【2022年】上級者向けヒラスズキロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

近年大注目の上級者向けヒラスズキロッド厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、上級者向けヒラスズキロッドの特徴、おすすめの上級者向けヒラスズキロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の上級者向けヒラスズキロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 ルアー

上級者向けヒラスズキロッドの選び方

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド バリスティック・ヒラ 11MH TZ/NANO

ヒラスズキ釣りは、「スズキ」といえど、通常のシーバスとはタックルなども大きく異なるでしょう。

今回はヒラスズキ釣り上級者の方向けに、ヒラスズキ釣り用のロッドを選ぶ際のポイントについてご紹介させていただきます。

選ぶポイント1:ロッドの長さ

一つ目のポイントは、ロッドの長さです。

ヒラスズキ用ロッドの長さは、10ftから15ftまで様々ですが、最近では10ftから11ftの間のものが一般的となっています。

長いロッドは振り切るのが難しいですが、海から距離が取れる分、安全性は増すので、上級者の方はあえて長いロッドを選択されるのも良いと思います。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

二つ目のポイントは、ロッドの硬さです。

ヒラスズキロッドでは、根に潜られないよう魚を寄せる必要があるため、ロッドの硬さはM(ミディアム)からH(ヘビー)までの間になることが多いでしょう。

一般的にはMH(ミディアムヘビー)が多く使われますが、上級者の方は自分の好みで硬さを使い分けられたら良いでしょう。

選ぶポイント3:ロッドの重量

三つ目のポイントは、ロッドの重量です。

重量は軽いほど釣り人の疲労軽減につながるので、上級者の方は特にロッドの重量は軽いほど良いでしょう。

上級者向けヒラスズキロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

ジャンプライズ(Jumprize) オールウェイク105パワーフィネス

それでは、上級者の方におすすめできる人気のヒラスズキロッドを6つ紹介させていただきます。

【ヤマガブランクス】バリスティック・ヒラ 11MH TZ/NANO

数あるヒラスズキロッドの中でも、上級者の方に一番おすすめのロッドです。

強風の中でもキャストした時の振り抜けがとても良い。
感度が良く、ルアーの操作がしやすい。

このような実際のアングラーの声が人気の裏付けです!

【ジャンプライズ】オールウェイク105パワーフィネス

「小型ルアーの操作性の追求」をキーワードに2020年に発売されました。

中弾性カーボンによる、しなやかさ・粘り強さが特徴的なロッドです。

上級者の方こそ遭遇することの多いシビアなコンディションにおすすめのロッドとなります!

【ジークラフト】セブンセンスMOSS MS-1102-SR

ジークラフトの人気ロッド「セブンセンスSR」の対ヒラスズキモデルです。

セブンセンスSRは、見た目の装飾はほどほどに、基本性能のブランクスはセブンセンスTRよりも扱いやすく作られたロッドになりました。

見た目よりもロッドの感度や扱いやすさにお金をかけたい上級者の方にはぜひおすすめです!

【シマノ】エクスセンス ジェノス S108MH+/R

2021年発売の新モデルです。

シーバスロッドの人気ランキングでも上位に入るエクスセンスシリーズの、ヒラスズキに対応したモデルになっています。

2021年発売のフラッグシップモデルであるため、最新の技術もたくさん盛り込まれているロッドです。

竿の重量も非常に軽く、上級者の方でも納得できる仕上がりになりました。

【ダイワ】モアザンWISEMEN AGS 130M-4

信頼のブランド「ダイワ」のヒラスズキ専門シリーズであるモアザンWISEMENです。

近年のヒラスズキロッドとしては珍しい13ft、15ftの長さをラインナップしているのが特徴になります。

ロッドが長くなると、その分取り扱いが難しくなりますが、飛距離や立ち回りのメリットも大きく、長いロッドも難なく扱える上級者ならではの選択肢でしょう。

【天龍】スワット SW1163S-M (平磯ヒラスズキ対応モデル)

2012年から2019年まで発売されていたロングセラーモデルが、2020年にリニューアルし発売しました。

「進化した個性」をキーワードに、前作からは特徴的なトルクを重視したアクションはそのままに、様々なルアーを使える汎用性を高めたロッドとなっております。

自身の釣りスタイルが確立される、上級者にはうってつけのヒラスズキロッドですね!

記事に紹介しているのは平磯のヒラスズキ対応モデルとなりますが、より高く荒い足場からヒラスズキを狙うための「荒磯ヒラスズキ対応モデル」も用意されているのが特徴です。

【2022年新作】おすすめの上級者向けヒラスズキロッド2選

Gcraft(ジークラフト) MOSS <SR> MS-1102-SR

続いて、2021年以降に発売された最新のヒラスズキロッドについてご紹介させて頂きます。

【シマノ】22ルナミスS110MH

2020年にリリースされたルナミスに、ヒラスズキだけでなく青物にも対応可能な新作が登場しました!

2022年に登場したモデルですので、シマノの最新の技術が使われています。

フラッグシップモデルではないですが、上級者の方でもメインロッドとして使える性能を持ち合わせたロッドです。

【メガバス】cookai CKー108MHS

バスフィッシングで有名なメガバスが、ソルトウォーターゲーム用に新発売したロッドです。

こちらのモデルはモンスターシーバスや青物を意識して作られており、ヒラスズキロッドとしても十分使用できるでしょう。

「ルアーと対話できる」という考えをもとに、水中の情報が感覚神経のように伝わるようなロッドになっているようです。

水中の情報を捉え、釣果につなげるためのロッドで、上級者のためのヒラスズキロッドと言っても過言ではないでしょう。

上級者向けヒラスズキロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ロッド エクスセンス ジェノス S108MH+/R

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】上級者向けヒラスズキロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 上級者向けヒラスズキロッドの選び方
  • 上級者向けヒラスズキロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの上級者向けヒラスズキロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

上級者向けヒラスズキロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン