ネコリグとは?作り方やおすすめのパーツ、使い方・アクションを徹底解説

バス釣りやロックフィッシュにおすすめのネコリグ。今回、釣りラボでは、そんなネコリグについて、リグの特徴、作り方、使い方、結び方、必要なパーツ、タックル(ネイルシンカー・チューブなど)に関する説明をご紹介していきます。

ワーム
スポンサーリンク

ネコリグとは?

出典:写真AC

ネコリグとは、「その場の魚を根こそぎ釣ることができるリグ」という意味の仕掛けです。
元々はバス釣り用の仕掛けとして、村上晴彦氏が考案したものです。
ワームを小魚やミミズ、エビなどのベイトに見立て、ターゲットを誘います。

初心者でも釣果をあげやすく使用時期を選ばないネコリグの特徴や、ターゲットとなる魚・釣りについて紹介します。

ネコリグの特徴

ネコリグの特徴を、メリット・デメリットごとに確認していきましょう。

メリット

ネコリグの最大のメリットは、根がかりしにくいという点です。
フックの位置が後ろであったり、ワームの中にフックが埋まっていたりするので、岩や根、ウィードなどの障害物に引っかかることがありません。
そのため、ボトムでも積極的にアクションさせてアピールすることができます。

また、ネコリグはフォールスピードが速いというメリットもあります。
ボトム周辺を探ることが前提の場合、フォールが早いとスピード感のあるゲーム展開が可能です。

デメリット

ネコリグのデメリットとして、アピール力が弱いという点が挙げられます。
あらかじめボトムにターゲットがいることがわかっている場合は問題ありませんが、広い範囲をサーチしながらアクションで誘っていく釣りには不向きです。

また、ワームに直接フックを刺すと千切れやすいというデメリットもあります。
この欠点は、後ほど紹介するチューブを使用することによって解消できます。

ネコリグで狙える魚・釣り

先ほど確認したメリット・デメリットを前提として、ネコリグで狙える魚や適した釣りを見ていきましょう。

シーバス釣り

ネコリグでシーバスを狙うことは、もちろん可能です。
ただ、ネコリグはアピール力に欠けるという特徴があるため、シーバスが中層以上にいる場合には不向きです。
通常のルアーで釣れないスレたシーバスや、ボトムに潜んでいるシーバスに対して、ネコリグを仕掛けてみましょう。

ロックフィッシュ(メバル・キジハタ・アイナメ)

ボトムに潜む根魚には、ネコリグの根がかりへの強さがベストマッチです。
メバルやカサゴなどのライトロックフィッシュから、キジハタやアイナメなどのハードロックフィッシュまで、ターゲットになります。
フォールが早いのでロックフィッシュの潜むポイントをスピーディに探り、狭い場所でもアクションさせることができます。

海で使うことはできる?

ネコリグは、海での使用ももちろん可能です。
先ほど紹介したシーバスやロックフィッシュ以外にも、アジングやメバリング、チヌ(クロダイ)に対して用いるアングラーもいます。
ネコリグのメリット・デメリットを理解して、波の高さや潮の速さなどシーンによってシンカーの重さを変えると、一層活躍させることができます。

スポンサーリンク

ネコリグの作り方・結び方

出典:写真AC

ネコリグの作り方は、ワームにフックを通してシンカーを入れるだけなのでシンプルです。
基本的には、マス針をワームに対して縦に刺す方法がポピュラーです。
横刺しでも構いませんが、根がかりしやすくなるのでネコリグの長所を消してしまうことになります。

ワームを長持ちさせたい場合は、ワームにチューブを通して針をつけてみましょう。
根がかりしにくいという長所をより伸ばすのであれば、ガード付きフックをワーム全体に刺して針先をワームに埋めてしまう方法もあります。

キャスト時にシンカーが抜けてしまう場合は、ワームの奥にシンカーを入れ込む方法や、接着剤などを注入してシンカーを固定してしまう方法もあります。
シンカーが多少ワームから顔を出している方が底取りしやすいというアングラーもいますので、好みで調整してください。

結び方は、素早く結べて強度もあるユニノットやパロマーノットを試してみてください。

こちらの動画は、チューブとマス針、ネイルシンカーを使った基本的なネコリグの作り方です。

根こそぎバスが釣れる!ネコリグの作り方・水中アクションあり!【バス釣り】
スポンサーリンク

ネコリグに使用するパーツ・タックル

出典:写真AC

ネコリグに使用するパーツ・タックルを紹介します。
必要な道具を揃えて、是非ネコリグに挑戦してみましょう。

ネイルシンカー

オモリの役割をするネイルシンカーは、ネコリグに必須です。
ワームのヘッド部分にネイルシンカーを差し込むことによって、ワームが水中で前下がりにフォールします。

シンカーの重さは1グラム〜3グラム程度と様々ですが、最初は重めのシンカーを使ってみましょう。
また、重さの異なるネイルシンカーをいくつか持っておき、現場の状況に応じて使い分けるのもおすすめです。

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカーネイル

こちらのシンカーネイルは、キャストによるシンカーの抜けが起こりにくい形状です。
ウェイトは0.3〜2.2グラムから選べるので、何種類か揃えておくことをおすすめします。

フック

ネコリグの基本はマス針ですが、ガード付きフックなどもありますので、好みで選んでみましょう。

マス針

マス針は、フックの先端が剥き出しになっているタイプの針です。
様々なサイズがあるので、使用するワームによって選びましょう。

【がまかつ】セオライズ ハンガーFC-L

こちらは、ベーシックなバス釣り用のマス針です。
フッキングの良い掛け重視タイプで、軸が細めという特徴があります。

ガード付き

ネコリグは元々根がかりしにくい仕掛けですが、より根がかりのリスクを減らすためにガード付きフックを使うのもおすすめです。
自作するアングラーもいますが、最初は市販のフックを購入して特徴を掴みましょう。
また、根がかり防止という観点から、オフセットフック、スナッグレスフックという選択肢もあります。

【モーリス】ノガレスモスキート ヘビーガード

こちらのフックはガード部分がヘビーワイヤー製で、フックしたポイントをガードするだけでなく根がかり防止性能もアップしています。
サイズは5種類から選ぶことができます。

ライン

ネコリグはボトムで活躍する仕掛けなので、PEラインやナイロンラインよりも根ズレに強いフロロカーボンラインがおすすめです。

【ジャッカル】フロロカーボンライン レッドスプール

ネコリグで行うアクションの場合、やや細めの4ポンド程度が適しています。
あまり大物がヒットするような場合は、多少太めのラインに変更しましょう。

チューブ

チューブは、キャストによってワームが千切れるのを防ぐために使用します。
ネット通販のほか、釣具屋やホームセンターでも手に入れることができます。

【ジーニアスプロジェクト】シリコンチューブ

こちらのチューブは薄くて強度が高い素材でできており、ワームやフックの邪魔にならない点が魅力です。
サイズは内径違いで5種類あるので、使用するワームに合わせて選びましょう。

ワーム(ルアー)

ネコリグで使用されることが多いワームは、細長くストレートタイプが主流です。
塩入り素材やアクションしやすい形状のワームなど、様々な種類があるので、釣りのスタイルによって選んでください。

【ZBC】スワンプクローラー

こちらは、ネコリグに使用した際に非常に釣果をあげられることから、定番と言われるワームです。
細さと素材のバランスが良く、特にアクションさせた際の形状がアピール力抜群と言われています。
ネコリグだけでなく、ダウンショットリグにも最適です。

ロッド・釣竿

ネコリグにおすすめのロッドは、ベイトフィネスロッドです。
大物がヒットしても強気のやり取りを行うことができ、手返しの早い釣りが楽しめるからです。
小さいワームや軽いシンカーを使いたい場合は、スピニングロッドもおすすめです。

【シマノ】ポイズンアドレナ163L-BFS/2

老舗メーカーのシマノからリリースされているベイトフィネスロッドです。
ネコリグをはじめとしたワームや、小型ハードルアーのアクションに向いており、感度の高さも魅力です。

スポンサーリンク

ネコリグの使い方

出典:写真AC

ネコリグの使い方は、ただ巻きやズル引き、ボトムでのシェイクが基本のアクションです。
フックの取り付け位置にもよりますが、着底するとワームが立ちます。
そのままワームをアクションさせ、餌となるミミズや小魚を意識してターゲットを誘ってみましょう。

使用するシンカーの重さによって、動かし方を変えるのもおすすめです。
具体的な動かし方やコツについては、こちらの動画の6:00以降を確認してみてください。

ネコリグのかんたんな動かし方・使い方を教えます
スポンサーリンク

ネコリグまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ネコリグとは?作り方やおすすめのパーツ、使い方・アクションを徹底解説」というテーマに沿って、「ネコリグとは?」「ネコリグの作り方・結び方」「ネコリグに使用するパーツ・タックル」「ネコリグの使い方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ダウンショットリグの作り方と使い方を徹底解説!結び方・アクションもご紹介
ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのダウンショットリグ。今回、釣りラボでは、そんなダウンショットリグにつ…
テキサスリグの作り方と使い方を徹底解説!おすすめのワーム・シンカーもご紹介
バス釣りやロックフィッシュ釣りにおすすめのテキサスリグ。今回、釣りラボでは、そんなテキサスリグについて、テキサスリグの作…
フリーリグの作り方と使い方を徹底解説|作り方・アクション
近年新たに登場し、徐々に人気を博しているフリーリグ。今回、釣りラボでは、そんなフリーリグについて、リグの特徴、作り方、使…
キャロライナリグの作り方と使い方を徹底解説!パーツ・アクションも解説
ヒラメ、ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのキャロライナリグ。今回、釣りラボでは、そんなキャロライナリグ…
釣り針の種類と選び方を徹底解説!おすすめ5選や自作方法、結び方もご紹介
釣り人には必要不可欠なアイテムである釣り針。釣りを始めるなら釣り針に関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回…