【2022年】マルイカ釣り用リールおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も

マルイカ釣りに挑戦したい方必見!マルイか釣りに適したリールはこちら!今回、釣りラボでは、マルイカ釣り用リールの特徴、おすすめのマルイカ釣り用リール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のマルイカ釣り用リールをご紹介します。

リール ライン・釣り糸

マルイカ釣り用リールの選び方

ダイワ(DAIWA) フネ X 100H 両軸リール

マルイカ釣り用リールの選び方について解説します。

選ぶポイント1:リールのタイプで選ぶ

マルイカ釣り用リールを選ぶ際には、リールのタイプに注目しましょう。
船釣りであるマルイカ釣りのリールのタイプは、両軸リールや電動リールをおすすめします。

両軸リールは、電動リールに比べて軽くコンパクトに作られており、価格の安いものもあるのでマルイカ釣りにはおすすめです。

両軸リールは感度も高く、軽いので疲れも少なく初心者には向いています。
マルイカは、100m超の深場で釣ることもあるのですが、手巻きタイプの両軸リールでも十分対応できます。

電動リールは、モーターの力でラインを巻き上げるので、その持っている力はとても強いものがあります。
ただし、価格もそれなりに高く、重量もあるので、100m以下の浅場でマルイカ釣りをする場合には、手巻きのほうがメリットはあります。

選ぶポイント2:ラインキャパで選ぶ

マルイカ釣り用リールを選ぶ際にはラインキャパは重要なポイントです。
マルイカはイカの中では大型のタイプではないので、太いラインは必要ありません。
PEラインの0.8号を基準として、0.6号から1号の間で選択しましょう

ラインキャパは200mあれば十分で、それ以上のキャパを持つリールは、大きくなり重量も大きくなるのでおすすめできませんが、兼用を考えるのであれば、少し大きめでも良いでしょう。

選ぶポイント3:ギア比で選ぶ

マルイカ釣り用リールを選ぶ際にはギア比について考えてみましょう。
マルイカ釣りは、100m程度の深さから仕掛けを巻き上げる必要があるので、ギア比はハイギアがおすすめです。

ただし、ギア比が高い場合には、パワーが少し弱くなるので、巻き上げる際に重く感じる場合があります。

ノーマルギアはハイギアに比べてパワーがあり、巻きやすいというメリットもあります。
自分の経験や、体力なども考慮しギア比を選択してみてください。

マルイカ釣り用リールおすすめ人気6選【コスパ最強】

PRO MARINE デジタルフォースDX 150p

マルイカ釣り用リールおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

【ダイワ】18フネX 100H

自重も軽く、多くのターゲットに対応できるコンパクトな両軸リールで人気があり、おすすめです。
ハンドルは、滑りにくいうえに力強い巻き取りが可能で、スーパースプールフリー仕様は、仕掛けの落下がスムーズです。

【プロマリン】デジタルフォースDX 150P

プロマリンから発売されているカウンター付きの両軸リールで基本的な性能を満足しておりコスパは最強です。
150Pは、パワーハンドルモデルで巻き上げを楽に行うことができます。

【シマノ】20ゲンプウXT 150

コンパクトボディに高性能な仕様を詰め込んだ両軸リールで、船の小物釣りに幅広く活用することができ人気がありランキングにあがることもあります。
150は、マルイカのほかにカワハギ、カレイなどにも適しています。

【シマノ】18ベイゲーム 150DH

マイクロモジュールギア搭載で滑らかな巻き心地が特徴の両軸リールで、剛性やパワーも十分です。
150DHはダブルハンドル仕様となっており、手返しもよくなっています。

【テイルウォーク】ELAN SV VTN 73R

ライトゲームに特化したベイトリールで、バーチカルフィッシングに力を発揮してくれます。

強化カーボンにより剛性と軽量化を実現しています。
73Rはギア比7.3のハイギア仕様で巻き上げをスピーディに行うことができます。

【ダイワ】20シーボーグ200J-DH

マルイカ釣りに適した軽量ながらパワーのある電動リールで、片手で操作できるレバーにより操作性も抜群です。
新採用のMAGMAXモーターは力強い巻き上げを約束してくれます。

【2021年〜2022年新作】おすすめのマルイカ釣り用リール4選

シマノ(SHIMANO) 船・手巻リール 両軸 20 ゲンプウ XT 150(右) カワハギ マルイカ カレイ

2021年新作、おすすめのマルイカ釣り用リール2選をご紹介します。

【ダイワ】21ティエラIC 100H

2021年新製品の、両軸リールで最新コンセプトのハイパードライブデザインを採用し、初期の機能が長く続くことを約束しています。
カウンターもついており、タナの確認も簡単にすることができます。

【シマノ】21バルケッタBB 150HG

2021年新作の、船用小型両軸リールで、基本的な性能を満足する初心者向けの低価格モデルです。
マルイカ釣りのほかに、鯛ラバ、ライトジギングなども楽しむことができ、手軽に船釣りを行うことができます。

【シマノ】フォースマスター 200

シマノから2021年発売のフォースマスター 200は、今までにない軽量コンパクト設計の利点を生かし、中深場のイカスッテゲームやライトなタチウオゲームなどで使用すると楽しさを味わえます。

シャクリ動作やワインドアクションでも、操作を阻害しないコンパクトボディーですので、一日を通してゲームを続けても疲れは半減します。

【シマノ】バルケッタ Fカスタム 151DH-XG

バルケッタ Fカスタム 151DH-XGは、シマノから2020年に発売された、エクストラハイギア搭載の小型両軸リールになります。

当モデルのXGギアはメタルスッテのアクションに適応し、大きなシャクリを繰り返すイカ釣りでは、シマノ独自素材の軽量カーボンCI4で構成された軽量感が、アングラーの疲れを軽減してくれます。

マルイカ釣り用リールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) 船・手巻リール 両軸 18 ベイゲーム 150DH(右) カワハギ マルイカ タコエギ ヒラメ タチウオ タイラバ ジギング

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】マルイカ釣り用リールおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • マルイカ釣り用リールの選び方
  • マルイカ釣り用リールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのマルイカ釣り用リール4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

リール
釣りラボマガジン