【2021年】ベイトフィネス用パックロッドおすすめ9選!失敗しない選び方も解説

ベイトフィネスにパックロッドを使うメリットをご存知ですか?今回、釣りラボでは、ベイトフィネスにパックロッドを使うメリットや、ベイトフィネス用パックロッドの選び方を解説。またおすすめパックロッドも紹介するので是非参考にしてみてください。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそもパックロッドとは?

ダイワ(DAIWA) バスロッド エアエッジ モバイル 664MLB 釣り竿

そもそもパックロッドとはどのようなロッドをいうのでしょうか。
パックロッドとは、ロッドの継ぎ数が多く、仕舞寸法が短いロッドのことをいいます。

スポンサーリンク

ベイトフィネスにパックロッドがおすすめな理由

テイルウォーク(tailwalk) OUTBACK NC765L 16089

ベイトフィネスにパックロッドがおすすめな理由について解説します。

様々な釣りに対応できる

ベイトフィネスにパックロッドがおすすめな理由のひとつめは、様々な釣りに対応できるということです。

ベイトフィネスとは、概ね5g以下の軽いルアーを、ベイトリールを用いてキャスティングする釣り方のことです。

もともとはバスフィッシングから始まったとも言われていますが、軽量のルアーをベイトフィネスのタックルでキャスティングする釣り方は、様々な釣りに対応でき、渓流でのトラウトやソルトでのシーバスなどでも行われるようになってきています。

渓流やソルトでの釣りで移動する際に、パックロッドは使わない時はコンパクトにすることができおすすめです。

持ち運びに便利

ベイトフィネスにパックロッドがおすすめな理由のふたつめは、持ち運びに便利という点です。

パックロッドは、仕舞寸法が短いものでは40cm以下、長いものでも70cm~100cm程度と短いので、持ち運びに便利で、移動しながらベイトフィネスタックルでキャスティングを行う際や、釣行に電車やバイク、自転車を使う場合にも持ち運びが楽で便利です。

スポンサーリンク

ベイトフィネス用パックロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン モバイル 666TMB 釣り竿

ベイトフィネス用パックロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:継ぎタイプ

ベイトフィネス用パックロッドを選ぶポイント1つ目は、継ぎタイプで選ぶというものです。
パックロッドには継ぎタイプによって、振出式、並継・逆並継、印籠継ぎなどのタイプがあります。

振出式

振出式とは、ロッドが筒状になっており、細い部分が太い部分に入り込むタイプで、ロッドを簡単に伸ばしたり縮めたりできまます。

取り扱いが簡単なメリットはありますが、ロッドのすき間に砂や水が入りやすく、壊れやすかったり、伸び縮みの衝撃でガイドが壊れやすいという欠点があります。

並継・逆並継

並継と逆並継はロッドが複数の部分(パーツ)に分かれており、使用する際に継いで使うタイプです。
振出式でよくあるキャスティングなどにロッドが縮むといったトラブルもなく、振出式に比べても壊れにくく、また洗浄しやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、キャストした際にロッドの継ぎ部分が抜けてしまうという場合があることです。

ここで逆並継とは、ロッドの手元部分(バット側)を先の部分(ティップ側)に差し込むようになっているタイプで、並継とはロッドの先の部分(ティップ側)を手元部分(バット側)を差し込むようになっているタイプのことを言います。

印籠継ぎ

印籠継ぎとは、ロッドが複数の部分(パーツ)に分かれていることは、並継、逆並継と同じですが、継ぎ部分の構造が違います。

印籠継ぎは、ロッドを継ぐ際にバット側とティップ側を継ぐ際に芯を別にもうけるタイプです。

並継、逆並継は芯の部分を別に設けるのではなく、ロッド(の部分)そのものを相手方に差し込みます。

印籠継ぎは、ロッドの曲がりが、ワンピースロッド等に近くスムーズなので、高級モデルに多用される継ぎ方ですが、継ぐための芯が必要で、ロッドの重量が重くなるというデメリットがあります。

選ぶポイント2:ターゲット

ベイトフィネス用パックロッドを選ぶポイント2つ目は、ターゲットによって選ぶというものです。

ベイトフィネスは軽いルアーをベイトリールを使用するタックルでキャストするルアーフィッシングの方法で、ターゲットはバスやトラウト、シーバス、ロックフィッシュなど様々です。

ルアー重量からしても遠投はできないので5ft~7ft程度のなるべく軽いロッドを選択しましょう。

硬さや調子については、各ターゲットに合わせたものを選ぶのが良いですが、バーサタイル性の高いものを選んでおけば、様々なターゲットに活用できます

選ぶポイント3:仕舞寸法

ベイトフィネス用パックロッドを選ぶポイント3つ目は、仕舞寸法で選ぶというものです。
パックロッドの仕舞寸法は、短いもので40cm以下ですが、長いもので70cm~130cm程度となりますが、継ぎ数によって長さも変わってきます。

一般的には継ぎ数が多いほど、仕舞寸法は短くなり、継ぎ数が少ないほど仕舞寸法は長くなります。
ですが、継ぎ数が多い場合には、ロッドの曲がりにスムーズさを欠く場合もあるので、自分が欲しい仕舞寸法と、ロッドの特性をよく確認して購入しましょう

スポンサーリンク

ベイトフィネス用パックロッドおすすめ6選

アブガルシア(Abu Garcia) フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-654ML-BF-MB ベイトフィネス

ベイトフィネス用パックロッドおすすめ6選をご紹介します。

【初心者向け】パックロッドおすすめ2選

初心者向けのパックロッドおすすめ2選をご紹介します。

【ダイワ】エアエッジモバイル664MLB

エアエッジモバイルは、新しい世代の標準となるバスロッドのモバイルモデルで、強いバットが特徴です。

6.6ftの長さは、近距離でのキャスティングと操作性に優れています
仕舞寸法は54cmとコンパクトで110gの自重で、持ち運びも容易です。

【テイルウォーク】アウトバックNC765L

多くの小型ルアーに対応したライトベイトキャスティングロッドで、ロックフィッシュ、バス、小型のイカなどにも使用できます

バットパワーも強く60cmサイズのシーバスとも対峙でき、スリリングなファイトを楽しむことができます。

【コスパ重視】パックロッドおすすめ2選

コスパ重視のパックロッドおすすめ2選をご紹介します。

【ダイワ】ブレイゾンモバイル666TMB

仕舞寸法45cmの振出タイプのバス用のパックロッドで、ブランクスには軽量性と強度を兼ね備えたダイワオリジナルのカーボン素材を使用しています。

クランクベイト、バイブレーションなど多くルアーに対応しています。
専用のケースもありおすすめのパックロッドです。

【アブガルシア】クロスフィールド XRFC-654ML-BF-MB

一本のロッドであらゆるフィールドに対応できるロッドを目指して開発されたロッドのベイトフィネスタイプです。

654ML-BF-MBはバスやロックフィッシュに向いており、53cmの仕舞寸法で携帯性も抜群です。

【性能重視】パックロッドおすすめ2選

性能重視のパックロッドおすすめ2選をご紹介します。

【シマノ】ワールドシャウラ1651FF-3

世界中のルアーターゲットに対応するために開発されたワールドシャウラは、オールラウンドに戦えるロッドです。

仕舞寸法は130cmと長めですが、継ぎ数が少ないことで曲がりもスムースでおすすめのロッドです。

【スミス】ビースティッキーBXT-EX45UL

渓流ベイトフィネスのパックロッドで仕舞寸法は57.5cmとコンパクトなので、渓流での釣行にも向いています。

キャスト性能に優れ、ベイトフィネスリールの特性を十分に発揮できるロッドとなっています。

スポンサーリンク

【2021年】ベイトフィネス用パックロッドおすすめ3選

シマノ(SHIMANO) バーサタイルロッド ワールドシャウラ ベイト バット交換モデル 1651FF-3 マルチパーパス ライトスペシャル 適合エクステンションバット:Type B

最後に2021年シーズンに向けた最新のベイトフィネス用パックロッドを2つご紹介します。

【シマノ】ポイズンアルティマ166L-BFS/5

2020年以降に発売されたロッドで、バスロッドはこうあるべきだという姿を追求した5ピースタイプで、携帯性に優れています

マルチピースコンセプトで精密なロッドのバランスを追求し、ルアーの繊細な操作が可能です。

【アブガルシア】Zoom Safari ZMSC-765L

印籠継ぎを採用し、ジョイント部分の曲がりもスムーズで、快適な釣りを楽しむことができます。

トラウトやバスの他にシーバスやロックフィッシュ等にも対応する近距離のキャスティング性能に優れており2021年に必携のロッドです。

【シマノ】ゾディアス C66ML-5

2021年度シマノ・ゾディアスシリーズから、C66ML-5が発売されました。
軽量ワーム・ノーシンカーもキャスト可能、パワーバーサタイルモデルで遠投も可能です。
レジャーついでに見つけた野池、沼で本領発揮します。

ソルトでも微小ワームでのメバリング・アジングへも転用可能、また渓流等での軽量ルアーフィッシングへも応用可能ですので、自家用車へ常備しておけば重宝します。

スポンサーリンク

ベイトフィネス用パックロッドについてまとめ

スミス ビースティッキートラウト BST-EXS45UL/C3 SMITH Be Sticky Trout

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ベイトフィネス用パックロッドおすすめ9選!失敗しない選び方も解説」というテーマに沿って、

  • そもそもパックロッドとは?
  • ベイトフィネスにパックロッドがおすすめな理由
  • ベイトフィネス用パックロッドの選び方
  • ベイトフィネス用パックロッドおすすめ6選
  • 【2021年】ベイトフィネス用パックロッドおすすめ2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】コスパ最強パックロッドおすすめ9選!ダイワ・シマノの人気商品からハイエンドまで
パックロッドは釣りをより気軽なものにしてくれる非常に便利なものです。今回、釣りラボでは、パックロッドの特徴、活躍の場面、…
【2021年最新】シーバス用パックロッドおすすめ10選!選び方のポイントも解説!
パックロッドはコンパクトで持ち運びがしやすくとても便利!そこで今回、釣りラボでは、シーバスパックロッドの選び方のポイント…
【2021年】ショアジギング用パックロッド13選!持ち運びに便利&性能がいいロッドは?
電車や飛行機で遠征してショアジギングを楽しむ人必見!今回、釣りラボでは、パックロッドの継ぎの種類や選び方について詳しく解…
【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【2021年】ベイトフィネスロッドおすすめ14選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品も
ベイトフィネスロッドでは、非常に繊細な釣りを楽しむことができ、人気があります。今回、釣りラボでは、ベイトフィネスロッドの…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン