【2021年】怪魚ロッド人気7選!選び方やおすすめ商品、自作方法をご紹介!

釣りをしていると怪魚を釣りたい!でもロッドはどんなものがいいかわからない、と思うこともあるのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、怪魚を狙う人におすすめできる人気ロッドからその選び方までじっくりご紹介いたします!

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそも怪魚って何?

シマノ(SHIMANO) パックロッド トラスティック S610L モバイルロッド シーバス ロックフィッシュ アジ メッキ タイカブラ バス

怪魚とは名前の通り大型な魚のことを指します。
日本で怪魚と言われている魚は、ナマズや雷魚などがほとんどです。

日本国内よりも海外のほうが大型の魚が多いため、怪魚の捕獲を目的とする方は海外に行って釣りをすることがほとんどです。

怪魚を目的とする釣り人を怪魚ハンターと一般的には呼びます。

スポンサーリンク

怪魚ロッドの選び方・ポイント

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーロッド ベイト ワールドモンスター WMSC-734H 怪魚 パックロッド 4ピース ライギョ

怪魚ロッドの選び方のポイントは丈夫さです。

怪魚の重量は人間の体重を超えるものまで存在し、ロッドをへし折られてしまうことも時々あるため、スペアのロッドを持っておくことも大切です。

また、ジャングルの奥地まで足を運んで釣りを行わないといけない場合もあるため、コンパクトさも重要です。

怪魚のほとんどは車では行きにくい大自然に生息しているため、釣りに行くにもひと苦労です。

選ぶポイント1:ロッドの種類

ベイトロッドでもスピニングロッドどちらも存在します。

昔はスピニングが主流でしたが、今ではベイトの方が主流になっており自分の持っているリールに合わせてロッドの種類を選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

一番重要な項目です。

ロッドの硬さは店頭で比較することは難しいですが、ロッドのミドルクラス以上を用いると良いでしょう。

ブラックバスやナマズであればライトクラスで十分に対応することが可能ですが、海外の怪魚はミドルクラス以上でないと対応は難しいです。

選ぶポイント3:ロッドの長さ

ロッドは6.5フィートから6.10フィートが一般的です。

長すぎると狭い環境では釣りづらいため、6フィートあたりがちょうど良いでしょう。

短くてロッドの根元が太く、しなりのあまりない竿が怪魚ロッドの特徴です。

選ぶポイント4:釣りを行う場所

釣りを行う場所は様々です。

日本ではナマズ類を狙う場合は川や湖で行いますが、GTなどを狙う場合は海で行います。
そのため、釣りを行う場所は様々あります。

できるだけロッドは海水も淡水も対応できるものを使用したほうが良いでしょう。

また、海外の場合、怪魚が生息しているのは基本的に河川です。
例えば、有名な怪魚の場所として知られているのはアマゾン川です。

他にも、東南アジアなども有名な場所であり、ジャイアントスネイクヘッドなどが存在します。
スペインではヨーロッパオオナマズを釣り上げることが可能です。

このように世界各地に怪魚を釣ることのできる場所が存在します。

迷ったら人気メーカーから選ぶという手も

怪魚ロッドは、メーカーで選んでも良いでしょう。

メーカーごとにデザインも変わっていて選ぶのも楽しいです。
そこで人気のメーカーを3つ紹介します。
なお、ここで紹介したメーカー以外にも、ダイワやメガバスなども人気があります。

アブガルシア

アブガルシアは変わったことに時計職人がはじめたメーカーです。
南スウェーデンで始まり、懐中時計や電話度数計、タクシーメーターなども製造していたはずが、釣り具のリールに目をつけて事業展開を行いました。

今では釣り人の間では人気のメーカーに成長しています。

特徴としては個性的なリールの形とかっこいいブランドマークです。

ブラックバスで使用されていることの多いアブガルシアですが、怪魚釣りではシェアは最大と言われています。

デプス

デプスは日本初のブランドです。
社長の奥村和正がブラックバスへの愛が生んだブランドでもあります。

ルアーの性能の良さから人気を集め、現在では淡水魚を中心に市場を拡大している人気のブランドです。

ブラックバスだけでなく、怪魚用の展開も行っています。

シマノ

海釣りで有名なシマノですが、怪魚用の竿も展開しています。

現在では渓流釣りやファッションまでブランド領域を展開しており、一般の方にも認知度の高いメーカーに成長しています。

海釣りでシマノを愛用している方は、怪魚用のロッドもシマノで統一すると良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの人気怪魚ロッド5選!

Fishman(フィッシュマン) BRIST comodo 6.10XH BC610XH

人気のロッドを5つ紹介します。

怪魚用に紹介するロッドですが、中には海釣りのロッドも怪魚用に転用できる場合もあったために、その商品も含めて紹介します。

【シマノ】パックロッド トラスティック

シマノのトラスティックはシーバスやロックフィッシュ用であると同時に持ち運びやすさと丈夫さから怪魚ハンターの中で愛用している方が多い商品です。

持ち手が木製ということも怪魚釣りらしいスタイルでかっこいいです。

【アブガルシア】ワールドモンスター WMSC-734H 4ピース

怪魚釣りの中でも最も人気なロッドがアブガルシアのワールドシリーズです。

値段も安く、ベイトタイプとスピニングタイプの両方販売しているために選びやすさも人気の一つの要因になっているでしょう。

【Fishman】BRIST comodo 6.10XH BC610XH

海外で本格的な怪魚釣りをやりたい方におすすめです。

四軸カーボンによって強靭なロッドに仕上がっています。
基本的に丈夫なロッドはしなやかに曲がりませんがカーボンによって美しい曲がりを可能にしています。

【デプス】ヒュージカスタム HS1N-76RF

デプスの中で怪魚釣りのロッドといえばヒュージカスタムです。
実績は1.6mのピラルクーなど様々です。

どんなに大きな魚でも対応できるという点で名前にヒュー痔という文字が入っています。

もともとデプスはビックバスを目的としたロッドが多く、使用者からの評価も高かったために怪魚用のロッドも高い評価であるといえます。

【シマノ】ワールドシャウラ ツアーエディション 1754R-5

7.5フィートと比較的に長めなロッドです。
そのために広い場所で使用する場合にこのロッドをお勧めします。

多くの怪魚ハンターの信頼を集めているロッドで、対象魚がブラックバスだけではもったいない商品です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめの怪魚ロッド2選!

デプス ヒュージカスタム HS1N-76RF deps HUGE CUSTOM

新作の2つのロッドを紹介します。
怪魚用ロッドの2020年での新作は少ないですが個性的なロッドが販売されています。

【スミス】KOZエクスペディション KOZ EX-S55EX/J2

怪魚ハンターで知られている大久保幸三のモデルです。

海水でも淡水でも使用することが可能です。
ただ硬いロッドではなく、柔らかさも持ち合わせておりそれによってアクティブなルアーの動きを生みだします

【ジェットスロウ×ツララ】ジェットセッター 50S

ジェットとツララがコラボしたメーカーです。
お互いに個性的なメーカーであり、その2つのメーカーが生みだすロッドの期待値は未知数です。

主に淡水での使用をおすすめします。

スポンサーリンク

怪魚ロッドは自作することはできる?

シマノ(SHIMANO) バスロッド ベイトロッド ワールドシャウラ ツアーエディション バス 1754R-5 7.5フィート

怪魚専門のロッドの作成方法を紹介している動画はないですが、通常ロッドの作成方法に関しての動画はあります。

通常のロッドが作成できるのであれば怪魚用のロッドも試行錯誤次第では作成できるかもしれません。

世界に一本だけの竿を作ってみた【グリップ周辺の取り付けまで】

スポンサーリンク

怪魚ロッドについてまとめ

ジェットスロウ×ツララ ジェットセッター 50S JetSlow × TULALA JetSetter

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】怪魚ロッド人気7選!選び方やおすすめ商品、自作方法をご紹介!」というテーマに沿って、

  • そもそも怪魚って何?
  • 怪魚ロッドの選び方・ポイント
  • おすすめの人気怪魚ロッド5選!
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめの怪魚ロッド2選!
  • 怪魚ロッドは自作することはできる?

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめの最強雷魚ロッド10選!コスパ最強の商品や代用可能なロッドもご紹介!
雷魚は非常に力強いファイトを楽しめることから釣り人に人気があります。今回釣りラボでは、そんな雷魚釣りにおすすめな雷魚ロッ…
【2021年】ナマズ専用ロッドおすすめ8選!コスパ最強の製品や代用ロッドもご紹介
ナマズのルアー釣りは、近年非常に人気が高まっています。今回、釣りラボでは、ナマズ専用ロッドの選び方、初心者〜上級者向けの…
【2021年】ナマズ釣り用ルアーおすすめ7選!カラー・種類の選び方を解説
ナマズ釣りは釣るポイントさえ見極められれば初心者でも簡単に釣ることが出来る手軽な釣りのひとつです。そんなナマズ釣りに効果…
【2021年】雷魚リールおすすめ8選!初心者向けから最新商品まで紹介!
釣りをしていると雷魚という魚を聞いたことがあるのではないでしょうか?雷魚は元々日本にはいない外来種で1メートルを超える大…
ナマズ釣りにおすすめの餌を紹介!餌の付け方や保存方法も詳しく解説
川や池に生息しているナマズですが、近年ナマズ釣りは釣り人の間で人気となってきています。今回釣りラボでは、そんなナマズ釣り…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン