【2022年】トローリングロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師なら一度は挑戦したい憧れのトローリング!今激推しのトローリングロッドはこちら!今回、釣りラボでは、トローリングロッドの特徴、おすすめのトローリングロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトローリングロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 ルアー

トローリングロッドの選び方

Daiwa Wilderness DownリガーTrollingロッド8 ' wddr802mr

トローリングとは船を走らせながらルアーで魚を釣ることを指します。
トローリングではカジキやマグロなどの大物を狙うことができます。

湖で行うトローリングもあり、湖からボートで行うトローリングをレイクトローリングといいます。
レイクトローリングで狙える魚は主にニジマスなどのマス類ですが、琵琶湖でのレイクトローリングではビワマスという珍しいマスが釣れることがあるので、琵琶湖はレイクトローリングの名所として人気です。

また、船からのトローリングを海岸から手軽にできるサーフトローリングという釣り方があります。
サーフトローリングは海岸でルアーを付けた重りを高速で巻いて魚を釣る方法です。

まずは、トローリングをするのにおすすめのロッドの選び方を紹介します。

選ぶポイント1:ロッドの強度

船からのトローリングでは大物の魚を狙うことができるため、強烈な引きに負けないくらいの強度のある素材を使ったロッドを選ぶのがおすすめです。

選ぶポイント2:ロッドの長さ

大物を狙う時のロッドは長いと取り回しが難しくなるため、7~9フィートがちょうどいいと言われています
ロッドが長いとその分体力も必要になるため、自分の体格に合わせてロッドを選ぶようにしましょう。

トローリングロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

天龍(TENRYU) ロッド ラグナ LN1003L

船からのトローリングやサーフトローリングにおすすめのロッドをランキング上位の人気商品を中心に紹介していきたいと思います。

【ダイワ】Daiwa Wilderness DownリガーTrollingロッド8 ‘ wddr802mr

ダイワから2028年に発売されたロッドです。
ファイバーグラスを素材に作られているため、しなやかながら強度の高いロッドになっています。
グリップ部分はEVE素材になっているのでしっかりと握ることができます。

【Tenryu】ラグナ

2010年にTenryuから発売されたロッドです。
船のゆれ、波の影響を受けにくくルアーを流すことができるようになっています
長さもショートロッドとロングロッド両方のサイズがあるので、使いやすい長さを選ぶことができます。

【ゴクスぺ】トローリングロッド Orcafin Tro 80lb ストレートバット

2014年にゴクスぺから発売されたロッドです。
高品質のグラスソリッド素材をベースに作られているため、大物の魚とのパワフルなファイトを楽しむことができます。
デザインもおしゃれなので、見た目もこだわりたい人におすすめです。

【ENLI 】渓流竿 釣竿 炭素釣竿

2017年にENLIから発売されたロッドです。
背面のカバーがリングになっているため、ロッドを保護して水の中のスリップを回避することができます。
伸縮釣り竿になっているため、女性でも持ち歩きやすくなっています

【シマノ】シマノ17 ホリデースピン

2017年にシマノから発売されたロッドです。
こちらはサーフトローリングにおすすめのロッドです。
カーボン素材の反発力を生かして軽量化しており、リーズナブルな価格なのでこれからサーフトローリングを始めようとしている方におすすめです。

【ダイワ】リバティクラブ磯風

2015年にダイワから発売されたロッドです。
こちらもサーフトローリングにおすすめのロッドです。
ステンレスリールシートでリールをしっかりホールドできるので、大型のルアーでもぐらつかないようになっています。

【2022年新作】おすすめのトローリングロッド3選

Gokuspe最高級総糸巻トローリングロッド Orcafin Tro 80lb カーブバット (280011) |カジキ マグロ ツナ トローリング トップウォーター

続いて2021年に発売された商品を中心にトローリングロッドの新製品を紹介します。
2022年になってからトローリングを始めたいというかたにもおすすめです。

【Fiblink】Fiblink トローリングロッド1ピース

Fiblinkから発売された新作のトローリングロッドです。
ファイバーグラス構造になっており、大きなマグロやサメなどの大物の重量にも耐えることができます。
グリップ部分はクッション性に優れており、長時間釣りをしていても疲れにくくなっています。

【シマノ】ロッド 20 オシアプラッガー BG各種

シマノから発売された巨大なマグロ、ヒラマサなどを釣り上げられるよう追求された最新のロッドです。
スパイラルXコアを採用しており、曲げ、ネジレ、ツブレに対する強い強度を発揮できます。
これにより、非常に高い耐久性を実現させています。

【オーシャン】ocean ROST 6’6 ROST66-80

ocean ROST 6’6 ROST66-80は、フィッシンギアショップであるオーシャンから2015年発売のソルト用トロールロッドになります。

中大型魚種のキハダやブリ、ヒラマサなどが適応対象魚となり、チューブラー構造のグラスコンポジットのバットと、グラスソリッドの弾力性の粘りで、大型の引き込みにもじっくり対峙出来る、スローテーパーなトロールロッドです。

トローリングロッドについてまとめ

ENLI 渓流竿 釣竿 炭素釣竿 船竿 ロッド 超軽い 超硬い お好きな長さ選択(3.6m/3.9m/4.5m/4.8m/5.4m/6.3m/7.2m)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】トローリングロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • トローリングロッドの選び方
  • トローリングロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのトローリングロッド3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン