おすすめの最強シンキングペンシル10選|自作方法や使い方のコツも解説!

ルアーの定番の一つとして知られるシンキングペンシル。今回、釣りラボでは、そんなシンキングペンシルについて、使い方や自作方法を解説した上で、おすすめのシンキングペンシルを10個ご紹介します。

ルアー
スポンサーリンク

シンキングペンシルとは

シンキングペンシル

出典:写真AC

シンキングペンシルとは、鉛筆のように細長い形をしており、かつキャストして着水した後に、沈んでいく(シンキング)ルアーのことをいいます。

ルアーを用いた海釣り(ソルトゲーム)やバス釣りでは比較的よく使われるルアーで、人気があります。

シンキングペンシルの魅力

シンキングペンシルはミノーのようにリップがなく、強い波動で近くから魚を集めてくるアピール力に欠けるところがあります。

シンキングペンシルはリールを巻く(リトリーブ)際に体をくねらせながら泳ぐ(ロールアクション)により、ミノーなどが発する強い波動を嫌う魚などを狙う際に向いたルアーです。

シンキングペンシルの魅力の一つは、周りから魚を集めるのではなく、魚がいる場所へピンポイントでキャストすることで、確実にヒットを狙う際に最適なルアーということです。

また、水に沈んでいくことを特徴としたルアーのため、飛距離を稼げるというメリットもあります。
そのため、磯や堤防そしてサーフなどからの遠投にも向いており、表層から中層までのさまざまな深さの魚を狙うことができます。

シンキングペンシルで狙える魚

シンキングペンシルはほとんどの魚を狙う際に使用できるルアーで、クロダイにチヌ、マゴチ、タチウオやアジ(アジング)なども狙うことができます。

ここでは、特にシンキングペンシルで狙える魚についてご紹介していきます。

狙える魚1:ヒラメ

ヒラメは、シンキングペンシルが良く使われる魚種の一つです。

サーフから狙うことが多いヒラメはヒットした時の引きも強くルアー釣りでも人気の魚です。

ヒラメは行動範囲も広く、小魚などを主食としていること、そして海底に住んでいることから、沈むルアーのシンキングペンシルが生かせる魚です。

シンキングペンシルは自重があり、また細身で投げた時の抵抗も少ないので、サーフからの遠投にも適しています。

狙える魚2:メバル

根魚(ロックフィッシュ)であるメバルもメバリングと呼ばれる言葉があるほどルアー釣りの盛んな魚種です。

メバル釣りには、ミノーやワームも使いますが、シンキングペンシルの飛距離を生かして、遠くの岩場等に潜んでいるメバルを狙う際や、潮流のある場所で特に威力を発揮します。

食べてもおいしい、メバルのシンキングペンシルを用いた釣りに挑戦してみるのも良いものです。

狙える魚3:青物(ヒラマサ・ブリ・カンパチなど)

フィッシュイーターである青物(ヒラマサ・ブリ・カンパチなど)と言われる魚は、シンキングペンシルが適した魚種です。

カツオ、サワラ、シイラなども青物に入ります。

どちらかというとオフショアでの釣り(船釣り)がメインと思われる青物釣りですが、もちろんサーフや堤防などからも狙うことができ、遠投に向いているシンキングペンシルが威力を発揮することができます。

青物は回遊魚の場合が多いので、外洋に面した比較的潮流のある、さらにサーフ近くから急に深くなる場所が釣り場となります。

回遊性で常に移動している青物を狙う場合にはルアーのキャスト回数も増えて行く場合も多くなってきます。

リールで巻くときの抵抗の少ないシンキングペンシルは、ルアーを多投する場合にも疲れにくく青物の釣りに向いているルアーの一つです。

狙える魚4:シーバス釣り

シーバスは、ルアーを用いた釣りが良く行われる魚種になっています。

日本名のスズキやセイゴといわれるシーバスは、ルアー釣りでも人気の魚種です。
特にスズキやセイゴは食味も良く、海岸から堤防、そして汽水域でも釣れることが知られています。

シーバスは季節によって餌が変わってきますが、小魚を捕食する夏場にはシンキングペンシルなどの魚に似せたルアーが向いています。

狙える魚5:バス釣り

ブラックバスも、ルアー釣りが盛んなターゲットの一つです。

ブラックバスは、オオクチバスの通称ですが、ブラックバスというほうが通りが良いくらいにブラックバス釣りは人気があります。

ブラックバスは、もともとは食用として輸入された魚ですが、ルアー釣りに代表されるゲームフィッシングの人気がでたため、今では食用としてはあまり活用されていません。

シンキングペンシルは、他のルアーに比べてアピール力の弱いルアーですが、釣り人の多いシーバスやバス釣りでは、ミノーやバイブレーションに慣れて食いつきが悪い場合には、シンキングペンシルが威力を発揮します。

スポンサーリンク

シンキングペンシルの使い方・アクション

シンキングペンシル

出典:写真AC

シンキングペンシルの使い方・アクションについてご紹介していきます。

シンキングペンシルの使い方・流れ

まず、使い方ですが、シンキングペンシルはミノーのように周りから魚の引き寄せる効果は少ないので、明確なポイント(魚のいそうな場所)にキャストします。

遠投にも向くシンキングペンシルなので、使える範囲は広くなっています。

次に、細身のシンキングペンシルは、水の抵抗が少ないので、潮流の早いところでもコントロールが容易です。

シンキングペンシルの使い方のポイントの一つに、重さで使い方を分けたほうが良いというものがあります。

潮流の強さ等に応じてウェイトの異なるシンキングペンシルを使い分けることで、魚へのアピールを増すことができます。

文章ではシンキングペンシルの使い方が良くわからなかったという方向けに、おすすめのyoutubeの動画をご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

【シーバスルアー】シンキングペンシルの使い方解説! 初心者でもわかりやすくまとめてます。

シンキングペンシルのアクション・動かし方

次にシンキングペンシルを用いて釣りをする場合の基本的なアクションについて解説します。

難しい操作ではないのですが慣れは必要ですので、少し練習が必要でしょう。

ただ巻き

ただ巻き(リトリーブ)は、リールを同じスピードで巻くことを意味し、ルアーのアクションで最も基本的なものです。

ジャークはロッド(竿)を勢いよくしゃくった後に、ロッドを元に戻しながら、ゆるんだラインを巻いていくアクションです。

トゥイッチ

トゥイッチはロッドを少しだけ動かしてルアーを引き、ロッドの先を元に戻して、ゆるんだラインを巻き取るアクションです。

ただ巻きとトゥイッチを組み合わせることで、複雑なアクションを行うことができます。

なお、文章だと、シンキングペンシルのアクションが良くわからなかったという方向けに、おすすめのyoutubeの動画をご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

【ショアGT】シンキングペンシルの使い方
スポンサーリンク

おすすめのシンキングペンシル10選

シンキングペンシル

出典:写真AC

各メーカー特色のあるおすすめのシンキングペンシル10選をご紹介します。

ラッキークラフトのおすすめシンキングペンシル2選

ラッキークラフトのおすすめのシンキングペンシルを2つご紹介します。

ワンダー80

ラッキークラフトのワンダーはシーバスのルアー釣りにシンキングペンシルという領域を作った先駆的なルアーです。
初心者にも使いやすく、ただ巻くだけで自然な動きをし、魚を引き付けます。

中でもワンダー80は、どのシーズンでも使用できるいわばスタンダードともいえるモデルです。
シーバスの他にチヌなども比較的多くヒットするルアーです。

ワンダースリム

ワンダーシリーズの細身バージョンです。
重量の割に飛距離が稼げる形状で、サーフから河口、港など幅広い場所で使うことができるシンキングペンシルです。

メバル、シーバス、マゴチ、青物など幅広い魚種にアピールします。

シマノのおすすめシンキングペンシル2選

シマノのおすすめシンキングペンシルをご紹介していきます。

コルトスナイパーロックスライドS

シマノの青物をターゲットにしたシンキングペンシルで飛距離も稼げるので、オフショアの他に磯や堤防からも使用することができます。

青物のワラサやヒラマサなどの他にシーバス用ともなり、頭部分にへこみがあるので、動きの大きな挙動を示します。

エクセンススライドアサシン

ただ巻きでもゆらゆらと揺れてシーバスを狙うことのできるルアーで、引き抵抗を感じることができ、ミノーのような感覚のシンキングペンシルです。

貫通型のワイヤーを採用しており、大型のフックを装着することができます。
シーバスの他にヒラメなどにも対応できるルアーです。

ダイワのおすすめシンキングペンシル2選

ダイワのおすすめシンキングペンシルをご紹介します。

スイッチヒッター

ダイワのモアザンスイッチヒッターはマグロックシステムとウェイトリバーアシスト機能を搭載し飛距離の維持とルアーのコントロール性能を向上させた画期的なルアーです。

デイゲーム、ナイトゲーム両方に対応し、サーフ、磯、港湾、河口などあらゆるフィールドで、ただリトリーブするだけで魚にアピールし高い釣果を期待できます。

シーバスを主なターゲットとしています。

スラップヒッター

2点ジョイントを持ち、リトリーブすることでゆらゆら、うねる動きを実現したシンキングペンシルです。
2つのフックの他に、トレブルフックやフェザーフック、ブレードなどを装着でき、魚にアピールします。
シーバスの他にヒラメなどのフラットフィッシュにも使用できます。

ジャクソンのおすすめシンキングペンシル2選

ジャクソンのおすすめのシンキングペンシルをご紹介します。

アスリート12SSP

飛距離を重視して開発されただけあって「飛び」には定評があります。
遠投性能が高くサーフからのフラットフィッシュを狙うのに最適です。

後方重心もヒラメなどを狙うのに適しており、ヒラメの他に青物やシーバスなどの釣果も期待できます。

港のジェームス

シンキングペンシルとしては変わった名前の港のジェームスはソルトルアーの一つです。
ミノーのような小型のリップがあり、名前にあるように港湾に生息する魚を主なターゲットとしています。

小型のルアーで色々な魚種に対応でき、シーバスの他にメバルやトラウトなどにも使用できます。

ジャンプライズのおすすめシンキングペンシル2選

ジャンプライズのおすすめのシンキングペンシルを2つご紹介します。

ぶっ飛び君

ぶっ飛び君は名前のごとく、飛距離の長いシンキングペンシルで、特にサーフなどから狙うヒラメや青物な、そしてシーバスなどに最適なルアーです。

サイズが同じで重さの異なる3つのタイプが提供されており、必要な飛距離などの状況に応じて使い分けることができます。

かっ飛び棒

かっ飛び棒は、飛距離を稼げるシンキングペンシルで、ジャンプライズのルアーの特徴である引き抵抗も感じることができます。

表層をゆっくりと引くことができ、ナイトゲームも意識したアクションを実現することができます。

主に青物釣りでは効果絶大です。

スポンサーリンク

シンキングペンシルの自作方法

シンキングペンシル

出典:写真AC

シンキングペンシルは自作することもできます。

自作することでコスパの良いシンキングペンシルを手に入れることができます。
シンキングペンシルの自作方法をyoutube(2部構成)でご紹介します。

まずは、第1部です。

30分で出来るメバル用ルアーメイキング (シンキングペンシル編)~part1~

続いて、第2部です。

30分で出来るメバル用ルアーメイキング (シンキングペンシル編)~part2~
スポンサーリンク

シンキングペンシルまとめ

シンキングペンシル

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「おすすめの最強シンキングペンシル10選|自作方法や使い方のコツも解説!」というテーマに沿って、「シンキングペンシルとは」「シンキングペンシルの使い方・アクション」「おすすめのシンキングペンシル10選」「シンキングペンシルの自作方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【2020年】おすすめの定番シーバスルアー14選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定…
【2020年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル…
【2020年】バス釣りルアーおすすめ22選|選び方・種類・人気メーカー
バス釣りのルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは、バス釣りルアーの選び方、人気ルアー(メガバス・デ…