【2022年】シーバス用ジャークベイトおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

シーバス釣りに挑戦したい方必見!今知ってほしいシーバス用ジャークベイト厳選集!今回、釣りラボでは、シーバス用ジャークベイトの特徴、おすすめのシーバス用ジャークベイト、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のシーバス用ジャークベイトをご紹介します。

ベイト シーバス
スポンサーリンク

シーバス用ジャークベイトの選び方

メガバスビジョン110。

ジャークベイトは、シーバス釣りでタフコンディション時に非常に有効なルアーです。
ジャーキングさせることによりルアーが不規則にアクションをし、反射的にシーバスを反応させることができます。

今回はジャークベイトの選び方や、 おすすめの商品をご紹介していきます。
購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

選ぶポイント1: ルアーのタイプで選ぶ

ジャークベイトには、ボディの浮力が異なるタイプが3つあります。
それぞれの特徴を理解し、釣り場の状況に合わせて選択することで高釣果に繋がります。

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...

フローティングタイプ

フローティングタイプは、ボディに浮力を持たせているので、ルアーが浮く特徴があります。
シャローエリアを攻略する際や、魚が表層を意識している状況で有効なタイプです。

サスペンドタイプ

サスペンドタイプは、浮きも沈みもせずレンジをキープする特徴があります。
ジャーキングした後にピタッと止め、シーバスに対して喰わせの間を作ることができます。

シンキングタイプ

シンキングタイプは、リトリーブを止めるとルアーが沈む特徴があります。
ディープエリアを攻略する際に有効なタイプです。

また、ウェイトが重いので遠投性に優れています。

選ぶポイント2:カラーで選ぶ

ジャークベイトは、ジャーキングでリアクションバイトを誘うテクニックなので、フラッシング効果の高い「アピール系」のカラーがおすすめです。

また、釣り場の状況にも合わせてカラーを選択しなくてはいけません。
水が濁ったタイミングでは、シルエットがはっきり出せる「チャート系」や「 ブラック」などが有効になります。

水がクリアなフィールドでは「ナチュラル系」のカラーが魚に見切られにくく、おすすめです。

スポンサーリンク

シーバス用ジャークベイトおすすめ人気6選【コスパ最強】

DUO レアリス ジャークベイト130SP 子持ちワカサギ DSH3061 全長:130mm

ここからはおすすめの「シーバス用ジャークベイト」をご紹介していきます。
人気ランキング上位のものから、コスパに優れた商品を6つ厳選しました。
購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

メガバス(Megabass)

【メガバス】ビジョン110

左右へ大きくスライドアクションをさせるシーバスジャークベイトです。
ジャーキングをすると大きく強い動きをするので、 広範囲からシーバスを呼び寄せる力を持っています。

また、ショートジャークもこなすため、幅広い使い方ができる芸達者なアイテムです。

DUO(デュオ)

【デュオ】レアリスジャークベイト130SP

大型なサイズを採用していますが、非常にレスポンス良く動くシーバスジャークベイトです。

ロッドワークに機敏に反応してくれるので、狙い通りのアクションを可能とし、誰でも扱いやすいルアーです。
また、重心移動システムを搭載しているので、抜群の飛距離を出すことができます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ダーティンZ 140S

ジャーキングをするために設計されたシーバスジャークベイトです。
軽くトゥイッチを加えるだけで、キレのあるダートアクションをしてくれます。

また、 ヘビーウェイト設計なので、遠投性に優れ広範囲をスピーディーにサーチすることが可能です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】サイレントアサシン

シマノ独自の重心移動システム「 AR−C」を採用しているので、圧倒的な飛距離を実現します。

ボディバランスが非常に良いので、ジャーキング時に安定したアクションをしてくれます。
種類のラインナップが豊富なところもおすすめのポイントです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】リレンジ 130SP

重心移動システムを採用したシーバスジャークベイトです。
抜群の飛距離を出すことができ、ジャーキングをするとキレのあるアクションをしてくれます。

深いレンジを攻略する際におすすめのルアーです。

【O.S.P】ルドラ 103S

魚を寄せる力と、喰わせ能力に長けているシーバスジャークベイトです。
ジャーキングが苦手な方でも簡単にアクションさせることができ、ただ巻きでも釣果が期待できる非常に扱いやすいルアーです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのシーバス用ジャークベイト2選

ダイワ(DAIWA) オフショアルアー ダーティンZ 140S アデルカタクチ

最後に2021年以降に発売された「シーバス用ジャークベイト」を2つご紹介します。
新製品のジャークベイトを使い、2022年のシーバス釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

WaterLand

【ウォーターランド】ジャークソニック130

ヘビーウェイト設計なので、キレのあるアクションをするシーバスジャークベイトです。
また、ウェイトがある分飛距離も抜群に出るので、先行者が届かなかったポイントへアプローチすることが可能になります。

VISPREA

【VISPREA】VISPREA ルアー

お得な3個セットのシーバスジャークベイトです。
カラーも3種類あるため、上手に使い分けることで高い釣果が期待できます。

値段も非常にリーズナブルなため、シャークベイト初心者の方でもロストを気にすることなく釣りを楽しむことができます。

スポンサーリンク

シーバス用ジャークベイトについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ルアー エクスセンス サイレントアサシン 99F AR-C XM-199N 001 キョウリンイワシ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】シーバス用ジャークベイトおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • シーバス用ジャークベイトの選び方
  • シーバス用ジャークベイトおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのシーバス用ジャークベイト2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、...
【2022年】おすすめの定番シーバスルアー18選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定...
【2022年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2022年最新】シーバス用ミノーおすすめ17選!使い方やアクションも解説
シーバス釣りのルアーによく使われるミノーは種類がとても豊富です。そこで今回、釣りラボでは、ミノーの種類の違いや飛距離につ...
【2022年】シーバス向けのバイブレーションおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
バイブレーションのなかでも、シーバス釣りに対応したものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、シーバス向けのバイブレーシ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン