【2021年最新】シーバス用PEラインおすすめ9選!【コスパ・性能重視】

シーバスでPEラインを使うのは主流ですが、メリット・デメリットをご存じですか?PEライン選びは釣果に影響するので超重要です。そこで今回、釣りラボでは、シーバス用PEラインのメリットや選び方を解説した上で、人気おすすめ商品もご紹介します。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

PEラインの特徴とは?

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー R18完全シーバス 150m 1.2号 22lb ステルスグレー

PEラインは、複数の極細ポリエチレンの原糸を撚り合わせて作られたラインで、細くとも強度があります。
強度が必要なシーバス釣りには、PEラインを使うことが多いです。

スポンサーリンク

シーバスでPEラインを使うメリット・デメリット

Rapala(ラパラ) PEライン ラピノヴァX マルチゲーム 200m 1.2号 22.2lb 4本編み ライムグリーン RLX200M12LG

シーバス釣りにはPEラインを使うのが一般的ですが、そのメリット・デメリットをきちんと知っておきましょう。

PEラインを使うメリット

PEラインの最大のメリットは、ナイロンラインやフロロカーボンラインに比べ細いので、抵抗が少なくしなやかで飛距離が出ます

伸びない糸を撚ってあるので感度が良く、敏感にルアーの変化を感じることができ、掛かった魚の動きがダイレクトに伝わってきます。

PEラインは他のラインに比べ2倍以上の強度を持つと言われ、交換する回数が減るのでランニングコストが良いのも特徴です。

PEラインを使うデメリット

デメリットとしては擦れや根ズレ、摩擦熱に弱く糸切れが発生しやすい点です。
そのためルアーをPEラインに直結してしまうと、シーバスの強い引きで摩耗し簡単に糸が切れてしまいます。

先糸としてナイロンラインやフロロラインをリーダーとして使用し、ルアーとの直結を防ぎます。
ショックリーダーの結び方に慣れないうちは、初心者の方には少し難しく感じるかも知れません。

スポンサーリンク

シーバス用PEラインの選び方は?

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) PEライン HARDCORE X8 150m/200m 0.6号/0.8号/1.0号/1.2号/1.5号/2.0号

シーバス用PEラインの選び方は、どういった釣り場なのか、またどのくらいの重量のルアーを使うのかで決まってきます。

長さで選ぶ

使用するリールのサイズにもよりますが、シーバス用ルアーには100mもの遠投ができるものもあるので、余裕を持って最低でも150mの長さは必要です。

太さで選ぶ

シーバス釣りでは、釣り場やルアーの重量によってラインの太さが違ってきます。
PEラインの太さは号数表記なので、自分の釣りには何号が適しているのかチェックしましょう。

  • 小型ルアーやワームで港湾釣りをするのなら、0.8号
  • 磯釣りやサーフなら、1.2~1.5号
  • 中間的な性能として、1号
  • ベイトリールを使用するなら、1.2~2号

カラー・色で選ぶ

シーバス釣りのPEラインには、ステルグレーやスーパーブルーといった警戒心の強いシーバス向きのカモフラージュタイプと、イエローやライムグリーンといった発色が良く視認性の高いものとの、2タイプがあります。

視認性の高いタイプは分かりやすいので初心者や、ナイトゲームに向いています

スポンサーリンク

シーバス用PEラインのおすすめ人気商品7選!

よつあみ エックスブレイド(X-Braid) アップグレード X8 200m 0.6号 14lb グリーン 1m毎15cmホワイトマーク

シーバス用PEラインを選ぶに際して、コスパや性能を比較して選ぶのも重要なポイントになります。

【コスパ重視】シーバス用PEラインおすすめ3選

PEラインはシーバス釣りに向いているとはいえ、やはり他のラインに比べ2倍近い値段がします。
安いからと言って必ずしも性能が劣っているわけではないので、初心者の方にはコスパの良いものから始めるのが良いでしょう。

【クレハ】シーガー R18 完全シーバス

シーガー最強素材の「シーガーリミテッドPE」を使用した8本編みで、飛距離が出ます。
視認性の高いフラッシュグリーンと、カモフラージュカラーのステルグレーの2タイプがあります。

【ラパラ】ラピノヴァ-X マルチゲーム

新開発特殊コーティング製法により、強度と耐久性が強化されています。
色はピンクとライムグリーンの2色で、視認性が高いのでナイトゲームにも適しています。

【デュエル】ハードコア X8

マイクロピッチブレイデッド加工(8本組)により、 強く、しなやかなPEラインです。
安定強度や引張強度に優れており、なめらかでソフトなため、システムを組む際に結束強度が出しやすくなっています。

【性能重視】シーバス用PEラインおすすめ4選

続いて、性能を重視したシーバス用PEラインを4つご紹介します。

【よつあみ】エックスブレイド アップグレード 8

高密度ピッチ製法により耐摩耗性と直線強度を兼ね備えた、最強のPEラインです。
1m15cmごとにホワイトマークが付けられており、ナイトゲームに重宝します。

【東レ】シーバス PE パワーゲーム

直強力・感度・耐久性・飛距離の全てにおいて高性能のPEラインです。
リーダーとの結束抵抗も低く、扱いやすさにも優れています。

【ダイワ】モアザンセンサー EX 12ブレード

超高密度で12本の糸を角打ちしてあるので、糸がヨレにくく擦れに強くなっています
低伸度と表面抵抗軽減により、より高感度でスムーズなキャステイングが楽しめます。

【シマノ 】パワープロ Z

Spectra素材採用で優れた耐摩耗性と、EBT製法採用で低伸度と高感度を実現しました。
強度があるので飛距離も良く、パワフルで操作性も高い優れものです。

スポンサーリンク

【2021年最新】シーバス用PEラインおすすめ2選

では、最後に2021年シーズンに向けて、2020年以降に発売された最新のシーバス用PEラインを2つご紹介します。

【ダイワ】UVF モアザン デュラセンサー X8 ブレード

信頼のモアザン×8が「デュラセンサー」にパワーアップしました。
圧倒的な耐摩耗性の、こだわりのラインナップです。

ライムグリーンに10mごとのダークグリーン(10cm)、50mごとのライトブルー(15cm)のマーキングを採用し、視認性がより明確になりました。

【ゴーセン】GMR452012 ルーツ PEx4

高強力ポリエチレン原糸の4本編組により、強度、耐摩耗性、耐久性ともに優れた高性能ラインです。
色はマルチカラーとライトグリーンの2種類です。

スポンサーリンク

シーバス用PEラインについてまとめ

東レ(TORAY) PEライン 1号 18lb 8.5kg 8本 150m シーバスPE パワーゲーム ホワイト

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】シーバス用PEラインおすすめ9選!【コスパ・性能重視】」というテーマに沿って、

  • PEラインの特徴とは?
  • シーバスでPEラインを使うメリット・デメリット
  • シーバス用PEラインの選び方は?
  • シーバス用PEラインのおすすめ人気商品9選!

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】コスパ抜群のPEラインおすすめ6選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…
PEラインの太さと強度の関係を徹底解説!選び方やおすすめ商品もご紹介!
PEラインはナイロンラインややフロロカーボンラインとは異なり、太さと強度が別表記になっているのでどれを購入していいのか迷…
PEラインの強度はどれくらい?選び方のポイントや人気のPEラインランキングも紹介
PEラインは様々な釣りジャンルで使え、今やルアーフィッシングには欠かせない釣りラインです。そんなPEラインを選ぶ際にポイ…
バス釣りにおすすめのPEライン11選!PEラインのメリットや使い方も解説!
バス釣りでPEラインを使って釣果を上げたいですよね。今回、釣りラボでは、バス釣りでPEラインを使用するメリット・デメリッ…
【2021年】エギング用PEラインおすすめ12選!失敗しない選び方も解説!
エギングでは、PEラインが主流です。釣果を上げるためにもライン選びは重要。ただ、PEラインの種類は多くどれを選んでいいの…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン