【2022年】タコ釣り用ジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

これでタコ釣りも大丈夫!タコ釣りに最適なジギングロッド厳選集!今回、釣りラボでは、タコ釣り用ジギングロッドの特徴、おすすめのタコ釣り用ジギングロッド、コスパ最強製品、2021年シーズンに向けた新製品のタコ釣り用ジギングロッドをご紹介します。

ロッド・釣竿 ジギング
スポンサーリンク

タコ釣り用ジギングロッドの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) ジギング ロッド スピニング オーシャンフィールド ジギング OFJS-60/120 スピニングロッド 1ピース イナダ サバ ワラサ サゴシ 近海ジギング

タコ独特のヌッとしたアタリと、吸盤を使った強力な引きを楽しむことができるとあって、最近人気が出てきているのがタコ釣りです。
タコ釣り用のロッドもありますが、ジギングロッドをタコ釣り用にすることをおすすめします

まずは、タコ釣り用のジギングロッドの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:ロッドパワー

タコはあたった瞬間に、周囲のものを一瞬で掴み、抵抗します。
力勝負で強引に引きはがすこともありますので、ロッドパワーは重要なポイントです。

タコ釣り用のジギングロッドはM~Hパワーがおすすめのロッドパワーです。

選ぶポイント2:穂先の感度

タコ釣りのアタリは独特なもので、コツコツとあたる感じではなく、ヌッと重みが加わるようなものです。
タコ釣りのこの独特なアタリを取るには、穂先の感度が重要になります。

ジギングロッドの中でも、穂先の感度が高いロッドを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント3:ロッドの長さ

タコ釣りでは、アクションを多用します。
タコ用ジギングロッドは扱いやすく、比較的軽量な長さである6フィート前半のジギングロッドを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

タコ釣り用ジギングロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

天龍(TENRYU) ロッド ジグザム VersionIII JZVIII631S-3

それでは実際におすすめのタコ釣り用ジギングロッドを6本紹介します。
ランキング上位の人気ロッドはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6本を選んでいます。

これからタコ釣り用ジギングロッドを購入してタコ釣りを楽しもうとする方も、サブロッドを探している方もぜひ参考にしてみてください。

【アブガルシア】オーシャンフィールド ジギング OFJS-60/120

幅広いターゲットを狙えると人気のジギングロッドである、オーシャンフィールドはタコ釣りにも力を発揮します。
カーボンXテープで補強されたブランクスは、ねじれにも強く、力勝負のタコ釣りに合うロッドです。

【天龍】ジグ・ザム バージョンⅢ JZVⅢ631S-3

天龍のジグ・ザムは、ジギングロッドの中で軽い200gを切る自重なので、アクションを多用するタコ釣りにはぴったりのロッドです。
やや張りのあるロッドは感度も高く、タコ釣りのアタリもしっかりと感じ取れるジギングロッドです。

【シマノ】21グラップラーBB S60-4

タコ釣りを行っていると、力いっぱい引き上げる際にロッドにねじれが生じます。
グラップラーBBに搭載しているハイパワーXはねじれに強く、安心して力を込めることができるジギングロッドです。

【シマノ】17オシアジガー B60-3

シマノの技術を惜しみなく詰め込んだジギングロッドが、オシアジガーです。
軽量・高感度による扱いやすさはもちろん、岩や堤防に張り付く大型のタコを引きはがすことができるパワーを持っているタコ釣りジギングロッドです。

【ダイワ】鏡牙 EX AGS 65S-2.5 SMT

トップにチタン製のSMTを搭載し、自重も88gと驚異的な軽さで、超高感度を実現したジギングロッドです。
タコ釣りの一番難しいアタリの感知も、このロッドであれば容易く取ることができます。

【ダイワ】ソルティガR J60S-3HI

ダイワのフラッグシップジギングロッドであるソルティガRは、大型サイズのタコ釣りを行う方におすすめしたいロッドです。
ハイレスポンスモデルでしっかりと誘い、高いパワーで豪快に引き上げることができます。

スポンサーリンク

【2021年〜2022年新作】おすすめのタコ釣り用ジギングロッド2選

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド オフショア(ジギング) グラップラーBB タイプJ 2021 S60-4 オフショア ジギング

次に2021年に発売された最新のタコ釣り用ジギングロッドを2本紹介します。
タコ釣り用ジギングロッドは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作のタコ釣り用ジギングを使って、快適なタコ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【アブガルシア】ソルティーステージプロトタイプ ジギング XJGS-61-2-MAX200

アブガルシアが2021年に発売したソルティーステージプロトタイプは、Nanoカーボンブランクで強靭なバットパワーと軽量を両立した新作ロッドです。
10kgサイズの回遊魚を狙えるパワーは、タコ釣りにおいても大活躍してくれます。

【天龍】ホライゾンMJ MHJ5101B-M

天龍の2021年新作ジギングロッドであるホライゾンMJは、ハイピッチに誘った時にしっかりと戻ってくるロッドで、タコ釣りアクションにぴったりなロッドです。
バット部分にはC・N・Tという素材を使っており、細身ながらもしっかりと粘るパワーのあるロッドです。

スポンサーリンク

タコ釣り用ジギングロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ジギングロッド 17 オシアジガー ベイト B60-3 青物ベイトジギング 10kgクラスまで

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】タコ釣り用ジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • タコ釣り用ジギングロッドの選び方
  • タコ釣り用ジギングロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのタコ釣り用ジギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめの最強ライトジギングロッド17選!選び方や人気商品をご紹介
ライトジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトジギングロッドの特徴、活躍場面、…
【2022年】スロージギングロッドおすすめ16選!コスパ最強の製品をご紹介
スロージギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、スロージギングロッドの選び方、…
【2022年】スーパーライトジギングロッドおすすめ12選!選び方や代用ロッドもご紹介
スーパーライトジギング(SLJ)では、軽量のジグで気軽にジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、スーパーライ…
【2022年】オフショアジギングロッドおすすめ13選!初心者〜上級者向け人気商品をご紹介
オフショアジギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、オフショアジギングロッドの…
【2022年】スーパーライトショアジギングロッドおすすめ13選!代用ロッドもご紹介
スーパーライトショアジギング(SLS)では、初心者でもショアから気軽にジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン