スピニングリールの選び方・使い方・おすすめブランドをご紹介|初心者必見

スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類・選び方・使い方・メンテナンスの方法・おすすめのブランド8選をご紹介。ぜひご覧ください。

リール
スポンサーリンク

スピニングリールとは?

スピニングリール

出典:写真AC

釣りの仕掛けを飛ばして巻き取るために必要なリールには、大きく分けてスピニングリールとベイトリールがあります。
スピニングリールは、ベイトリールより値段も安く操作も簡単で、幅広い釣りに対応できることから初心者におすすめのリールです。

スピニングリールの特徴

スピニングリールは、糸を収納するスプール・回転して糸を巻き取るベールを、ハンドルを回すことによって稼働させる仕組みです。
ベールにはロックの役目もあり、閉じている時は糸を巻き取りますが開くと糸を放出します。

初心者でも使いやすい

初心者にスピニングリールがおすすめされる最も大きな理由は、バックラッシュの少なさです。
バックラッシュとはスプールの中で余分な糸が絡まってしまう現象で、ベイトリールで発生しやすいトラブルですが、スピニングリールの構造では基本的にバックラッシュは起こりません。
キャスティングしやすく、軽くてサイズの小さいルアーやミノー、ワームでも飛距離が出るのも初心者に向いているポイントです。

糸よれが起きやすい

スピニングリールは、糸の収納元であるスプールに対して垂直に糸が放出される構造です。
そのためラインがねじれ、糸よれが起きやすいというデメリットがあります。
スプールに最初に糸を巻く際のテンションや巻き取った際のゆるみに気を付けて、糸よれリスクを下げましょう。

スピニングリールの選び方・ポイント

スピニングリールには、様々な種類やサイズがあります。
ターゲットや釣り場によって使用する仕掛けやラインが決まるので、それに合わせてリールを選ぶことが大切です。
特に海釣りの場合は、海水に使用できるリールかどうか必ず確認してください。

リールの種類

リールの種類とそれぞれに適したターゲットについてチェックしていきましょう。
ワカサギ釣りやタイラバなど、ターゲットに特化した専用リールもあります。

汎用タイプ

一番ポピュラーでサイズが豊富なスピニングリールです。
汎用性が高く、魚や釣り場を限定せず様々なシチュエーションで使用することができます。

リアドラグタイプ

糸切れを防止するドラグという部品が二つ付いており、調整が行いやすいのが特徴です。
ルアー釣りや鯉釣り、ヤエン釣りで使用されるほか、マグロや根魚などのパワフルなターゲットにも対応できます。

レバードラグタイプ

通常のドラグではなくレバーでブレーキをかける仕組みです。
ターゲットとやりとりをしながら微調整しなければならないので上級者向きと言えます。
メジナを始めとする磯釣りやシーバス釣りで使われることの多いリールです。

投げ釣り・遠投用タイプ

投げ釣り・遠投専用で、ドラグがなく大型で浅溝という特徴があります。
キスやカレイを狙う際に用います。

リールのサイズ

リールのサイズは、一般的に番手と呼ばれる4ケタの数字で表されます。
数字が多くなればなるほどリールが大きく重くなり、巻ける道糸も太くなると考えておおむね問題ありません。
番手は統一されておらずメーカーによって異なりますが、2500番手程度が使い勝手が良いのでおすすめです。

ハンドルの種類

ハンドルには、左右の違いと、シングル・ダブルの違いがあります。
スピニングリールは、利き手によってハンドルの向きを簡単に付け替えることができるので便利です。
また全てではありませんが、別売りハンドルを購入すればシングルとダブルについてもカスタム可能です。

シングルハンドル

シングルハンドルは、一本だけハンドルのついたリールです。
軽くて力を入れやすいですが、巻く際に重心がずれるためリールがぶれスピードのコントロールがしにくいという欠点もあります。

ダブルハンドル

ダブルハンドルは、日本のハンドルがついており重心が安定しています。
シングルに比べてスピードコントロールしやすいですが、リールそのものが重い点と力が込めにくく大物には不向きな点がデメリットです。

ラインの選び方

一般的なラインの種類と、それぞれの長所と短所を見ていきましょう。

ナイロンライン

ナイロンラインは、最もポピュラーなラインです。
適度な柔らかさで初心者にも扱いやすい点、軽くて伸びやすいため魚を逃しにくい点、そして何より値段が安いのが長所です。
反面、伸びやすいのでアタリが感じにくい点や、紫外線や摩擦に弱い点、吸水性が高いため劣化しやすいという短所もあります。

フロロカーボンライン

ハリスやリーダーとして用いられることが多いフロロカーボンですが、近年ではメインラインとして使う場合もあります。
摩擦や劣化に強い点、伸びにくいのでアタリを感じやすい点、重さがあるので沈みが早く潮の影響を受けにくい点が長所です。
硬いのでラインに癖がつきやすくトラブルが起きやすい点と、他のラインに比べると値段が高いのが短所と言えます。

PEライン

peラインは、ポリエチレン素材の細い糸を複数本編んで作られており、比較的歴史の浅い新しいラインです。
伸びにくいのでアタリを感じやすい点、ナイロンやフロロと比べ強度がある点、軽いので遠投できる点が長所です。
一方、摩擦に弱い点、軽いので潮や風の影響を受けやすい点、結び方によっては結束部が弱い点が欠点としてあげられます。

スポンサーリンク

スピニングリールの使い方

スピニングリール

出典:写真AC

基本的なスピニングリールの持ち方や使い方について抑えておきましょう。

リールの持ち方

まずはリールの持ち方から確認していきます。

リールの足が中指と薬指の間に来るように

リールをセッティングしたら、中指と薬指の間でリールの足を挟むように持ってください。
そうすることでバランスがとれ、巻き取りを安定して行うことができる上、腕が疲れにくくなります。

人差し指を伸ばして糸を引っ掛ける

続いて、人差し指の第一関節に糸を掛けておきます。
忘れて次の動きに移ると糸がフリーになってしまうので気をつけましょう。

ベールを起こし、釣り竿を海に向ける

人差し指に糸を掛けたままベールを起こし、狙うポイントへ竿を向けてます。
キャスティングと同時に人差し指に掛けていた糸を離してください。
仕掛けの着水を確認したらベールを戻して構いません。

ラインの巻き方

ライントラブルを起こさないためにも、ラインの巻き方は大切です。
巻く前に、リールのドラグを締めて巻くラインの長さを把握しておいてください。

準備ができたら、以下の4つのステップに沿って巻きます。

  • スピニングリールをロッドにセットする
  • ガイドにラインを通したらスプールにラインを結ぶ
  • 一定のテンションを掛けながら手でラインを巻いていく
  • ハンドルを一定のスピードで巻きラインを巻く

メンテナンスのやり方

リールは精密機械なので、トラブルを防止しリールの寿命を伸ばすためにも日々のメンテナンスが重要です。
特に海釣りの場合、塩噛みによってリールが巻けなくなる場合も考えられるので、帰宅したらすぐに手入れをしてください。

オーバーホール・分解

オーバーホールとは、日常的なメンテナンスでは手入れできない部分の掃除やパーツ交換のことを指します。
分解して点検・掃除を行いますが、再度の組み立てには専門的な知識が必要で難しいため、メーカーでのオーバーホールがおすすめです。

メーカーに送る場合は一ヶ月程度預けっぱなしになるので、オフシーズンに依頼するようにしましょう。

水洗い

日常的に行うメンテナンスは、主に水洗いになります。
海釣りで使用した場合は、塩噛みを防ぐために必ず塩分を洗い流すようにしましょう。
淡水での使用の場合、水洗いではなく濡れた布で拭くだけでも構いません。

ドラグを固く締め、常温のシャワーでリールを洗い流し、タオルで水分を拭き取ったら十分に乾かしてください。
オイルやグリスを差すのは一年に一度程度で構いません。
ドラグをはじめ、ハンドルやストッパーもゆるめておくのが保管方法のコツです。

スポンサーリンク

おすすめのスピニングリール8選【ブランド別】

スピニングリール

出典:写真AC

様々なメーカーが豊富なスピニングリールを販売しているうえ、特に近年は入門用のお手頃な価格帯のリールも多く、初心者には選択が難しいこともあります。

主な有名メーカーのおすすめスピニングリールを紹介しますので、自分に合ったものを選んでみてください。

シマノ

シマノは、自転車やボート関連事業も展開している老舗釣具メーカーです。
「ギアのシマノ」と呼ばれることもあり、リールのイメージが強いアングラーも多いでしょう。
独自の技術が搭載された「ステラ」「ツインパワー」などのシリーズの他、エギング専用の「セフィア」やトラウト専用の「カーディフ」など専用モデルも存在します。

【シマノ】リール 17 サハラ 2500

巻き心地の良さと軽さから初心者におすすめの、シマノのエントリーモデルです。
耐久性も高く海水での使用も可能なので、長く使えます。

【シマノ】スピニングリール 15 ツインパワー 2500HGS

歴史の長いツインパワーシリーズの十代目のモデルです。
質実剛健の理念通りギアのパワーと耐久性が持ち味で、当然海でも使用可能です。

ダイワ

創業よりスピニングリールを作り続けているダイワは、先進技術を積極的に釣具へ導入することでも有名です。
現在ではリール以外にもロッドやライン、ルアーなど充実した製品が魅力で、海外でもファンの多い国際的なメーカーと言えます。
「イグジスト」や「セルテート」といったシリーズの他、シーバス専用の「モアザン」やライトソルト専用の「月下美人」、真鯛専用の「紅牙」など、専用モデルの多さははシマノを上回ります。

【ダイワ】スピニングリール 16 クレスト 2506

エギングやタイラバ、ロックフィッシュにも使える汎用性の高い一品です。
コスパの良さは言うまでもなく、スピニングリールにつきものの糸よれを減少させる独自構造がウリです。

【ダイワ】スピニングリール 15 レブロス 3012H

こちらは堤防やサーフから行うショアジギングに向いており、小型で飛距離も良く扱いやすいモデルです。
ハイギアでドラグ力があるので、少し大物まで狙うことができます。

アブガルシア

「アブ」の愛称で親しまれるアブガルシアは、スウェーデン発祥の歴史あるメーカーです。

主力の「アンバサダー」はベイトリールですが、最先端技術が搭載された「レボ」をはじめ、渓流釣りやアジング向きの「カーディナル」などのスピニングリールが人気です。
デザインが魅力的なリールも多く、クラシックモデルにプレミアがつくほどファンの多いことで知られています。

【アブガルシア】スピニングリール カーディナル II SX

アルミニウム製の高級感のあるデザインに反して軽量でリーズナブルなので、エントリーモデルとして最適です。
スプールの替えが付属しているのも嬉しいポイントです。

【アブガルシア】スピニングリール REVO Rocket

ギア比が高くハイスピードで、しっかり釣れるゲームが楽しめるスピニングリールです。
ベアリングの耐久性が高く塩噛みが起こりにくいので、海での使用も安心です。

カストキング

近年、Amazonなどの通販サイトで注目されているのがカストキングです。
コスパの良さから評判になったアメリカの新しい釣具メーカーですが、カラーリングのスタイリッシュさも魅力の一つと言えます。
激安と言っても過言ではないほど安価なので気兼ねがなく、改造して使いたいという場合にもおすすめです。

【カストキング】Kodiakシリーズ スピニングリール

小型な作りにも関わらず最強のドラグ性能を持ち、大物にも対応できるパワフルさが特徴です。
海水可でほぼ全てのターゲットに対応しており、頼もしさと安心感があります。

【カストキング】Speed Demon スピニングリール ブレッシングファスト

スピードデーモンという名前の通り、巻き上げスピードに特化したスピニングリールです。
「業界で最も速い」と謳うだけあってギア比は他の追随を許さず、巻き上げもなめらかです。

スポンサーリンク

スピニングリールまとめ

スピニングリール

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「スピニングリールの選び方・使い方・おすすめブランドをご紹介|初心者必見」というテーマに沿って、「スピニングリールとは?」「スピニングリールの使い方」「おすすめのスピニングリール8選【ブランド別】」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【リール】おすすめ人気ランキング6選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
釣り初心者のための基礎知識 |釣り方・おすすめ道具・関東の釣りスポット
釣り初心者にとって、具体的な魚の釣り方や必要な道具など疑問に思う点が多いですよね。今回、釣りラボでは、そんな釣り初心者…
PEラインおすすめ4選【コスパ抜群】|結び方・選び方・太さ・下巻き
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…
フロロカーボンライン&リーダーおすすめ人気6選|結び方・選び方・太さ
釣りで使われるラインの一種であるフロロカーボンライン。今回、釣りラボでは、そんなフロロカーボンラインの素材の特徴、PEラ…