【2022年】安いランディングネットおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

安いランディングネットの購入をお考えの方はこちらをご覧ください。今回、釣りラボでは、安いランディングネットの特徴、おすすめの安いランディングネット、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の安いランディングネットをご紹介します。

ランディングネット・タモ・ギャフ
スポンサーリンク

安いランディングネットの選び方

ODDSPRO フライフィッシングランディングネット バスマスネット キャッチアンドリリース ラバーコーティングネット - 折りたたみ式フィッシングネット 淡水

ランディングネットは、バス釣りやトラウト、青物、シーバスといったさまざまな釣りで必須のアイテムです。

ランディングネットを使用することで、足場が高いポイントからランディングすることができるほか、魚を傷つけるリスクを軽減させます。

今回はランディングネットの選び方や、安くて使いやすいオススメの商品をご紹介していきます。
まずは選び方のポイントを見ていきましょう。

選ぶポイント1:フレームの形状で選ぶ

ランディングネットには大きく分けて2タイプの形状をしたものがあります。
それぞれの特徴を把握して、自分のスタイルに合ったものを選択しましょう。

オーバル型

オーバル型は楕円形の形状をしたランディングネットです。
フレームの先端が広くなっており、大型の魚を取り込みやすい特徴があります。

ルアーフィッシングで多くのアングラーに多用されているタイプです。

丸型

丸型はその名の通り、フレームが円形の形状をしています。
釣りのジャンル問わずオールマイティに使用され、受け口が広いため魚を入れやすい特徴があります。

選ぶポイント2:ネットの素材

ランディングネットの素材には「ナイロン製」「ラバー製」「撚り糸製」の3種類あります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

ナイロン製

ナイロン製は魚を取り込みやすく、水切れが良いので携帯性に優れた特徴があります。
また、3タイプの中で最も値段が安いです。

一つ欠点を挙げるとしたら、ナイロンは硬い素材なので魚を傷つけやすいです。
しかし中にはネットにコーティングをして魚のダメージを軽減させるものもあるので、意識して選んでみてください。

ラバー製

ラバー製は、柔らかい素材なので魚のダメージを軽減させます。
また、ネットにフックが掛かりにくいので、ストレスなく魚をランディングすることができます。

しかし、網目が太いので水切れが悪く、携帯性にはあまり優れていません。

撚り糸製

撚り糸製は、強度が非常に高い特徴があります。
漁師の網に使用されている素材と一緒なので、耐久性に優れ長く使用することができます。

魚を取り込む際に、魚に食い込みダメージを与える場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

安いランディングネットおすすめ人気6選【コスパ最強】

PLUSINNO フローティングフィッシングネット スチールヘッド サーモン フライ/カヤック ナマズ/バス/マス釣り用 ゴムコーティングランディングネット (11.8インチ/30cm フープサイズ オレンジ(磁気リリース付きフライフィッシングネット))

ここからはおすすめの「安いランディングネット」をご紹介していきます。
人気ランキング上位のものから、扱いやすさを重視して6つの商品を厳選しました。
購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ODDSPRO

【ODDSPRO】フライフィッシングランディングネット

軽量で耐衝撃性に優れた安いランディングネットです。
ネットにはナイロン素材を採用しており、防水ルーバーコーティングを施しているので防水性に優れています。

PLUSINNO

【PLUSINNO】フローティングランディングネット

折りたたみ式の安いランディングネットです。
携帯性に優れているため、釣りのテンポがよくなるほか、フローティング使用なので不意の落下でも紛失を防ぐことができます。

Yvleen

【Yvleen】折りたたみ式 ランディングネット

ハンドル部分にアルミ素材を採用した安いランディングネットです。
ハンドル部分は錆びやすいので、アルミ素材を採用することで腐食やサビを防ぐ効果があります。

また、デザイン性に優れており、安っぽさがないおすすめアイテムです。

MoiShow

【MoiShow】フローティングフィッシングネット

軽量で耐久性に優れた安いランディングネットです。
折りたたみ式で持ち運びが便利なので、ストレスフリーで釣りを楽しむことができます。

視認性が良くデザイン性のあるカラーリングなので、人と被ることがなく、無くした時もすぐ見つけることができます。

WaterLand

【WaterLand】ナナマルスッポリネット

製品名にあるように、70㎝クラスの大型魚でも簡単に取り入れることができる安いランディングネットです。

柄の部分はスライドさせて収納できるので、持ち運びの際はコンパクトにすることができます。

Wakeman

【Wakeman】釣りネット

木製フレームを採用した安いランディングネットです。
木製は手に良く馴染み、扱いやすい特徴があります。

トラウトフィッシングで多くのアングラーに使用されている商品です。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの安いランディングネット2選

Yvleen 折りたたみ式フィッシングネット – 折りたたみ式フィッシュランディングネット 頑丈なアルミ伸縮ポールハンドルと安全な魚キャッチまたはリリースで丈夫なナイロンメッシュ16インチフープサイズ

最後に2021年以降に発売された「安いランディングネット」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ランディングネットFL

オーバル型の形状を採用した安いランディングネットです。
標準でフォールディングジョイントが付いているので、不使用時には折りたたむことができます。

SANLIKE

【SANLIKE】ランディングネット ブルー

アルミ素材を採用しているので非常に軽量な安いランディングネットです。
グリップ部分に滑り止めを搭載しているので、しっかりと掴むことができ確実なランディングを実現します。

また、ワンタッチでネットを折り畳めるところも魅力のひとつです。

スポンサーリンク

安いランディングネットについてまとめ

MoiShow フローティングフィッシングネット - 折りたたみ式フィッシングネット 淡水または海水用

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】安いランディングネットおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 安いランディングネットの選び方
  • 安いランディングネットおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの安いランディングネット2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ランディングネットおすすめ10選!使い方や渓流・シーバス向けの人気商品をご紹介!
釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ランディングネットの選び...
【2022年】シーバス用ランディングネットおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
シーバス釣りの必須アイテム!シーバス用ランディングネット厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、シーバス用ランディングネット...
【2022年】ランディングネットホルダーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
釣り師さん必見!持ち運びにも便利!ランディングネットホルダー厳選集!今回、釣りラボでは、ランディングネットホルダーの特徴...
【2022年】渓流用ランディングネットおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
渓流釣り用のランディングネットを各種揃えました。今回、釣りラボでは、渓流用ランディングネットの特徴、おすすめの渓流用ラン...
ラバー素材のランディングネット(タモ網)の特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介
ランディングネットは釣りの際に必ず持っておきたいアイテムの一つです。そんなランディングネットは素材によって使いやすさが違...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ランディングネット・タモ・ギャフ
釣りラボマガジン