魚へんに「包」でなんと読む?「鮑」の正しい読み方・由来をご紹介!【魚へんの漢字辞典】

【魚へんの読み方が難しい漢字をご紹介】釣りラボでは、今回、魚へんに「包」と書く「鮑(アワビ)」という魚について、その正しい読み方・意味・漢字の画数・学名・英語名・名前の由来などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚へんの漢字
スポンサーリンク

魚へんに「包」の正しい読み方・語源

アワビ

出典:写真AC

魚へんに「包」と書いて、アワビ(鮑)と読みます。

漢字名

訓読み

あわび

音読み

16

部首(へん)

部首以外

画数

ホウ画

英語名

abalone

学名

Haliotis

Unicode

U+9B91

アワビは、原始腹足目・ミミガイ科の巻貝で、日本では主に高級食材として食されます。
東アジアだと、日本や朝鮮半島、中国などの岩礁に生息しています。

このアワビを表す漢字には「鮑」の他に、「鰒」「蚫」という漢字があります。

「鰒」は、「ふぐ」とも読み、こちらの読み方が一般的です。
また、こちらの漢字を崩して、魚へんに夏と書いて「魚夏(ワカシ)」と読むこともあります。

「蚫」という漢字を見て、魚へんではなく虫へんが魚介類の名前につけられるのに、やや違和感を覚えた方も多いかもしれません。
ですが、実は「虫」とは本来、「鳥・獣・魚以外の動物」という意味であり、そこから貝類には「虫」という漢字がつけられることが多いです。

例えば、「蚫」の他に、「蛤(はまぐり)」「蜆(しじみ)」「牡蠣(かき)」などに虫へんがつけられています。

スポンサーリンク

なぜ「包」という漢字が使われているの?

アワビ

出典:写真AC

なぜ、鮑(アワビ)という魚へんの漢字には「包」が使われているのでしょうか?
その由来について、いくつかの説をご紹介します。

殻に覆われている姿が身を包んでいるようだったから

アワビは、直径3〜20cmの楕円形をした皿状の殻を持ちます。
その身を殻に覆われて包まれている様子から、「包」という漢字が使われるようになったという説があります。

塩漬けにされる魚だったから

中国では、「塩漬けの魚」という意味で、「鮑」という漢字が使われていました。
そこから日本に漢字が伝搬していく中で、塩漬けにされて調理されることの多かったアワビに「鮑」という漢字が当てられるようになったという説があります。

なお、現在では中国でも「鮑」という漢字を使った場合、日本と同じく「アワビ」を意味します。

スポンサーリンク

魚へんに「包」でなんと読むのかまとめ

アワビ

出典:写真AC

いかがでしたか?

今回釣りラボでは、「魚へんに包でなんと読む?」というテーマに沿って、鮑(アワビ)という魚の正しい読み方やその名前の由来をご紹介しました。

他にも、難しい漢字の魚はいっぱいいます。
ぜひこの機会に、魚(へん)の漢字をまとめて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

魚へんの漢字一覧はこちら

スポンサーリンク

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

魚へんの漢字一覧
釣りラボマガジン