【2020年】ヒラメワームおすすめ8選!選び方や人気のジグヘッド・リグをご紹介

ヒラメ釣りにワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなヒラメワームの選び方、おすすめのヒラメワーム6選、2020年の新作2選、おすすめの仕掛け・リグ・ジグヘッド、釣り方・アクション、ワームの付け方をご紹介。

ワーム
スポンサーリンク

ヒラメ釣りにワームを使うメリット・デメリット

メジャークラフト ワーム パラワーム-SHAD3.0 PW-SHAD3.0#109ケイムラピンク

ヒラメは底層魚であり、普段は砂底に隠れて餌を待ちますが、餌を見つけ、ひとたび捕食モードに入ると猛然と襲ってくるフィッシュイーターです。
場合によっては中層程度まで獲物を追いかけることもあります。
ですので、ルアーを通すレンジはベタ底ではなく、底から50cm程度のところを通す必要があります。

ヒラメワームを使うメリット

ヒラメワームを使うメリットは、底から50cm程度のレンジを通しやすい事です。
ハードルアーでは反応が得られない場合でも、ソフトルアーであれば、ワーム独特の動きがヒラメの食い気スイッチを入れてくれることが多いでしょう。

ヒラメワームを使うデメリット

ヒラメワームを使うデメリットは特にありませんが、メタルジグと比較すると飛距離が出にくいため、大遠投は苦手です。
また、鋭い歯でワームをちぎられてしまうことが多いため、頻繁に交換が必要であることがデメリットといえばデメリットです。

ヒラメワームは消耗品と考えましょう。

スポンサーリンク

ヒラメワームの選び方

バークレイ(Berkley) ワーム Tテールシャッド3.7 PBSSTTS3.7-PW

ヒラメワームの選び方ですが、使用するジグヘッドのウエイトに合うものを使用します。
ヒラメをワームで狙う場合は、30g禅語のジグヘッドのを使うことが多いと思いますので、まずは30g対応のタックルを選び、20g、40g対応まで準備しておけば良いと思います。

選ぶポイント1:ワームの種類・形状

ワームを選ぶポイントとしてはまず形状があります。
特にテールの形状によって、泳ぎ方や、水中で起こす波紋や音がまるで異なりますので、いろんなタイプのものをそろえておきましょう。

シャッドテールワーム

シャッドテールワームはヒラメ釣りには最もスタンダードなワームと言えます。
テールの小さなヒレ状のゴムが小さく小刻みに揺れて、ヒラメの捕食スイッチを入れます。

ストレートワーム

ストレート形状のワームは、シャッドテールやカーリーテールのように派手にアピールすることはないものの、ワームが起こす微細な振動が、スレたヒラメに効くことがあります。

引き抵抗がほとんどないため、ワームのアクションを感じることが難しく、ベテラン向きかもしれませんが、プレッシャーの高い場所では効果的ですので、これも持っておきましょう。

カーリーテールワーム

カーリーテールは、大きなカール形状のヒレがついたワームで、スイム時もフォール時も、大きくアピールします。

シャッドテールやストレートテールのような微振動は起こさず、水を緩やかに動かします。

ピンテールワーム

ピンテールワームは、ストレートワーム抵抗よりも水の抵抗を受けづらいワームで、遠投性に長けています。

アピールは最も弱い部類になりますので、アングラーのテクニックがモノを言うワームです。
ストレートワーム同様、スレたヒラメによく効きます。

選ぶポイント2:ワームのカラー・色

ヒラメはピンク系が王道です。
他には赤系、黄色系、オレンジ系が高実績です。
天気と時間によって使い分けます。

マヅメ時はアピール系、日中はナチュラル系など、使い分けながら、自分の必勝パターンを探し出してください。

アピールカラー

赤や黄色、ラメ入りなどのアピールカラーはヒラメ狙いの定番です。
ピンク系が一番ヒラメが好む色のようです。

ナチュラルカラー

白系のナチュラルカラーや青系のリアルベイトカラーは、日中やハイプレッシャーの状況で有効です。

選ぶポイント3:ワームのサイズ

ワームのサイズは、あまり小さいものだとアピールが足りないかもしれません。
ヒラメは口に入る大きさであれば、ある程度大きなベイトでも果敢に襲いかかってきます。
ジグヘッドのウエイトに合わせて、ワームの大きさを変えましょう。

スポンサーリンク

ヒラメワーム種類別おすすめ6選!

DSTYLE(ディスタイル) ワーム トルキーストレート 5.8インチ ブラック・ブルーフレーク ルアー

ここからは、ヒラメ釣りに使えるワームを紹介して行きます。

おすすめのシャッドテールワーム2選

シャッドテールはヒラメ釣りの定番のソフトルアーであるだけでなく、あらゆる魚が好む、最強のワームと言えるでしょう。
ヒラメタックルの人気ランキングでも、上位は必ずシャッドテールです。

【メジャークラフト】パラワーム シャッド ケイムラピンク 3インチ

ヒラメ釣りに使うワームとしては定番中の定番です。
ヒラメの反応の良いピンク系カラーにケイムラ塗料を使用、水中では妖しく光りながらアピールします。

【バークレイ】Tテールシャッド3.7 PW

全身のリブ形状とテールの振動が、水に細かい波動を起こし、周辺にいる魚に協力にアピールします。
非常に柔らかいゴムで出来ており、かじられるとちぎれてしまう弱点もありますが、非常に魚の反応が良いワームです。

おすすめのストレートワーム2選

プレッシャーが高い場所だったり、スレたヒラメ釣りの場合、頼りになるのがストレート系のワームです。

【ディスタイル】トルキーストレート 5.8インチ ブラック

シーバス用ストレートワームとですが、サーフでのワインド釣法て、ヒラメやマゴチが狙えます。
シャッド系で反応が得られないときに試したいワームです。

【メジャークラフト】パラワーム-DART 3.5インチ オレンジゴールド

ダートの動きでヒラメを探る、ただ巻では追ってこない大物狙いにはダートの激しい横方向のアクションが有効です。

おすすめのカーリーテールワーム2選

一発逆転の大物狙いや、ロックフィッシュも並行して狙いたい場合は、カーリーテールを使いたいです。
特に磯で活躍するでしょう。

【エコギア】熟成アクア ミルフル 3.3インチ 赤イソメ

ヒラメはもちろん、他のあらゆる魚も狙える万能ワームです。
熟成という、全く新しい手法で製造されたワームは、生餌に匹敵する集魚効果も持ち合わせています。

【DUO】ビーチウォーカー ハウルグラブセット フルレッド/堀田ゴールドG 27g

ショアからのヒラメ釣りのを広めた第一人者、堀田光哉氏監修のヒラメ専用ワームです。
水の撹拌効果が高く、リトリーブスピードを変化させるだけで強力なアピールになります。

おすすめのピンテールワーム2選

ベタ凪の漁港のような場所、或いは夜釣りなど、ヒラメの活性が高くない場合、ピンテールワームをゆっくりと通すといいことがあるかも知れません。

【ダイワ】フラットジャンキー ピンテール SGヒラメピンク

派手なアクションやカラーリングのルアーには見向きもしないスレたヒラメをピンポイントで狙い撃ちするリアルベイト系ピンテールワームです。
水をわずかに揺らす微波動がスレたヒラメに効きます。

【ジャッカル】ビッグバッカー ソフトバイブ 115mm 28g シラスクリアー(UV)

ピンテールタイプのワームは全身から緩やかな波動を生み出し、スレたヒラメに捕食スイッチを入れさせます。
UV塗料によりぼんやり光るシラスカラーは薄暮時に特に有効です。

スポンサーリンク

【2020年新作】ヒラメワームおすすめ2選

メジャークラフト ワーム パラワーム-DART3.5 PW-DART3.5#049 オレンジゴールド

ショアからのヒラメ釣りのタックルは、爆発敵人気合わせて、毎日のように新商品がリリースされています。

ここでは、2020年発売の最新ヒラメワームを紹介します。

【ベイトブレス】AJ-R 3.3インチ S801 レッド

ジグヘッド、ダウンショットリグ、テキサスリグなど、どんな仕掛けにも対応するエビフォルムのワームです。
魚が好む匂いと旨味成分を配合し、魚種を選ばず使えるワームです。

【KCE】こちやん90

マゴチ、ヒラメのヒット率向上のために、形にする、動き、浮力などあらゆるパラメータを熟考し、総合力の高いワームとして仕上げられています。
ショアでもオフショアでも使える確かな逸品です。

スポンサーリンク

ヒラメワームにおすすめの仕掛けとその付け方

エコギア(Ecogear) ワーム 熟成アクア ミルフル 3.3インチ 82mm 赤イソメ J02 ルアー

ヒラメワームは様々な仕掛けに取り付けて狙うことができますが、ポイントの地形で使い分けるのが一般的です。

ジグヘッドはその中でも万能的に使えます。

ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグは、ジグヘッドという、根元に錘のついたフックにワームを刺して使います。
最も一般的で、堤防でも漁港でもサーフでも使えます。
錘の重さを変えることで遠投性が上がりますが、スイム姿勢を考慮し、あまり重すぎないようにしたいです。

ダウンショットリグ

ダウンショットリグは、胴突き仕掛けの変形版に相当する仕掛けで、ラインの先端はシンカー(錘)になります。
シンカーの上部にエダスを出し、ワーム仕掛けを取り付けます。

障害物が多い岩礁地帯や藻場を攻めるような場合に根がかりを回避しやすい仕掛けとして有効です。

スポンサーリンク

ヒラメワームを使った釣り方・アクション

DUO(デュオ) ワーム ビーチウォーカー ハウルグラブセット フルレッド/堀田ゴールドG 27g AOA0204

ヒラメワームを使ったアクションには次のようなものがあります。

  • ただ巻き
  • ストップアンドゴー
  • リフトアンドフォール

メタルジグはボトムに付きやすいため、ある程度スピードをキープし、底から50cm程度のレンジをキープしながらアクションしますが、ソフトルアーの場合はメタルジグよりゆっくり巻き、スピードに変化をつけながら巻いても良いでしょう。

ヒラメ釣りでワームを使う時のロッドアクション3選【ライトショアジギング】

スポンサーリンク

ヒラメワームについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ワーム フラットジャンキー ピンテールシャッド SGヒラメピンク R4 ルアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ヒラメワームおすすめ8選!選び方や人気のジグヘッド・リグをご紹介」というテーマに沿って、「ヒラメ釣りにワームを使うメリット・デメリット」「ヒラメワームの選び方」「ヒラメワーム種類別おすすめ6選!」「【2020年新作】ヒラメワームおすすめ2選」「ヒラメワームにおすすめの仕掛けとその付け方」「ヒラメワームを使った釣り方・アクション」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒラメ釣りのコツや仕掛けを徹底解説!ルアー/泳がせ釣りの攻略方法・時期
ヒラメは、釣期が長く、ほぼ一年中釣れる魚です。今回、釣りラボでは、そんなヒラメの釣り方について、ルアー・泳がせ釣りの釣り…
【2020年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル…
【2020年】ヒラメロッドおすすめ8選!コスパ最強の製品や代用ロッドもご紹介
ヒラメ釣りは、近年専用のタックルも続々と登場し、人気が高まっています。今回、釣りラボでは、ヒラメロッドの選び方や、サーフ…
ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌を紹介!餌の付け方や選び方もご紹介
ヒラメ釣りは堤防やテトラポットなど身近な場所で釣ることができ、気軽に楽しむことができます。そんなヒラメ釣りにはどんな餌を…
ヒラメ釣りに最適な時期はいつ?季節ごとの攻略方法やおすすめのルアーもご紹介
地域によっては1年中釣ることができるヒラメ釣りですが、最も釣れる時期はいつなのでしょうか?今回釣りラボでは、そんなヒラメ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン