【2021年】ティップランエギングリールおすすめ12選!特徴や選び方も解説!

ティップランエギングは手軽で簡単に始められて人気ですが、いくつかの専用タックルが必要です。今回、釣りラボでは、ティップランエギングにおすすめのリールをご紹介します。選び方やそれぞれの特徴を詳しく解説!お気に入りのリールを見つけてくださいね。

リール
スポンサーリンク

そもそもティップランエギングとは?

エギング

出典:写真AC

そもそもティップランエギングとはどのような釣りのことをいうのでしょうか。
ティップランエギングとは、船で行なうエギングのことをいいます。

ショアから行なうエギングのようにエギをキャストすることはあまりなく、船の直下にエギを落とし、シャクリを行なう釣り方でイカを誘います。
竿の穂先(ティップ)の動きでアタリを見るのが名前の由来です。

スポンサーリンク

ティップランのリールを選ぶ際の3つのポイント

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 エメラルダス LT2500S-H-DH (2019モデル)

ティップランのリールを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

番手で選ぶ

ひとつめのポイントは番手で選ぶということです。
ティップランエギング用のリールは、基本的にはエギング用のリールと同じものが使用できます。

エギング用のリールは、エギング専用と銘打ったものもありますが、汎用のものをエギングに使用する場合も多く汎用品の中からも選択できます。

番手はスピニングリールであれば2500番台から3000番台を選べば良いでしょう。
ただしティップランエギングでより深いところを狙う場合には、2500番よりもサイズの大きい3000番台を選択することをおすすめします。

ギア比で選ぶ

ポイントのふたつめは、ギア比で選ぶという点です。
ギア比とは、リールのハンドルを一回転した時にスプールが何回転するかを意味しています。

ギア比が低いと、巻く速度は遅いのですが、巻く力は大きく、ギア比が高いと、巻く速度を早くすることができます。

スピニングリールの場合にはギア比が5.5を境にした55以下をノーマルギア、5.5を超えるものをハイギアと呼んでいます。

ティップランエギングの場合には、海中の深い場所を狙い、早く巻き上げる必要があるため高いギア比のハイギアがおすすめです。

たさしハイギアはノーマルギアに比べて巻く力が弱いので、大物がかかった場合には重さを感じる場合もあります。
個人の好みもありますので、使用感によって選択しても良いです。

ドラグの性能で選ぶ

選ぶポイントのみっつめにドラグ性能で選ぶという方法もあります。
リールにはドラグという機能がついています。

ドラグとは、ラインに負荷が掛かった時に一定の負荷が掛かると、ラインを放出する仕組みで、ラインが切れたり、ロッドが折れたりするトラブルを防ぐ機能で、調整することが可能です。

リールのスペックには最大ドラグ力という数値がkgで表記指されています。
最大ドラグ力とは、最大ドラグ力以下の範囲で、ドラグ性能を調整できるという意味です。

最大ドラグ力がどの程度のリールを選ぶかは、狙うイカのサイズにもよりますが、ティップランエギングの場合でも4kgから7kg程度のものを選んでおけば実用上問題は少ないでしょう。

スポンサーリンク

ティップランエギングにおすすめのリール9選!

シマノ(SHIMANO) スピニングリール エギング 17 セフィア CI4+ C3000SDH HG

ティップランエギングにおすすめのリール9選をご紹介していきます。

スピニングリールおすすめ6選

スピニングリールのおすすめ6選をご紹介します。

【シマノ】ステラ2500SHG

シマノでは高級機種の部類に入るステラのハイギアタイプリールです。
ドライブギアの歯の形状を極限まで極めたマイクロモジュールギアを搭載し、巻上げ時の異音を徹底的におさえました

またXプロテクトという非接触型の防水機構は、回転を妨げることなく、外部からの水圧に耐え高い防水性能を有しています。

【ダイワ】エメラルダスLT 2500S-H-DH

ダイワの小型スピニングリールの新しい基準のLTを冠し徹底的に軽量化を図ったモデルでシャクリの多いエギングにはぴったりのリールです。

マグシールドやオートマチックドラグシステム(ATD)を搭載し、エアローターによりレスポンスの良い回転を実現しています。
価格も比較的安くおすすめです。

【シマノ】セフィアCI4+ C3000SDHHG

シマノのエギング専用リールでは最高峰に位置するモデルで、とても軽い巻上げを実現するNEWマグナムローターを採用しました。

CI4+という素材をボディ、ローター、ハンドルに採用し徹底的な軽量化を測ることでエギングに適したスペックを持たせています。

【ダイワ】エメラルダスAIR LT3000S-CXH

AIRの名の通り、軽快な操作をすることができるダイワのエギング専用リールで、ZAIONという新素材を使用しています。

ギア比も6.2とハイギア仕様で、深い海からの巻上げスピードも早く、素早い手返しにも対応できます。

【シマノ】ナスキー2500HGS

ダイワの汎用スピニングリールで、価格も比較的安く気軽にティップランエギングを始めることができます。

安い価格ながら、HAGANEボディや、防水性を高めるコアプロテクトなどを採用しコスパは最高です。

【ダイワ】レブロス LT3000-CH

シーバスからエギングまで、中型の魚を狙うことができるハイギア仕様のモデルで価格も比較的低く抑えたエントリーモデルです。

廉価モデルながら、オートマチックドラグシステムや、エアローターといったダイワの独自技術を搭載し必要十分な機能を持っています。

ベイトリールおすすめ3選

ティップランエギングにおすすめのベイトリール3選をご紹介します。

【シマノ】ベイゲーム 151DH(左)

シマノのソルト対応のベイトリールでエギングにも使用可能です。
ギア比は6.9のハイギア仕様で、深い海中からも手早く巻き上げることが可能です。

HAGANEボディを採用し、高い剛性を持っています。
シマノ独自の技術により、繊細なあたりも感じる感度の高さを持っており、エキサイティングドラグサウンドは魚とのやりとりを音で感じることができます。

【ダイワ】リョウガ1016HL

ダイワのベイトリールでソルトにも対応しています。
マグシールドという防水システムや、ハイパーメッシュギアシステムなどの技術を採用し耐久性と、軽いハンドリングを実現しています。

ダイワのスピニングリールにも採用されているオートマチックドラグシステムや、マグフォースというブレーキシステムでラインやロッドのトラブルを低減しています。

【シマノ】バルケッタプレミアム15DH(左)

カウンターの付いた軽量タイプのベイトリールでギア比6.9のハイギア仕様となっています。
特にティップランエギングでスローフォールでイカを狙う際には有効なリールです。
60mmの長いハンドルで、力強く巻き取ることができ、大物が掛かった時の対応力も抜群です。

スポンサーリンク

【2021年最新】おすすめのティップランリール3選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 エメラルダスAIR LT3000S-CXH (2018モデル)

2021年シーズンに向けて用意しておきたい、2020年以降に発売された新作、おすすめのティップランリール2選をご紹介します。

【シマノ】ツインパワー 2500S

シマノの伝統的なモデルのツインパワーですが、新たに金属ローターを採用しました。
HAGANEボディとの組み合わせにより、耐久性と剛性を向上させています。

またストロークを伸ばしたロングストロークスプールとAR-Cスプールによりライントラブルを低減させています。

【ダイワ】ルビアスLT2500-XH

LTの名前の通り従来品に比べ大幅な軽量化を実現したダイワのスピニングリールです。
タフデジギアによりなめらかな回転が得られるとともに、マグシールドで防水機能を向上させています。

ATD(オートマチックドラグシステム)というドラグ機構で、魚の引くスピードに合わせてブレーキをかけラインブレイクなどのトラブルを低減させています。

【シマノ】21 セフィア XR C3000SHG

2021年発売のエギング専用リールセフィアXRは、エギングでもっとも必要とされている軽さと耐久性を追求したリールです。
シマノ独自の素材だからこそ軽量で強度のあるボディが実現しています。

特にドラグ性能が特徴的で素早くドラグの調整ができ、臨機応変にやり取りすることができます。
エギングをマスターしたい方にぜひおすすめのリールです。

スポンサーリンク

ティップランリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) リール 16 ナスキー 2500HGS

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ティップランエギングリールおすすめ12選!特徴や選び方も解説!」というテーマに沿って、

  • そもそもティップランエギングとは?
  • ティップランのリールを選ぶ際の3つのポイント
  • ティップランエギングにおすすめのリール9選!
  • 【2021年最新】おすすめのティップランリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ティップランエギングとは?おすすめのタックルや釣り方のコツを徹底解説!
アオリイカ釣りの手法として人気上昇中のティップランエギング。今回、釣りラボでは、そんなティップランエギングの釣り方テクニ…
【2021年】おすすめの最強ティップランロッド人気14選!選び方や代用・流用可能なロッドも
イカ釣りの釣り方が様々ある中でも、ボード(船)から狙うティップランはとても人気があります。今回、釣りラボでは、そんなティ…
【2021年最新】ティップラン用エギおすすめ10選!コスパ最強商品や釣り方も紹介
ティップランで釣果を上げるにはエギ選びが超重要!そこで今回、釣りラボでは、ティップランにおすすめのエギを紹介するとともに…
【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2021年】コスパ最強のスピニングリールおすすめ12選!特徴・選び方・使い方も
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン