【タイプ別】リールケース・カバーのおすすめ10選!選び方やメリットも解説!

リールは繊細で壊れやすいため、ケースやカバーに収納しておくことがおすすめです。今回、釣りラボでは、リールケース・カバーの選び方やおすすめアイテムを厳選して紹介します。100均で代用できるアイテムもピックアップしているので参考にしてください。

リール
スポンサーリンク

リールケース・カバーの選び方

シマノ(SHIMANO) リールポーチ ブラック

今回はリールケース・カバーはどのようなものが良いかをご説明いたします。

ロッドにリールにルアーなど、諸々の釣具を購入し、釣りを楽しむ!という方は最近とても増えてきています。
自分に合うタイプのものを購入すると体への負担も少なくより楽しむことができます。
ですがせっかく厳選し、良いものを購入してもすぐに傷ついたり、破損してしまうとガッカリしてしまいます。

リールはコンパクトなため移動中や自宅に保管しているときも、誤って落としたり傷がついてしまう恐れがあります。
しかし、専用ケースに入れると破損や傷をつけることなく保管が可能になります。

ケースは様々なタイプがございますので、是非ご自分の用途に合うピッタリなケースを購入し釣りを楽しんでください。

タイプで選ぶ

リールケースを購入しようとするとき、たくさんの商品が販売されているため迷ってしまいますよね。
自身がお持ちのリールにピッタリなケースを選べるよう、まずはタイプで選ぶ方法をお伝えいたします。

ソフト・セミハードタイプ

軽量で持ち運びに便利なのがソフトタイプです。
ポリエステル等の厚手の素材で作られており衝撃から守ります。
女性や初心者の方にはこちらのソフトタイプをお勧めします。

ソフトよりも硬く作られているのがセミハードタイプです。
より弾力性のある素材で作られるため、高価なリールを守りたい場合にお勧めです。
より頑丈な分、ソフトより少し重くなります

ハードタイプ

セミハードより頑丈でしっかりとした作りになっているのがハードタイプです。
外からの衝撃にも強く、高価なリールを守るにはうってつけです。

ですが、当然3タイプのなかで一番重くなっているため、持ち運びには適していません。
自宅保管用として最適なタイプです。

カバータイプ

カバータイプとは、ロッドに装着した状態で使用できるタイプのことです。
そのため、カバーを外すとすぐに釣りをスタートできます。

こちらは移動中に傷をつけることなく運べるので1つは購入した方がよいお勧めのタイプです。

収納するリールのサイズ・台数で選ぶ

釣りが趣味という方は、リールを複数持っている方も多数います。
各リールのサイズも様々なため、そのような方には可動式の仕切りがついたリールポーチがおススメです。

リールの大きさに合わせて仕切りを移動できるので複数のリールを持って釣りに行きたい場合にもピッタリです。
大きさにより多少台数は変わりますが、5本前後入るものもありとても便利です。

スポンサーリンク

リールケース・カバーのおすすめ10選!

ジークラック(GEECRACK) セミハードケース(L) ブラック.

これまでカバーの種類や特性を説明してきましたが、次は実際の商品でお勧めするものをご紹介致します。
多数販売されているなかで、どれが良いのか分からず困ったという経験は誰にでもあります。

両軸のベイトリールにピッタリな商品など、参考にしていただければと思いますのでご紹介致します。
今回は、大手メーカーのシマノ・ダイワを中心に選びご説明します。

【ソフト・セミハードタイプ】リールケース・カバーおすすめ3選

ソフト・セミハードタイプのおすすめをご紹介いたします。
軽量で持ち運びに便利なため、移動中の保管に重宝されます。

【シマノ】リールポーチ

小物入れも装備されているため、一つにまとめて持ち運びができとても便利な商品です。
稼働式の仕切りなのでお持ちのリールサイズに合わせることもでき、シマノベイトや電動リールも楽々収納できる優れものです。

複数収納できるタイプなので、自宅での保管用としても重宝できます。

【ジークラック】セミハードケース

最大6個のリールを収納でき、保管用、移動用どちらにも使用できます。
リールはもちろん、小物類や魚探も収納できる多機能商品です。
セミハードタイプですが、十分な強度があり移動も安心です。

【シマノ】リールスプラッシュガードBP-037S

防水加工、衝撃吸収に特に優れている商品です。
大きめなデザインのため、ハンドルを外さずに収納も可能で便利です。
ベイトおすすめのリールケースです。

また、大物用のシマノ電動リールも同メーカーなので安心して収納できます。

これほどの高機能が備わっていますが価格は安価なため、大切に保管したい方や初心者の方にお勧めです。

【ハードタイプ】リールケース・カバーおすすめ4選

頑丈なハードケースをご紹介致します。
同じような形が多いですが、保管用途や価格などで判断していただければと思います。

【ダイワ】HDリールケース(A)

衝撃を和らげる構造搭載、クッション性素材を使用しているため、内も外も守られます。
対応サイズありますが、スピニング、ベイト両方収納できます。
ダイワ製のため特にダイワベイトにお勧めの商品です。
ソフト・セミハードタイプに比べ重いですが、こちらは持ち手があり運ぶ時に不便さはあまり感じません。

【ダイワ】HDリールカバー(A) SP-M

先ほどのHDリールケースのリール1台用です。
複数お持ちでない方、頑丈なケースでの保管を希望する方にピッタリです。
持ち手はありませんので、大きいリュックに入れて運ぶと移動が楽です。

【ダイワ】ネオリールカバー (A) SP-SH

スピニング対応のリールカバーです。
5㎜の厚い素材で守られるため、破損を防ぎます。
移動中にお勧めの商品です。

【プロマリン】ハードマルチケース

なんといっても価格が安価なのが魅力的です。
持ち手はありませんが、バックに収納しての移動や自宅保管用としては問題なくピッタリの商品です。

【カバータイプ】リールケース・カバーおすすめ3選

カバータイプはロッドにつけながら装着できとても便利です。
お持ちのリールサイズに合うカバーを是非見つけられるようご紹介していきます。

【ダイワ】ネオリールカバー (A) SP-M

厚い素材で安心感のある商品です。
ハンドルノブを収納できるタイプもあり、リール全体を保護したい方におススメです。
デザインもシンプルでロッドにつけたまま装着する際にも、主張しすぎずとてもオシャレです。
男性も女性も抵抗なく使用できる逸品です。

【シマノ】リールケースOCEA

スッポリと包み込んでくれるような形で安定感があります。
使い方もシンプルでストレスなく装着できます。
移動中の保護にはピッタリです。
ブルーのワンポイントは女性が好むオシャレなデザインです。

【シマノ】リールガード(スピニング用)PC-031L

リールを外さずに装着可能なため、移動時がとても楽です。
移動中の衝撃から守り、傷を防いでくれます。
防水素材が入っているため、釣りを行っていない際に海水からも守れる優れものです。

スポンサーリンク

100均で代用できるリールカバーを紹介

シマノ(SHIMANO) リールケース リールスプラッシュガード BP-037S ブラック

実はリールカバーは100均で代用できるものもあります。
つり具を購入して費用が足りないという方は、是非100均をご検討ください。

小物ケースコーナーにあるメッシュ素材のポーチがおススメです。
メッシュは通気性が良いので濡れた状態で収納した際にも乾きが早いことがメリットです。

移動中の衝撃が不安な方は、100均にスポンジも販売していますので、是非リメイクしてみてください。
作り方は簡単で、購入するポーチの大きさにカットして入れるだけです。

クッション性がアップしより安心して収納できます。
自分好みに調節でき、手作りでピッタリなリールカバーが完成します。

スポンサーリンク

リールケース・カバーについてまとめ

ダイワ HD リールケース(A) M

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【タイプ別】リールケース・カバーのおすすめ10選!選び方やメリットも解説!」というテーマに沿って、

  • リールケース・カバーの選び方
  • リールケース・カバーのおすすめ10選!
  • 100均で代用できるリールカバーを紹介

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年最新版】おすすめのリールケース人気7選を紹介!選び方や役割も解説
釣りをする際に必要不可欠なリール。リールは保存方法を間違ってしまうと傷がつきやすい釣り具でもあります。今回釣りラボでは、…
ロッドカバーおすすめ人気5選!ロッドカバーのメリットや自作方法も解説!【コスパ最強】
ロッドの先端は細くて傷つきやすいですよね。保管の際に保護したり、安全に車に乗せるためには、ロッドカバーが必須になります。…
【2021年】ロッドケースおすすめランキング13選!自作方法や人気メーカーの商品もご紹介
ロッドケースは、釣り竿を守るために大事なアイテムです。今回、釣りラボでは、ロッドケースを選ぶ際のポイント、ケースの種類、…
【2021年】おすすめのルアーケース9選!人気のメーカー別に選び方もご紹介
釣りには必要不可欠ともいえるルアー。ルアーの数が増えていくほど、収納に困ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣…
【2021年】ダイワのロッドケースおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も
ダイワのロッドケースは、大切なロッドを守るケースの中でも、特に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのロッドケースの…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン