【2022年】ハイブリッドウェーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!今年度激推しのハイブリッドウェーダーはこちら!今回、釣りラボでは、ハイブリッドウェーダーの特徴、おすすめのハイブリッドウェーダー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のハイブリッドウェーダーをご紹介します。

ウェーダー・ウェーディングシューズ
スポンサーリンク

ハイブリッドウェーダーの選び方

mobby(モビーディック) ウェーダー ウェーダー ハイブリッド ギガL FWD-0400 グレー/ブラック L

冬期など寒い時期に活躍する、動きやすさと暖かさを兼ね備えたウェーダーがハイブリッドウェーダーです。

寒い時期のウェーディングには、保温性のあるネオプレーン(クロロプレンゴム製)のウェーダーが定番です。
しかし夏期などに使用する透湿防水素材と比べると、重く動きづらいため疲労を感じやすいという点があります。

ハイブリッドウェーダーであれば、水に浸からない上半身部分は透湿防水素材になっているため、蒸れにくく汗冷えもしません。
水に浸かる下半身部分はネオプレーンのため、保温性も保ちます。

フルネオプレーンウェーダーよりも軽くてごわつかず動きやすいため、ハイブリッドウェーダーは寒い時期の長距離ランガンに重宝するアイテムなのです。

またハイブリッドウェーダーと呼ばれるものには、保温以外の機能を重視して、下半身部分がクロロプレンゴム以外のナイロンや厚めの透湿防水素材の商品もあります。

ここではハイブリッドウェーダーを選ぶときのポイントを2つご紹介します。

選ぶポイント1:脚部の素材

ハイブリッドウェーダーと呼ばれるものの多くは、保温性を重視して脚部がネオプレーン(クロロプレンゴム製)です。
しかし中には保温以外の目的のため、脚部にナイロンや厚みの違う透湿防水生地を使用したものもあります。

耐久性と保温力を重視するならネオプレーンですが、耐久性に加えて軽さ等、保温力よりも他の機能を重視したいなら他の素材の商品も検討してみましょう。

選ぶポイント2:靴底のタイプ

ハイブリッドウェーダーにも、ラジアル・フェルト・フェルトピンソール(フェルトスパイク)・ストッキング(ソックス)の4種類の靴底タイプがあります。
釣るフィールドに合った靴底を選ぶことで、動きやすさやケガの防止に繋がります。

サーフでのウェーディングならラジアルソール、汎用性の高い靴底ならフェルトソール、磯や渓流などゴツゴツした岩場にはフェルトピンソールがおすすめです。
別途ウェーディングシューズが必要なストッキング(ソックス)タイプであれば、シューズを替えることにより様々な釣り場に対応できます。

選ぶポイント3:動きやすさ

動きやすさにこだわりや工夫があれば、さらに快適な着心地になります。
独自の立体裁断で動きやすさを追求していたり、ソールやブーツに各メーカーの工夫があるので、注目してみましょう。

スポンサーリンク

ハイブリッドウェーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】

阪神素地 FX-543 透湿スリムウエーダーハイブリッドDX先丸 24X

それではおすすめのハイブリッドウェーダーを6つご紹介します。
上記の選ぶポイントを踏まえ、人気ランキングも参考にして選んでいます。

mobby(モビーディック)

【モビーディック】リアス ハイブリッドギガウェーダー FWD-0400

冬期サーフでのウェーディングに最適なハイブリッドウェーダーです。
軽量で履き心地の良い二重構造のラバー(ラジアル)ソールは、長時間入水しても足が痛くならず、疲労も蓄積させません。

ウエストより上は防水透湿素材、ウエストから足首までを4mm厚ネオプレーンを採用しているため、ウエスト位の深さまで浸かっても保温性があります。
独自技術の裁断方法により、無駄なだぶつきが無く、つっぱり感を感じさせ無い作りです。

阪神素地

【阪神素地】透湿スリムウェーダーハイブリッドDX先丸 FX-543

つるつるとした岩場など渓流にも強いフェルトソールのハイブリッドウェーダーです。
胴部は透湿防水生地、ももから下は保温力の高いクロロプレン製です。

ブーツ内部の土踏まず部分にグラスファイバー素材の超軽量シャンクを挿入することで、足への衝撃を分散して疲れを軽減させます。
またくるぶし部分を囲むようにブーツ接続部分がU字にカットされており、足首も曲げやすくなっています。

双進(SOSHIN)

【双進】RBB ハイブリッドウェーダー 7542

ゴツゴツした岩場などの渓流や磯に適した、フェルトピンソールのハイブリッドウェーダーです。
ひざから上は透湿防水素材、ひざ下は無透湿の防水加工ナイロン素材を採用しているので、春や秋の使用にもおすすめです。

ひざ下は強度の高いナイロン生地を使用しているため、藪こぎなどハードに動き回る釣りにも対応可能です。

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

【リトルプレゼンツ】ハイブリッドブーツウエーダー OW-06

フェルトピンソールのハイブリッドウェーダーです。
ひざより上は透湿防水素材、ひざ下は4mm厚のクロロプレン生地を採用しているため、温かで耐久性があります。

ひざ部分は立体裁断により、クロロプレンのストレッチ性と相まって動きやすくなっています。

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

【リトルプレゼンツ】N3 AQ ZIP ハイブリッドウエーダー W-52

ソックスタイプのハイブリッドウェーダーです。
OW-06と同様、ひざより上は透湿防水素材、ひざ下は4mm厚のクロロプレン生地です。

前面に防水ファスナーがあるため、着脱がしやすいだけで無く、ベストを脱がなくても用を足すことが可能です。

マズメ(Mazume)

【マズメ】ハイブリッドウェイダー MZST-457

太もも中央より上部は国産ハイグレード透湿素材、太もも中央から下は4mm厚のスーパーストレッチネオプレーンを採用した、ソックスタイプのハイブリッドウェーダーです。

スリムなデザインのため、水流の抵抗が少なく足運びがスムーズに行えます。
前面のファスナーは防水仕様のため、着脱がしやすく、小用の際にも便利です。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのハイブリッドウェーダー2選

双進 7542 RBB HVウェダーGY/BK L

次に2021年以降に発売された新製品の中から、2022年おすすめの最新ハイブリッドウェーダーを2つご紹介します。

双進(SOSHIN)

【双進】RV ウォームハイブリッドウェーダー 5397

2022年に双進のブランドであるリバレイより発売された、フェルトピンソールのハイブリッドウェーダーです。
太ももまでを透湿防水素材、太ももから下は5mm厚のクロロプレン生地を使用しているため、保温力が高いのが特長です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】タイトフィットスーパーブレスウェーダー SBW-4206R

ダイワの2022年新作ウェーダーは、ひざ上に4層の透湿防水素材、ひざ下とお尻周りに高強度の5層透湿防水素材を採用したハイブリッド仕様です。
耐久性に優れながらも蒸れにくく、オールシーズン通しての着用が可能です。

屈曲性とグリップ力に優れたフェルトソール、軽量ショート丈のブーツなど、機動性の高い仕様になっています。

スポンサーリンク

ハイブリッドウェーダーについてまとめ

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ウェーダー ハイブリッドブーツウェーダー OW-06 L(26-27cm)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ハイブリッドウェーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ハイブリッドウェーダーの選び方
  • ハイブリッドウェーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのハイブリッドウェーダー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめのウェーダー11選を紹介!種類ごとの特徴や用途別の選び方も解説!
ウェーダーの購入を考えているけど、色々な種類があり、どれを買えば良いかわからない人は多いのではないでしょうか?今回、釣り...
【2022年】ダイワのウェーダーおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
ダイワのウェーダーは、渓流釣りなどで活躍する人気の商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのウェーダーの特徴、おすすめのダイ...
【2022年】マズメのウェーダーおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
水中に入る際に必要になるウェーダー。中でも人気が高いのがマズメのウェーダーです。今回、釣りラボでは、マズメのウェーダーの...
【2022年】シマノのウェーダーおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
シマノのウェーダーは、ダイワと並んで人気のある製品であり、釣りで非常に重宝されます。今回、釣りラボでは、シマノのウェーダ...
【2022年】ネオプレーンのウェーダーおすすめ人気10選!選び方や新製品もご紹介
ネオプレーンのウェーダーを選ぶ方が近年増えています。今回、釣りラボでは、ネオプレーンのウェーダーの特徴、おすすめのネオプ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ウェーダー・ウェーディングシューズ
釣りラボマガジン