【2021年】ハイギアなベイトリールおすすめ人気ランキング9選!メリットやローギアとの違いは?

近年、ハイギアリールが人気を博していますが、ハイギアなベイトリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ハイギアなベイトリールの特徴、おすすめのハイギアなベイトリール、2021年シーズンに向けた新製品のハイギアなベイトリールをご紹介します。

リール ルアー
スポンサーリンク

そもそもギア比とは?

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 18 アルファス エアストリームカスタム 7.2R (2018モデル)

そもそもギア比とはどういうものでしょうか。
ギア比とは、リールのハンドルを1回転させた時に、スプールが何回転するかを示す指標です。

ギア比が6であれば、ハンドルを1回転するとスプールが6回転します。
ベイトリールの場合には、ギア比5程度をローギア、6程度をノーマルギア、7程度をハイギア、8程度をエクストラハイギアと呼んでいます。

スポンサーリンク

ハイギアなベイトリールを使うメリット

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 バス X 80SH (2019モデル)

ハイギアなベイトリールを使うメリットについて解説します。

選ぶメリット1:巻き取り速度が速い

ハイギアなベイトリールは、巻き取り速度が早いので、ロングキャストしたルアーの回収も早くローギアに比べて、テンポよくルアーフィッシングを楽しむことができます。

選ぶメリット2:手返しを迅速に行うことができる

手返しとは、ルアーの回収から次のキャスティングまでの動作のことで、ハイギアのベイトリールは巻き取り速度が早いので、ローギアに比べて手返しを迅速に行うことができます。

選ぶメリット3:巻く際の感度が高い

ハイギアのベイトリールは、ローギアに比べて巻く力は劣りますが、巻く際の小さなルアーの抵抗などを敏感に感じることができます。

選ぶメリット4:糸ふけを素早く処理できる

糸ふけとは、ラインがたるんだ状態です。
たるんだ状態だと、ルアーの情報などを感じることができなくなり、アタリを見逃してしまいます。

ハイギアのベイトリールは、巻き取り速度が早いので糸ふけを素早く解消し、アタリを見逃すことが少なくなります。

以上メリットを解説しましたが、ベイトリールのギア比が大きいことはデメリットになることもあるので、使用するルアーやフィールドの状況なども考慮しギア比を決めることをお勧めします。

バス釣りで用いる巻物ルアーや打ち物ルアーのギア比を決める際にも同様で、巻物にはローギア、打ち物にはハイギアという場合もありますが、ギア比の高さをメリットとして巻物にハイギアベイトリールも十分使用できますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハイギアなベイトリールおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) ベイトリール ジリオン SV TW 1000H 右ハンドル (2021モデル)

ハイギアなベイトリールおすすめ人気6選をご紹介します。

【ダイワ】アルファスエアストリームカスタム 7.2R

渓流でのベイトフィネスの初心者向けに開発されたベイトリールで、ジュラルミン製の超高精度スプールや、Iシェイプコルククリアノブを採用した淡水専用モデルで人気があります。

7.2Rは、ギア比7.2のハイギアモデルで、自重は165gと軽量にできており、おすすめのスピニングリールです。

【ダイワ】バスX 80SH

ダイワから発売されている初心者にも使いやすいハイバリューのベイトリールで、ランキングに上がることもあります。

基本性能を抑えたオールラウンドベイトリールです。
バスXとなっていますがソルトにも対応しており、80SHはギア比7.5のハイギア仕様で、ルアーの回収も高速に行うことができます。

【ダイワ】ジリオンSV TW 1000H

2021年に発売されたダイワのベイトリールで、耐久性、回転性能、操作性能を極めたモデルです。

ローギアからエクストラハイギアまで4つのギア比バリエーションがあり、ハイギアモデルはギア比7.1で、素早い手返しが特徴です。

【シマノ】スコーピオンDC 150HG

小さな慣性のスプールで、高いキャスト性能と、マイクロモジュールギアⅡで軽やかな巻き上げを実現しています。

150HGは、ギア比7.2のハイギア仕様で、バスのほかにシーバスやロックフィッシュなどとも対峙できます。

【シマノ】バスワンXT 150

価格も安いエントリーリールのバスワンXTですが、ソルトにも対応しており使い勝手は抜群です。

150は、ギア比7.2のハイギア仕様で、巻きに強く、オールラウンドに使うことができおすすめです。

【アブガルシア】ロキサーニ 7

カッティングエッジデザインや、カーボンハンドルを採用したロープロファイルモデルで、コスパも良好です。

7は、ギア比7.1のハイギアモデルで、感度が高く、巻きスピードも速いのでルアーの回収も素早くできます。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのハイギアなベイトリール3選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンDC 2021 150HG RIGHT バス釣り

2021年新作、おすすめのハイギアなベイトリール2選をご紹介します。

【ダイワ】ティエラIC 100H

2021年新製品のダイワのベイトリールです。
軽量コンパクトで滑らかな巻きごこちが特徴で最新コンセプトのハイパードライブデザインを採用しています。

100Hは、ギア比7.1のハイギア仕様で、タイラバやスーパーライトジギング、エギングなどに対応しています。

【シマノ】エンゲツ 100HG

2021年新作のシマノの鯛ラバ用ベイトリールで、マイクロモジュールギアⅡやXSHIPなどを搭載し使い勝手を追求しました。

100HGは、ギア比7.8のハイギア仕様で、水中の鯛ラバの感覚を敏感に感じとることができます。

【シマノ】21 SLX BFS XG R/L

2021年、シマノから発売のベイトフィネスリールになります。

21 SLX BFS XG R/Lは、ギア比8.2、巻き取り量82cmの超ハイギアモデルです。
ソルト・フレッシュ共に、ベイトリールで軽量リグを操作する際は、キャストミスの可能性が上がってしまいますが、ハイギア搭載リールを使用すればリグ回収が手早く行え、アップテンポのよいフィッシングが可能になります。

スポンサーリンク

ハイギアなベイトリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 バスワンXT 150 右ハンドル バスフィッシング バーサタイル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ハイギアなベイトリールおすすめ人気ランキング9選!メリットやローギアとの違いは?」というテーマに沿って、

  • そもそもギア比とは?
  • ハイギアなベイトリールを使うメリット
  • ハイギアなベイトリールおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのハイギアなベイトリール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ハイギアなベイトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ショアジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットは?
ショアジギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ショアジギング向けハイギアリールの特…
【2021年】ハイギアのリールおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介
ハイギアのリールには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ハイギアのリールの特徴、おすすめのハイギアのリール、…
【2021年】エギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットは?
エギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、エギング向けハイギアリールの特徴、おすすめ…
【2021年】ハイギアなスピニングリールおすすめ人気ランキング9選!メリットやローギアとの違いは?
近年、ハイギアなリールの人気が高まっていますが、ハイギアなスピニングリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラ…
【2021年】ジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットは?
ジギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ジギング向けハイギアリールの特徴、おすすめ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン