【2020年】おすすめのベイトロッド9選|バス・トラウト・ソルト

ベイトロッドは、とてもパワーがあるロッドで、バス釣りやシーバス釣りなどで大活躍します。今回、釣りラボでは、ベイトロッドの特徴、遠投のコツ、選び方、人気メーカー、バス・トラウト・ソルト別のおすすめのロッド、2020年の新作までをご紹介。

ロッド
スポンサーリンク

ベイトロッドとは?

出典:写真AC

ベイトロッドとは、ベイトリールを取り付けられるロッドのことです。
今回、釣りラボでは、ベイトロッドについてご紹介していきます。

ベイトロッドの特徴

ベイトロッドの一番の特徴は、リールの位置です。
リールの位置がロッドの上になっています。

リールがロッドの上にくるので、手でロッドを支えるためのトリガーという突起がついています。

ベイトロッドの上についているリールからはラインが直線的に放出されます。
ラインが直線的に出るため、トップガイドの半径は小さくなっています。

素材はカーボンかグラスソリッドで作られていることが多く、ティップがチタンになっている高級品もあります。
カーボン含有率でしなやかさや感度が変わります。

メリット

ベイトロッドのメリットは、

  • 感度の高さ
  • 太いラインを使うことができる
  • 片手でもキャストが可能である
  • 正確なキャストがしやすい
  • 糸よれしにくいこと
  • 手返し良く釣れること
  • 軽いジグから重いビッグベイトまで幅広いルアーを装着することができる

という点です。

デメリット

メリットが多いベイトロッドですが、デメリットもあります。
ベイトロッドは、キャストにはコツが必要で、投げ方を間違ったり、軽すぎるルアーだとバックラッシュというライントラブルが起きてしまいます。

どういった釣りで活躍するの?

ベイトロッドは、どういった釣りで活躍するのでしょうか?

ベイトロッドはもともとバス釣り発祥のタックルだと言われていますが、現在ではシーバスゲームやアジング、ロックフィッシュゲーム、ショアジギングなどのソルトゲームでも活躍しています。

バス釣り

バス釣りでは、沖のカバー周り、ストラクチャーなど、正確にキャストする必要がある場面や、バスが掛かってパワーが必要な時に、ベイトロッドが活躍します。

>>>こちらの記事も読まれています
バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル

シーバス

シーバス釣りでは、フグやベラと言った歯の鋭い魚がいるような岩礁帯にルアーを打ち込む必要が出てきます。

岩礁帯のようなヘビーなカバーではラインの根ズレが心配になります。
根ズレ対策に、ベイトロッドが活躍するのです。
ベイトロッドを用いれば、太いラインを使うことができるので、安心です。

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

アジング

アジングでは、キャスティングの回数をなるべく多くし、手返し良く釣ることが大切になります。
手返し良く釣りたい場面で、ベイトロッドが活躍するのです。

ベイトロッドを使えば、クラッチを切るだけで簡単にキャスティングでき、リトリーブも特別の操作はなくそのまま巻くだけですので、何度もキャスティングすることが可能になります。

>>>こちらの記事も読まれています
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!

ロックフィッシュ(メバル・アイナメ・キジハタ)

メバル、アイナメ、キジハタなどの根魚を釣る時は、根の中に潜り込もうとする魚を一気に引き抜く必要があります。

ロックフィッシュを一気に引き抜くような場面で、ハイパワーで巻き上げられるベイトロッドが活躍します。

>>>こちらの記事も読まれています
ロックフィッシュ(根魚)釣りにおすすめのタックルとは?|ロッド・ワーム・リール

青物(ブリ・ヒラマサなど)

ブリ、ヒラマサなどの青物の釣りでは、スロージギングでベイトロッドが活躍します。
スロージギングとは、ベイトロッドのしなりとゆっくりとしたリーリングで誘う方法です。
ライトショアジギングのように大きく早くシャクリを入れる釣りとは真逆の方法です。

ジギングでは、仕掛けが着底したら、早巻きしてジグを落ちるように漂わせて誘います。
ベイトロッドは、ラインに親指が常に触れた状態になっていて、とても感度が良いので、魚がバイトしそうな感覚が伝わってきやすく、アタリを取りやすいのです。

スピニングロッドとの違い

スピニングロッドとの違いは、リールが付く位置、ラインの放出方向、ガイドの位置が挙げられます。

ベイトロッドのリールが付く位置は上です。
リールが上であるため、ラインが直線的に放出されます。
ガイドも大きくありません。

スピニングロッドのリールは下に付きます。
スピニングロッドはリールが下であるために、ラインが直角方向に、ガイドに擦れながら放出されます。

ラインの放出方向が直角であるため、ガイドの位置が高く大きく、下についています。

スピニングリールをつけても良いの?

ベイトロッドにスピニングリールをつけても良いのでしょうか?

ベイトロッドはベイトリールを取り付けるために作られています。
ベイトリールは上につくので、ベイトロッドの下にはトリガーがあります。

スピニングリールはロッドの下に取り付けるので、ベイトロッドのトリガーによって使いにくくなってしまいます。
取り付けられないわけではありませんが、操作性の面で使いにくい部分が出てきてしまいます。

>>>こちらの記事も読まれています
スピニングリールの選び方・使い方・おすすめブランドをご紹介|初心者必見

遠投するためのコツ

投げ釣りなどベイトロッドで遠投するためのコツは、投げる前と、投げる時、糸が出ている時にあります。

投げる前に確認することは、タラシと言う、投げる前に竿から出しておくラインを短くしすぎないことです。
長さの目安は1ヒロ(1mちょっとくらい)です。

タラシを確認したら、周りに人が居ないか確認していよいよ投げます。
投げる時には、ルアーを振り子のように振って、自分の身体の後ろに持ってきます。

身体の後ろに行ったルアーの重みが、竿にかかったというところで、腕を回転させ、遠心力をかけて投げます。

投げる時に力を入れすぎないことがコツです。
力を入れすぎると、バックラッシュというライントラブルが起きる原因になります。

バックラッシュは、ラインの放出スピードよりもスプールの回転速度が上回った時に、リールのスプールにラインが絡んでしまって起きるトラブルです。
バックラッシュを防止するために、サミングを行います。

ルアーを投げることができたら、サミングするのがコツです。
サミングとは、リールのラインに親指を添えてラインが出るスピードを調整することです。
ルアーが着水する時にも、サミングをして、バックラッシュを防ぎましょう。

ベイトロッドの選び方

ベイトロッドは、長さも硬さ、デザインや色などの種類が豊富です。
長さや硬さは自分が釣りたい状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

ロッドの長さ

ロッドの長さは、どのくらいの距離をキャストしたいかによって決めることができます。
キャストの距離はロッドの長さに比例します。

例えば、ボートなどから短距離のキャストであれば5フィート後半から6フィート後半くらいのものが良いでしょう。

ロングキャストが必要な場面では8フィート~9フィートくらい必要になります。
オカッパリから青物を狙う時には10ft前後のベイトロッドが用いられることが多いです。

汎用性が高いのは、7フィートくらいのものだといえます。

ロッドの硬さ(ML〜MH)

ロッドの硬さもたくさんありすぎて選ぶのが難しいですよね。
ロッドの汎用性が高い硬さはML(ミディアムライト)~(ミディアムハイ)くらいです。

ロッドの硬さは装着できるルアーの重さや、バスやサーモンなど大きな魚との引き合いでのパワーに影響があります。

ML~MHくらいの硬さがあると、重さのあるルアーやジグ、プラグなどを装着することができて、使いやすいです。

また、ロッドが曲がる位置にはレギュラーテーパー(胴調子、本調子)、ファーストテーパー(先調子)、スローテーパー(胴調子)といった種類があります。
ロッドが曲がる位置で使いやすさが変わりますので、気をつけて選んでみてください。

デザイン・色

「ベイトロッドはデザインや色がかっこいい!」と好んで使っているアングラーも多いです。
ベイトロッドは洗練されたデザインで、持ち手が木製などオシャレなものが多いです。

人気メーカー

人気のメーカーからはどのようなベイトロッドが出ているか見てみましょう。
2020年最新のラインナップから代表的なモデルを紹介します。

ダイワ

2020年のダイワの新作ロッドの目玉はリベリオンでしょう。
リベリオンを始めとしてバスロッドの特設ページも作られています。
リベリオンの価格帯は1万5000円~で釣竿としてはコスパの良い中級者向けとなっています。

【ダイワ】リベリオン 6101MHRB ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) リベリオン 6101MHRB ベイトキャスティングモデルの魅力は、対応ルアーの幅広さと操作性の高さといえるでしょう。

ルアーはライトテキサスからビッグベイトまで使えて、選択や戦略の幅をもたせることが可能になります。

ロングキャストも、ピンスポット打ちも、近距離戦も可能な操作性の高さを実現するために、ブランクには最上位機種に匹敵するDAIWAテクノロジーが使われています。

本気のベイトロッドをお探しの方には、リベリオン 6101MHRB ベイトキャスティングモデルを強くおすすめします。

シマノ

2020年シマノの新製品も張り切って公開されています。
バスロッドでは、ポイズンアドレナ、ポイズンアルティマなど新機種が追加されています。

【シマノ】ロッド ポイズンアドレナ 169XH-SB/2 ベイトモデル センターカット2ピース

2020年5月に追加された169XH-SB/2 Exude powerは100gまでのビッグベイトに対応しています。

100gのビッグベイトをキャストして、タダ巻きして揺さぶっても、ぐいっと引いてもビッグベイトをキビキビと動かしてコントロールすることができるのです。

ビッグベイトの動きを支えるため、ポイズンアドレナ独自の軽量ブランクスが使われています。
モンスター級の魚と戦い釣り上げたい方には、169XH-SB/2 ベイトモデルをおすすめします。

アブガルシア

アブガルシアのベイトロッドも着々と更新されています。
アブガルシアはソルトウォータゲーム用のベイトロッドの更新が多いようです。

【アブガルシア】Kurofune TenyaMadai KTMC-240M

Kurofune TenyaMadai KTMC-240Mは、アブガルシアが2020年5月に追加した、テンヤマダイ専用、船用ベイトロッドです。

14000円と価格も抑えめでコスパもよく、テンヤマダイ専用ですが狙える魚はマダイ、キジハタ、アカハタ、アマダイ、カサゴなどたくさんあります。

ロッド表面に極力塗装をしないマットフィニッシュ仕上げなので、PEラインがべとつかず、ストレスフリーで船釣りを楽しめます。
Kurofune TenyaMadai KTMC-240Mで、竿頭になってみませんか?

スポンサーリンク

【コスパ最強】おすすめのベイトロッド9選

出典:写真AC

ベイトロッドで狙うことができる魚は多く、メリットが大きいです。
初めてだからお得にベイトロッドを試してみたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コスパが最強な、おすすめのベイトロッド9選をご紹介します。

バスゲーム

バスゲームに対応しているロッドはとても種類が豊富です。
ご自分の釣りスタイルや、釣り場に合わせて購入することです。

まずは、スタイルや釣り場関係なくバーサタイルに使用できるベイトロッドを選ぶことをおすすめします。

【ダイワ】ブレイゾン モバイル 6106TMHB ベイトモデル

2020年2月に公開された、振出式モバイルタイプのバスロッドです。
コンパクトで持ち運びやすく楽ちんなのに、バイブレーションやスピナーベイト等の重量級ハードベイトやテキサスなどのカバー打ちまでできるバーサタイルなロッドです。

軽さと強さの理由はブランクのHFVカーボンにあります。
持ち運びやすさと機能性が充実しているのに16500円とお値段もコスパが良いです。
カバンに入れて持ち歩き、ちょっとついでに釣っていこうか、という方におすすめしたいロッドです。

【シマノ】エクスプライド 165-MH-ML

シマノの新作エクスプライド165MH-LMは「レンジコントール」力の高いロッドです。
バスゲームで使用頻度の多いスピナーベイトを使いこなすことができるようにするため、竿を握る手に振動を伝える感度が高い設計になっているのです。

感度が高いから底の障害物やバイトに気づきやすく、フッキング率が上がります。
スピナーベイト以外にも幅広い種類のルアーを使うことができます。
バイトしたバスを逃したくない方はエクスプライド165-MH-LMをお使いください。

【アブガルシア】Fantasista New Deez (ファンタジスタ ニュー ディーズ)

アブガルシアの2020年5月公開新作バスロッドは独自のTAF製法のブランクスに、チタンフレーム、トルザルトガイド、ABUオリジナルリールシートという少し高級なモデルです。
5インチのネコリグや、1/8oz以上のリグなど重い仕掛けでも扱いやすくなるよう設計されていて、カバーをボリュームあるルアーで攻略でき、ビッグバスを引っ張り出せるパワーベイトフィネスロッドです。
通常のベイトフィネスよりパワーがほしい、という方におすすめの一本です。

トラウトゲーム

トラウトゲームでは、スピニングタックルが主流でしたが、最近はベイトタックルを用いるアングラーが増えてきました。
トラウトゲームでは、手返し良く釣ることができて、パワー抜群、ピンポイントでキャストできるところが、ベイトロッドの強みを生かせる場面です。

本流トラウト、止水域トラウト、渓流トラウト、エリアトラウトなど場所や狙いによって適合するロッドは異なります。
自分で釣りたい場所や狙いに合わせて準備しましょう。

【テイルウォーク】SAKURAMAS- JIG SSD C652

テイルウォークの2020年春の新作は海サクラマスのジギング用ベイトリールです。
SAJYRANASY-JIG SSD C652は、トラウトがジャンプしたりエラ洗いしたり、走ったりと激しいファイトにも追従する細身のフルソリッドで、バラシを軽減してくれます。

MAXルアーウエイトは、140gで、電動ジギングにも対応しています。
初めてのサクラマスジギングには是非C652をお持ちください。

【 フィッシュマン】ビームス ブランシエラ 3.9UL LIMITED

飛距離、高速ピンスポ打ち、ゼロバックラッシュに力を入れているフィッシュマンの2020年新作ロッドは、これまでもトラウトゲームに人気だったブランシエラのlimitedモデルです。

柔らかいティップなのに、キャストは素早くスナップがきき、狙ったところに打つことができます。
グリップにはオリジナルリールシートを使用しています。

ディテールにもこだわり、何と高級家具にも使われている木材が使用されているのです。
一度使うと虜になるロッド、使ってみませんか?

【アブガルシア】トラウティン マーキス エクストリーム

アブガルシアトラウティンマーキスエクストリームは、2020年に追加されたばかりのシリーズ最高峰エクストリームモデルです。

見た目のオシャレさ、キャストした時の気持ちよさはもちろん、トラウトのバイトを決して逃さない、力の勝負に負けない、ネイティブトラウトの世界を味わえるロッドになっています。
粘りのあるブランクス、魚の引きに負けないトルク、体験してみませんか?

ソルトゲーム

ソルトゲームでは、シーバスゲーム、ロックフィッシュゲーム、ショアジギングなど、シーンに合わせた専用ベイトロッドが出てきています。
2020年の新作の中から、海釣りに適したロッドをご紹介します。

【アブガルシア】エラディケーター リアルフィネス ライトオフショアゲームEROC-610ULT-TZ

アブガルシアの2020年春の新作は、ライトオフショアゲームのスペシャル専用ロッドです。
スローテーパーだから魚の動きに合わせて竿が曲がる横の釣りを楽しむことができます。
ティップが入りやすく、魚やイカに違和感を与えにくいアクションが得意です。

イカからマダイまで幅広い魚種に対応しています。
エラディケーター リアルフィネス ライトオフショアゲーム EROC-610ULT-TZで、ライトゲームを楽しんでみませんか?

【フィッシュマン】ビームス インテ 6.4UL

フィッシュマン2020年春の新作です。
ビームス インテ 6.4ULは、ベイトタックルで1gに満たないルアーのキャストがストレスフリーです。

サミングでラインをさばくラインコントロールが得意なので、片手で手返し良いキャストができ、アジングにもかなりおすすめです。

ブランクタッチのリールシートと赤い塗装のコントラストがオシャレなデザインになっています。
使いやすくオシャレなベイトロッドをお探しの方に強くおすすめしたい一本です。

【ヤマガブランクス】ブルーカレントⅢ 82/B

ヤマガブランクスのブルーカレントは、2020年春にモデルチェンジしました。
ブルーカレントⅢ82/Bは、強さと繊細さを合わせ持ったパワーフィネスモデルです。

繊細なティップを持った7ft半ばのロングレングスで思ったとおりにキャストでき、大物が掛かったら、しっかり曲がるブランクと強い復元力のあるバットで動きを止め、確実に寄せることができます。

アジ・メバル、クロダイ、シーバス、ロックフィッシュなど幅広くソルトウォーターゲームを楽しみたい方におすすめします。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめベイトロッドをご紹介

出典:写真AC

2020年にも、春の新作ベイトロッドがたくさん登場しました。
4月に発売予定だった新作が6月、7月頃に続々登場する中、ワクワクしているアングラーも多いのではないでしょうか。

多くの2020年新作の中から、特におすすめしたい、憧れのベイトロッドを御紹介致します。

【ダイワ】ハートランド 722ML+FB-ST20 ベイトキャスティングモデル

ハートランド722ML+FB-ST20ベイトキャスティングモデルは2020年1月の新作です。
タフコンディションで一本出したい、そんな時にはスモールラバージグをお使いになるのではありませんか。

DAIWA最先端テクノロジーを用いてスモールラバージグに適した、ベイトフィネススタイルを表したスモラバロッドがハートランドです。

ベイトフィネスのふわ釣りやシェイクがうまくいくようにメガトップソリッドティップとチューブラーパワースリムの細身肉厚ブランクを搭載し、他のハートランドにはない、強さと柔らかさを両立させています。

新しい釣り方を取り入れてステップアップしたいあなたに2020年、おすすめの一本です。

【シマノ】ロッド ポイズンアルティマ 172H ベイトモデル

アングラーが一度は手にとってみたいシマノの最高モデル、ポイズンアルティマの新作がジャッカルとのコラボレーションで2020年4月に公開されました。

最高の先端技術を余すところなく搭載したポイズンシリーズの最高峰です。
Hと少し硬めですが、独自の技術で、軽さと高感度、パワー、強度という今までには両立できなかった要素が融合した完璧なブランクスになりました。

172Hは、最高のパフォーマンスを引き出してくれる完璧なロッドです。
是非一度お手にとって172Hの素晴らしさを確かめてみてください。

スポンサーリンク

ベイトロッドまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめのベイトロッド9選|バス・トラウト・ソルト」というテーマに沿って、「ベイトロッドとは?」「【コスパ最強】おすすめのベイトロッド9選」「【2020年新作】おすすめベイトロッドをご紹介」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【リール】おすすめ人気ランキング6選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初…
スピニングリールの選び方・使い方・おすすめブランドをご紹介|初心者必見
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックルの選び方|バッカンもご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
おすすめのビッグベイト10選【これを選べば間違いなし】|ロッド・リール
シーバス・バス釣りの際に使われることが多いビッグベイト。今回釣りラボでは、そんなビッグベイトの魅力やおすすめのビッグベイ…