電動リールおすすめ人気4選【シマノ・ダイワ】|選び方・オーバーホール

電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサギ釣りでの活用例や、リールの選び方やメンテナンス方法、安いのに高性能なおすすめのリールをご紹介。ぜひご覧ください。

リール
スポンサーリンク

電動リールとは?

電動リール

出典:写真AC

電動リールとは、ラインを巻き上げる際に、リールハンドルを回さなくても、自動で巻き上げてくれるリールのことです。

リール内部にモーターが搭載されていて、バッテリーや電池を動力とし、ボタン操作で動かす事ができます。

電動リールがよく使われる海釣り・船釣りをご紹介

電動リールが活躍するのは、仕掛けを水深の深い所まで落とす様な、海釣りや船釣りがメインとなってきます。
ここでは、電動リールがよく使われる釣りを、2つご紹介します。

ジギング

ジギングは、メタルジグというルアーを使う釣りで、タチウオやカンパチなどの、中~大型の魚がターゲットになります。
電動リールがよく使われるのは、オフショアジギングという、船の上から狙う釣りです。

電動リールには、ルアーの水深が分かるデジタル表示(カウンター)が備わっているので、狙っている場所が正確に把握できるのも利点です。

>>>こちらの記事も読まれています
ジギングの始め方|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】

ワカサギ釣り

意外かもしれませんが、ワカサギ釣りでも電動リールが活躍します。
ワカサギ釣りでは、小さなロッドを使用しますが、仕掛けを落とす水深は、深い時には30mに達します。

ワカサギ釣り用の電動リールは、コンパクトで軽量な造りで、こちらも水深カウンターが備わっているため、とても便利です。

>>>こちらの記事も読まれています
ワカサギ釣りの始め方|関東・北海道でおすすめのスポットやコツも紹介

電動リールの選び方・ポイント

電動リールと一言に言っても、様々なタイプやモデルが販売されています。
そこで、選び方のポイントを、いくつかの項目に分けてご紹介します。

サイズ

電動リールのサイズは、100番や3000番といった型番が付いていて、数字が大きくなるにつれてサイズも大きなものになります。

各メーカーによって、型番に違いがありますが、いづれも狙うターゲットに合わせて、最適なサイズが豊富に揃っています。

重量

電動リールのサイズが大きくなるにつれて、重量も重たくなってきます。

なので、必要以上のサイズを使用すると、持ち運びや操作が大変になってしまいます。
大きいものは、値段も高級です。

モーターの性能

電動リールの心臓部分と言えるほど、モーターは重要な部品です。
モーターの性能によって、ラインを巻き上げる能力が変わってきます。

性能の良いモーターは、巻き上げる力も強く、スピードも速いので、釣果も上がります。

糸巻き量

サイズの大きいものほど、糸巻き量も多い傾向があります。
150m~300mのものが多く、長いものでは800m~1000mの電動リールもあります。

しかし、使用するラインの太さや種類によって、糸巻き量も異なりますので注意が必要です。

バッテリー

ワカサギ用の電動リールは、多くが電池を動力源としていますが、海釣りで使用する電動リールは、動力源にバッテリーが必要になります。

船によっては、船体から電源を貰えますが、バッテリーは持っていた方が良いでしょう。
理由としては、電動リール専用バッテリーの方が、電圧が安定するので、故障を防ぎパフォーマンスを最大限に引き出せるためです。

メンテナンスのやり方

電動リールは、決して安い買い物ではありません。
せっかく購入したなら、長い期間使いたいですよね。

そのためには、メンテナンスが欠かせなくなってきます。
主なメンテナンス方法として、2つご紹介します。

オーバーホール

オーバーホールとは、内部を分解し、塩分などの汚れを洗浄し、グリスアップする、言わば定期検診です。
自分で行うにはハードルが高いので、メーカーや販売店に預ける事をおすすめします。

料金は数千円からで、手厚いコースなどもあります。
少なくても年に一回、シーズンオフに依頼するのが良いでしょう。

水洗い

自分で行えるメンテナンスで、水洗いがありますが、いくつか注意点があります。

水に浸けない

電動リールには、水が侵入してはいけない場所があります。
電源プラグとドラグ内部です。

カプラーのキャップをして、ドラグをしっかりと締めて、シャワーなど流水で洗うのが良いでしょう。

お湯で洗わない

熱いお湯で洗うと、グリスが溶け出してしまうため、リールの回転が悪くなってしまいます。
30度以下のぬるま湯で洗う事をおすすめします。

毎回釣りの後に水洗いをし、水洗い後は乾いた布で拭き取り、しっかり乾燥させると、長く愛用できる電動リールとなるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの安くてコスパの良い電動リール4選

電動リール

出典:写真AC

たくさんの種類がある電動リールですが、その中からコスパの良いものを、釣り具メーカーの代表格である「シマノ」と「ダイワ」から、2つずつご紹介します。

シマノのおすすめ電動リール

シマノの製品は、シンプルな構造となっていて、メンテナンスやカスタムがしやすいという特徴があります。

【シマノ】電動リール プレミオ 3000

シンプルな操作性で、初心者の方にもおすすめできます。
「楽々モード」という、負荷に合わせて一定のテンションを保つ機能が便利です。

【シマノ】電動リール プレイズ 800

「MUTEKI MOTOR」という、パワーとスピードを兼ね備えた高性能モーターを搭載しています。
巻き上げ力49kgのパワーを持ちながら、コンパクトなサイズで、クラッチの切り替えもしやすい、操作性の高さも魅力です。

ダイワのおすすめ電動リール

ダイワの製品は、デザインがカッコ良く、眺めているだけで男心をくすぐられます。
ラインナップも豊富で、幅広い視点から選ぶ事ができます。

【ダイワ】電動リール レオブリッツ 200J

リールのセンター位置に配置された「JOGパワーレバー」により、片手の親指一本で全ての操作が可能な電動リールです。
ライトゲームという、小~中型サイズの青物の魚をターゲットとした釣りに向いています。

【ダイワ】電動リール シーボーグ 200J

タイラバやコマセ真鯛など、ライトゲーム用の電動リールですが、ヒラメやヤリイカなどの釣り物にも対応可能。
強靭なドラグと、巻き上げ力を兼ね備えたパワフル仕様となっています。

ですが、シーボーグシリーズは値段が高めなので、型落ちや中古品が狙い目かもしれません。

スポンサーリンク

電動リールまとめ

電動リール

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「電動リールおすすめ人気4選【シマノ・ダイワ】|選び方・オーバーホール」というテーマに沿って、「電動リールとは?」「おすすめの安くてコスパの良い電動リール4選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
おすすめのメタルジグ5選と選び方を徹底解説|アジング・シーバス・ヒラメ
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ…
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド9選|ダイワ・シマノ
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン