【2022年】ハゼ釣り用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

ハゼ釣りに挑戦したい釣り師さん必見!適したロッドはこちら!今回、釣りラボでは、ハゼ釣り用ロッドの特徴、おすすめのハゼ釣り用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のハゼ釣り用ロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 ルアー

ハゼ釣り用ロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) ちょい投げ・サビキ 万能振出ロッド リバティクラブライトパック 10-240 釣り竿

ハゼ釣りは、子供からベテランアングラーまで、気軽に楽しめる釣りです。

しかし、子供でも簡単に釣れる一方、数やサイズを追おうとすると、ハゼが溜まりやすい狙い目のポイント探しや、水温の変化のある場所を見極めたりと、それなりに知識と経験が必要な、大変奥の深い釣りです。

ハゼ釣りの魅力は、何と言っても釣り味の良さと食味の良さです。
餌をくわえてフッキングすると、針を外そうとして首を振る際のプルプルプルという手応えが伝わってきます。
これが得も言われぬ快感なのです。

この引き味を堪能するには、できるだけ細身で柔らかいロッドを使う必要があります。
ハゼは基本餌釣りで行いますが、最近ではハゼングという、ハゼ用のクランクベイトやワームを使ったルアー釣りも流行しています。

今回は、ハゼ釣りにおすすめのロッドの選び方について説明します。

選ぶポイント1:調子で選ぶ

ハゼ釣りは延べ竿で行うのが最もハゼ釣りの面白さを堪能できる釣り方ですが、延べ竿でのハゼ釣りは場所を選ぶので、リールをつけたタックルで釣るのが一般的です。

ハゼ釣りの面白さは、プルプルプルという小気味良いアタリを堪能することですので、出来るだけ感度の良いライトなタックルを使用したいです。
調子はズバリ、先調子(ファストテーパー)のものを選びましょう。

選ぶポイント2:長さで選ぶ

延べ竿でハゼを狙うのであれば、出来るだけ長い竿を使いたいですが、リールを使う釣りであれば、2.4m~3.6m程度の細身のちょい投げロッド若しくはサビキロッドが使いやすいでしょう

選ぶポイント3:価格で選ぶ

ハゼ釣りのロッドには正直高価なロッドは必要ありません
必要最低限の性能が担保されているロッド(一般的には有名メーカー品)であれば、安価なロッドでもハゼ釣りであれば問題なく使えるでしょう。

ハゼ釣り用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) ちょい投げ・ルアー 万能ロッド ディースマーツ 744TUL-S 釣り竿

それでは、ハゼ釣り用ロッドのおすすめを紹介していきます。

ハゼ釣り専用のロッドというものはそう多くはありませんが、「ちょい投げ」や「波止小物」、「万能」などと銘打ったロッドが各社から発売されています。

「調子」、「長さ」、「価格」を考慮した上で、ランキング上位の人気モデルを選べばよいでしょう。

【ダイワ】リバティクラブ ライトパック 10-240

コンパクトな8ピース振り出しロッドで、ハゼ釣りなどのちょい投げ釣りに最適です。
グラスソリッドティップ採用で感度の良いロッドです。

【ダイワ】ディースマーツ 744TUL-S 釣り竿

ダイワの高級モバイルロッドであるD-Smartsは、ハゼ、キスなどの小物釣りから10g前後の小型ルアーキャストまで楽しむことができます

【ダイワ】リバティクラブ ショートスイング 10-300

ダイワのビギナー向けロッド、リバティクラブシリーズのちょい投げロッドです。
ハゼ釣りにはやや硬いかもしれませんが、深場狙いのキャスト釣りには最適です。

【タカミヤ】SmileShip チョイキャス 振出 10-210T

リーズナブルながら、キャストタビリティ、感度、強度のバランスに優れたモバイルロッドです。
ハゼ釣りにも最適です。

【シマノ】ホリデー磯 1.5号-450

磯フカセ釣りや堤防サビキ釣りなどに適した万能軟調ロッドです。
ハゼ釣りには少し勿体ない気もしますが、感度の良さを生かした大変面白い釣りができます。

【シマノ】ホリデーパック 10-240

ボート用の8ピースモバイルロッドですが、ロッド全体が柔らかく、感度も高いため、ハゼ釣りにも最適です。

【2021年〜2022年新作】おすすめのハゼ釣り用ロッド3選

ダイワ(DAIWA) ちょい投げ・振出投げ竿 リバティクラブ ショートスイング 10-300 釣り竿

最後に、2021年に発売された、最新のハゼ釣りにおすすめのロッドを紹介します。

【ダイワ】CP-X2L

ベイトロッド、ベイトリール、ルアーケース、これらを収納するタックルケースがすべてセットになったオールインワンタックルです。
これひとつで、いつでもどこでも釣りを楽しむことができます

【シマノ】颯風 6.3m

野池や管理釣り場でのヘラブナ釣り用の延べ竿ですが、延べ竿でのハゼ釣りは、引きの妙味を堪能するためであれば、ガイド付きのロッドよりも向いています

【プロックス】マイクロソルトSE MSS60MLTC

プロックスから2020年発売のマイクロソルトSE MSS60MLTCは、海や川、バスフィッシングにいたるまで、多様な釣りを体感できるベイトキャスティング仕様のルアーロッドです。

仕舞はテレスコピックとなり、持ち運びが便利なだけでなく、ルアーゲームからエサ釣りにも転用可能です。

ハゼ釣りに使用すれば、チビクランクを使用したハゼングも楽しめる、一石二鳥な楽しめるロッドです。

ハゼ釣り用ロッドについてまとめ

TAKAMIYA(タカミヤ) SmileShip チョイキャス 振出 10-210T KW-2361 ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ハゼ釣り用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ハゼ釣り用ロッドの選び方
  • ハゼ釣り用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのハゼ釣り用ロッド3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン