【2022年】スピナーベイトロッドおすすめ13選!専用ロッドの特徴や選び方も解説!

スピナーベイトに専用ロッドを使用することで、投げやすかったり巻き感度よかったりメリットがあります。今回、釣りラボでは、スピナーベイトロッドの特徴や失敗しない選び方を解説。おすすめロッドも紹介するので参考にしてください。

ロッド・釣り竿 ベイト

スピナーベイトロッドとは?

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 662MFB 釣り竿

スピナーベイトはヘッドの部分が魚の顔の形をしており、ヘッドにはラバースカートとフック、そしてヘッド部分から伸びたワイヤーにブレードのついた、変わった形のルアーです。

バスをサーチする能力が高く、使用方法も多岐にわたるスピナーベイトですが、専用のロッドというものは多くは無く、スピナーベイトの特性にあったロッドを使用することになります。

スピナーベイトの特徴を活かすことができるロッドのことをスピナーベイトロッドと呼びます。

スピナーベイトロッドの3つの特徴・メリット

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ホーネットスティンガープラス HSPC-6111M MGS バス釣り 釣り竿 ベイトロッド 1ピース

スピナーベイトロッドの3つの特徴とメリットについて解説します。

投げやすい

スピナーベイトロッドの特徴のひとつめは投げやすいということです。
スピナーベイトは、近い距離から遠い距離、深い場所や浅い場所、そして巻きスピードのバリエーションも多いルアーです。

パイロットルアーとしても使用されるスピナーベイトの特徴を十分に活かすために、一つのポイントから幅広い場所をサーチできるスピナーベイトロッドは投げやすいという特徴があります。

巻き感度がいい

スピナーベイトロッドの特徴のふたつめは、巻き感度が良いということです。
スピナーベイトはバス釣り等に多く用いられ、アクションとしては、巻くことでバスなどの魚を誘うルアーで、巻いた際にブレードが回転し振動します。

ブレードの回転による振動が、手元に伝わるとスピナーベイトの動きを感じることができます
スピナーベイトロッドは巻き感度が良いのが特徴となります。

フッキング成功率が高い

スピナーベイトロッドの特徴の三つめは、フッキング成功率が高いということです。
スピナーベイトは、大きなフックがヘッド部分にあります。

バスのあごはとても硬いので、大きめのフックでバスをフッキングするために、スピナーベイトロッドはフッキング成功率が高くなっていることが大きな特徴となっています。

スピナーベイトロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 2ピース 170M-G グラスコンポジットロッド ハードベイト 多様なルアーに対応

スピナーベイトロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:長さ

スピナーベイトロッドを選ぶポイントの1つ目は、長さで選ぶというものです。

スピナーベイトロッドの長さは概ね6ft後半から7ft後半となりますが、長さによってルアーフィッシングをするフィールドやキャスティングのやり方が変わってきます。

7ft台のロッドは遠投が得意なので、狙うポイントが岸から遠いところに多いフィールドに向いています。

6ft台の前半は近距離で、アキュラシーを重視したい場合に向いてします。
フィールドが小さな池などの場合にはおすすめで、アクションもしやすいのが6ft台前半のロッドの特徴です。

最も汎用性が高いのが6ft台の後半から7ft台前半のロッドです、ある程度の遠投もでき、キャストの正確性も期待できます。
ボートを使う場合には6ft台を選んでおくとよいでしょう。

選ぶポイント2:硬さ

スピナーベイトロッドを選ぶポイントの2つ目は、硬さで選ぶというものです。
バイトした際のフッキングを考えるとロッドの硬さはしっかりフッキングできるMからMH程度を選んでおくと良いでしょう。

柔らかいロッドの場合には、硬いアゴのバスがバイトした際にフッキングできない可能性も出てきます。

選ぶポイント3:テーパー

スピナーベイトロッドを選ぶポイントの3つ目は、ロッドのテーパーで選ぶというものです。
スピナーベイトはリトリーブを主体とするルアーなので、レギュラーテーパーがおすすめです。

リトリーブに加えアクションも行いたいという人はレギュラーファーストあるいはファーストを選んでおくとよいでしょう。

スピナーベイトロッドおすすめ7選

ノリーズ ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル アウェイディスタンスミッド HB760M.

スピナーベイトロッドおすすめ7選をご紹介します。

【初心者向け】スピナーベイトロッドおすすめ2選

初心者向けスピナーベイトロッドおすすめ2選をご紹介します。

【ダイワ】リベリオン662MFB

軽快な操作感と、振りぬき感を持つロッドで、遠投のほかに近距離のキャスティングでも正確にポイントにキャストできるスピナーベイトロッドです。

662MFBは軽量ルアーにも対応したバーサタイルロッドで、スピナーベイトの他にテキサスリグなども使用可能です。

【アブガルシア】ホーネットスティンガープラス6111M

入門者からベテランまで幅広く人気のあるスピナーベイトロッドで、軽く、強く、折れにくいのが特徴なコスパの良いロッドです。

6111Mはおかっぱりからの遠投も可能なバーサタイルロッドで、スピナーベイトの他に多様なルアーに対応しているロッドです。

【飛距離重視】スピナーベイトロッドおすすめ2選

飛距離重視のスピナーベイトロッド2選をご紹介します。

【シマノ】バンタム170M-G

バスフィッシングの楽しさを感じることができるロッドをコンセプトとしたバンタムは、総合力にたけたバスロッドです。

170M-Gはグラスコンポジットを材質とし、スピナーベイトの他にトップウォーター等のルアーにも対応しています。

遠投で、広い範囲をサーチできるほか、短距離や中距離のキャスティングゲームでも活躍します。

【ノリーズ】ロードランナーヴォイスHB760M

遠投性能と正確性を高めたノリーズのスピナーベイトロッドで、適度な弾性率で反発スピードを生み出すロッドです。

HB760Mはフルスイングすることなく安定してロングキャストが可能な、しなやかで張りのあるバットをもっています。

【性能重視】スピナーベイトロッドおすすめ2選

性能重視のスピナーベイトロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】スティーズC74MH+

大きな湖などで遠投が特異なスティーズのC74MH+は、重いルアーを得意とするバーサタイルロッドで、大型バスがバイトした際にも余裕で対峙できるスピナーベイトロッドです。

ウィードやグラスがある場合でもティップが負けることなくかわすことができるので、繊細な操作を行うことができます。

【シマノ】ポイズングロリアス1610M

スパイラルXを採用し、曲げ、ネジレ、つぶれ等に対して高強度化を図ったスピナーベイトロッドです。

1610Mは種々のルアーに対応するバーサタイルモデルで、スピナーベイトの他テキサスリグなどにも対応しています。

【2021年〜2022年新作】おすすめのスピナーベイトロッド4選

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ C74MH+ ベイトキャスティングモデル

2021年新作のおすすめスピナーベイトロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】ブレイゾンC66M-2

2021年に発売されたダイワのスピナーベイトロッドで、カーボングリップを採用し感度とキャスティング時の感覚を向上させています。

C66M-2はスピナーベイトの他にクランクベイトなどの巻物ルアー、テキサスリグなどにも対応したバーサタイルモデルで、6.5ftのレングスもあって取り扱い易いロッドに仕上がっています。

【シマノ】ゾディアス172MH-2

中空構造のカーボンモノコックグリップを採用し、高い感度と軽量化を実現したスピナーベイトロッドです。

スピナーベイトの他にキャロライナリグなどとの相性も抜群で遠投性能も高いので、おかっぱりから遠くのポイントを攻めるのに適したロッドです。

【ジャッカル】21 BPM B1-C73XHSB

2021年度、ジャッカルから発売の大型ビックベイト・スピナーベイト対応モデルです。
ビックベイト対応=硬質ブランクスが採用されており、大型の重量級スピナーベイトにも持ってこいのロッドです。

特に、硬質であるため、葦際やワンドの奥地へのピッチングやフリッピングは、精度よく打ち込めます。
硬質にも関わらず、繊細なトップは微少なバイトも逃さずキャッチ出来、現在ブームの大型ロックフィッシュのスピナベゲームにもしっかり対応可能なロッド設計となっております。

【メガバス】VALKYRIE VKC-71MH

メガバスから2018年発売のベイトキャスティングバスロッドです。
VALKYRIE VKC-71MHは、ディープクランクや大型スピナーベイトの引き抵抗を受けても、しっかりアクションを加えることが出来る、ハードブランクスを纏ったバスロッドになります。

ロッド剛性だけでなく、MAHSの可変式グリップは優れもので、ポイントに応じたキャストの飛距離を調整出来る唯一のモデルです。

【エバーグリーン】IRSC-70MHR-SXF

エバーグリーンから2021年発売のバスロッドになります。
カレイド インスピラーレ IRSC-70MHR-SXF ディアウルフワイルド7RSは、長い機種モデル名ですが、数多ラインナップされているエバーグリーンブランド細密化の中の厳選なる一本です。

張りの有るブランクスの中に隠れたしなやかさを持ち、ワイヤーベイトや巻き物での操作性は、他のロッドが追従出来ないハイスペックのバスロッドです。 

【シマノ】スコーピオン XV 1651F-2

シマノから2021年発売のルアーロッドになります。
スコーピオン XV 1651F-2は、バスフィッシングを始めとする各種のルアーフィッシングに対応出来るベイトロッドになります。

ブランクスはCI4+で構成し、リーリングを主体とする巻物系に特化した設計は、微細なバイトもキャッチする感度の優れたロッドです。

【アブガルシア】Versart VERC-68MH

Versart(ベルサート)VERC-68MHは、2021年にアブガルシアから発売になったバスフィシングロッドになります。

レギュラーファーストテーパーからなるブランクス設計は、スピナーベイトやバズベイトのいわゆるワイヤーベイトの巻き抵抗にベストなテーパーになり、TAF製法で仕上げられた耐久性は、長期に渡ってそのスペックを維持します。

スピナーベイトロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズングロリアス 2021 1610M 95g バス

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】スピナーベイトロッドおすすめ13選!専用ロッドの特徴や選び方も解説!」というテーマに沿って、

  • スピナーベイトロッドとは?
  • スピナーベイトロッドの3つの特徴・メリット
  • スピナーベイトロッドの選び方
  • スピナーベイトロッドおすすめ7選
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのスピナーベイトロッド4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スピナーベイトロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめのスピナーベイト10選!使い方・アクション・結び方もご紹介
スピナーベイトは、バスフィッシングの定番ルアーとして人気です。今回、釣りラボでは、そんなスピナーベイトについて、選び方や...
【2022年】スピナーベイトのケースおすすめ9選!選び方や自作方法もご紹介
スピナーベイトはバス釣りの必須アイテム。ただ、形が独特で保管がしづらいのが玉にキズです。今回、釣りラボでは、スピナーベイ...
【2022年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣...
【2022年】ベイトロッドおすすめ18選!バス・トラウト・ソルト別にコスパ最強の人気製品をご紹介
ベイトロッドは、とてもパワーがあるロッドで、バス釣りやシーバス釣りなどで大活躍します。今回、釣りラボでは、ベイトロッドの...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン