【2021年】渓流釣りリールおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介

自然を楽しみながら挑戦できる渓流ルアー釣りではどのようなリールを選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、渓流釣りリールの特徴、おすすめの渓流釣りリール、2021年シーズンに向けた新製品の渓流釣りリールをご紹介します。

リール
スポンサーリンク

そもそも渓流釣りとは?

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT2000S-XH (2018モデル)

そもそも渓流釣りとはどのような釣りをいうのでしょうか?

渓流とは、川の源流から上流域までのことをいう場合が多いのですが、渓流釣りになると源流から本流域まででヤマメやイワナ、ニジマスなどの魚を狙う釣りのことをいいます。

渓流釣りは、ルアーフィッシングなどが知られています。
見た目も美しく様々な形のあるルアーフィッシングは近年は渓流釣りの主流を占めるようになりつつあります。

スポンサーリンク

渓流釣りリールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ C2000HGS アジング メバリング

渓流釣りリールの選び方について解説します。

選ぶポイント1:リールの種類で選ぶ

渓流釣りリールを選ぶ際には、リールの種類について検討しましょう。
渓流釣りというとスピニングリールを使う場合が多いのですが、最近は軽いルアーをベイトリールを用いてキャストするベイトフィネスという釣りに人気が出てきています。

スピニングリールは、飛距離は出ますが、キャストの正確性に若干かけることがあります。
ベイトリールは正確性は高いのですが、飛距離を稼ぐことができません。
渓流釣りに行くフィールドの状況を考慮してリールは選択しましょう。

選ぶポイント2:番手で選ぶ

渓流釣りのリールは、釣りをするフィールドに合わせてリールの番手を選びましょう。
スピニングリールで考えると、源流域や渓流域では取り回しの良い2000番台を選択しましょう。

PEライン0.5号を150m程度まくことができる番手になります。
本流になると遠投も必要になるので、2500番のスピニングリールが良いでしょう。
PEライン1.2号を300m程度まくことができる番手となります。

源流域にしか行かない場合には、ロッドとのバランスを考慮し1000番もおすすめです。
PEライン0.3号を200m程度巻くことができる番手になります。

ベイトリールの場合には、同じメーカーでも番手表示が異なることもあるので、スピニングリールでご紹介した糸巻量を参考にしてみてください。

選ぶポイント3:ギア比で選ぶ

渓流釣りのリールを選ぶ際にはギア比にも注目しましょう。
渓流釣りで用いるリールはハイギアがおすすめです。

スピニングリールではギア比6以上、ベイトリールでは7以上がハイギアと呼ばれています。

ハイギアは糸ふけを素早く回収でき、またルアーの回収も早く手返しも容易です。
ただしゆっくりとルアーを回収したり、巻き取りパワーを重視したい場合には、ノーマルギアを選択しても良いでしょう。

スポンサーリンク

渓流釣りリールおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT2000S-XH (2020モデル)

渓流釣りリールおすすめ人気6選をご紹介します。

【ダイワ】レガリス 2000S-XH

サイワから発売されている小型のスピニングリールでLTコンセプトを採用し、軽くて耐久性が高くおすすめです。

2000S-XHは、渓流でのヤマメやアマゴなどのネイティブトラウトをターゲットした渓流釣りの他に、海でのライトルアーフィッシングにも活用できます。

【シマノ】サハラ C2000HGS

初心者にもおすすめのスピニングリールで低価格ながら、堅牢なつくりで必要最低限のスペックを持っており人気です。

C2000HGSはギア比6のハイギア仕様で、ルアーの回収も早く、渓流釣りにおすすめです。
アジングやメバリングにも活用できます。

【ダイワ】レブロス 2000S-XH

ボディ、スプールなどの細かい部分まで軽量化を施し、かつ堅牢さを兼ね備えたLTコンセプトにより開発されたスピニングリールです。

オートマチックドラグや、ロングキャストABSスプールにより使いやすくなっており低価格なこともありランキングでも上位にあります。

【アブガルシア】ゼノン 2000SH

2021年新製品のアブガルシアのスピニングリールで、左右非対称ボディや新開発のスプールにより軽量化と低慣性モーメントを実現しました。

2000SHはギア比6.2のハイギア仕様で渓流釣りにおすすめです。
ソルトでも使用可能なので、軽量ライトゲームでも活躍します。

【ダイワ】スティーズAIRTW 500XXH

淡水専用のベイトフィネスリールで、小径のジュラルミンスプールを用い、軽いルアーのキャスティングを実現しています。

コンパクトなボディで、パーミング性もよく源流から渓流域でのルアーフィッシングにおすすめです。

【アブガルシア】ロキサーニ BF8

185gの軽量化を実現したアブガルシアのベイトフィネスリールで、価格も安く扱いやすいおすすめのリールです。

特徴的なカッティングエッジデザインや、カーボンハンドルなどを採用しています。
フレッシュウォーターからソルトウォーターまで対応できる汎用性の高いモデルです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの渓流釣りリール2選

アブガルシア(Abu Garcia) ゼノン (ZENON) 2000SH

最後に2021年新作のおすすめの渓流釣りリール2選をご紹介します。

【ダイワ】フリームス FCLT2000S-XH

2021年新作でカーボンハイブリッド樹脂のZAION Vをローターやボディに採用し徹底した軽量化を実現しています。

FCLT2000S-XHはハイギア仕様で、源流域での渓流釣りに向いています。
海水対応なのでアジングやメバリングなどのライトソルトウォーターでも使用でき、汎用性の高いスピニングリールです。

【シマノ】アルテグラ 2000SHG

2021年新製品のシマノのアルテグラは、上位機種に搭載した最新技術を使用し、耐久性や基本性能の大幅な向上を行いました。

2000SHGはギア比6.1のハイギア仕様でルアーの回収も早く、源流域などでの渓流釣りにおすすめです。

スポンサーリンク

渓流釣りリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 スティーズ AIR TW 500XXH (2020モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】渓流釣りリールおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそも渓流釣りとは?
  • 渓流釣りリールの選び方
  • 渓流釣りリールおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめの渓流釣りリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

渓流釣りの始め方|仕掛け・餌・装備・服装・竿・ルアー【初心者必見】
渓流釣りは、自然の雰囲気を味わいながら様々な魚を釣れることができ、とても人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、…
【2021年】渓流ベイトフィネスロッドおすすめ12選!選び方や自作方法もご紹介
渓流釣りで近年ベイトタックルを使う人が増えており、専用のロッドも次々と登場しています。今回、釣りラボでは、そんな渓流釣り…
【2021年】渓流ルアーロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介
渓流釣りに欠かせないタックルであるルアーロッド。どのようなロッドを選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、渓流ルアー…
【丸形・ロープロ型】渓流ベイトリールおすすめ最強11選!特徴や選び方も解説!
渓流ベイトフィネスではスピニングリールが主流でしたが、ベイトリールが高性能化したことによって注目を浴びつつあります。そこ…
渓流釣りにおすすめのウェーダー12選!種類や選び方も詳しく解説!
渓流釣りを楽しむには欠かせないウェーダー。たくさん種類があって迷ってしまいますよね。そこで今回、釣りラボでは、渓流釣りに…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン