【2021年】ダイワの電動リールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介

船釣りに欠かせない電動リールですが、どのメーカのものを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、ダイワの電動リールの特徴、おすすめのダイワの電動リール、2021年シーズンに向けた新製品のダイワの電動リールをご紹介します。

リール
スポンサーリンク

ダイワの電動リールの特徴

ダイワ(DAIWA) 電動リール 18 シーボーグ 200JL-SJ (2018モデル)

電動リールはソルト用はダイワやシマノ、テイルウォーク、ミヤマエなどのメーカーから提供されています。

またワカサギ釣り用の電動リールは、シマノ、ダイワ、レイクマスター、プロックスなどからも提供されています。

ダイワの電動リールの特徴について解説します。

どういったシリーズがあるのか

ダイワの電動リールには、シーボーグ、レオプリッツ、SEABORG、タナコン、マリンパワーなどのシリーズがあります。

またワカサギ釣り用の電動リールとしてはクリスティアシリーズが準備されています。
ソルト用、ワカサギ用とも機種によっては複数のサイズやモデルのあるものがあります。

他のメーカーとの違い

ダイワは電動リールに新たな技術を取り入れてきたメーカーで、多くの特徴ある技術を電動リールに搭載しています。

例えば巻き上げスピードのコントロールが容易にできるJOGパワーレバーや、フカセ釣りで威力を発揮する電動フカセクラッチなどです。

またタナ取りを正確に行うことができる超音波センサーはリアルタイムで水深を測定することができます。

ワカサギ釣り用の電動リールは、小型軽量でパワーも兼ね備える上、にカウンターの精度が高く、バリエーションも多くなっているなどの特徴があります。

スポンサーリンク

ダイワの電動リールおすすめ人気8選

ダイワ(DAIWA) 電動リール 17 レオブリッツ 200J (2017モデル)

ダイワは2020年、2021年と最新の技術を盛り込んだ新作のリールを発売しています。
ダイワの電動リールはスプールへの糸巻量によってサイズ分けされています。

なお電動リールには専用のバッテリーも必要ですので、初めて電動リールを選ぶ際は、使用時間も考慮し適切なバッテリーも選びましょう。
ダイワの電動リールおすすめ8選をご紹介します。

【ダイワ】シーボーグ200J-SJ

JOGパワーレバーを搭載し、片方の手だけで操作できるスロージギング専用モデルでアカムツやクロムツなど、中深海にいる魚に向いています。

2018年の発売で、ハンドルノブはたる型で握りやすくなっています。
なおダイワで小型の電動リールは200サイズが最小となっており、過去に提供していたレオブリッツ150サイズは在庫のみとなっています。

【ダイワ】レオブリッツ200J

ダイワの小型電動リールでコストパフォーマンスが高くランキングでも高い評価を受けているモデルです。
低価格モデルながらJOGパワーレバーも搭載し、使い勝手も考慮されています。

【ダイワ】シーボーグ300MJ

2020年に発売された電動リールで、軽量化とデザインを一新し、ギアを切り替えることができるメガツイン機構を搭載しました。
新製品として軽量化したシーボーク300Jが2021年にリリースされています。

【ダイワ】レオブリッツS400

レオブリッツ400をリニューアルモデルしたもので、1年中船釣りを楽し見たい釣り人におすすめのPEライン専用のモデルです。

コンパクトなボディで船から狙うマダイ、イカ、アジ、サバなどのターゲットに向いています。

【ダイワ】シーボーグ500AT

電動フカセクラッチを搭載したオートマチック機種で、超音波センサーで水深を正確に測ることができます。

ネオジウム磁石を使用したマグマックスモーターを使用しており、高いトルクとパワーを実現しています。

【ダイワ】レオブリッツS500J

いろいろなターゲットに対応した500サイズで、キンメ、ムツなどの他に青物やイカなども狙うことができます。
置き竿から手持ちまで様々なスタイルに対応したJOGパワーレバーを採用しています。

【ダイワ】タナコン1000

最大ドラグ力22kgと圧巻のパワーを有するタナコン1000は20kgサイズのキハダの他にキンメ、アコウ、タラなど中深場の釣りに向いています。

高い剛性と軽さを持つアルミラウンドノブを標準で装備しラウンド形状のノブは握りやすい形状です。

【ダイワ】クリスティアワカサギ CRTα

クリスティアワカサギCRTαは2020年に発売されたダイワのワカサギ用電動リールの最高峰モデルです。

新型モータで耐久性と機能が向上したほか、外部電源用の電源コードも付属し、長時間の釣りに対応しています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのダイワの電動リール2選

ダイワ(DAIWA) 電動リール 20 シーボーグ 300MJ (2020モデル)

2021年新作おすすめのダイワの電動リール2選をご紹介します。

【ダイワ】シーボーグ300J

2021年以降に発売されたダイワの新製品の電動リールで、自重560gと軽量ながら抜群のパワーを持っています。

巻上げ力やドラグ力を向上させることで、使い勝手を向上させています。

【ダイワ】シーボーグ600MJ

金色と赤のカラーが魅力のシーボーグ600MJは手持ちサイズながら抜群のパワーを誇っています。

メガツイン機構を採用しスピードとパワーを両立させ、さらにオートマチックドラグシステムで常に高いドラグ力を維持しています。

スポンサーリンク

ダイワの電動リールの修理・オーバーホールについて

ダイワ(DAIWA) 電動リール レオブリッツ S400 S400 2016年モデル

ダイワの電動リールの修理・オーバーホールについてご紹介します。
電動リールのメンテナンスは、まず日常の手入れですが、水洗いできるウォッシャブルタイプの電動リールは、取り扱い説明書を確認し、ドラグをしめた後、流水で洗います。

水洗いできないタイプは水ぶきなどにとどめましょう。
必要に応じて、注油を行いますが、オイルもメーカー推奨のものを使うことをおすすめします。

オーバーホールや、故障の際は、専門のメンテナンス会社にお願いしたほうが無難です。
自分で分解すると、故障のもとになります。
価格(料金)などは事前に見積もりを取って確認しましょう。

DAIWA : 修理依頼する際のお願い - Web site
スポンサーリンク

ダイワの電動リールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) 電動リール シーボーグ 500AT 500AT (右ハンドル) 2016年モデル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ダイワの電動リールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介」というテーマに沿って、「ダイワの電動リールの特徴」「ダイワの電動リールおすすめ人気8選」「【2021年新作】おすすめのダイワの電動リール2選」「ダイワの電動リールの修理・オーバーホールについて」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シマノ・ダイワのおすすめ電動リール7選!選び方や使い方もご紹介
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ…
【2021年】シマノの電動リールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
シマノは数多くの電動リールを発売しており、初めて電動リールを購入する際におすすめのブランドの一つです。今回、釣りラボでは…
【2021年最新版】電動リール用バッテリーおすすめ5選!選び方や処分方法も解説
特に船釣りや大物狙いの釣りにおいて大活躍の電動リールですが、バッテリーには寿命があり、買い替えが必要になります。今回釣り…
【2021年】ワカサギ電動リール人気7選!選び方・メリットもご紹介
冬の風物詩として知られるワカサギ釣り。繊細なワカサギ釣りには専用のリールを用いる必要があります。今回釣りラボでは、ワカサ…
【2021年最新】小型電動リールおすすめ10選!特徴や選び方もご紹介
小型電動リールは、ライトゲームや青物釣りに適しています。ダイワ、シマノを中心に多くの種類が発売され、サイズ、性能に違いが…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン