【2021年】穴釣り向けベイトリールおすすめ7選!特徴・選び方・使い方も解説

穴釣りは手軽に始められるのでとても人気ですが、ベイトリールのお値段はそんなに安くありません。なので絶対に失敗したくないベイトリールのお買い物…。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方や使い方、おすすめ商品も詳しく解説します。

リール
スポンサーリンク

そもそも穴釣りとは?

穴釣り

出典:写真AC

穴釣りは、テトラポッドが組み合わされてできた穴や、ゴロタ場の岩の隙間などに隠れている根魚を釣る釣法です。
暗くて狭い穴や岩の隙間などには、巣として入り込む根魚が多く、そういう穴に仕掛けを送り込むことができれば、非常に高確率で釣り上げることができるのが穴釣りの最大の魅力です。

穴釣りは、非常に手軽に、高確率で根魚が釣れる、効率の良い釣りですが、足場が悪く危険な釣りになることが多いことと、根がかりがとてつもなく多い釣りであることに注意が必要です。

穴釣りでどんな魚が釣れる?

穴釣りでは、さまざまな根魚が釣れます。
代表的なものはカサゴ、アイナメ、ムラソイ、メバル、マハタ、キジハタ、オオモンハタ、ギンポなどです。

穴釣りにおすすめの時期は?

穴釣りは基本通年出来ますが、最もやりやすいのは、ライバルが少ない冬季です。
水温が低い厳冬期でも、穴の中には根魚が潜んでいて、果敢にエサに食いついてきます。
穴釣りは、専門で狙うアングラーは少なく、別の釣りをしていて釣れなくて、ボウズ逃れの最終手段でちょっとだけ行うという意味合いで穴釣りをするアングラーが多いので、場荒れも少ないポイントが多いです。

良いテトラ帯や、ゴロタ場があれば、積極的に穴釣りをやってみましょう。

スポンサーリンク

穴釣りにベイトリールは使っても良いの?

TAKAMIYA(タカミヤ) ベイトリール H.B concept VESTA-α RH KB-185

穴釣りに使うリールは、一般的には小型のスピニングリールもしくはベイトリールを使用しますが、テトラ帯で使いやすいのは圧倒的にベイトリールです。
仕掛けを垂直方向に落とし、まっすぐ巻き上げるため、糸ヨレがほとんど起きず、また、クラッチを切る動作だけで、スピニングリールのようなベイルを起こす操作が必要ないため、特に狭い場所での使い勝手に優れます。
積極的にベイトリールを使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

穴釣り用ベイトリールの選び方・ポイントは?

アブガルシア(Abu Gacia) ベイトリール 16 BLACKMAX

穴釣り用のベイトリールの選び方について説明して行きます。
穴釣りは、根掛かりとの闘いで、常に仕掛けを作り直さなければなりません。

また、根がかりしなくても、根ズレによってラインはすぐにボロボロになりますので、頻繁に交換する必要があります。
穴を探るのにラインはたいして使用しませんが、こうして交換頻度が非常に高いため、ラインは多めにスプールに巻いておきたいです。

リールのタイプで選ぶ

スピニングリールは、初心者にも扱いやすいリールと言えますが、穴釣りにはあまり向いていません。
理由は、穴釣りは、狭い穴に正確に上から仕掛けを落とす必要があるため、ラインを出す、回収する動作が完全に垂直方向になっているベイトリールの方が、操作性が良く、ラインに巻き癖やヨレがつきにくいためです。
スピニングリールは、ラインの巻き方向が、ラインの出て行く方向に対し90°の角度で巻いていくため、螺旋状の巻き癖が付きやすく、小さな穴に正確に仕掛けを落とすという点で劣ります。

リールの大きさ・重さで選ぶ

穴釣りには、90cm~150cm前後の短いロッドを使うことが多く、リールシートも最も小さいものが付けられていることがほとんどです。
そのため、スピニングリールもベイトリールも、最も小さいものを選べば良いでしょう。
穴釣り専用の超小型ベイトリールも発売されていますので、穴釣り専用としてリールを仕立てることができるのであれば、専用リールを購入しておいても良いでしょう。

但し、ポイントによっては30cm級のカサゴやアイナメ、ハタ類が釣れることもありますので、そういう場所で穴釣りをする場合は、番手でいうと、ダイワで10番程度、シマノで100番程度のベイトリールを使うことをおすすめします。

リールのギア比で選ぶ

リールのギア比は、ハイギアは必要ありません。

根がかりを外すため、強い力をタックルにかけることが非常に多くなります。
そういう時、或いは、大型の根魚が掛かった時に、穴から一気に引きずり出すパワーが必要になる場面が少なくありません。

スピニングリールもベイトリールもギア比はローギア(PG(パワーギア)と呼ばれることが多い)をおすすめします。

スポンサーリンク

穴釣りにおすすめのベイトリール5選

ダイワ(DAIWA) 両軸リール 16 プリード 150H (2016モデル)

ここからは、穴釣りにおすすめのベイトリールを紹介して行きます。

【シマノ】クラブデミ 15RL

左右両用の超小型ベイトリールです。
フロロカーボン3号(12lb)が60mほど巻けますので、テトラ帯やゴロタ場での穴釣りには充分のライン量です。
クロダイや大型ロックフィッシュも浮かせることができる4.3:1のパワーギア設定です。

【タカミヤ】H.B.Concept ベスタ-α RH KB-185

非常にコスパの高いベイトリールで、穴釣り、ロックフィッシュ狙いには充分のスペックを備えています。

【アブガルシア】BLACKMAX 右ハンドル

穴釣りに最適なサイズとスペックをもつ、アブガルシアのハイコスパベイトリールです。
パーミングしやすいロープロファイル設計が穴釣りに向いています。

【ダイワ】プリード 150H 右ハンドル

巻き上げ力の強い、ダイワの小型高性能ベイトリールです。
バランサーが付いた55mmのシングルハンドルで、パワフルな巻き上げが可能です。
タイラバやタチウオテンヤなどのオフショアゲームにも使用可能です。

【シマノ】ゲンプウ 151 左ハンドル

ベアリングの側面をシールドした、SA-RB(Shielded Anti-Rust Bearing)を使用し、ベアリングの塩噛みを軽減させた、防錆性の高い小型両軸受リールです。

スポンサーリンク

【2021年最新】穴釣りにおすすめのベイトリール2選

プロックス MB10G マイクロベイト 10 ガンスモーク

2021年の釣りに備えて、2020年以降に発売された最新の製品を用意しておきましょう。
では、2020年以降に発売された最新の穴釣りにおすすめのベイトリールを紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【ダイワ】コロネット2 右ハンドル

ダイワのコロネット2は、穴釣りにおすすめの最新ベイトリールです。
2021年シーズンを迎えるにあたって、ぜひ用意しておきたい商品です。

【ピシファン】TORRENT 左ハンドル

非常に評価の高い中国メーカー製ベイトリールです。
高性能のマグネットブレーキが装備され、キャスト時のバックラッシュはほぼ解消できます。
もちろん、穴釣りには問題なく使用できます。

スポンサーリンク

穴釣りでのベイトリールの使い方を解説!

ダイワ コロネット2

最後に、穴釣りでベイトリールを使用する際の使い方について簡単に説明します。

  • メカニカルブレーキを、錘の自重で仕掛けがスルスルと落ちる程度に調整します。
  • ドラグは、根がかりに備え、やや緩めにしておきます。
  • ラインを落とす際は、必ずスプールに指を添えて、バックラッシュしないように気をつけましょう。
  • 根がかりした場合は、無理に引っ張るとリールやロッドを破損する恐れがあるため、ドラグを締め、ロッドを逆さに立ててゆっくり引っ張るか、ハサミで仕掛けを切ってしまいましょう、

誰でも簡単!『穴釣り』をハイシーズンに試すと…【爆釣】

スポンサーリンク

穴釣り用ベイトリールについてまとめ

ピシファン(Piscifun)ベイトリール Torrent バス釣り 超強力マグネットブレーキ ギア比5.3:1 ドラグ力8.1kg 左ハンドル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】穴釣り向けベイトリールおすすめ7選!特徴・選び方・使い方も解説」というテーマに沿って、「そもそも穴釣りとは?」「穴釣りにベイトリールは使っても良いの?」「穴釣り用ベイトリールの選び方・ポイントは?」「穴釣りにおすすめのベイトリール5選」「【2021年最新】穴釣りにおすすめのベイトリール2選」「穴釣りでのベイトリールの使い方を解説!」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
穴釣りのやり方を徹底解説!おすすめのロッド・リール・仕掛け・餌もご紹介
穴釣りはテトラポットの隙間に仕掛けを落として魚を釣る釣り方で、色々な種類の魚が釣れることから人気の釣り方の一つです。今回…
ベイトの意味とは?ベイトとは何か、釣り用語を解説します【釣り用語辞典】
釣り餌ベイトとは?どういう意味?出典:写真AC釣り用語で、ベイトとは、魚を釣るための餌のことです。英語で餌をベイト(b…
【2020年】おすすめのスピナーベイト7選!使い方・アクション・結び方もご紹介
スピナーベイトは、バスフィッシングの定番ルアーとして人気です。今回、釣りラボでは、そんなスピナーベイトについて、選び方や…
【2020年最新版】穴釣りロッドおすすめ13選!コスパ最強ロッドの選び方やちょい投げ用もご紹介
穴釣りロッドのメーカーやおすすめはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、穴釣りロッドについて【人気メーカー】…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン