【2021年】渓流向けランディングネット8選!選び方・素材ごとの特徴も紹介!

渓流での釣りにはランディングネットを持ち歩く必要があります。とはいえ、種類が多くて迷ってしまうのが本音。今回、釣りラボでは、渓流向けのランディングネット人気商品や素材ごとの特徴、選び方を紹介していきますね。

ライン・釣り糸
スポンサーリンク

渓流向けランディングネットの素材の種類と特徴

Brodin(ブローディン) ランディングネット ブローディンネット ゴーストシリーズ トラウト

ランディングネットは魚を取り込む際に使用する網のことです。
海釣り等と異なり渓流釣りではランディングネットを持ち運ぶのが基本となっており、コンパクトなものや、たためるものなどがあります。

渓流向けランディングネットの素材の種類と特徴について解説していきます。
ランディングネットの素材によってはフックが絡まる(絡まりやすい)ものがあったり、絡まりにくい加工を施したものがあります。

またネット部分が劣化した際や、好みによってネット部分を交換する場合もあるので、自分の好みのネット素材を見つけられるように参考にしてみてください。

撚り糸の特徴

撚り糸の特徴について解説します。
撚り糸とは、細い糸を2本以上でねじり合わせ(撚りをかける)て作ったもので、ランディングネットにする際には、撚糸同士を格子状に組み合わせ網を作っていったものです。

糸を撚ったものなので、フックのサイズによっては引っ掛かりやすい場合があります。
魚のねばねばが付きやすいので使った後は良く洗って乾燥させておく必要があります。

昔からある網という雰囲気で木製のハンドルと組み合わせるとクラシカルな雰囲気もあり根強い人気があります。

ナイロンの特徴

ナイロンの特徴について解説します。
撚り糸と異なり、一本のナイロン糸を編んで作られたネットです。

撚り糸と同様に、編み方によって網目のサイズを変えることができる上に、軽量なのが特徴です。

網目の大きさやフックのサイズによってはひっかかりやすいという点があります。
釣り上げた魚のエラやヒレが絡みつくこともあります。
撚り糸と同じように使った後のメンテナンスは重要です。

ラバー・ラバーコーティングの特徴

ラバー・ラバーコーティングの特徴を解説します。
ラバーとはラバー樹脂を型に入れて網のように成型したもの、ラバーコーティングとはナイロンネットの表面などにラバーをコーティングしたものです。

表面がつるつるしておりフックや魚のヒレが絡みつきにくいという利点があります。
反面、撚り糸やナイロンに比べ重量があり、かさばるので携行には若干の難ありです。

スポンサーリンク

渓流向けランディングネットの選び方

バレーヒル(ValleyHill) ランディングネット ハンドメイドランディングネット オリーブ 92cm LL

渓流向けランディングネットの選び方に関して解説します。
ランディングネットは、ターゲットの種類や大きさ、釣行のスタイルやランディングネットの使い方等などに合わせて選ぶことをおすすめします。

ターゲットの大きさに合わせて選ぶ

選び方のひとつめはターゲットの大きさに合わせて選ぶというものです。
大型サイズのトラウトを狙う場合には、直径60cm程度のラインディングネットを準備しましょう。

渓流を渡り歩いてアマゴやイワナなど、比較的小さなターゲットを狙う際には直径30cm程度のもので十分です。

大型のサイズであれば大抵の魚に使用できますが、小型の魚には、若干使い勝手が悪くなるのでできれば魚のサイズにあったものを使うことをおすすめします。

持ち運びやすさで選ぶ

選び方のふたつめは持ち運びやすさで選ぶということです。
ロッドをキャストしながら歩く渓流釣りでは、ランディングネットは意外とかさばるものです。

ランディングネットの中には、使うときだけ開く折りたたみ式のものもあるので、必要に応じて選択しましょう。

枠の形で選ぶ

選び方のみっつめとしては枠の形で選ぶというものです。
枠の形には、丸型の物とオーバル型(楕円形)の物があります。

オーバル型の方が、丸型に比べて、魚を取り込みやすいという釣り人もいますが、好みもあるので、使い勝手については良く確認しましょう。

渓流釣りではオーバルタイプを使う釣り人が多いようです。
渓流を歩き回る際に、オーバル型の方が横幅が狭いので体に付けた際に邪魔になりにくいという理由からです。

ただし円形タイプでも枠が小さくコンパクトに収納できるものもあるので、円形を使いたい人は検討してみてください。

柄の形で選ぶ

選び方のよっつめは柄の形で選ぶというものです。
柄の形は大きく分けてストレートタイプとカーブタイプがあります。

柄の形と枠の形の組み合わせは、ストレートタイプの柄は円形やオーバルタイプの枠と、カーブタイプの柄はオーバルタイプの枠との組み合わせになります。

渓流釣りの最中はランディングネットを背中や腰などに様々な付け方で装着しますが、オーバルタイプの枠は幅が狭く、カーブタイプの柄と組み合わせると、柄だけが横に飛び出たような形になり、邪魔になりにくいという利点があります。

ただし柄の中心と枠の中心がずれているので、魚の取り込みに慣れが必要で、ストレートタイプの柄を好む人もいます。

価格帯で選ぶ

選び方のいつつめは価格帯で選ぶというものです。
ランディングネットは安価なものは2000円程度から、高いものは30000円以上するものもあります。

高いものは高いなりに使い勝手が良かったり、見た目が美しいものなど様々ですが、使用できる予算も考慮し選びましょう。

人気メーカーから選ぶ

選び方のむっつめは人気メーカーから選ぶというものです。
ランディングネットは総合釣り具メーカーのダイワなどから販売されているほか、天龍やスミス、プロックス、ゴチュールなど数多くのメーカーが提供しています。

人気メーカーであれば、品質なども一定の水準をクリアしており安心なので、迷ったら人気メーカーのH.P.などを見て選ぶのも良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの渓流向けランディングネット6選

ダイワ(Daiwa) 玉網 ワンタッチランディングネット スモール

おすすめの渓流向けランディングネット6選をご紹介します。
ランディングネットは、実店舗で販売されているほか、楽天やYahoo,amazonなどの通販サイトでも提供されています。

新品で手に入らないものもヤフオクやメルカリなどでは安く出回っているものもありますので検討してみてください。

大型におすすめの渓流向けランディングネット2選

大型におすすめの渓流向けランディングネット2選をご紹介します。

【フローディン】ランディングネット フライングパン

全長68cm、幅32cm、ネット部分の長さ46cmの大型のランディングネットで枠と柄は木製です。

柄は短く扱いやすくなっており、ネット部分はラバーのため、魚やフックが引っ掛かりにくい製品です。

【バレーヒル】ハンドメイドランディングネット LL

全長92cm、幅42.5cm、深さ70cmサイズのランディングネットで柄と枠は木星になっています。

ネットの色はオリーブとマスタードが選択できます。
ハンドメイドの製品のため、少しずつ仕上がりが異なりますが、オンリーワンの製品を持ちたい人にはおすすめです。

持ち運びやすいおすすめの渓流向けランディングネット2選

持ち運びやすいおすすめの渓流向けランディングネット2選をご紹介します。

【ダイワ】ワンタッチランディングネット スモール

枠部分をたたんで専用のケースに収納することができ、ケースをベルトの固定することができます。

枠部分にナイロンのカバーがあるので魚を入れた時にラインが接触しても傷つきにくくなっています。

【river peak】ラバーコーティングランディングネットS

重さが135g、枠サイズが長さ25cm、幅15cmととてもコンパクトで携帯しやすいランディングネットです。

ラバーコーティングのネットは魚を傷つけずリリースも可能です。
ゴムストラップは伸縮性抜群で、腰などに取り付けたままランディングすることができます。

コスパが良いおすすめの渓流向けランディングネット2選

コスパが良いおすすめの渓流向けランディングネット2選をご紹介します。

【プロックス】ラバーランディングネット ショートグリップ

魚にとても優しいラバータイプのランディングネットで、かつ熱がこもりにくくなっています。

枠は軽いアルミ製になっており、ゴムつきのナス管で腰に取り付けたまま使うことが可能です。

【昌栄】オリーブあまご 24cm

直径24cmの枠を持つ渓流釣り用のランディングネットで、重量も120gと超軽量になっています。

柄の部分が取り外し可能になっており、ポイントまでの移動時にはコンパクトに収納が可能です。

スポンサーリンク

【2021年最新】渓流向けランディングネット2選

Handy Pak Net (ハンディパックネット) ランディングネット インスタネットL プラレザークレモナ

2021年シーズンに向けて、2020年以降に発売された渓流向けランディングネット2選をご紹介します。

【ハンディパックネット】インスタネット クレモナ

折りたたみ式のコンパクトネットで水キレやフックなどの絡みがとりやすいクレモナネットを採用しました。

2021年のシーズンに向けて揃えておきたいアイテムで、専用のレザーケースも付属しています。

【テイルウォーク】KEISON STREAM NET L

ネイティブトラウト用として2020年以降に発売されたテイルウォークのランディングネットです。

とても鮮やかできれいなネットとパーズアイメイプルを用いたカーブタイプの柄はとても美しくおすすめです。

スポンサーリンク

ランディングネットの自作方法(ハンドメイド)

riverpeak ランディングネット ラバーコーティング ランディングネットS RP-NT700

ランディングネットの自作方法(ハンドメイド)をご紹介します。
材料は、ランディングネット用のネット(通販等で買えます)、柄用の木、ネットを取り付ける枠用のアルミ板などです。

まず1cm程度の厚さの木を柄の形に切り出します。
その次に、アルミ板をネットの外周の長さに切断します。
柄の部分は、ニスなどを塗っておきます。

アルミ板を円形に折り曲げ、ネットをアルミ板に取り付けたのち、アルミ板を柄の部分に木ネジ等で装着します。

作り方をyoutubeでも紹介しますので参考にしてみてください。

自作ランディングネットSelf-made landing net

スポンサーリンク

ランディングネットの渓流のまとめ

プロックス ラバーランディングネット 12型/枠赤(ネットクリア)(PX70412CR) PX70412CR

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】渓流向けランディングネット8選!選び方・素材ごとの特徴も紹介!」というテーマに沿って、

  • 渓流向けランディングネットの素材の種類と特徴
  • 渓流向けランディングネットの選び方
  • おすすめの渓流向けランディングネット6選
  • 【2021年最新】渓流向けランディングネット2選
  • ランディングネットの自作方法(ハンドメイド)

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ランディングネットおすすめ8選!使い方や渓流・シーバス向けの人気商品をご紹介!
釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ランディングネットの選び…
ラバー素材のランディングネット(タモ網)の特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介
ランディングネットは釣りの際に必ず持っておきたいアイテムの一つです。そんなランディングネットは素材によって使いやすさが違…
トラウトフィッシングにおすすめなランディングネットやその選び方をご紹介!
トラウトフィッシングでは繊細なトラウトをできるだけダメージを抑えて捕獲することが重要になります。そこでポイントとなるのが…
ランディングネット(タモ網)の携帯方法を解説!おすすめの商品も紹介
渓流釣りなどでランディングネットを用いる際には持ち運びやすさがとても重要になってきます。そこで今回釣りラボでは、ランディ…
青物釣りにおすすめのランディングネット(タモ網)を徹底解説!選び方もご紹介
ランディングネットにはサイズや形が異なり、釣る魚の種類によって変える必要があります。そこで今回釣りラボでは、青物魚を釣る…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン