【2020年】ショアジギングにおすすめのショックリーダー7選!選び方・結び方

ショアジギングとは陸(ショア)から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなショアジギングに欠かせないリーダーに着目し、おすすめの太さ・長さのリーダーや、2020年の最新作、リーダーとラインの結び方などを詳しく解説します。

ジギング リーダー
スポンサーリンク

そもそもショアジギングとは?

ジギング

出典:写真AC

ショアジギングとは、船の上から行うオフショアジギングとは違って、ショア(岸)からジグ(仕掛け)を投げて行う釣りのことを言います。
特にメタルジグをはじめとしたルアーを投げて行う釣りのことをいいます。

ショアからのジギングは、非常にエキサイティングな釣りです。
想像を遥かに上回る大物がかかったり、自分がルアーに様々なアクションを加え、思い通りのパターンで魚がヒットした時の快感は、得も言われぬものがあります。

ショアジギングで釣れる魚

ショアジギングでは様々な魚が釣れます。
フィッシュイーターであればすべてショアジギングの対象となります。

シーバス、青物だけではなく、ヒラメ、マゴチ、マダイ、クロダイなど、何でもターゲットになります。

ショアジギングの代表的な釣り方

ショアジギングの代表的な釣り方は、メタルジグなどのルアーを投げる釣り方です。

道糸(メインライン)には、細くて強度の高いPEラインを使います。
PEラインは吸水せず、伸びもほとんどないため、ロッドアクションをルアーのアクションに正確に加えることができます。

強度も高く、吸水せず、アクションを正確に伝えることができるメリットがあるPEラインには、弱点もあります。
摩擦に弱く、根ズレを起こすと切れてしまいます。

根ズレを回避するために、ショアジギング用のPEラインの先端に、根ズレに強いフロロカーボンや、ショック吸収効果の高いナイロン製の「リーダー」と呼ばれる糸を結びます。

ただ、PEラインは結束性が悪く、他のラインや金具と結束させる時はPEライン専用の結び方が絶対に必要です。

スポンサーリンク

ショアジギングで使うリーダーとは?

出典:写真AC

ショアジギングではメインラインにPEラインを使いますが、その場合は必ずショックリーダーが必要です。
主なリーダーの素材は、フロロカーボンとナイロンになります。

フロロカーボンリーダーの特徴は、

  • 摩擦に強い
  • 比重が高い
  • 吸水せず伸びにくい
  • ラインが硬く使いづらい場合がある

ナイロンリーダーの特徴は、

  • しなやかで使いやすい
  • やや伸びる特性があり、ショックの吸収性が高い
  • 結束強度が高い(結び方による)
  • 比重が軽く沈みにくい

と、どちらも一長一短があるのですが、各メーカーから様々なリーダーが発売されていますので、色々使ってみて、自分のパターン(メインラインとリーダーの組み合わせ)を確立しておきましょう。

スポンサーリンク

ショアジギングに使うショックリーダーの選び方

ジギング

出典:写真AC

この項では、ショアジギングで使うショックリーダーの選び方について説明します。

選ぶポイント1:ショックリーダーの素材

ショックリーダーの素材は、フロロカーボンかナイロンになります。

それぞれのざっくりとした特徴は上の項で説明しましたが、使用するシーンは摩擦の強さ・強度からショアジギングでは圧倒的にフロロカーボンリーダーのほうが多いです。

ただ、最近はナイロンリーダーの使い勝手の良さから、ナイロンリーダーを使う人も増えてきています。

選ぶポイント2:ショックリーダーの太さ

ショックリーダーの太さは、メインラインのPEラインの強度(lb・ポンド数)と、リーダーの強度(lb数)を合わせておきます。

すなわち、PE1号(16lb)であれば、リーダーは4号(16lb)を基本のリーダーにします。
PE2号(32lb)であれば、リーダーは8号(32lb)にします。

それを基本線にして、ターゲットの魚種やサイズ、海底の根や岩礁の状態などを考慮し、号数を調整します。
ショアジギングで使うリーダーの太さは、12lb〜30lbくらいになります。

ライトターゲットの場合

30cmくらいまでのサバやワカシ、メッキなどをターゲットにする場合は、メインラインPE0.6〜0.8号程度に12〜16lb程度のリーダーを結束します。

しかし、サイズは小さくてもサゴシのように歯が鋭いものを狙う場合は、リーダーの号数をひとつ、もしくはふたつあげることをおすすめします。

中型狙いの場合

60cm程度のイナダやカンパチ、カツオやシイラなどを狙う場合は、メインラインにPE1〜1.5号を使います。
リーダーは、16〜24lb程度を結束します。

大物狙いの場合

大物狙いの場合でも、ショアジギングの場合はメインラインはPE2号くらいが最大でしょうか。
リーダーは、8号(32lb)くらいがショアジギングの最大サイズだと思います。

選ぶポイント3:ショックリーダーの長さ

ショックリーダーの長さは、基本は1〜1.5m程度ですが、海底の状態や足場と水面の距離、対象魚のサイズなどによって変わってきます。
PEメインラインの根ズレを防ぐことが第一義ですので、PEラインが根に触れないようにできる長さが必要です。

堤防やサーフからの場合

堤防やサーフのように、比較的地形が単調な場所の場合は、リーダー長は短くても良いでしょう。
ロッドの長さにもよりますが、メインラインとリーダーの結節部がトップガイドよりも先にあるような長さに調整すれば、キャスト時に結節部がガイドに触れることがないため、飛距離のロスを防ぐ事ができます。

ただし、ショアであっても、沈み根など、見えない障害物が多い場所ではリーダーは長めに取ったほうが良いこともあります。

テトラや岩場の場合

足場から水面までの距離が遠く、また、水中に岩礁や根が多く存在するテトラや磯などでのショアジギの場合は、リーダーは長めに取ります。
といっても、リーダーが長すぎるとキャストに影響が出ますので、2mを超えないようにします。

スポンサーリンク

おすすめのショアジギングリーダー5選!

ジギング

出典:写真AC

では、実際にショアジギングにおすすめのショックリーダー5つを厳選して紹介します。

【メジャークラフト】弾丸フロロショックリーダー

国産のフロロカーボンリーダーです。
初心者でもラインシステムを組みやすいよう、リーダー表面にコーティング処理が施されています。

【ラパラ】ラピノヴァ RFL20M

水中に入ったあと、光の屈折によりリーダー自体が見えなくなる高ステルス性が特徴のフロロカーボンリーダーです。

【タカミヤ】REALMETHOD

水切れ性がよく、耐摩耗性も高い、硬めのセッティングのフロロカーボンショックリーダーです。
コストパフォーマンスが非常に高く、おすすめです。

【モーリス】VARIVAS

これまでのナイロンリーダーと比較して役割20倍もの耐摩擦性を発揮するVEPナイロンを使用したショックリーダーです。
しなやかで扱いやすいナイロンリーダーユーザーが増えています。

【ヤマトヨテグス】ナイロン ショックリーダー

水中で色が溶け込むナチュラルスモークカラーののナイロンリーダーです。
低伸度ナイロンで吸水も少なく、コストパフォーマンスも抜群です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめショアジギングリーダー2選

ジギング

出典:写真AC

続いて、2020年に発売された新作のショアジギングリーダーを2つご紹介します。

【よつあみ】エックスブレイドキャストマン アブソーバー

X4シリーズ・X8シリーズでポピュラーな「よつあみ」から2020年にリリースされたのは、ソルトウォーターゲーム専用のフロロカーボン製ショックリーダーです。

フロロカーボン製なので摩擦に強い上、しなやかで癖が付きにくくノットの結束部分でラインブレイクしにくい伸びもあります。

号数は幅広く取り揃えてありますが、ショアジギングであればメインラインに合わせて12〜18号から選ぶと丁度良いでしょう。

【クレハ】シーガーフロロショックリーダー

ショアジギングはもちろん、シーバスやエギングといった様々なソルトウォーターゲームで活躍するマルチなショックリーダーです。

現場へ持ち運びしやすい薄型連結スプールで、スプールバンドが付属しているため引き出しやすいという特徴があります。

クリアというシチュエーションを選ばないカラーと、フロロカーボンにも関わらず結束しやすいしなやかさが、汎用性の高さに一役買っています。

スポンサーリンク

ショアジギングリーダーとラインの結び方

ジギング

出典:写真AC

リーダーとラインの結束は、何度も何度も練習し、完璧に習得しましょう。
いくつも覚える必要はありません。

自分が完璧にマスターした結び方が2つもあれば十分です。
ショアジギング初心者であれば、比較的覚えやすいノットである、FGノットをまずはマスターしましょう。

PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)
スポンサーリンク

ショアジギングリーダーとジグの結び方

ジギング

出典:写真AC

ショックリーダーとジグの結び方は、ルアーアイに直結する方法と、スナップを介して接続する方法がありますが、ショアジギングは基本、ルアーをポンポン変えながらランガンする釣りですので、スナップを介して、手返しよくルアーチェンジ出来るようにしましょう。

スナップとリーダーの結束には、簡単で強度が最も高い「イモムシノット」をおすすめします。

入門者必見!青物ルアー向け 簡単ノット解説
スポンサーリンク

リーダー以外にショアジギングに必要なタックル

ジギング

出典:写真AC

最後に、リーダー以外に必要なタックルとして、ショアジギングに便利なフィッシュトレーラーを紹介します。

【タカミヤ】REALMETHOD エキスパートフィッシュグリップ

5,000円以下の価格帯のフィッシュトレーラーとしては抜群の使い勝手と剛性をもつ、コストパフォーマンスの良い製品です。

スポンサーリンク

ショアジギングで使うショックリーダーのまとめ

ジギング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ショアジギングにおすすめのショックリーダー7選!選び方・結び方」というテーマに沿って、「そもそもショアジギングとは?」「ショアジギングで使うリーダーとは?」「ショアジギングに使うショックリーダーの選び方」「おすすめのショアジギングリーダー5選!」「【2020年新作】おすすめショアジギングリーダー2選」「ショアジギングリーダーとラインの結び方」「ショアジギングリーダーとジグの結び方」「リーダー以外にショアジギングに必要なタックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…