【2021年】タイラバ用ベイトリールおすすめ人気11選!使うメリットや選び方も

ボートから真鯛を狙うタイラバゲームはとても人気があります。そこで今回、釣りラボでは、タイラバベイトリールの選び方やおすすめリールを厳選したご紹介します。タイラバにスピニングリールではなくベイトリールを使うメリット解説!

タイラバ
スポンサーリンク

タイラバでベイトリールを使うメリット

ABU アブガルシア マックス DLC デジタルラインカウンター搭載 ハイギヤモデル Abu MAX DLC DLC-H-L/左巻 ハイギヤモデル

タイラバは、タイラバというルアーを、船からほぼ垂直方向に落としたのち、リールを巻くだけで鯛を釣るルアーフィッシングです。

リールを巻くほかに、アクションは基本的に無いことから初心者にも人気の釣りです。
キャスティングをする場合もありますが、タイラバをバーチカルに落とすのが本来のタイラバの釣り方です。

ベイトリールは、糸を繰り出す方向とスプールの方向が一致しており、スピニングリールのように、糸を開放したり巻き取る際に使用するがベール、がないことから、タイラバリールとして使うのに適しています。

ベイトリールをタイラバに使うメリットは

  • ベールがなく、素早い手返しが可能。
  • スプールの向きが巻き取る方向と一致しており、また大きなギアを使えるので力が強い。
  • ベイトリールは、糸よれができにくいので、小さな番手でも太いラインを使いやすい。

が挙げられます。

スポンサーリンク

タイラバリールの選び方

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 タイラバ 19 炎月 CT 151HG 左

タイラバリールの選び方について解説します。

1.ギア比で選ぶ

タイラバリールを選ぶ際に、ギア比は、大切なポイントになります。
ギア比はハンドル一回転あたり、スプールが何回転するかを示しています。

ギア比の設定はメーカーによって変わってくるのですが、概ね7以上がハイギア、7未満がローギアと呼ばれます。

ハイギアは、巻き上げ速度が速く、糸ふけの回収が速いというメリットがある反面、巻き上げる力が小さい、ゆっくり巻くのが苦手というデメリットがります。

ローギアは、巻きあげる力は強いのですが、深い海底からタイラバを早く巻き上がるのは苦手というデメリットがあります。

それぞれの釣りのスタイルによってどのギア比を選ぶのかは変わってきますので、ベイトリールの使い方に合わせギア比を選んでみてください。

2.サイズ(糸巻き量)で選ぶ

タイラバベイトリールを選ぶ際にはサイズ(糸巻き量)にも注意を払ってください。
タイラバには伸びが少なく引張強度の強いPEラインを用います。
専用ラインも多く発売されています。

タイラバに用いるPEラインの太さは、狙う鯛の大きさによりますが、0.6号~1号程度を基準に考え、迷ったら0.8号を選択することをおすすめします。

タイラバを行うポイントは深くても100m程度となりますので、0.8号を200m巻くことができるベイトリールがおすすめです。

100m以上のポイントの場合でも300m巻くことができるベイトリールを選んでおくとよいでしょう。
0.8号より太い1号のPEラインでも十分巻くことができます。

3.カウンターの有無で選ぶ

ベイトリールを選ぶ際にはカウンターの有無も確認しましょう。
ベイトリールにはカウンター付きのものもあり、カウンター無しと、どちらを選ぶか迷うところですが、カウンター付きは、ルアーの位置や水深を正確に知ることができます。

また巻き上げ速度を一定にしたいタイラバでは、カウンターで巻き上げ速度がわかるので、釣果につながる場合があります。

タイラバベイトリールはカウンター付きをおすすめします。
ただコスパを追求したモデルにはカウンター無しのものもあるので、予算などとも相談して決めることをおすすめします。

4.ハンドルで選ぶ

タイラバベイトリールを選ぶ際にはハンドルのタイプも考慮しましょう。
ベイトリールには、ダブルハンドルとシングルハンドルがあります。
それぞれにメリット、デメリットがあるので、考慮して選択しましょう。

ダブルハンドル

ダブルハンドルは、等速巻きがしやすく、又早く巻き取ることができます。
またノブが二つあるので、ノブを探しやすいというメリットがあります。
反面、巻き上げる力が弱くなるというデメリットがあります。

シングルハンドル

シングルハンドルは、タイラバを等速で巻きあげるのが苦手ですが、巻き上げる力が強く、大型のタイにも対応できます。

ドラグが作動していることを示すドラグ音は、シングルハンドル、ダブルハンドルタイプともリールをどの程度巻けば良いかを知る目安となります。

スポンサーリンク

タイラバベイトリールおすすめ9選

ダイワ(DAIWA) LIGHT SW X IC R カウンター付ベイトリール

タイラバベイトリールおすすめ9選をご紹介します。

【初心者向き】タイラバベイトリールおすすめ3選

初心者向きのタイラバベイトリールおすすめ3選をご紹介します。

【アブガルシア】MAX DLC DLC-H-L

デジタルラインカウンターを搭載した船用の小型ベイトリールで、タイラバ、イカメタル、タチウオテンヤまで対応できます。

仕掛けが船べりに近づくとアラームで教えてくれる船べりアラームがあり、魚の取り込みタイミングを教えてくれます。

【シマノ】炎月CT 150HG(左)

フォールレバーを搭載した軽量タイラバリールで、マダイの活性度に合わせてフォールスピードを調整できます。

比較的安い価格ながら、必要十分な機能を有するハイコストパフォーマンスモデルでおすすめです。

【ダイワ】LIGHT SW X ICR

ICカウンターを搭載した軽量小型のベイトリールで、スーパーメタルフレーム採用により、多少の負荷ではたわまずパワフルなリーリングが可能です。

100m長のダブルハンドルに、大型EVAノブで滑りにくくなっており、タイラバの他、様々な魚種に対応できます。

【コスパ重視】タイラバベイトリールおすすめ3選

コスパ重視のタイラバベイトリールおすすめ3選をご紹介します。

【シマノ】炎月BB100PG(右)

高性能でかつ軽量な、タイラバゲームに特化したハイギアモデルで、コストパフォーマンスの高いベイトリールです。

剛性が高く、かつ185gの軽量ボディによって一日中リーリングを続けるタイラバでは、疲労軽減効果が高く、集中力が長続きします。

【アブガルシア】REDMAX船(右)

コンパクトな船用のベイトリールでコスパは最高なので、タイラバを始めるのにはおすすめの製品です。

タイラバの他にカワハギやマルイカなどにも使用できます。
120mmのダブルハンドル使用で、少し重いタイラバも楽に巻き上げることができます。

【ダイワ】紅牙X IC(右)

タイラバ用リールの紅牙シリーズの中でも比較的価格が安いベイトリールで、ICカウンターもついており初心者にもおすすめです。

高い剛性のメタルフレームを持ち、負荷がかかっても、フレームがたわむこともなく、力強い巻上げが可能です。

【性能重視】タイラバベイトリールおすすめ3選

性能重視のタイラバベイトリール3選をご紹介します。

【ダイワ】紅牙TWハイパーカスタム8.6R

楽巻きと高速巻きの二つのモデルを持つ紅牙TWハイパーカスタムは、タイラバのスタイルによってギア比を選ぶことができます。

ロープロファイルで持ちやすく操作性の高いボディ、軽やかで力強い巻きはタイラバに最適なモデルといえます。

【シマノ】炎月プレミアム151HG(右)

フォールレバーを搭載しており、フォールと巻きの両方で鯛を誘うタイラバ用ベイトリールです。

ボディは剛性の高いHAGANEボディを採用し、リールのたわみやネジレを抑えてくれるので、スムーズなリーリングが可能です。

【シマノ】オシアコンクエストCT300HG(右)

デジタルカウンターとフォールレバーを搭載し、剛健でスムーズな駆動系統と合わせおすすめの高性能モデルです。

金色に輝くボディは美しく、かつマイクロモジュールギアで力強く滑らかなリーリングを実現しています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめタイラバベイトリール2選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール タイラバ 両軸 16 炎月BB 100PG 右ハンドル フォールタイラバ マダイ

2021年新作のおすすめタイラバベイトリール2選をご紹介します。

【ダイワ】紅牙IC150(右)

2021年シーズンに必携のタイラバベイトリールで、高い基本性能が長く続くハイパードライブデザインを採用しています。

最新のICカウンターを搭載しており、水深カウンターやデプスアラームなどタイラバに便利な機能を追加しています。

【シマノ】ENGETSU 150 HG RIGHT

滑らかでかつ強力な巻上げを具現するマイクロモジュールギアやX-SHIPに加えフォールレバー搭載により安定したフォールを実現しました。

HAGANEボディは剛性が極めて高く、大型の鯛がヒットした際にもたわむことなく、確実に引き上げることができます。

スポンサーリンク

タイラバベイトリールについてまとめ

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REDMAX船3

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】タイラバ用ベイトリールおすすめ人気11選!使うメリットや選び方も」というテーマに沿って、「タイラバでベイトリールを使うメリット」「タイラバリールの選び方」「タイラバベイトリールおすすめ9選」「【2021年新作】おすすめタイラバベイトリール2選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめのベイトリール10選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2021年】シマノのベイトリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
シマノのベイトリールは、高機能かつ精度の高い製品であり、ベイトリールの中でも特に人気が高いです。今回、釣りラボでは、シマ…
【2021年】ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのベイトリールは、多くのラインナップを揃えており、釣り人からも非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのベ…
【2021年】アブガルシアのベイトリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
アブガルシアのベイトリールは、ダイワ、シマノのベイトリールにも引けを取らないほど人気のある製品です。今回、釣りラボでは、…
【2021年】ジギングにおすすめのベイトリール9選!コスパ最強の製品をご紹介
オフショアジギングには、一般的にスピニングリールが使われますが、近年ベイトリールを使う方も増えています。今回、釣りラボで…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン