タナゴ釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・ルアー【初心者必見】

タナゴ釣りは、初心者の方には比較的難しいとされています。今回、釣りラボでは、初心者の方でもタナゴ釣りに挑戦できるよう、タナゴ釣りにおすすめの餌やコツ、時期などについて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

タナゴの生態・特徴

タナゴ

出典:写真AC

タナゴは流れの穏やかな河川、湖や沼に生息しています。
二枚貝に産卵をする習性があり、貝が生息している場所にタナゴの姿を確認することが多いです。
日本国内で亜種も含め18種類の個体が確認されています。

体長6cmから10cmと小ぶりな種です。

繁殖期の雄のタナゴには、体の色が色鮮やかな婚姻色に変化する特徴があります。
対して、雌のタナゴは目立った婚姻色に変化せず、産卵管が細く長く伸びる特徴があります。

スポンサーリンク

タナゴ釣りにおすすめの場所

タナゴ

出典:写真AC

タナゴ釣りの釣り場は、止水域や流れの穏やかな水域、用水路、小川、橋の下流、捨て石、消波ブロック、水門付近など身を隠せる場所に多く生息しています。
他にも釣り堀や公園の池などにも生息しています。

タナゴの自然生息地域としては、北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県をのぞく日本全国に生息しています。

  • 青森県:三沢市、東北町小川原湖、藤崎町、七戸町
  • 山形県:最上川
  • 宮城県:仙台市、登米市
  • 埼玉県:行田市、川島町
  • 東京都:大田区平和の森公園
  • 神奈川県:横浜市鶴見川
  • 兵庫県:三田市武庫川
  • 徳島県:鳴門市旧吉野川水系
スポンサーリンク

タナゴ釣りにおすすめの時期・時間帯

タナゴ

出典:写真AC

時期ですが、初心者の方には春下旬から秋上旬にかけて、水温が高くタナゴの活性が高いシーズンを狙い、釣りに行くことをおすすめします。

また、釣りに行く時間帯は、日中の日差しを考慮して朝夕の活動しやすい時間帯をおすすめします。

スポンサーリンク

タナゴの釣り方

タナゴ

出典:写真AC

基本的なタナゴの釣り方は、のべ竿、ウキ、オモリ、ハリを使用するシンプルな釣り方が主流です。

餌は、タナゴ用グルテン、黄身練り、赤虫、玉虫などが使用されます。
初心者の方には、寄せ餌にも使えるグルテンがおすすめです。
季節や場所により釣り方が変わるので、餌や仕掛け次第で釣果を左右すると言っても過言ではありません。

タナゴ釣りの代表的な釣り方には、大きく分けて2種類あります。

脈釣り

ひとつが脈釣りと呼ばれる釣り方で、水の流れが早い釣り場などで使用されます。

釣り糸の長さは、使用する釣り竿と同じぐらいの長さにします。
ウキは、使わず釣り糸の先にクッションオモリを付けて、タナゴ専用釣り針にハリスを3cmから5cm程度残して付けます。
次に、釣り糸にヤーン(フライフィッシングで使用される素材)かテグスで目印を3箇所付け、真ん中の目印を水面にあわせます。

以上が脈釣りの仕掛けになります。

ウキ釣り

タナゴの釣り方としてもう一つ有名なのが、ウキ釣りになります。
流れの穏やかな河川、流れのない止水域などの釣り場で行われることが多いです。
狙うタナゴのサイズ、種類、時期によって仕掛けを変えていきます。

ハエウキ仕掛け

まずは当たりがわかりやすく、初心者の方にもおすすめなハエウキ仕掛けについて、説明します。

釣り糸の長さは、使用する釣り竿と同じくらいの長さにします。
ウキは、ハエウキを使い釣り糸に上オモリ付けます。

次に、釣り糸の先に自動ハリス止めと共に下オモリをそれぞれつけます。
タナゴ専用釣り針にハリスを10cm程度残して付けます。
ウキのトップだけが水面から出るようにオモリを調節します。

ハエウキ仕掛けは、大型のタナゴを狙う際に使用されることが多い仕掛けです。

シモリウキ仕掛け

小型のタナゴを狙う際に使用されるシモリウキ仕掛けについても、説明します。

釣り糸の長さは、使用する釣り竿と同じくらいの長さにします。
ウキは、タナゴウキを使います。

釣り糸の先に目印としてシモリウキを通して、ウキがゆっくり沈むように板オモリで調整します。
タナゴ専用釣り針にハリスを3cmから5cm程度残して付けます。

タナゴ釣りのコツ・ポイント

タナゴを釣るポイントは、いかにタナゴが棲んでいる場所を見つけられるかです。
自らの足でタナゴが釣れる場所を探すことも、タナゴ釣りにおける楽しみの一つです。

タナゴが泳ぐタナを見極めることも重要で、水深1m未満の場合、底から10cmから30cmくらいの中層に釣り針を合わせることが重要です。

また、タナゴ釣りのコツは餌を付ける際に、餌の量を少なめにすることも重要なポイントです。
タナゴの口は小さいため、針に付いている餌の量が多すぎると上手く食い付くことが出来ないためです。

タナゴの繊細なアタリを取るには、初心者の方には難しく思えます。
しかし、大型のタナゴはウキの動きに注意することによってアタリがわかりやすくなります。

小型のタナゴは慣れるまでアタリの感覚がわかりづらいかと思いますので、ウキに些細な変化を感じた際に積極的に合わせていくことを、おすすめします。

タナゴ釣りの道具(タックル)・仕掛け・餌

おすすめのタナゴ釣りの道具、仕掛け、餌を、それぞれご紹介します。

ロッド・釣り竿

【PURO TRUST】GR楽釣 タナゴ 万能

こちらのロッド・釣竿は、サイズも選べて、初心者の方でも扱いやすい竿です。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

仕掛け

【OWNER】タナゴ浮子仕掛 ゴクショウ号

細かい仕掛け作りも、この1本で安心です!

ライン(釣り糸)

【サンヨーナイロン】ライン VALCAN タナゴ・ハエ・ヤマベ 50m

こちらのラインは、色付きなので見やすく、強度も申し分なしです。

浮き(ウキ)

【NAKAZIMA/ナカジマ】たなごウキ NPK-TANAGOUKI うき ウキ 小物用うき

こちらのウキは、アタリがわかりやすく、ツートンカラーで視認性も高めです。

板オモリ

【景山】板オモリ 0.10 パック詰

景山の板オモリは、タナゴの細やかな仕掛け作りに最適です。

ハリス

【OWNER】タナゴ 100番 紅葉

こちらは、強度、操作性も高めな新素材のハリスです。

針(ハリ)

【がまかつ】針 極(キワメ)タナゴ 10本

がまかつのこちらの針は、タナゴ釣りに丁度良いサイズの針です。

餌(エサ)

【マルキュー】タナゴグルテン NO.1652

マルキューのこちらのタナゴグルテンは、水と混ぜ合わせるだけの扱いやすい練り餌です。

冷凍クリーン赤虫 3枚セット

こちらの冷凍赤虫は、小分けになっているので、必要な量だけ解凍できるので便利です。

>>>こちらの記事も読まれています
初心者が絶対に持っておきたいコスパ最強の釣り道具まとめ|おすすめ・便利

スポンサーリンク

タナゴの釣り方についてまとめ

タナゴ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タナゴ釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・ルアー【初心者必見】」というテーマに沿って、「タナゴの生態・特徴」「タナゴ釣りにおすすめの場所」「タナゴ釣りにおすすめの時期・時間帯」「タナゴの釣り方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

川釣りの道具や仕掛けをご紹介|場所の選び方・竿の使い方【初心者必見】
川釣りでは、実に様々な種類の魚を釣ることができます。今回、釣りラボでは、川釣りで釣れる魚の釣り方や、釣りのために必要な道…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り…
釣りウキの基礎知識|種類・選び方・号数・浮力・付け方【初心者必見】
釣りをするなら必要不可欠とも言えるウキ(浮き)。ウキに関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回、釣りラボでは…
釣り初心者のための基礎知識 |釣り方・おすすめ道具・関東の釣りスポット
釣り初心者にとって、具体的な魚の釣り方や必要な道具など疑問に思う点が多いですよね。今回、釣りラボでは、そんな釣り初心者…
フライフィッシングの始め方【入門編】|道具・ロッド・リール・ベスト
フライフィッシングに挑戦したいけど、どうやって始めれば良いかわからないという方は多いのではないでしょうか?今回、釣りラボ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン