【シーバス攻略!】バチ抜けの基礎知識|時期・時間・ポイント・タイミング

シーバスの攻略法として、バチ抜けに時期・ポイントを押さえておくことは非常に重要です。今回、釣りラボでは、バチ抜けに関する基礎知識やバチ抜け時の釣り方テクニック、おすすめタックルなどをご紹介します。

シーバス
スポンサーリンク

バチ抜けとは?

バチ抜け

出典:写真AC

バチ抜けについて、ご説明していきます。

バチとは、釣り餌として知られているゴカイやイソメの仲間を指す総称です。
見た目のインパクトから敬遠される方もいますが、海釣りでの餌釣りでは無くては成らない存在です。

普段は海底に生息しているゴカイやイソメなどの多毛類生物ですが、生殖群泳と呼ばれる繁殖活動の際に水面近くまで上昇し動き回ります。

生殖群泳で集まったゴカイやイソメを目当てに、シーバスやクロダイ(別名チヌ)、クロソイなどの魚が捕食にくるポイントがあります。

そのポイントを狙う釣り方のことを、まとめてバチ抜けと呼びます。

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

シーバスを釣るのに最適なパターン!

バチ抜けが始まる3月頃は、海中の生き物の活性が高まる時期です。

シーバスはこの頃、産卵期が終わり体力を消耗した状態なので捕食量が増します。
苦労せずに栄養を摂取できる餌が大量に現れる、シーバスにとって願ってもない機会です。
普段の食いつきと比べても段違いに食いつきます。
従って3月〜6月頃は、シーバスを釣るのに最適なバチ抜けのパターンです。

より効率よく釣果を高めるために必要なバチ抜けの情報を、下記でご説明します。

バチ抜けの時期

バチ抜けの時期についてご説明します。

12月中旬から徐々にバチ達が水面近くで動き回るようになり、水温が高くなり始める3月以降が、本格的なバチ抜け時期になります。

6月頃にはバチの数が少なくなってきますが、一部の地域では7月中でもバチ抜けが発生することがあります。
地域により様々で12月より遅く始まり6月より早く時期が終わってしまう地域もあるので、釣行前に把握しておきましょう。

バチ抜けの時間帯・タイミング

上記でご説明したバチ抜けの時期によって、時間帯とタイミングも異なるので時期に合わせてご説明します。

12月〜3月頃バチ抜け前半の時期は、日没前後1時間の日が落ちて薄暗くなる満潮時〜深夜帯の干潮時がおすすめです。

4月〜6月頃のバチ抜け後半の時期は、日没前後1時間の日が落ちて薄暗くなる満潮時〜深夜明けの満潮時がおすすめです。

前半後半を比べると、バチ抜け後半の時期が時合も長いのでより釣果が上がります。

注意していただきたいことがあります。

夜間の方が釣れると言うわけではなく、昼間でも大潮の時期などでは釣果が上がることもあり、潮汐の時期、気候条件、気温や湿度などあらゆる条件下に合わせたタイミングがあること。

地域によりバチ抜けの時間帯・タイミングの変化がありますので釣り場へ向かう前に、潮見表などで調べておくと良いです。

バチ抜けのエリア・ポイント

バチ抜けのエリア・ポイントをご紹介します。

エリアは太平洋側に多いですが、日本海側でも確実にバチ抜けは存在しています。

以下で記載していないエリアでは、釣行先の釣具店などでバチ抜けのエリアについて尋ねてみるのが良いです。

  • 北海道:函館、室蘭
  • 宮城県:仙台、石巻、追波川
  • 茨城県:涸沼川、鹿島灘
  • 千葉県:木更津、浦安、平塚
  • 東京都:多摩川、隅田川、東京港湾全域
  • 神奈川県:横須賀、本牧、川崎、鶴見川、
  • 静岡県:浜名湖、沼津、焼津
  • 愛知県:知多半島、碧南、武豊港
  • 三重県:鈴鹿、四日市、鳥羽
  • 大阪府:泉南、泉州、汐見埠頭
  • 兵庫県:神戸、姫路、明石、西宮、武庫川
  • 和歌山県:和歌山市、紀の川市
  • 岡山県:倉敷、玉島、旭川
  • 徳島県:鳴門、新町川
  • 福岡県:豊洲、箱崎埠頭、糸島
  • 熊本県:天草、小島港

YouTubeやブログなどでも情報が掲載されているので、チェックしておくと役立ちます。

バチ抜けのポイントは、海岸地形の変化が多い場所やバチが目視で確認できる場所がおすすめです。
河川では、下流域が狙い目で特に汽水域周辺はおすすめです。

バチ抜けを狙うにはアプローチをするタナも重要です。

狙うタナは表層から、深層の全てのタナを狙うつもりで挑みましょう。
表層はバチが見えているので狙う方も多いですが、目視できない中層から深層のタナにもバチが生息しています。

それもそのはず、元々深層域で生息している生き物なので、生殖群泳の際でも深層から移動するものばかりじゃないのです。
上記のことを踏まえて、深層域に生息するシーバスを狙って見るのも良いです。

スポンサーリンク

バチ抜け時の釣り方テクニック

バチ抜け

出典:写真AC

バチが多く、時間帯・タイミング全てが良くても、釣り方を知らなければ釣果は上がりません。
そこで、バチ抜け時の釣り方のテクニックをご紹介します。

大切なことは、バチとシーバスの場所に合わせて移動することです。
バチは水の流れに左右されやすく、そのためバチに合わせてシーバスも移動してしまいます。

同じ釣り場でバチが少なくなり釣果が落ちてきたら、タナを変えてみましょう。
それでも釣果が伸びない場合は、気持ちを入れ替え次の釣り場を探します。
フットワークの軽さが、バチ抜け時の釣りに役立ちます。

スポンサーリンク

バチ抜けのシーバス攻略におすすめのタックル

バチ抜け

出典:写真AC

こちらでは、バチ抜け時のシーバス攻略におすすめのタックルをご紹介します。

ロッド・釣竿

【シマノ】スピニングロッド ルアーマチック S90ML

軽量で手に馴染みやすく、ルアーを投げる際にもコントロールしやすい仕様です。
シーバスは勿論のこと、アジングロッド、エギングロッドとしても使用が出来る万能ロッドです。

リール

【ダイワ】スピニングリール レガリス LT3000-CXH

巻き心地も良く、ドラグ性能も高く、海釣りでの塩害に対しても防錆性に優れています。
使い勝手が良い高機能シーバスリールです。

ルアー・ワーム

【ColorGo】ワーム ジグヘッド シンキングルアー

細身なボディで、メタルジグとは違い柔らかく水中のアクションも綺麗で正確です。
遠投性能も高く潮風の強い日のシーバス攻略に、役立つこと間違いなしのジグヘッドです。

スポンサーリンク

バチ抜けの基礎知識まとめ

バチ抜け

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【シーバス攻略!】バチ抜けの基礎知識|時期・時間・ポイント・タイミング」というテーマに沿って、「バチ抜けとは?」「バチ抜け時の釣り方テクニック」「バチ抜けのシーバス攻略におすすめのタックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について…
川釣りの道具や仕掛けをご紹介|場所の選び方・竿の使い方【初心者必見】
川釣りでは、実に様々な種類の魚を釣ることができます。今回、釣りラボでは、川釣りで釣れる魚の釣り方や、釣りのために必要な道…
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
夜釣りの始め方|道具・仕掛け・ライト・ランタン・ルアー【初心者必見】
普段は明るい時間帯に釣りを楽しむ人も多いですが、実は夜釣りには多くの魅力があることをご存知ですか?今回、釣りラボでは、そ…