【2020年】ショアジギング用ルアー人気7選!色・重さの選び方も解説

ショアジギングで使用するルアーの種類は大変多く、どのルアーを使えば良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。今回釣りラボでは、ショアジギング用ルアーについて分かりやすい選び方やおすすめルアーを解説します。

ルアー
スポンサーリンク

ショアジギングで使うルアーの種類

アブガルシア(Abu Garcia) メタルジグ ルアー ショアスキッドジグ30g SSSHRSJ30-AKA アカキン

ショアジギングで用いられるルアーは多岐にわたり、近年ではこれまでの常識を覆すような様々なルアーがたくさん出て来ています。
例えば、全く何を模したものなのかわからない見た目のルアーなども増えて来ています。

とは言え、基本的には、メタルジグ、ミノー、バイブレーションあたりが定番で、それらにソフトルアー(ジグヘッドリグなど)が加わる感じです。

メタルジグ

メタルジグは、金属プレートに様々な加工を施して、光を反射させたり、自らが発光して魚にアピールするタイプのルアーです。
ある程度重量があり、空気抵抗を受けにくい形状をしているため、最も飛距離が出るルアーです。

ただ巻き、リフトアンドフォール、ワンピッチジャーク、ストップアンドゴーなど様々なアクションで魚を誘います。

ミノー

魚の形をしたルアーをミノーと言います。
水に沈むものはシンキングタイプ、浮くものはフローティングタイプ、中層にとどまるものはサスペンドタイプと言います。

先端に水を受けるリップがついているものは、首を左右に振りながら泳ぎます。
魚の活性が高いとき、ボイルが湧いているときの鉄板ルアーです。

バイブレーション

左右に小刻みに頭を振りながらボトムを泳ぐバイブレーションは、ただ巻きで最もパフォーマンスを発揮します。
蓄光塗料を塗ったグロータイプ、紫外線を吸収して青く光るUVタイプなど、発光タイプが特におすすめです。

スポンサーリンク

ショアジギングで使うルアーの色の選び方

メジャークラフト メタルジグ ジグパラ ライブベイトカラー JPS-30L #83 30g

ショアジギングで使うルアーの色の選び方について説明します。
大雑把に言うと、「アピールカラー」「ナチュラルカラー」「グローカラー」があります。

アピールカラー

アピールカラーは、赤、ピンク、黄、オレンジ、金など、派手な暖色系カラーのものを言います。
朝夕のマヅメや釣りはじめの最初に使うパイロットルアーとしての用途が定番とされています。

ナチュラルカラー

ナチュラルカラーは、日中の好天時など、光量が充分にある時、リアルベイトカラーに近いものを選ぶと効果的です。

グロー系

グロー系カラーは、夜釣りや日中の悪天候時や濁りが強い時で光が届かない場合などに効果的です。

ルアーのカラーローテーションにはルールなんかありませんので、当日釣れている人のカラーを真似たり、自分なりのローテーションパターンをいくつか決めておくなど、自由に決めれば良いでしょう。

大事なことは、「反応がなければ次々ルアーチェンジすること」です。

スポンサーリンク

ショアジギング用ルアーの重さの選び方

YO-ZURI(ヨーヅリ) ミノー ピンズミノー (F) ミノー 90mm GHIW F1163-GHIW GHIW:サーディン 90mm ルアー

ショアジギング用ルアーの重さについては、ターゲットの魚のサイズや、キャストする距離、水深などにより使い分けます。
また、ショアジギングは、オフショアジギングとは違い、水平方向にキャストしますので、垂直方向を釣るオフショアジギングよりも軽いものを使うのが普通です。

ライトショアジギングの場合

厳密な定義はありませんが、ライトショアジギングは、20〜60g程度の重量までのルアーを使うジギングになります。
ラインはPE1〜1.5号程度のものを使用します。

スーパーライトショアジギングの場合

スーパーライトジギングは、20g以下の重量のルアーを使います。
ラインはPE0.6〜1号程度のものを使用します。

スポンサーリンク

ショアジギング用ルアー人気5選

ダイワ(DAIWA) ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR ヒラメピンクイワシ ルアー

ここからは、ショアジギング用でおすすめのルアーを5つ紹介して行きます。

【アブガルシア】ショアスキッドジグ 30g アカキン

着水後、右に左にヒラヒラ揺れながら沈んで行く、オフショア用スキッドジグを、ショアジギング用に改造し、キャストに敵したシェイプにしつつ、ヒラヒラ運動を再現したメタルジグです。
リフトアンドフォールが最も効果的なアクションです。

【メジャークラフト】ジグパラ ショート ライブ金アジ 30g

メジャークラフトの大ヒットルアー、ジグパラに、超リアルベイトカラーのライブシリーズです。
ショア、オフショア、ターゲット不問であらゆるシーンで使える定番中の定番ルアーです。

【DUEL】ピンズミノー フローティング 7g 90mm サーディン

リアルベイトのサーディンカラーのフローティングミノーです。
7gの軽量ルアーで、トップから水深80cm程度までのレンジを誘います。

【ダイワ】ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR ヒラメピンク

サーフヒラメ釣りの定番、125mmのシンキングミノーです。
スロータイプのミノーで、ボトムから50cm程度のレンジをゆっくり通してヒラメが襲いかかりやすい状況を演出します。

【ジャクソン】鉄板バイブ レッドヘッド20g

シーバスに効くというレッドヘッドカラーのメタルバイブレーションです。
シーバスのみならず、青物にも対応できるよう、大型フックが標準装備されています。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめショアジギング用ルアー2選

Jackson(ジャクソン) メタルバイブ 鉄板バイブ 63mm 20g レッドヘッド SRH ルアー

ここからは、2020年に発売された、最新のショアジギング用ルアーを2つ紹介します。

【パームス】ヘキサーハーセン 30g UVアカキン

神奈川県平塚市の新興ルアータックルメーカーのパームスによるサーフジギング用ルアーです。
後方重心設計のため、飛距離が出て、ショアからタチウオ、サゴシと言ったターゲットを狙うための多面体設計が効きます。

【メジャークラフト】マキジグ スロー 30g ピンクイワシ

メタルジグやミノーで反応が得られない時、ブレード付きのルアーが当たりルアーになることは少なくありません。
スローピッチジャークやストップアンドゴーなど、軽めのアクションで誘ってみましょう。

スポンサーリンク

ショアジギング用ルアーのおすすめ収納ケース

パームス(Palms) ヘキサー ハーセン 30g HH-30# UVアカキン

ショアジギング用ルアーの収納ケースなんか100円ショップでもいいじゃないかと思う人もいるかも知れませんが、あまり安いものはバックルが壊れやすくおすすめしません。

ルアー専用の収納ケースは、耐久性が高く、水抜き穴がついているタイプまであります。
できれば専用タックルを購入したいものです。

【アブガルシア】ルアーケース レギュラー VS-3010NDM オリーブ

明邦化学工業製 VS-3010シリーズをベースに、アブガルシアオリジナル仕様に仕立てたスタンダードなルアーケースです。
奥行きが145mmあり、125mmのミノーが余裕を持って収納できる設計です。

スポンサーリンク

ショアジギング用ルアーの付け方・結び方

メジャークラフト メタルジグ マキジグ スロー 30g ピンクイワシ #29 ルアー

ショアジギングのルアーの締結については様々なメソッドが紹介されていますが、やはり最も確実で、最も簡単で、最も強い結び方は「イモムシノット」だと思います。
これさえあれば他の結び方は必要ないのではないかと思うほど強いです。
是非試してみてください。

また、動画でもやり方を確認することができます。

入門者必見!青物ルアー向け 簡単ノット解説

スポンサーリンク

ショアジギング用ルアーのまとめ

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーケース レギュラー VS-3010NDM オリーブ 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ショアジギング用ルアー人気7選!色・重さの選び方も解説」というテーマに沿って、「ショアジギングで使うルアーの種類」「ショアジギングで使うルアーの色の選び方」「ショアジギング用ルアーの重さの選び方」「ショアジギング用ルアー人気5選」「【2020年新作】おすすめショアジギング用ルアー2選」「ショアジギング用ルアーのおすすめ収納ケース」「ショアジギング用ルアーの付け方・結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ショアジギングとは一体何?釣り方のコツやおすすめのタックル・仕掛けもご紹介
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2020年】おすすめのショアジギングリール11選!選び方のポイントもご紹介
大物を狙うことができるショアジギング。今回、釣りラボでは、ショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜…
【2020年】おすすめのライトショアジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…
【2020年】おすすめのライトショアジギングリール9選|ダイワ・シマノ
海釣りで人気の高いライトショアジギング。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン