【2020年】ショアジギングにおすすめのPEライン8選!選び方や人気商品をご紹介!

年間を通して楽しめるショアジギングだけにPEラインも種類が多く、選ぶのが難しく感じる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、場面別のPEラインの選び方からおすすめの最新商品までご紹介していきます。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

そもそもショアジギング用ラインとは?

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 8本編み 200m 2.0号 スーパーブルー 42.8lb PL-M68R 釣り糸 ライン 2号

ショアジギング用ラインとは、ショアからのジギングのために使うラインのことを言います。

使われるラインの材質

ラインの材質には、ナイロン、フロロカーボン、ポリエステル、PE(高強力ポリエチレン)がありますが、ジギングで最も求められる特性は飛距離です。

そのため、一般的には、同じ強度なら他の素材より遥かに細く出来る、PEラインが使われます。
そのPEラインの中にも、オフショアジギング用と、ショアジギング用があります。

オフショアジギング用PEラインは、タナを正確に把握するために、ラインに目印やカラー染色が細かく施されています。
ショアジギング用ラインはそこまでシビアではないため、25mごとに色分けされているものか多いです。

例えば、サーフキャスト用のPEラインの場合は、ショアからのフルキャストで「距離は4色〜5色」と言えば、100m〜125m先の距離を表します。

ショックリーダーが必要

PEラインは引っ張り強度は非常に強いのですが、摩擦に弱いため、根ズレなどでラインに傷がつくと簡単に切れてしまいます。
そのため、PEラインの先端には、摩擦に強いショックリーダーを結びますが、これもPEの弱点である、結束性の悪さのため、特殊な結束法が必要です。
これを、「ラインシステムを組む」と言います。

PEのメインラインが何号かで、ショックリーダーの号数が決まります。

基本は、PEラインとショックリーダーの引っ張り強度(ポンド数)を合わせておきます。

スポンサーリンク

ショアジギング用PEラインの選び方

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 300m 3.0号 48lb(21.8㎏) 5色分け マルチ 3号 SPEX8303

ショアジギング用PEラインは、要求される強度によって太さ(号数)が決まってきますが、PEラインはナイロンラインやフロロカーボンラインの約4倍の強度がありますので、ナイロン4号ならPE1号相当、PE2号ならナイロン8号相当になります。

また、耐久強度を表す単位で「lb(ポンド)」がよく使われます。
ナイロン・フロロカーボン1号は約4lb(1.82kg)、PE1号は約16lb(7.26kg)となります。

ターゲットの魚にもよりますが、ショアジギングで使うPEラインの号数は0.6号(9lb≒4.36kg)〜2号(32lb≒14.53kg)あたりがほとんどです。

ショアジギング用PEラインの選び方

ショアジギング用ラインにはPE2号が標準でしょう。
60g以上の重量のあるルアーを投げて、大型の青物を中心に狙います。

ブリやヒラマサなどを狙う場合はPE5号以上を使うこともありますが、ショアジギングの場合はせいぜい3号くらいまでで間に合うと思います。

ライトショアジギング用PEラインの選び方

ライトショアジギング用ラインには、PE1号〜1.5号が使われます。
30g〜40g前後のルアーを使い、中型の青物や大型のフラットフィッシュやロックフィッシュ、シーバスなどを狙います。

スーパーライトショアジギング用PEラインの選び方

スーパーライトショアジギング用ラインには、PE0.4〜0.8号程度を使います。
20g以下の小さなルアーを使い、中型以下の青物やロックフィッシュなどを狙います。

スポンサーリンク

おすすめのショアジギング用PEライン6選!

メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド 4本編み マルチカラー DB4-200/1.2MC マルチカラー 200M/1.2号

ここからは、シーン別におすすめのショアジギング用PEラインを紹介します。
ショアジギングは、飛距離が出れば出るほど釣れる確率が上がります。
従って、飛距離が出るラインが優れたラインということになります。

ショアジギングにおすすめのPEライン2選

まずはもっともパワフルなショアジギング用PEラインを紹介します。

【シマノ】ピットブル 8本編み 2号 200m

ショアジギング用PEラインの定番中の定番です。
美しいブルーに染め上げられたカラーは、水中では目立たず、水上では視認性が良いという特徴があります。

【クレハ】シーガーPE X8 3号 300m

シマノ・ピットブルと双璧をなす、大ヒットPEラインです。
ブリ、シイラなどの大型青物をショアからねらうには最適です。

ライトショアジギングにおすすめのPEライン2選

続いて、もっとも人口が多いであろう、ライトショアジギング用のおすすめPEラインを紹介します。

【メジャークラフト】弾丸ブレイド 4本編み 1.2号 200m

コスパの良さと性能のバランスに優れたメジャークラフトの弾丸ブレイドは、惜しみなく頻度よく交換し、常に良い状態で使うと良いでしょう。

【モーリス】VARIVAS アバニ マックスパワー X8 ショアマスター 1.5号 200m 8本 ホワイト

信頼と実績のVARIVASの、ショアジギング専用ラインです。
視認性抜群で、間詰め時の薄暮にもっとも威力を発揮するホワイトラインです。

スーパーライトショアジギングにおすすめのPEライン2選

スーパーライトショアジギングは、PE0.4〜0.8号程度の極細ラインを使い、20g以下の軽量ルアーを操り、ロックフィッシュなどを狙います。

【東レ】スーパーライト PE 0.4号(7lb)

ライトゲームを快適に行うことができる抜群の操作性と視認性はベイトフィネスに最適です。

【クレハ】シーガーPEX8 LURE EDITION 0.6号 200m ピンク

シーガー PEX8 の視認性を高めたルアーエディションです。
鮮やかなピンク色はいかなる状況でも目立ちます。

スポンサーリンク

【2020年新作】ショアジギングにおすすめのPEライン2選!

VARIVAS(バリバス) PEライン アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 200m 1.5号 28.6lb 8本 ホワイト

ここでは、2020年に発売された最新のPEラインを紹介します。

【よつあみ】エックスブレイド スーパー ジグマン X8 1号 200m

耐摩耗性、直線強度、感度全てで最高のパフォーマンスを発揮する、ジギンガーのためのラインです。

【DUEL】スーパーエックスワイヤー8 1号 200m ホワイトマーキング

HIP(ヒートインテグレーションプロセス)工法で、全てのフィラメントを熱で密着。
マイクロピッチブレイデッド加工で緻密に編み上げられた、真円度の高いラインです。

スポンサーリンク

ショアジギングにおすすめのショックリーダー2選

東レ(TORAY) ライン ソルトライン スーパーライト PE 0.4号(7lb) F72N

PEラインには必ずショックリーダーを1ヒロ程度結び、根ズレを防ぎましょう。
在室はフロロカーボンとナイロンがあります。

フロロカーボンは伸びず、吸水もしないので、非常に優れていますが、風合いが硬いため、ナイロンリーダーを使う人も増えてきています。

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー 3号(12lb) 30m

コストパフォーマンスの良いフロロカーボンリーダーです。
ラインシステムが組みやすい、ソフトフィニッシュ加工で、現場で素早くノットを組めます。

【モーリス】VARIVAS ショックリーダー VEP ナイロン 5号 50m

ナイロン特有の適度な伸びに、耐摩耗コーティングを施した、抜群の締結性をもつナイロンリーダーです。

スポンサーリンク

ショアジギングラインとリーダーの結び方

クレハ(KUREHA) ライン シーガーPEX8 LURE EDITION(200m)0.6号 ピンク SPEX8L200.6

ショアジギング用のPEラインとショックリーダーを結ぶ為には摩擦系と呼ばれるノットシステムが必要です。

  • FGノット
  • SCノット
  • PRノット
  • ノーネームノット
  • トリプルエイトノット

などがあります。

どのノットでも構いません。
大事なのは、中途半端ではなく、正しく、完璧に、手早く結べる、得意な結び方を2つくらい習得しておくことです。

PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)

スポンサーリンク

ショアジギング用ラインについてまとめ

よつあみエックスブレイド(X-Braid) スーパー ジグマン X8 200m 1号 20lb5カラー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ショアジギングにおすすめのPEライン8選!選び方や人気商品をご紹介!」というテーマに沿って、「そもそもショアジギング用ラインとは?」「ショアジギング用PEラインの選び方」「おすすめのショアジギング用PEライン6選!」「【2020年新作】ショアジギングにおすすめのPEライン2選!」「ショアジギングにおすすめのショックリーダー2選」「ショアジギングラインとリーダーの結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】オフショアジギングにおすすめのPEライン7選とリーダー5選をご紹介
オフショアジギングとは船の上から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジ…
【2020年】ライトショアジギングにおすすめなPEライン・リーダーを徹底解説!選び方・結び方
青物から根魚、シーバスなどまで狙えるライトショアジギングは、とても人気のあるジギングの一つです。今回、釣りラボでは、そん…
ショアジギングとは一体何?釣り方のコツやおすすめのタックル・仕掛けもご紹介
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…
ジギングとは?釣り方のコツ・おすすめのタックル(ロッド/リール/ジグ)を徹底解説!
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボで…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン