【2020年最新版】スピンキャストリールおすすめ5選!選び方や使い方なども詳しく解説

日本ではなかなか知られていないスピンキャストリールですが、その性能はベイトリールとスピニングリールの両方の長所を併せ持っていると言われています。今回釣りラボでは、そんなスピンキャストリールの特徴や選び方、おすすめのリールを詳しく解説します。

リール
スポンサーリンク

スピンキャストリールとは?

リール

出典:写真AC

スピンキャストリールは、正式にはクローズド・フェイスリールといいます。
スピニングリールとベイトリールの良いところを合わせたような特徴のあるリールです。

スプールの前に、ラインを巻き取るためのピックアップピンがついたローターがあり、その外側をフロントカップで覆った構造になっています。

リールの後方、ベイトリールのクラッチにあたる部分にローターを前後に動かすボタンがあります。
ボタンを押すと、ローターが前方に飛び出し、フロントカップの内側にローターとラインが押し付けられてラインを保持し、キャストの瞬間にレバーを離すと、ローターがもとの位置に引っ込み、ラインがフリーになって出て行く構造です。

スピンキャストリールの性能・特徴

スピンキャストリールの特徴として、片手でキャストできることが挙げられます。
また、構造が単純で、メンテナンスしやすい特徴があります。

キャスト性能は、スピニングリールに比べると劣ります。
理由は、ラインキャパが少なく、パワーも非力なため、大遠投のフルキャストに向かないことと、ラインが出て行く、フロントカバーの中心の穴にラインが当たり、パワーロスしやすいからです。

ただし、ベイトキャストリールにつきもののバックラッシュが起きないため、ベイトリールより使い勝手がよく、欧米では、スピニングリール、ベイトリールに次ぐ第3のリールとして、一定の地位を保っています。

スピンキャストリールにおすすめの釣り

スピンキャストリールにおすすめの釣りは、近距離をキャストする、管理釣り場でのトラウト、渓流プラッギングなどに向いています。

スピンキャストリールと他のリールの違い

スピンキャストリールと他のリールの違いですが、以下が挙げられます。

  • ラインに触らずにキャストできること。
  • ラインローラーなく、ローターから飛び出しているピックアップピンに引っ掛けて巻きあげるため、ラインが傷つきやすいこと、
  • スピニングロッド用とベイトロッド用があること。

あたりでしょうか。
スピンキャストリールといえば、ベイトロッド用の、ロッドに対してリールが上につくものをいいます。

一方、スピニングロッド用のものは、リールがロッドの下につき、アンダースピンキャストリールと呼ばれます。
アンダーキャストリールは、クラッチボタンの代わりに、レバーブレーキ式スピニングリールのように、指をかけるレバーがつきます。

スポンサーリンク

スピンキャストリールの選び方

リール

出典:写真AC

スピンキャストリールは、そもそも日本においては販売されている機種が少なく、一般の釣具店の店頭で販売されていることはほとんどないでしょう。
中古釣具店もしくは通販での入手がメインとなります。

選ぶポイント1:スピンキャストリールの種類

先に説明した通り、スピンキャストリールは、使用するロッドによって、スピンキャストリールと、アンダースピンキャストリールがあります。
自分が使用するロッドのタイプによって、スピンキャストリールかアンダースピンキャストリールかを選択します。

ベイトタイプ

ベイトロッドは、ピストル型のグリップがついています。
リールシートにスピンキャストリールを上向きにつけて釣りを行います。

リールのお尻の部分にボタンがついていて、これを押している間はラインが固定されます。
キャスト時の頂点でボタンを離すとラインがフリーになって飛んでいきます。

アンダースピンタイプ

アンダースピンキャストリールは、スピニングロッドに下向きに取り付けるタイプのリールで、人差し指でレバーを握ると、ラインが固定され、キャスト時の頂点でレバーを離すとラインがフリーになって飛んでいきます。

選ぶポイント2:ギア比

ギア比は、3.6:1〜6.0:1くらいまでのものが販売されています。

選ぶポイント3:重量

日本では比較的小型のものが多いです。
自重は230〜300g程度のものが多いです。

選ぶポイント4:ライン巻取り

ライン巻取りは、ローターから飛び出たピックアップピンと呼ばれるピンに引っ掛けてスプールに巻かれていきます。
スピニングリールのようなオシレーションシステム、ベイトリールのようなレベルワインダーはありません。

したがって、スピンキャストリールのスプールはストロークが大変狭く、たくさんのラインを巻くことができません。

スポンサーリンク

おすすめのスピンキャストリール5選!【2020年最新版】

リール

出典:写真AC

では、実際に2020年最新版のおすすめのスピンキャストリールを紹介していきます。
スピンキャストリールは、構造が単純であり、価格が安いのが特徴です。

【ダイワ】スピンキャスト80

ダイワが地味ながら40年以上販売し続けているスピンキャストリールのロングセラーです。
現在販売されているものは2014年モデルです。
非常にコスパが良く、6lbのナイロンラインが95m巻かれているのも魅力です。
ベイトロッドに使うモデルです。

【ダイワ】アンダースピン80

スピンキャスト80のスピニングロッド用モデルです。
ロッドの下にリールが来るように取りつけ、フロントのレバーを握るとラインを保持され、キャスト時のスローの頂点でレバーを離すとラインが出ていきます。
これも6lbのナイロンラインが95m巻かれており、すぐに使えます。

【アブガルシア】Abumatic SX

アブガルシアもダイワ同様、スピンキャストリールの製造を積極的に続けています。
海外モデルの並行輸入品ですが、バークレーのライン付きで非常にコスパの良い製品です。

【ゼブコ】33 プラチナスピンキャスト

本場アメリカ・ゼブコのオールメタルボディが美しいスピンキャストリールです。
バラしやすく組み立てやすいため、メンテナンス性に優れたスピンキャストリールです。
海釣りにも使用可能で、特にアジングに向いています。

【ゼブコ】888 マグナム

ギア比2.6:1のパワフルギアで、大物狙いのセッティングのスピンキャストリールです。
付属のラインも25lbと太いものとなっています。
550gの重量があるので、使いこなすには腕力が必要です。

スポンサーリンク

スピンキャストリールの使い方

リール

出典:写真AC

スピンキャストリールの使い方は、基本はベイトリールの使い方に似ています。
ベイトリールのクラッチにあたる、ボタン(アンダーキャストリールの場合はレバー)の効用がベイトリールとは逆になります。

すなわち、ボタン(レバーを)を押しているときは、ラインが出ません。
そして、キャストする際にボタン(レバー)を離すとラインが放出されます。

はじめのうちはコントロールがつかないかもしれませんが、少し練習すればすぐに正確にキャストできるようになります。

スピンキャストリールの巻き方とコツ

糸を保持するボタン(レバー)を押すと、ローターがフロントカップの裏側に押し当てられ、ラインを保持すると同時に、ローター横のピックアップピンがローター内に引っ込みます。

その後、ボタンを離してキャストしたあと、ハンドルを巻き始めると同時にピックアップピンが飛び出し、ラインをからめとり、スプールに巻かれていきます。
スピンキャストリールには、スピニングリールのように、摩擦を軽減するラインローラーがなく、いつもピックアップピンとラインに摩擦力がかかっているため、高速リトリーブはラインに負担がかかるため避けたほうが良いでしょう。

スピンキャストリールのメンテナンス方法

スピンキャストリールは構造が比較的単純ですので、こまめにバラしてクリーニング、注油しましょう。

かきどうがは、全編英語ですが、スピンキャストリールのメンテナンスについてわかりやすく解説していますので紹介します。

Dave Wilson (Fishing) – Zebco 33 check, clean and lube info

スポンサーリンク

スピンキャストリールにおすすめのロッド3選

リール

出典:写真AC

最後に、スピンキャストリールにおすすめのロッドを紹介します。

【メジャークラフト】ファーストキャストバス FCC-632M

スピンキャストリールと非常に相性の良い6.3フィートのバスロッドです。
ロッドの硬さもMのため、キャストする際も、片手でヒョイと、楽々投げることができます。

【テイルウォーク】グラッピー 55UL

トップウォーターや、シャローエリアのライトプラッギング専用に開発されたコンパクトで非常に柔らかいルアーロッドです。
5.5フィートのレングスは、小型ボートやカヤックからの釣りにも最適です。

【ゼブコ】Zキャスト スピンロッド 5.6フィート

振り出し式5.6フィートのスピンキャストリール用ロッドです。
しなやかで耐久性の高いグラスファイバー製ブランクスで、ゼブコのマグナムなどの大型のスピンキャストリールと組み合わせれば、大型のバスなどにも対応できます。
バス釣りの他、穴釣りにも対応可能です。

スポンサーリンク

スピンキャストリールのまとめ

リール

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年最新版】スピンキャストリールおすすめ5選!選び方や使い方なども詳しく解説」というテーマに沿って、「スピンキャストリールとは?」「スピンキャストリールの選び方」「おすすめのスピンキャストリール5選!【2020年最新版】」「スピンキャストリールの使い方」「スピンキャストリールにおすすめのロッド3選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】シマノ・ダイワのおすすめ電動リール6選!選び方や使い方もご紹介
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ…
【2020年】おすすめのショアジギングリール11選!選び方のポイントもご紹介
大物を狙うことができるショアジギング。今回、釣りラボでは、ショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン