【2021年】トラウト向けパックロッドおすすめ10選!利便性や選び方も解説!

渓流ルアーフィッシングでトラウトを狙うにはパックロッドがおすすめ。そこで今回、釣りラボでは、トラウト釣りでパックロッドを使うメリットや失敗しない選び方を解説します。おすすめのパックロッドも紹介するので参考にしてください。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもパックロッドとは?

アブガルシア(Abu Garcia) パックロッド スピニング ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSS-404UL

パックロッドとは、分割できたり伸縮させることのできるロッドです。
メリットはその仕舞寸法から生まれる携行性です。
修理時の送料が安く済むのも見逃せません。

スポンサーリンク

トラウトでパックロッドを使うメリット

スミス(SMITH LTD) マジカルトラウト ULF MT-S49ULM/3.

トラウトフィッシングでパックロッドを使うメリットについてご説明します。

移動がしやすい

携行性に優れているので移動がしやすいのがメリットです。
電車などで釣りに行く際はもちろんのこと、山や渓流の中を移動するときも便利です。
気軽にランガンすることができます。

サブロッドとして使える

サブロッドとして使えるのもメリットです。
メインのロッドにトラブルがあったときはもちろん、釣り場の状況で違う調子のロッドが欲しいときに役に立ちます。

もう一本ロッドを持って行きたいときには邪魔にならないパックロッドがおすすめです。

スポンサーリンク

トラウト用パックロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) トラウトロッド ワイズストリーム 62LB-3 釣り竿

それでは、トラウト用パックロッドの選び方についてご説明します。

選ぶポイント1:長さ

トラウト用パックロッドの長さは短いものから長めのものまで様々です。
山中や渓流など釣り場自体が狭かったり障害物の多い場所では短めのロッドを選びましょう。
湖などの開けた場所では遠投もできる長めのロッドがおすすめです。

管理釣り場によっては長さ制限があることがありますので注意しましょう。

選ぶポイント2:硬さ

硬さは使用頻度の高いルアーと釣りたい魚の大きさによって選ぶのが基本です。
基本的にはルアー、魚ともに大きいものを扱うほど硬く、パワーのあるロッドを選びます。

ロッドの硬さとルアーの重量バランスはキャストフィーリングに直結しますので気を付けてください。

選ぶポイント3:対応ルアー

投げる頻度の多いルアーに合わせた選択も重要です。
エリアトラウトなど、スプーンを多用するのであれば巻きやすいロッドがおすすめです。
ミノーをよく使うのであればルアーに動きをつけやすい長さや硬さを選びましょう。

選ぶポイント4:仕舞寸法

携行性に直結する仕舞寸法はとても重要です。
5ピースのロッドは驚くほどコンパクトになります。

山奥など、車で入れない場所を求めて釣りをする方はできるだけ仕舞寸法の短いものを選びましょう

スポンサーリンク

トラウト用パックロッドおすすめ6選

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 51UL-4 釣り竿

それでは、おすすめのトラウト用パックロッドをご紹介します。
ヤマメからネイティブトラウトと、できるだけ幅広く対応できるモデルを選びました。

【初心者向け】パックロッドおすすめ2選

それでは、初心者向けのパックロッドをご紹介します。

【アブガルシア】パックロッド スピニング ズームサファリ ZMSS-404UL

アブガルシアの入門者向けパックロッドです。
トラウトはもちろん、ソルトフィッシングにも使える汎用性の高さが特徴です。
中級者の皆さんにも、あと一本持っていきたいサブロッドとしておすすめします。

【スミス】マジカルトラウト ULF MT-S49ULM/3

手首だけでしっかりとキャストできるほどの高反発素材が使われています。
リールシートにはナチュラルウッドが使用されているため、高級感も格別です。
パックロッドを初めて買われる方にこそ長く使えるこのロッドをおすすめします。

【中・上級者向け】パックロッドおすすめ2選

それでは、中・上級者向けのトラウト用パックロッドをご紹介します。

【ダイワ】トラウトロッド ワイズストリーム 45ULB-3

小型のプラグを遠投するのに適したダイワの中級者向けコンパクトロッドです。
パワーは十分にありますので少々大きい魚がかかっても問題ありません。
ベイトフィネスを始めてみたい方におすすめします。

【ダイワ】ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 51UL-4

ダイワの上級者向けトラウト用パックロッドです。
強度と感度に優れたVジョイントを採用しています。
振りかぶらなくてもしっかりとしたキャスティングが可能です。

【コスパ重視】パックロッドおすすめ2選

それでは、コストパフォーマンスに優れたトラウト用パックロッドをおすすめします。

【アルファタックル】CRAZEE TROUT GAME 545UL-T

コストパフォーマンスに優れたアルファタックルのパックロッドです。
仕舞寸法は42cmの振り出し形式なので鞄にも入ります。
携行性だけでなく感度、強度ともに十分な性能です。

【ダイワ】トラウトロッド エリア バム 60XUL-4

ダイワのエリアトラウト用パックロッドです。
これからトラウトを始める初心者から中級者まで、長く使うことができます
これからトラウトを始めたいという方には扱いやすいスピニングモデルがおすすめです。

スポンサーリンク

【2021年新作】トラウト用パックロッドおすすめ3選

アルファタックル(alpha tackle) CRAZEE TROUT GAME 545UL-T 69590

それでは、2020年以降に発売された新作トラウト用パックロッドをご紹介します。

【シマノ】トラウトロッド カーディフNX S48UL

人気国内メーカー、シマノから2020年に発売されたモバイルロッドです。
4本継で仕舞寸法は40cm以下となります。
ネイティブトラウトを狙う方にぜひおすすめしたいロッドです。

【アブガルシア】ネイティブトラウト ロッド スピニング トラウティンマーキス エクストリーム TMES-544L

アブガルシアから2020年に発売されたネイティブトラウト用パックロッドです。
強度、感度、軽さを高い次元で実現しています。
30㎝オーバーの魚も軽々と扱えるパワーとトルクのある竿です。

【ダイワ】CP-X1 コンパクトパック

2020年度発売の、ダイワ製パックロッドセットです。
ロッド、リール、小物入れが収納ケースとセットになっており、持ち運びに便利です。
山岳渓流フィッシングでも、荷物にならず、サブロッドとしてもリュックサックに収納可能な為、重宝します。

安心のダイワ製ですので、ロッドの性能も頑丈で、パワーも十分、大物との格闘の際も安心できます。
リールについては準備されていますが、好みのリールに入れ替え可能ですので、こちらもサブリール入れとして持ち運びに便利です。

【ダイワ】CP-X1 コンパクトパック

2020年度発売のダイワ製パックロッドセットです。
ロッド・リール・小物入れが収納ケースとセットになっており持ち運びに便利です。
山岳渓流フィールドでも荷物にならず、サブロッドとして、リュックサックにきっちり収納可能です。

ロッドは安心のダイワ製ですので、しっかりしたロッドの品質と大物と格闘出来るパワーは十分に持ち合わせています。
また、リールについては入れ替え可能ですので、お好みのリールと交換して持ち運べば便利でしょう。

【ダイワ】CP-X1 コンパクトパック

2020年度発売のダイワ製パックロッドセットです。
ロッド・リール・小物入れが収納ケースとセットになっており持ち運びに便利です。

山岳渓流フィールドでも荷物にならず、サブロッドとして、リュックサックにきっちり収納可能です。
ロッドは安心のダイワ製ですので、しっかりしたロッドの品質と大物と格闘出来るパワーは十分に持ち合わせています。

また、リールについては入れ替え可能ですので、お好みのリールと交換して持ち運べば便利でしょう。

スポンサーリンク

トラウトパックロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) トラウトロッド エリア バム 60XUL-4 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】トラウト向けパックロッドおすすめ10選!利便性や選び方も解説!」というテーマに沿って、

  • そもそもパックロッドとは?
  • トラウトでパックロッドを使うメリット
  • トラウト用パックロッドの選び方
  • トラウト用パックロッドおすすめ6選
  • 【2021年新作】トラウト用パックロッドおすすめ2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】コスパ最強パックロッドおすすめ9選!ダイワ・シマノの人気商品からハイエンドまで
パックロッドは釣りをより気軽なものにしてくれる非常に便利なものです。今回、釣りラボでは、パックロッドの特徴、活躍の場面、…
【2021年最新】シーバス用パックロッドおすすめ10選!選び方のポイントも解説!
パックロッドはコンパクトで持ち運びがしやすくとても便利!そこで今回、釣りラボでは、シーバスパックロッドの選び方のポイント…
【2021年】アジング用パックロッドおすすめ11選!タイプ別に選び方も解説
アジングにパックロッドがあると便利ですが、たくさんありすぎてどれを購入していいのか迷ってしまいますよね。今回、釣りラボで…
【2021年】エギング用パックロッドおすすめ11選!メリットや選び方も解説
エギングにパックロッドがあるとラン&ガンが効率的に行えてとても便利!今回、釣りラボでは、エギング用パックロッドのメリット…
【2021年】ショアジギング用パックロッド13選!持ち運びに便利&性能がいいロッドは?
電車や飛行機で遠征してショアジギングを楽しむ人必見!今回、釣りラボでは、パックロッドの継ぎの種類や選び方について詳しく解…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン