スピニングリールを使います。
堤防釣りなら、3号の道糸が100m~150m程度巻ける、小型のスピニングリールが主体です。
それでは、サビキリールの選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

サビキリールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ C3000HG シーバス エギング ライトショアジギング

サビキリール選び=スピニングリール選びになるのですが、スピニングリールにもいろいろ種類があります。
サビキリールには最も一般的な汎用タイプのスピニングリールが適しています。

サビキリールの価格は1万円以下のものから、5万円以上の高級なものまでいろいろあります。
サビキリールの選び方ですが、安価なものでもじゅうぶん楽しめます。
しかし、あまりに安すぎるものや、よくわからない外国製のものは要注意で、初心者なのでとりあえず安いもので、という選び方をしてしまうと、すぐに故障して使えなくなる危険性が高いです。

せっかく購入するなら、長く愛着をもって使いたいものです。
ダイワ、シマノなど、しっかりしたメーカーの中から選ぶという選び方のほうが何かと安心です。

選ぶポイント1:番手・スプールの大きさ

次にリールの番手の選び方です。
「番手」とは、リールの大きさのことで、サビキリールには、2500番~3000番が適しています。
リールの製品名の後ろにある4桁の数字がそれです。

サビキリールは、基本的に小型回遊魚狙いですが、いきなりやってくる大物にも対応できるのがこの番手です。
ある程度の重さにも耐えられます。

スプールとは、糸を巻いておく、ボビンのような形の部品です。
スプールは、糸巻き量によって大きさが異なり、太い糸を大量に巻くためには、大きいスプールが必要になります。

サビキリールは、3号のナイロン道糸が100m~150m程度巻けるものがあればじゅうぶんです。
また、スプールはドラグノブを緩めると、取り外して交換できるので、予備を用意しておくと、釣り場でのトラブルに対応できます。

選ぶポイント2:リールの種類

リールの種類から選ぶ選び方です。
リールは、おおまかに、スピニングリールとベイトリールの2種類に分けられます。
サビキリールに適しているのは、スピニングリールです。

スピニングリールは、ハンドルを回すことで、スプールに糸を巻いていくシステムのリールです。
スピニングリールは、速い巻き取りが可能で、サビキリールとしてだけではなく、投げ釣りでも飛距離が出せます。
軽い仕掛けを遠くへ飛ばすことができます。

キャストしにくいという欠点もありますが、糸絡みが少なく、初心者でも扱いやすいです。

選ぶポイント3:ギア比

ギア比から選ぶ選び方です。
ギア比とは、ハンドルを一巻きした時に、スプールが何回転するのかの比になります。
「スプール回転数:ハンドル回転数」または「スプール回転数のみ」などで表されます。

ギア比は、ローギア、ノーマルギア、ハイギアに分けられています。
メーカーや機種によって、多少差はあるのですが、だいたい、ローギア(ギア比4~5)、ノーマルギア(ギア比6前後)、ハイギア(ギア比5~7)くらいになります。

さらに上、エクストラハイギア(ギア比8~9)とうのもあります。
ハイギア製品には、製品名にH・HGなどが付いています。

ローギアは一回の糸巻き量が少ないので、巻き取り速度が遅く、ハイギアは一回転の糸巻き量が多いので速く巻き取れる、ということです。

ではどちらが良いのか。
これは、好みになりますが、サビキ釣りの場合には、急いで巻き取るということもないので、そこまでギア比の大きいものではなくても良いです。
ルアー釣りなどで、高速で巻きたいからハイギアにする、などの選び方もできます。

選ぶポイント4:最大ドラグ力

ドラグ力での選び方です。
ドラグとは、ラインに負荷がかかった時に、スプールを逆回転させて、糸を送り出す機能のことです。
スペック表の標準糸巻量までラインを巻いた状態で、ドラグを手で最大限締めたときに発揮できる力のことを最大ドラグ力といいます。

例えば、最大ドラグ力が5㎏というのは、ドラグをカチカチに締めた状態で、最大負荷が5㎏ということで、それ以上の負荷がかかると糸が出始めます。
つまり5㎏までの間で、調整できるのです。

選ぶポイント5:ハンドル

ハンドルの選び方です。
ハンドルは回転させることで、スプールに糸を巻き取ります。
ハンドルノブの数によって、シングルハンドルとダブルハンドルがあります。

ハンドルにあるネジを外せば、位置を左右入れかえることができます。
右利きだから右ハンドルがしっくりくるかと言えば、そうでもなく、左のほうが巻きやすいという人もいます。

大物がきた時には利き手で竿を持って、反対の手でリールを巻いたほうが、扱いやすいこともあります。
左右の選び方は、自分にはどちらがあうのか、実際に付け替えて、確かめてみるのも良いです。

スポンサーリンク

初心者はどういったリールを選ぶのがおすすめ?

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 2500 バス釣り ライトショアジギング ワインド エギング 初心者向け

では、初心者はどういったリールの選び方をしたらよいでしょうか。

扱いやすさ、耐久性なども考慮して、やはり、変に安すぎるものは避けたいところです。
ダイワ、シマノ、アブガルシアといった、有名メーカーのもの中から、汎用タイプのスピニングリールを、という選び方がよいでしょう。

入門モデルと言われるものも、1万円以下で見つけることができます。
番手は2500番・3000番のもので、3号の糸が100m~150m巻けるものがよいです。
ドラグ力は、有名メーカーのものだとドラグ性能もよいので、そこまでは気にしなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

初心者におすすめのサビキリール3選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT2500D (2020モデル)

最後に、迷ったら是非選んでほしい、初心者におすすめのサビキリールを紹介します。

【ダイワ】スピニングリール レブロスLT2500D

堤防釣りならほとんどの釣りに対応できる入門モデルが、LIGHT & TOUGHに進化しました。
AIR ROTOR(エアローター)採用で高い回転性能の実現で巻き感度もよいです。
さらにATD(オートマチックドラグシステム)搭載でドラグの調整も減り、ラインブレイクも防げます。

【シマノ】スピニングリール サハラC3000HG

ボディ内の重量物の配置を整え、リール全体の重心をロッドに近づけているので、操作性がアップしています。
力を効率的に伝達するシステム(X-SHIP)を搭載し、無駄な力がいりません。
入門モデルとは思えない、しっかりとしたつくりで、長く安心して使える汎用スピニングリールです。

【シマノ】スピニングリール セドナ2500

シマノのセドナシリーズ。
こちらもウォームシャフトをドライブギア上部に配置している一体化設計で、疲労軽減と、ロッドの操作性を向上させたタイプです。

スポンサーリンク

サビキリールの選び方についてまとめ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ C3000HG シーバス エギング ライトショアジギング

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【入門】サビキリールの選び方(番手・サイズ)を徹底解説!おすすめ商品も紹介」というテーマに沿って、

  • そもそもサビキリールってどんなリール?
  • サビキリールの選び方
  • 初心者はどういったリールを選ぶのがおすすめ?
  • 初心者におすすめのサビキリール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

サビキ釣りのコツを徹底解説!最適な時期やおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
サビキ釣りは比較的簡単に始めることができ、釣り女子や初心者に人気のある釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなサビキ釣りに…
【2021年】サビキ釣り竿おすすめ人気ランキング11選!選び方や新製品もご紹介
サビキ釣り竿には何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、サビキ釣り竿の特徴、おすすめのサビキ釣り竿、2021年シ…
サビキ釣りにおすすめの餌をご紹介!自作撒き餌の作り方や保存方法、餌なしで釣る方法も
サビキ釣りは子供や初心者でも気軽に楽しむことのできる釣りの基本中の基本です。今回釣りラボでは、そんなサビキ釣りに使う餌に…
ジグサビキの仕掛けで釣果アップ?!おすすめの仕掛け5選や作り方をご紹介
ジグサビキの仕掛けについてご存じでしょうか。手持ちのタックルで簡単に始められるジグサビキは釣り初心者にもにも人気です。今…
浮きサビキの仕掛けから釣り方まで詳しく解説!付け方・作り方もご紹介
浮きサビキは広範囲の魚を狙うことができるため、初心者にもおすすめの仕掛けです。今回、釣りラボでは、浮きサビキの仕掛けから…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン