バス釣りにおすすめのPEライン11選!PEラインのメリットや使い方も解説!

バス釣りでPEラインを使って釣果を上げたいですよね。今回、釣りラボでは、バス釣りでPEラインを使用するメリット・デメリットをはじめ、結び方も詳しく解説。選び方やおすすめのPEラインも紹介するので、是非バス釣りのPEラインを攻略してください。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

バス釣りのPEラインとは?

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 200m 0.6号 14lb(6.4kg) 5色分け

最近のバス釣りで注目されているラインがPEラインです。
バス釣りというとフロロカーボンラインやナイロンラインが主流とされてきました。

PEラインはソルトゲームという考えの方が多いですが、バスゲームでもしっかりと使うことができます。
PEラインの特徴や、バス釣りでPEラインを使うことのメリット・デメリットを簡単に紹介します。

PEラインの特徴

まずはPEラインの特徴です。
PEラインの特徴は大きく3つです。

一つ目は強度です。
PEラインは複数本のラインを撚って作るラインであるため、強度が非常に高いラインです。

二つ目は比重が軽いということ、三つ目は伸縮性が少ないということです。

バス釣りでPEラインを使うメリット

バス釣りでPEラインを使うメリットを紹介します。

一つ目は比重の軽さを利用してトップウォーターを狙いやすくなるという点です。
フロッグなどを使用した場合は3号程度の太めのPEラインを使用することでバス釣りリーダーなしで使用することができます。

二つ目は他のラインと比べて細い号数のラインを使うことができることです。
ラインの太さは飛距離や強度に大きく影響しますので何号を選ぶかは釣り人を悩ませるポイントですが、PEラインはより細いラインで飛距離・強度を求めることができます。

バス釣りでPEラインを使うデメリット

一方でバス釣りでPEラインを使うデメリットも存在します。
それは擦れや傷に弱いという点と、滑りやすいのでノットに手間がかかるという点です。

バス釣りではカバーを狙ったり根ズレが起こったりすることが多い釣りでもありますので、ラインの傷には気を付けて使用したいです。
またノットの手間に関しては、FGノットとビミニツイストを慣れればある程度は解消されます。

スポンサーリンク

【バス釣り】PEラインの選び方は?

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル8+ 150m 0.8号 5カラー

バス釣りに使用できるPEラインの種類は多く、選び方が分からないという方も多いと思います。
いくつかのポイントに絞って、PEラインの選び方を紹介します。

それぞれのバス釣りスタイルに合わせてPEラインを選んでみてください。

狙うターゲットで選ぶ

まずは狙うターゲットから選ぶという選び方です。
正確には狙うターゲットの大きさ、となります。

ライン選びの大切なことはラインが狙う魚の引きに耐えうるかどうかです。
どの程度の重さのターゲットを狙うかによってPEラインを選ぶと良いでしょう。

釣り糸の太さ(号数)で選ぶ

ラインの号数で選ぶという方法もあります。
ラインの太さは飛距離や操作性に影響します。

ラインの太さは使うリールの種類によって変わります。
スピニングリールを使ったバス釣りの場合は0.4号~1号のラインがおすすめです。

パワーを活かした釣りが多いベイトリールを使う場合には1.5号~4号程度がおすすめです。

カラーで選ぶ

ラインのカラーで選ぶ選び方もあります。
PEラインは単色のものと、一定のメートル単位でマーキングされたタイプがあります。

マーキングタイプは色でライン残量や飛距離、水深を確認することができます。
単色タイプにはクリアのような淡色タイプとピンクなどの派手なカラーリングのタイプがあります。

狙うポイントの水質がクリアの場合は淡色系の方がバスに警戒心を与えずに済みます。
濁っているポイントであれば派手なラインが視認性を上げてくれます。

リーダーは必要?

バス釣りでPEラインを使うにあたって気になるのがリーダーは必要かということです。
PEラインを使うバス釣りにおいては、リーダーが必要かどうかは両方のパターンがあると言えます。

ライトリグを使ったバス釣りの場合はリーダーを結ぶことで底を這うようなアプローチをすることができます。
より自然なアプローチができるのでライトリグにはリーダーが必要と言えます。

一方でパワーフィネスの場合はリグ自体に重みがあるので軽いPEラインでも問題はありません。
擦れだけは気にする必要がありますが、リーダーなしの直結で問題ありません。

スポンサーリンク

バス釣りにおすすめのPEライン11選!

VARIVAS(バリバス) ライン ハイグレードPE マーキング タイプ2 X8 200m 1号

ここでバス釣りおすすめPEラインを紹介していきます。
スピニングリール用とベイトリール用に分けて紹介したいと思います。

価格が安いもの、価格と性能のバランスが良いコスパが良いもの、性能重視のPEラインなど幅広くオススメラインを紹介していきます。

【スピニング】PEラインおすすめ6選

まずはスピニングオススメのPEラインを6つ紹介します。
人気の商品が数多くラインナップしていますのでライン選びの参考にしてみてください。

【クレハ】シーガーPE X8

クレハのシーガーX8はバス釣りはもちろん、幅広い釣りで人気のあるPEラインです。
グランドマックスPEという素材を使っており、高感度・高強度仕様のラインです。

【シマノ】PEライン ピットブル8+

シマノのピットブルシリーズはPEラインの中でも多くの釣り人に評価されている商品です。
摩耗熱に強く、大型バスとのファイトもしっかりと対応してくれます。

【モーリス】バリバス ハイグレードPE タイプⅡ X8

プレミアムPEという高品質PEを使ったラインです。
ライン表面にフッ素加工がされており、スムーズにラインが出て飛距離が伸びます。

【ダイワ】パフォーマンスLD+Si

ダイワが発売するバスゲーム用PEラインです。
極細ラインを使うことで軽量ルアーをしっかりと遠投することができます。

【モーリス】ノガレス デッドオアアライブ フィネスマスター

その名の通り、フィネスを極めるために開発されたPEラインです。
飛距離も出るのでハイプレッシャーなポイントにもしっかりと狙い撃ちすることができます。

【デュアル】アーマード F+PRO バス

超極細PEラインとして人気のアーマードのバス用PEラインです。
ウルトラPEで超極細ラインながらも耐摩耗性に優れたPEラインです。

【ベイト】PEラインおすすめ5選

次にベイトリール用のオススメPEラインです。
ベイトリールのパワーを使った釣りが多いので、比較的太めのラインがおすすめになります。

【ダイワ】フロッグデュランサーX8

その名の通り、フロッグを使うために専用設計されたPEラインです。
評判が高く、バスプロも使用しているラインになります。

【よつあみ(YGK)】オルトロス WX8P1

PEラインながらも高い耐摩耗性があり、カバーから大型バスを引き抜くための強力PEラインです。
たるみが出にくいのでバックラッシュが起きにくいのもベイトリールにおすすめする理由です。

【サンライン】バススーパーPEライン

ナイロンの約3倍の強度を持つスーパーダイマーニというPEラインを使っています。
価格も手ごろで、コストパフォーマンスが良いラインです。

【エバーグリーン】バスザイル フリップ&フロッグ

エバーグリーンが発売するこのPEラインはブッシュなどのヘビーカバーを攻めるために開発されたPEラインです。
モンスタークラスのバスを引きずりだす圧倒的なパワーが特徴です。

【スパイダーワイヤー】ウルトラキャスト インビジブレイド

スパイダーワイヤーブランドのフラッグシップモデルのPEラインです。
圧倒的な強さと遠投能力で、なかなか飛距離を出せないフロッグをしっかりと操ることができます。

スポンサーリンク

PEラインの使い方は?

ダイワ(Daiwa) PEライン パフォーマンスLD+Si 120m 0.6号 10lb マルチカラー

少しだけPEラインの使い方について解説していきたいと思います。
PEラインの結び方や巻き方について紹介します。

結び方・ノット

PEラインを使った釣りの場合はリーダーに結ぶ場合も、ルアーなどに直結する場合もあります。

まずは直結する場合ですが、おすすめの結び方はパロマーノットです。
パロマーノットは簡単なのに結ぶ力が強くおすすめです。

ショックリーダーに結ぶ場合はFGノットがおすすめです。
慣れるまで難しい結び方ではありますがその分強度に定評があるのでマスターしたい結び方です。

今から始める釣り!PEラインの結び方からセッティング!

巻き方

PEラインは表面がなめらかであることが特徴で、それゆえ巻いている最中に空転してしまったりしてなかなか巻きづらいラインでもあります。
巻き方にはちょっとしたポイントがありますので紹介します。

ポイントは3つ、空転しないようにラインをしっかりと固定すること、巻くときには熱を発生させないこと、できるだけきつく巻くということです。

【釣り初心者】リールにPEラインを巻く!スプールの空回り対処法【ZPI伊藤雄大】

スポンサーリンク

バス釣りのPEラインについてまとめ

VARIVAS(バリバス) PEライン ノガレス デッド オア アライブ フィネスマスターPE X4 150m 0.4号 9.5lb グリーン

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「バス釣りにおすすめのPEライン11選!PEラインのメリットや使い方も解説!」というテーマに沿って、

  • バス釣りのPEラインとは?
  • 【バス釣り】PEラインの選び方は?
  • バス釣りにおすすめのPEライン11選!
  • PEラインの使い方は?

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…
【2021年】アジングにおすすめなPEライン8選!号数などの選び方も紹介
ライトソルトゲームの中でも特に人気のあるアジング。今回釣りラボでは、そんなアジングで使用するPEラインに焦点を当て、おす…
PEラインの太さと強度の関係を徹底解説!選び方やおすすめ商品もご紹介!
PEラインはナイロンラインややフロロカーボンラインとは異なり、太さと強度が別表記になっているのでどれを購入していいのか迷…
PEラインの強度はどれくらい?選び方のポイントや人気のPEラインランキングも紹介
PEラインは様々な釣りジャンルで使え、今やルアーフィッシングには欠かせない釣りラインです。そんなPEラインを選ぶ際にポイ…
【2021年】エギング用PEラインおすすめ13選!失敗しない選び方も解説!
エギングでは、PEラインが主流です。釣果を上げるためにもライン選びは重要。ただ、PEラインの種類は多くどれを選んでいいの…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン