ザリガニ釣りの基本を徹底解説!おすすめのスポットや道具・餌もご紹介!

ザリガニ釣りは、家にある手軽な道具で始められることから、子供・大人に問わず楽しまれています。今回、釣りラボでは、そんなザリガニ釣りについて、ザリガニ釣りの釣り方やおすすめの餌、関東の釣り場スポットについて解説していきます。

スポンサーリンク

ザリガニ釣りの基本

ザリガニ

出典:写真AC

ザリガニ釣りと言えば、子供の頃に学校の友達と近所の池や田んぼでやったことがあるという方も多い懐かしい遊びです。
今ではザリガニ釣りのメダルゲームやアプリゲームなどもあるそうですが、やはり自然の中で本物のザリガニ釣りに挑戦してみたいところです。
特別な道具はいらず簡単に挑戦できますので、是非楽しい思い出を作ってみましょう。

ザリガニの種類・特徴

日本に生息している三種類のザリガニの特徴を、簡単に紹介します。

ニホンザリガニ

ニホンザリガニは、国の天然記念物に指定されている日本固有の在来種です。
綺麗な淡水の環境を好み、現在は北海道から東北の北部にかけてのみ生息しています。
5〜10センチ程度の小型で、体と足が太めです。

ウチダザリガニ

ウチダザリガニは、本来は食用としてアメリカから日本に入ってきた外来種で、特定外来生物に指定されています。
高級食材とされていますが、日本の食生活には合わなかったため日本ではほとんど食べられることはありません。
15センチ程度の大型で、北海道のほか滋賀県や福井県に生息しています。

アメリカザリガニ

アメリカザリガニは、一般的なザリガニのイメージそのものと思って間違いないでしょう。
元々は食用ウシガエルの餌としてアメリカから日本に入ってきており、ウチダザリガニ同様に現在は特定外来生物に指定されています。
繁殖力が強く雑食性で、北海道から沖縄まで全国各地の公園の池や田んぼ、用水路などの水の流れが穏やかな泥地に生息しています。

アメリカザリガニの体長は基本的には10センチ程度ですが、大きいものでは20センチ程に成長することもあります。
赤い殻で、ハサミや額にトゲを持っているのが特徴です。

ザリガニを食べることはできる?

ニホンザリガニは天然記念物に指定されているので、もし釣れた場合はリリースするようにしてください。
ウチダザリガニやアメリカザリガニについても、食べることはあまりおすすめしません。
寄生虫がいる可能性や、可食部が少なく調理に手間がかかることや泥抜きをする必要があるからです。

ザリガニ釣りができる時期・時間帯

ザリガニ釣りは基本的には時期や時間帯を選びませんが、比較的釣りやすいシーズンは存在しています。
4月から11月頃の暖かい季節は、ザリガニが浅い場所におりエサに食いつきやすいため、釣りをする時期としておすすめです。
冬になるとザリガニが泥に潜り冬眠をするため釣ることが難しくなりますが、水温が安定している場所では冬季でも釣ることができるようです。

また、ザリガニは日中は物陰で休んでおり、朝夕に活動的になります。
他の時間帯と比較すると、朝方・夕方が釣れやすい時間と言えます。
夜行性とも言われますが日中に釣れないわけではないので、エサやポイントを工夫しながらザリガニ釣りを楽しんでください。

ザリガニ釣りができるポイント・スポット

ザリガニ釣りのターゲットとなるアメリカザリガニは、水の流れが穏やかな泥地に生息しています。
まずは近くの公園の池や田んぼ、用水路で、ザリガニが隠れることのできる障害物を探してみてください。
他より窪みが深い場所や、草や岩・石の陰にザリガニが複数潜んでいることもあります。

都心部でザリガニ釣りをする場合、自然公園内の池や用水路がおすすめです。
東京23区内でもザリガニが生息しているスポットがいくつもありますので、各公園の利用ルールや開園時間などを確認の上、向かいましょう。

今回は関東エリアのスポットを紹介しますが、大阪や神戸をはじめとする関西や、九州など、他にもザリガニ釣りができるスポットは全国にあります。

ザリガニ釣りのイベントや大会を行なっている公園や施設もありますので、是非調べてみてください。

東京都のおすすめスポット

  • 板橋区の赤塚溜池公園
  • 北区の赤羽自然観察公園
  • 杉並区の和田堀公園

千葉県のおすすめスポット

  • 千葉市の花島公園
  • 袖ヶ浦市の袖ヶ浦公園

埼玉県のおすすめスポット

  • 飯能市のあけぼの子供の森公園
  • 富士見市の難波田城公園
  • さいたま市の秋ヶ瀬公園

神奈川県のおすすめスポット

  • 大和市の泉の森しらかしの池
  • 座間市の県立座間谷戸山公園
  • 川崎市の東高根森林公園
スポンサーリンク

ザリガニ釣りにおすすめの道具・仕掛け

ザリガニ

出典:写真AC

ザリガニ釣りは準備にお金もかからず特別な材料も不要で、簡単に始めることができる点が魅力です。
必要なものや道具・仕掛けについて、お伝えします。
以下に記載するもの以外では、濡れても良い靴やタオルがあるとよりベストです。

竿

ザリガニ釣りとは言っても、釣竿がなくても構いません。
例えば自宅にある割り箸や、道端の木の枝でも釣ることができます。
あまり短いとザリガニを警戒させてしまうかもしれないので、もし可能であれば1メートル程度の長さがあるとより良いでしょう。

PGザリガニ釣りセット 色アソート

釣具メーカーのプロマリンからザリガニ釣り用のセットを出していますので、もし興味がある方はチェックしてみてください。
軽くて子供にも使いやすい素材です。

釣り糸

釣り糸も、タコ糸や手持ちの釣り糸で問題ありません。
ザリガニに切られてしまうこともあるので、糸は太めの方がおすすめです。

>>>こちらの記事も読まれています
釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選

網がなくてもザリガニ釣りはできますが、釣り上げる際にハサミが外れてしまうことを防ぐために網やタモがあると便利です。
手持ちものや、100均の安価なもので十分です。

バケツ

釣ったザリガニをすぐ逃すのであればバケツは不要です。
持ち帰り飼うという場合は、水を入れたバケツにザリガニを入れておきましょう。

ザリガニは雑食性ですが、匂いが強いため動物性の餌の方が食いつきやすいです。
スルメイカや煮干し、ちくわや魚肉ソーセージなどが手に入れやすく便利でしょう。
ザリガニがハサミで挟むため、水に濡れてもある程度形を保っており固さのあるものを選んでください。

ザリゲッチュ

有名釣り餌メーカーのマルキューのザリガニ釣り専用餌です。
ザリゲッチュの便利なところは、餌と糸、クリップが全てセットになっているところです。
このセットの他に竿となるものがあれば、すぐにザリガニ釣りができます。

仕掛けの作り方

ザリガニ釣りは、竿と糸と餌を結ぶだけのとても単純な方法で仕掛けを作ります。
糸の結び方も一般的なもので問題ありませんし、釣り針もルアーも不要です。

コツがあるとすれば、餌に切り込みを入れておくと糸を結ぶ際に引っかかりやすいのでおすすめです。
あるいは糸の先に事務用クリップや洗濯バサミをつけておくと、餌を交換する時に挟むだけなので楽ができます。
更に凝りたい場合、おもりとしてガン玉を付けるなどの工夫をしてみるのも楽しいです。

スポンサーリンク

ザリガニ釣りの釣り方・コツ

ザリガニ

出典:写真AC

ザリガニ釣りのやり方はとてもシンプルです。
まず前述したザリガニ釣りのできるポイントで、ザリガニのいそうな場所を探してください。
これが一つ目のコツです。

続いて、ザリガニを驚かさないようにそっと餌を水中に沈めます。
餌の匂いにつられたザリガニが物陰から姿を見せ、餌をハサミでつかみます。
ザリガニは挟んだエサを食べようと引き寄せるので、糸は張らずある程度のゆとりをもたせておきましょう。

糸を引っ張られた感覚がしたら、焦らずゆっくりと釣り上げます。
ザリガニは貪欲なので一度挟んだエサはなかなか離さない性質がありますが、警戒させないように静かに引っ張り上げてください。
餌をザリガニに引っ張らせるためのゆとりを糸にもたせることと、餌を挟まれても焦らずゆっくり釣ることが二つ目のコツです。

また、天気の良い日にザリガニ釣りを楽しむ場合、夢中になるあまり熱中症にならないよう気を付けてください。
水分補給もしっかり気を配るようにしましょう。

スポンサーリンク

ザリガニ釣りのまとめ

ザリガニ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ザリガニ釣りの基本を徹底解説!おすすめのスポットや道具・餌もご紹介!」というテーマに沿って、「ザリガニ釣りの基本」「ザリガニ釣りにおすすめの道具・仕掛け」「ザリガニ釣りの釣り方・コツ」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り…
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
【初心者必見】釣り糸の結び方を徹底解説|簡単・最強の基本ノットをご紹介
釣り糸の結び方には、実に様々な種類があり、それぞれ異なる特徴(強度・難易度)を持ちます。今回、釣りラボでは、釣り糸の結び…
川釣りの道具や仕掛けをご紹介|場所の選び方・竿の使い方【初心者必見】
川釣りでは、実に様々な種類の魚を釣ることができます。今回、釣りラボでは、川釣りで釣れる魚の釣り方や、釣りのために必要な道…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン