【2020年】メバリングラインおすすめ10選!素材ごとの特徴と選び方をご紹介

メバリングに使うラインは、ターゲットであるメバルの習性に基づいて選ばれます。今回、釣りラボでは、そんなメバリングにおすすめのラインの選び方や、おすすめのライン(PE・フロロ・エステル・ナイロン)、2020年の新製品、ショックリーダーをご紹介。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

そもそもメバリングとは?

ダイワ(Daiwa) PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 0.3号 4.8lb ホワイトピンク

メバリングとは、小型プラグやワームを使うメバル釣りのことです。
ライトタックルでトライすることが可能なので初心者でもハードルが低い一方、こだわると奥が深いため上級者にも楽しめるゲームになっています。
防波堤や岩場といった近距離から沖までの遠距離、深場から表層まで幅広い釣り方が可能です。

スポンサーリンク

メバリングラインの選び方

DUEL(デュエル) PEライン 0.3号 アーマード F+ Pro アジ・メバル150M 0.3号 ライトピンク アジ・メバル H4095

メバリングでは、メバルの繊細なアタリを逃さないことが大切です。
メバリングラインを選ぶポイントを抑えて、自分のスタイルに合ったラインを見つけましょう。

選ぶポイント1:ラインの種類

メバリングラインを選ぶポイントのひとつめは、ラインの種類です。
小型プラグを使いたい場合はPEライン・ナイロンライン、ワームを使いたい場合はフロロカーボンライン・エステルラインを使用することがポピュラーです。
また、深場までフォールさせたいのであれば比重の高いラインを、トップウォーターならば比重の低いラインにしましょう。

PEラインの特徴

PEラインは伸びないので感度が高く、比重が低く軽いので水に浮くという特徴を持っています。
そのため小型プラグをロングキャストして、幅広い範囲の表層を攻略するスタイルのメバリングにおすすめです。
細くても強度が高いため、キャスト時の負荷にも耐えられるというメリットがあります。

しかし、PEラインは摩擦に弱くショックリーダーが必須です。
PEラインは複数の糸を撚り合わせて作られているので、岩や魚の歯の摩擦によって傷付いた箇所からラインブレイクしてしまうからです。
近年はPEラインの摩擦耐性を高めるコーティングをしたラインも作られていますが、加工したPEラインは硬く癖が付きやすくなってしまうことも覚えておく必要があります。

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインは引っ張り強度が高く、比重が高いので水に沈むという特徴を持っています。
伸びないので感度が高く、摩擦に強いのでリーダーを付ける必要がありません。
これらの特徴から、ワームをボトムへ沈めるメバリングやメバルの潜む障害物付近のフィールドで活躍するラインと言えます。

しかし、すぐに沈んでいくので表層のメバリングには不向きです。
またラインが硬いので、巻き癖が付きやすいというデメリットがあります。

エステルラインの特徴

エステルラインは、PEラインとフロロカーボンラインの両方の特徴を持ったラインです。
感度が高いので軽い仕掛けでもメバルのアタリを逃すことなく、フロロカーボンラインほどではありませんが程良く水に沈みます。

比較的伸びにくいラインですが、根ズレに弱く引っ張り強度も低いのでショックリーダーが必要です。
表面が硬く劣化しやすいので、ラインが傷んでいないか頻繁に確認するようにしましょう。

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインは、ライントラブルが少ないので初心者でも扱いやすく、何よりも価格が安いことが魅力です。
ラインが柔らかく伸びやすいので、メバルが掛かった際の負荷を和らげてくれるというメリットと、伸びることで感度が下がるというデメリットを同時に持っています。
また、比較的比重が低いので小型プラグで表層を狙うメバリングに向いています。

水を吸って劣化しやすいのでライン交換はマメに行うことと、ライン自体が太めという特徴があるのでロングキャストには向かないということを覚えておきましょう。

選ぶポイント2:ラインの太さ

メバリングラインを選ぶふたつめのポイントは、ラインの太さです。
ラインの種類によって、メバリングに適した号数・ポンド数は異なります。
適したラインを選べるように、太さの目安を抑えておきましょう。

PEラインの場合は、ジグ単であれば0.2号、小型プラグやワームであれば0.3号、重量のあるメタルジグを使う場合は0.4号が基準となります。

フロロカーボンラインの場合は、号数よりもlb(ポンド)で確認する方が確実です。
ジグ単であれば2lb、やや重量のあるルアーや岩場などのハードなフィールドであれば3〜4lbまでを目安としてください。
フロロカーボンラインは太くなるにつれ癖がつきやすいので、ライントラブルの原因となるリスクがあります。

エステルラインの場合は、0.3号が基準です。
細くなると劣化や摩擦により切れやすくなり、太くなるとラインが持つ硬さからスプールへの馴染みが悪くなってしまうので、慎重に太さを見極める必要があります。

ナイロンラインの場合も、フロロカーボンライン同様にlb(ポンド)で確認しましょう。
3lbが基準となりますが、ナイロンラインは元々やや太く飛距離が伸びにくいので太くしすぎないようにしてください。

選ぶポイント3:ラインの長さ

メバリングラインを選ぶみっつめのポイントは、ラインの長さです。
沖まで攻めるか近くの防波堤や岩場を攻めるかといったフィールドの違いもありますが、基本的にメバリングでは100m以上のラインを必要とします。
また、障害物や魚の歯によってラインが傷んだ際はライン交換をしなければならないので、多めにラインを用意しておきましょう。

選ぶポイント4:ラインの色・カラー

メバリングラインを選ぶ最後のポイントは、ラインの色・カラーです。
デイゲームであればメバルに警戒心を抱かせないクリア系や環境へ溶け込む色を選んでください。

ナイトゲームであれば、視認性の良い蛍光色がおすすめです。
人の目で判別しやすくメバルに警戒されにくいとされるピンク系のラインも多くリリースされているので、チェックしてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめのメバリングライン8選!素材別

ダイワ(DAIWA) ライン 月下美人 TYPE-F 陽 150m 1.5lb (0.4号) サイトオレンジ

それでは、ラインの種類ごとにおすすめのメバリングラインを紹介します。

メバリングにおすすめのPEライン2選

PEラインをメバリングに用いる際は、遠投して広範囲を攻略できる点と水に浮くのでトップウォーターで活躍できる点に注目しましょう。

【ダイワ】月下美人 UVF 月ノ響II +Si

ランキングで目にすることの多いアジング・メバリング専用シリーズ「月下美人」からおすすめのPEラインは、こちらの月ノ響II +Siです。
シリコン加工が施されているので摩擦抵抗が少なく、より遠くにルアーをキャストすることができます。

【デュエル】アーマード F+ Pro アジ・メバル

PEラインの表面にフロロカーボン粒子を付けてシリコンでコーティングするというFMT加工が施された最強PEラインです。
飛距離が伸びやすくライントラブルが起きにくいというメリットを持っており、カラーはナイトゲームで有効なピンクが採用されています。

メバリングにおすすめのフロロカーボンライン2選

耐摩耗性の高さと比重の高さが特徴のフロロカーボンラインは、岩礁帯で活躍します。

【ダイワ】月下美人 TYPE-F 陽/陰 フロロカーボン

様々なランキングで上位常連の月下美人のTYPE-F 陽/陰は、視認しやすいオレンジ色の陽とフィールドに馴染むクリアカラーの陰をシチュエーションによって使い分けるスタイルのラインです。
感度の高いフロロカーボンの良さを持ちながら、適度な柔らかさとハリがあります。

【クレハ】シーガー R-18フロロリミテッド

愛用者の多いシーガーのラインの中で、トーナメントやプロの現場での使用に耐えうるハイエンドモデルがこちらです。
高性能で安定している割に値段が安いので、コスパも良いと言えるでしょう。
ラインカラーはステルス性を重視したクリアで太さも豊富なので、メバルの他にもアジやブラックバスといった幅広い釣りに使用できます。

メバリングにおすすめのエステルライン2選

使いどころが難しい印象のエステルラインですが、特徴を理解して活躍させられるフィールドを選びましょう。
また、PEライン同様にショックリーダーを用意しなければならないことも忘れてはいけません。

【サーティーフォー】ピンキー

アジングに特化した福岡県の釣具メーカー「サーティーフォー」からリリースされているエステルライン「ピンキー」は、メバリングにもおすすめです。
極細ながら強度と比重が高いので、軽いジグヘッドを遠投したいシチュエーションに向いています。
カラーは名前の由来にもなっているピンク色は、ターゲットが忌避せずアングラーから視認しやすいよう何度もテストを重ねた折り紙付きです。

【よつあみ】チェルム アンバーコード SG D-PET

表面が硬いとされるエステルラインですが、こちらのチェルムは比較的しなやかでなじみやすく、値段が安くコスパが良いという特徴を持っています。
結束強度も高くラインブレイクしにくいため直結も可能ですが、不安要素を減らしたい場合はリーダーをつけておくと安心です。

メバリングにおすすめのナイロンライン2選

扱いやすく伸びのあるナイロンラインは、太くなりすぎないよう気を付けましょう。
扱いやすいので、飛距離を求めないメバリングにおすすめです。

【モーリス】バリバス ナイロンライン メバルゲート

アジングをはじめ、シーバスやブラックバスにも使えるトラブルレスなメバル専用ナイロンラインです。
特に防波堤からのメバリングに向いており、人間には視認性が高くメバルに警戒心を与えないミルキーなピンク色を採用しています。

【デュエル】HARDCORE アジ・メバル CN

フロロカーボンとナイロンの良いところ取りをした「カーボナイロン」を使用し、耐摩耗性の高さと感度の良さ、耐久性を実現したナイロンラインです。
ナイロンラインのデメリットである吸水性の高さも克服しており、劣化しにくく仕上がっています。
操作性も高いため、特に小型プラグを利用したメバリングにおすすめです。

スポンサーリンク

【2020年新作】メバリングラインおすすめ2選

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 2lb

続いて、2020年に発売されたばかりの新作メバリングラインを紹介します。

【ダイワ】UVF月下美人デュラセンサー+Si2 150m 0.15号

ダイワの月下美人シリーズはメバリングでは非常にポピュラーです。
2020年10月にリリースされたこちらのPEラインは高密度で編み込むことによって耐摩耗性や耐久性をアップしており、マズメ時でも視認しやすいピンクが採用されています。
抜群の飛距離を誇っており、キャロライナリグなどにおすすめです。

【ダイワ】ジャストロンフロロ

今までナイロンラインしかなかったダイワのジャストロンから、2020年に待望のフロロカーボンラインが発売されました。
フロロカーボンながら癖が付きにくいしなやかなラインで、フロロカーボンに不慣れな初心者でも結束しやすく、気兼ねなく使えるボビン巻きである点が魅力です。

スポンサーリンク

メバリングにおすすめのショックリーダー2選

34 ピンキー 200m 0.25号

最後に、メバリングにおすすめのショックリーダーを紹介します。
PEラインやエステルラインをメインラインに使用する際は、3lb程度のフロロカーボンラインをショックリーダーとして使いましょう。

【モーリス】ライトゲームショックリーダー Tiフロロカーボン

こちらはチタンコーティングによって耐摩耗性を大幅に向上させたショックリーダーで、表面の滑らかさと摩擦への強さが特徴です。
岩場を探ることもあるメバリングをはじめ、エギングやロックフィッシュゲムといったライトソルトゲームに最適です。

【ラパラ】ラピノヴァ ショックリーダー フロロカーボン

フロロカーボン製のショックリーダーでありつつも、しなやかさと柔らかさを持っており扱いやすい点が魅力です。
汎用性の高いクリアカラーで、価格も安価ながら性能が安定しており、高コスパと言えます。

スポンサーリンク

メバリングラインについてまとめ

よつあみ(YGK) エステルライン チェルム アンバーコード SG D-PET 200m 0.3号 1.6Lb パステルピンク

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】メバリングラインおすすめ10選!素材ごとの特徴と選び方をご紹介」というテーマに沿って、「そもそもメバリングとは?」「メバリングラインの選び方」「おすすめのメバリングライン8選!素材別」「【2020年新作】メバリングラインおすすめ2選」「メバリングにおすすめのショックリーダー2選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

メバリングの釣り方を徹底解説!釣果を上げるおすすめの仕掛け・タックルもご紹介
メバリングは、メバルをルアーで狙う釣り方のことで、とても人気の高い釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなメバリング…
【2020年】メバリングロッドのおすすめ15選!選び方やコスパ最強の製品〜上級者向けをご紹介
おすすめメーカーや目的にあったメバリングロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、メバリングロッドについ…
【2020年】メバリングワームおすすめ8選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ…
【2020年】メバリングにおすすめのリール7選!選び方やコスパ最強の人気商品をご紹介
メバルをターゲットとするルアー釣り、いわゆるメバリング。そんなメバリングにおすすめのリールの選び方をご存じでしょうか?今…
メバリングにおすすめのジグヘッド人気ランキング6選!選び方・結び方
メバリングの際、ジグヘッドを使った仕掛けが人気です。今回、釣りラボでは、そんなメバリングで使うジグヘッドについて、釣果へ…