【2021年】シマノのベイトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介

シマノのベイトリールは、高機能かつ精度の高い製品であり、ベイトリールの中でも特に人気が高いです。今回、釣りラボでは、シマノのベイトリールの特徴、おすすめのシマノのベイトリール、2021年シーズンに向けた新製品のシマノのベイトリールをご紹介します。

リール
スポンサーリンク

シマノのベイトリールの特徴

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 バスワンXT 150 右ハンドル バスフィッシング バーサタイル

シマノは釣り具の他に、自転車や船などを製造販売するメーカーでとしても有名です。
シマノのベイトリールの特徴について解説します

他のメーカーとの違い

シマノは自転車部品の製造を通じて、金属やカーボン素材などの製造技術を極めており、釣り用のロッドやリールなどにも反映させています。

特に冷間鍛造の技術のみでリールのギアを製造し耐久性の高さには定評があります。
マイクロモジュールギアは、ギアの歯を細かくすることで、静粛性が高く、巻きごこちの良いことで定評があります。

またシマノのベイトリールに用いられているDCブレーキは、バックラッシュを抑え、遠投もできるブレーキとなっており、シマノの技術の高さをうかがわせます。

ベイトフィネスリール用のブレーキとしてフィネスチューンブレーキシステムにより軽量ルアーをキャストしやすくしています。

総合釣具メーカーであるシマノのもう一つの特徴は、メンテナンスやオーバーホールを行ってくれるカスタマーセンターがあり、修理等のアフターサービスが充実していることです。

グリスアップやメンテナンスオイルの注油などの基本的なメンテナンスは自分で行い、分解等を伴うオーバーホールなどは、専門家にまかせることができます。

どういったシリーズがあるのか

シマノのベイトリールには、アンタレス、カルカッタコンクエスト、スコーピオン、エンゲツ、グラップラー、SLX、エクスセンス、オシアジガー、オシアコンクエスト、メタニウム、オシアコンクエスト、アルデバラン、メタニウム、スティーレ、炎月などがあります。

他にはオシアカルカッタ、カルカッタ、バンタム、スコーピオン、トリウム、プレニアム、ソルティーワン、バスワン、バスライズなどがあります。
それぞれのシリーズは更に細かい仕様に細分化されています。

スポンサーリンク

シマノのベイトリールおすすめ人気8選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール ソルト エンゲツ 2021 100HG RIGHT オフショア タイラバ

シマノのベイトリールの歴史は古く、1978年にバンタム100を販売したのが始まりで、その革新性は歴代のリールにも受け継がれています

シマノは2020年、2021年とも新作のベイトリールを発売しており、その時々の最新の技術を盛り込んでいます。
シマノのベイトリールおすすめ人気8選をご紹介します。

【シマノ】バスワンXT 右ハンドル

バーサタイル性が高く、初心者にも扱いやすいエントリーリールのバスワンが2017年にモデルチェンジしました。

遠心力ブレーキのシマノバリアブルブレーキシステムを搭載しキャスティング性も向上させています。

【シマノ】エンゲツ 100HG

タイラバゲームを楽しむことができるタイラバ専用リールで、マイクロモジュールギアやX-SHIPといった最新の技術を搭載しています。

堅牢なHAGANEボディは、大きな鯛とのファイトにも、安心して立ち向かうことができます。
100番手は汎用性の高いモデルで扱いやすくなっています。

【シマノ】バンタム MGL

バンタムMGLは、シマノが最初に世に送り出したバンタム100の後継機で、ランキングでも上位に入る人気モデルです。

現行モデルは2018年にモデルチェンジし、アルミ一体成型のコアソリッドボディを採用しており、高剛性と低いプロファイルで使いやすくなっています

【シマノ】スコーピオンDC 150RIGHT

色々な魚種や釣法に対応するバーサタイル性の高いベイトリールで、軽量化したスプールでキャスト性能を高めています。

ギア比をノーマルギア、ハイギア、エキストラハイギアと揃えており、ロックフィッシュやシーバス、そしてバスにも使用できるリールです。

【シマノ】アンタレスDC RIGHT

シマノベイトリールのフラッグシップモデルで、遠投性能とポイントへの正確性を両立しました。

最新型のDCブレーキシステムにより、遠投性をさらに磨き上げ、おすすめのモデルとなっています。

【シマノ】アルデバランBFS

シマノのベイトリールの中で最も軽い130gを実現したアルデバランBFSは、ピッチングが正確に行えるスプールやブレーキシステムを採用しています。

エキストラハイギア仕様のXGは巻取りスピードも速く、手返しも迅速に行うことができます。

【シマノ】グラップラーCT151 XG

グラップラーは、フォールレバーを搭載し、フォールコントロールが的確にできるライトジギング用ベイトリールでカウンターもついています

エキストラハイギアに加え、ロングシングルハンドルで巻き上げも力強く行うことができ、アグレッシブなゲームを楽しむことができます。

【シマノ】エクスセンスDCSS HG

ベイトリールを用いたシーバスゲームを、身近にすることを基本コンセプトに開発されたベイトリールです。

DC4-エクスセンスチューンを搭載し、簡単な操作でPEラインやフロロラインを用いた際に色々な重量のルアーに対応できます。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのシマノのベイトリール3選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ブラックバス 18 バンタム MGL 左ハンドル ロープロベイト パワーゲーム

2021年新作、おすすめのシマノのベイトリール2選をご紹介します。

【シマノ】SLX BFS XG LEFT

2021年の新製品で、基本性能を満足するコスパの良いモデルで海水対応となっています。
ベイトフィネス専用に開発したフィネスチューンブレーキシステムは、スプールを軽量化し、軽量ルアーのキャスティング可能にしています。

XG LEFTは左ハンドルのギア比8.2のエクストラハイギアモデルで、最大巻上長は82cmとなっています。
ギア比6.3のハイギアモデルとの使い分けも可能です。

【シマノ】カルカッタコンクエスト 100RIGHT

金色に輝く金属ボディが美しく、高い剛性で巻ごこちが良好なバス釣り用のリールで人気です。
もちろん海水対応なのでソルトでの使用も可能です。

インフィニティドライやマグナムライトスプールを採用し、キャスト性能と軽い巻きごこちを実現しました。

ドラグのテンションをドラグ音で確認できるエキサイティングドラグシステムも便利な機能の一つです。

【シマノ】スコーピオンMD 300XG

こちらは2021年にシマノから発売されたベイトリールになります。
大型の魚とファイトができるようナイロン20lbを約160mストックできるリールとなっています。
8ピンSVS搭載によりキャスト時の飛距離をそのままで繊細なブレーキ管理を可能にしました。

また、ビッグベイトをキャストした際もバックラッシュを気にせずに投げられ、とても扱いやすくなっています。

【シマノ】スコーピオンMD 300XG

こちらは2021年にシマノから発売されたベイトリールになります。
大型の魚とファイトができるようナイロン20lbを約160mストックできるリールとなっています。
8ピンSVS搭載によりキャスト時の飛距離をそのままで繊細なブレーキ管理を可能にしました。

また、ビッグベイトをキャストした際もバックラッシュを気にせずに投げられ、とても扱いやすくなっています。

スポンサーリンク

シマノのベイトリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンDC 2021 150 RIGHT バス釣り
スポンサーリンク

シマノのベイトリールの特徴

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 バスワンXT 150 右ハンドル バスフィッシング バーサタイル

シマノは釣り具の他に、自転車や船などを製造販売するメーカーでとしても有名です。
シマノのベイトリールの特徴について解説します

他のメーカーとの違い

シマノは自転車部品の製造を通じて、金属やカーボン素材などの製造技術を極めており、釣り用のロッドやリールなどにも反映させています。

特に冷間鍛造の技術のみでリールのギアを製造し耐久性の高さには定評があります。
マイクロモジュールギアは、ギアの歯を細かくすることで、静粛性が高く、巻きごこちの良いことで定評があります。

またシマノのベイトリールに用いられているDCブレーキは、バックラッシュを抑え、遠投もできるブレーキとなっており、シマノの技術の高さをうかがわせます。

ベイトフィネスリール用のブレーキとしてフィネスチューンブレーキシステムにより軽量ルアーをキャストしやすくしています。

総合釣具メーカーであるシマノのもう一つの特徴は、メンテナンスやオーバーホールを行ってくれるカスタマーセンターがあり、修理等のアフターサービスが充実していることです。

グリスアップやメンテナンスオイルの注油などの基本的なメンテナンスは自分で行い、分解等を伴うオーバーホールなどは、専門家にまかせることができます。

どういったシリーズがあるのか

シマノのベイトリールには、アンタレス、カルカッタコンクエスト、スコーピオン、エンゲツ、グラップラー、SLX、エクスセンス、オシアジガー、オシアコンクエスト、メタニウム、オシアコンクエスト、アルデバラン、メタニウム、スティーレ、炎月などがあります。

他にはオシアカルカッタ、カルカッタ、バンタム、スコーピオン、トリウム、プレニアム、ソルティーワン、バスワン、バスライズなどがあります。
それぞれのシリーズは更に細かい仕様に細分化されています。

スポンサーリンク

シマノのベイトリールおすすめ人気8選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール ソルト エンゲツ 2021 100HG RIGHT オフショア タイラバ

シマノのベイトリールの歴史は古く、1978年にバンタム100を販売したのが始まりで、その革新性は歴代のリールにも受け継がれています

シマノは2020年、2021年とも新作のベイトリールを発売しており、その時々の最新の技術を盛り込んでいます。
シマノのベイトリールおすすめ人気8選をご紹介します。

【シマノ】バスワンXT 右ハンドル

バーサタイル性が高く、初心者にも扱いやすいエントリーリールのバスワンが2017年にモデルチェンジしました。

遠心力ブレーキのシマノバリアブルブレーキシステムを搭載しキャスティング性も向上させています。

【シマノ】エンゲツ 100HG

タイラバゲームを楽しむことができるタイラバ専用リールで、マイクロモジュールギアやX-SHIPといった最新の技術を搭載しています。

堅牢なHAGANEボディは、大きな鯛とのファイトにも、安心して立ち向かうことができます。
100番手は汎用性の高いモデルで扱いやすくなっています。

【シマノ】バンタム MGL

バンタムMGLは、シマノが最初に世に送り出したバンタム100の後継機で、ランキングでも上位に入る人気モデルです。

現行モデルは2018年にモデルチェンジし、アルミ一体成型のコアソリッドボディを採用しており、高剛性と低いプロファイルで使いやすくなっています

【シマノ】スコーピオンDC 150RIGHT

色々な魚種や釣法に対応するバーサタイル性の高いベイトリールで、軽量化したスプールでキャスト性能を高めています。

ギア比をノーマルギア、ハイギア、エキストラハイギアと揃えており、ロックフィッシュやシーバス、そしてバスにも使用できるリールです。

【シマノ】アンタレスDC RIGHT

シマノベイトリールのフラッグシップモデルで、遠投性能とポイントへの正確性を両立しました。

最新型のDCブレーキシステムにより、遠投性をさらに磨き上げ、おすすめのモデルとなっています。

【シマノ】アルデバランBFS

シマノのベイトリールの中で最も軽い130gを実現したアルデバランBFSは、ピッチングが正確に行えるスプールやブレーキシステムを採用しています。

エキストラハイギア仕様のXGは巻取りスピードも速く、手返しも迅速に行うことができます。

【シマノ】グラップラーCT151 XG

グラップラーは、フォールレバーを搭載し、フォールコントロールが的確にできるライトジギング用ベイトリールでカウンターもついています

エキストラハイギアに加え、ロングシングルハンドルで巻き上げも力強く行うことができ、アグレッシブなゲームを楽しむことができます。

【シマノ】エクスセンスDCSS HG

ベイトリールを用いたシーバスゲームを、身近にすることを基本コンセプトに開発されたベイトリールです。

DC4-エクスセンスチューンを搭載し、簡単な操作でPEラインやフロロラインを用いた際に色々な重量のルアーに対応できます。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのシマノのベイトリール3選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ブラックバス 18 バンタム MGL 左ハンドル ロープロベイト パワーゲーム

2021年新作、おすすめのシマノのベイトリール2選をご紹介します。

【シマノ】SLX BFS XG LEFT

2021年の新製品で、基本性能を満足するコスパの良いモデルで海水対応となっています。
ベイトフィネス専用に開発したフィネスチューンブレーキシステムは、スプールを軽量化し、軽量ルアーのキャスティング可能にしています。

XG LEFTは左ハンドルのギア比8.2のエクストラハイギアモデルで、最大巻上長は82cmとなっています。
ギア比6.3のハイギアモデルとの使い分けも可能です。

【シマノ】カルカッタコンクエスト 100RIGHT

金色に輝く金属ボディが美しく、高い剛性で巻ごこちが良好なバス釣り用のリールで人気です。
もちろん海水対応なのでソルトでの使用も可能です。

インフィニティドライやマグナムライトスプールを採用し、キャスト性能と軽い巻きごこちを実現しました。

ドラグのテンションをドラグ音で確認できるエキサイティングドラグシステムも便利な機能の一つです。

【シマノ】スコーピオンMD 300XG

こちらは2021年にシマノから発売されたベイトリールになります。
大型の魚とファイトができるようナイロン20lbを約160mストックできるリールとなっています。
8ピンSVS搭載によりキャスト時の飛距離をそのままで繊細なブレーキ管理を可能にしました。

また、ビッグベイトをキャストした際もバックラッシュを気にせずに投げられ、とても扱いやすくなっています。

【シマノ】スコーピオンMD 300XG

こちらは2021年にシマノから発売されたベイトリールになります。
大型の魚とファイトができるようナイロン20lbを約160mストックできるリールとなっています。
8ピンSVS搭載によりキャスト時の飛距離をそのままで繊細なブレーキ管理を可能にしました。

また、ビッグベイトをキャストした際もバックラッシュを気にせずに投げられ、とても扱いやすくなっています。

スポンサーリンク

シマノのベイトリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンDC 2021 150 RIGHT バス釣り

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】シマノのベイトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • シマノのベイトリールの特徴
  • シマノのベイトリールおすすめ人気8選
  • 【2021年新作】おすすめのシマノのベイトリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

シマノのベイトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング11選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2021年】ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのベイトリールは、多くのラインナップを揃えており、釣り人からも非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのベ…
【2021年】アブガルシアのベイトリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
アブガルシアのベイトリールは、ダイワ、シマノのベイトリールにも引けを取らないほど人気のある製品です。今回、釣りラボでは、…
【2021年】ジギングにおすすめのベイトリール人気10選!コスパ最強の製品をご紹介
オフショアジギングには、一般的にスピニングリールが使われますが、近年ベイトリールを使う方も増えています。今回、釣りラボで…
【2021年】シーバス用ベイトリールおすすめ10選!コスパ最強の製品をご紹介
シーバス釣りには、スピニングリールが主に使われますが、実は最近人気が高まっているのがベイトリールです。今回、釣りラボでは…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン