【2021年最新】青物狙いにおすすめのリール11選!選び方の基準やポイントも解説

青物などの大物を狙うためにリール選びは重要ですが、どういったポイントで選べば良いのか不安になるときはございませんか?そこで今回、釣りラボでは、青物をターゲットにするときのリールの選び方や青物狙いにおすすめのリールを徹底解説します。

リール
スポンサーリンク

青物が狙えるリールの選び方

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 フリームス LT3000S-CXH (2018モデル)

青物を狙うリールを選ぶには、どのような使い方をしたいかを考えるのがおすすめです。

金属製のルアーを使うショアジギングやライトショアジギングなのか、船釣りがしたいのか。
どのようなロッドでPEラインはどの程度巻きたいのか。
シーバスやエギングなど他のシチュエーションでも使いたいのか。

自分のやりたい釣りによって、リールの種類や性能を選ぶとよいでしょう。

種類で選ぶ

リールには、スピニングリールとベイトリールの2種類あります
それぞれ特徴が違いますが、どちらもショアでもオフショアでも使うことができます。

スピニングリール

スピニングリールは、飛距離を出しやすくライントラブルが起きにくいという特徴があります。
扱いが簡単なので、初心者に向いています

ベイトリール

ベイトリールは、巻き上げ力が強くパワーのあるやりとりができるのが特徴です。
大型の魚を狙いたいときや、サーフでのヒラメ釣りにも使えます。
バックラッシュしやすいので、扱いには慣れが必要です。

番手(サイズ)で選ぶ

リールは、番手(サイズ)が大きいほど、巻ける糸の量が増えます
また、何番のリールを選ぶかによって、狙える青物のサイズも変わります。

注意したいのは、シマノ・ダイワLTシリーズと他のダイワのリールでは番手の規格が異なるという点です。
ダイワの4000番とシマノの4000番では糸巻き量が違うので、必ずチェックしましょう。

ライトショアジギングで小型から中型の青物を狙いたい場合は、ダイワなら3000番台、シマノなら4000番のリールがおすすめです。
ショアジギングでは、ダイワ4000番、シマノでは6000番の大きいサイズのリールがよいでしょう。

糸巻き量で選ぶ

上でお伝えした通り、リールの番手が大きいほど糸巻き量が増えます。
糸巻き量が少なすぎると、大物がヒットしたときにラインが全て出されてしまったりします。
最低でも、ライトショアジギングではPEライン1号、ショアジギングではPEライン2号を200m巻けるものを選ぶようにしましょう。

ギア比で選ぶ

ギア比6前後のハイギアのリールは、テンポよく巻けるのでライトショアジギングに向いています
大物を狙うショアジギングでは、ハイギア以外にもギア比5~5.8のノーマルギアも使いやすいでしょう。

ドラグ力で選ぶ

特にショアジギングにおいては、ドラグ性能も要チェックです。
ドラグ力が強いと、ヒットした後根に潜られないようにやりとりできたり、ラインが切られにくくなります。
ライトショアジギングでは8㎏程度、ショアジギングでは10㎏以上のドラグ力があるとよいです。

剛性で選ぶ

大物を狙う場合は、リールの剛性も必要不可欠です。
軽量のリールは疲れにくいのがメリットですが、剛性を求めるなら重量があるフルメタルボディのリールがおすすめです。
小型や中型狙いの場合には、樹脂製でも問題ありません。

スポンサーリンク

青物狙いにおすすめのリール8選

シマノ(SHIMANO) スピニングリール エギング 18 セフィア BB C3000SHG

青物狙いにおすすめのリールは次の8点です。
人気のダイワやシマノのリールや、エギングや海釣りでも使えるものもあります。
安いものからハイクラスのものまでご紹介します。

【コスパ重視!】青物狙いにおすすめのリール2選

安くてコスパのよいリールは次の2点です。

【ダイワ】18フリームスLT3000S‐CXH

フリームスは初心者でも扱いやすいスピニングリールです。
1万5千円以下で購入できるお手頃価格ですが、フルメタルボディで剛性も期待できます
エギングやメバリングなどにも使うことができます。

【シマノ】18セフィアBBC3000SHG

セフィアBBはエギング用に作られたシマノのスピニングリールです。
小型の青物を狙ったライトショアジギングでも活用でき、汎用性の高いモデルです。
こちらも1万5千円程度で手に入るコスパのよい商品です。

【ショアジギング】青物狙いにおすすめのリール3選

ショアジギングで大型の青物を狙いたい人におすすめのリールは、次の3点です。

【アブガルシア】オーシャンフィールド3000SH

ショアからオフショアまでこなせるスピニングリールです。
青物以外にもシーバスやロックフィッシュなど様々な魚種に対応しています。
1万円以下の入手しやすい価格も魅力です。

【シマノ】14スフェロスSW6000HG

スフェロスはシマノのスピニングリールです。
自重505gでやや重さが気になりますが、その分高い剛性を保っています
エントリーモデルとしておすすめです。

【ダイワ】18ブラストLT6000D

近海でのライトジギングからショアジギングなど、幅広いフィールドで活躍できます。
スーパーメタルボディで、軽量と高剛性の両立が実現されています。
ショアジギング中級者のアングラーに最適です。

【オフショアジギング】青物狙いにおすすめのリール3選

オフショアジギングで青物を狙いたいときにおすすめのリールは、次の3点です。

【ダイワ】16BG4000H

高い耐久性と優れた剛性のスピニングリールです。
ATDを搭載しており、ファイト中のドラグ調整が自動的に行われます。
1万円以下で入手できる非常にコスパの良いモデルです。

【シマノ】18ストラディックSW5000PG

高剛性と防水性が特徴のスピニングリールです。
自重310gと軽量ですが、PEライン2号を300m巻けるラインキャパシティがあります。
特に近海ジギングに最適なモデルです。

【テイルウォーク】クロシオ43PGX

クロシオシリーズは、テイルウォークのオフショア用スピニングリールです。
43PGXは4号のPEラインを300m巻ける十分なラインキャパシティがあります。
1万円台後半で購入でき、高剛性・高性能なモデルです。

スポンサーリンク

【2021年最新!】青物狙いにおすすめのリール3選

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール OCEANFILD 3000H

最後に、2020年以降に発売された最新の青物狙いにおすすめのリールを2点ご紹介します。

【シマノ】21ツインパワーSW

ツインパワーの2021年シーズン新モデルは、ステラSWの機能を搭載した高スペックが特徴です。
ショアだけでなくオフショアでも使うことができます。
青物とのパワーゲームに最適です。

【ダイワ】20ティエラIC

自重165gの超軽量ベイトリールです。
ICカウンター機能を搭載しており、水深アラームやタイマーなどを使うことができます。
青物以外、タイラバなどにも対応可能です。

【ダイワ】21ルビアスエアリティ LT LT4000-CXH

2021年度ダイワから発売のハイパフォーマンスモデルの紹介です。
ルビアスエアリティLT LT4000-CXHは、少々高価ではありますが、ダイワ渾身の一作です。

材質にZAION、Mg、最新技術のLTも搭載しフラッグシップのイグジスト4000番よりも軽量化に成功しています。
巻取り時の滑らかさは最高で、ヘビーなハイギアも仕込まれており、ショア・オフショアからのリトリーブ・シャクリ上げも高速仕様で青物もヒット確実です。

【ダイワ】21ルビアスエアリティ LT LT4000-CXH

2021年度ダイワから発売のハイパフォーマンスモデルの紹介です。
ルビアスエアリティLT LT4000-CXHは、少々高価ではありますが、ダイワ渾身の一作です。

材質にZAION、Mg、最新技術のLTも搭載しフラッグシップのイグジスト4000番よりも軽量化に成功しています。
巻取り時の滑らかさは最高で、ヘビーなハイギアも仕込まれており、ショア・オフショアからのリトリーブ・シャクリ上げも高速仕様で青物もヒット確実です。

スポンサーリンク

ショアジギングリールを使う際の注意点

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 14 スフェロス SW 6000HG ショアジギング サーフ シーバス

ショアジギングでは、重さのあるメタルジグをキャストしていきます。
その時、素手でキャストするとラインで指を切ってしまうことがあります
怪我防止のため、グローブを装着するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

青物狙いのリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT6000D (2018モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】青物狙いにおすすめのリール11選!選び方の基準やポイントも解説」というテーマに沿って、

  • 青物が狙えるリールの選び方
  • 青物狙いにおすすめのリール8選
  • 【2021年最新!】青物狙いにおすすめのリール2選
  • ショアジギングリールを使う際の注意点

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】青物釣り用ルアーおすすめ9選!釣れるルアーの種類を徹底解説
アジやブリなど人気の魚種が釣れる青物釣りですが、ルアーを選ぶ際、種類が多くどれを選べばいいのか迷う方も多いのではないでし…
青物釣りにおすすめのランディングネット(タモ網)を徹底解説!選び方もご紹介
ランディングネットにはサイズや形が異なり、釣る魚の種類によって変える必要があります。そこで今回釣りラボでは、青物魚を釣る…
【2021年】青物を釣るのにおすすめのシーバスロッド10選!選び方・人気商品を紹介
青物を釣るには、専用のタックルが必要だと思っていませんか?実はやわらかめのシーバスロッドがあれば、青物に流用できます。今…
【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2021年】コスパ最強のスピニングリールおすすめ12選!特徴・選び方・使い方も
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン