【2021年】ライトエギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方・新製品も徹底比較

近年、普通のエギングよりも軽量タックルで行うライトエギングの人気が非常に高まっていますが、どのようなロッドを使うべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ライトエギングロッドの特徴、おすすめのライトエギングロッド、2021年シーズンに向けた新製品のライトエギングロッドをご紹介します。

ロッド・釣竿 エギング
スポンサーリンク

そもそもライトエギングロッドとは?

メジャークラフト エギングロッド 2代目ソルパラX SPX-832EXL- 8.3フィート(約253cm) 釣り竿

そもそもライトエギングロッドとは、どのようなものでしょうか。
イトエギングとは、イカの中でも比較的小型のケンサキイカやヒイカを岸から狙うエギングの一種で、ライトエギングに用いるロッドをライトエギングロッドと呼んでいます。

スポンサーリンク

ライトエギングロッドの選び方

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) メビウス 710L

ライトエギングは、小さなイカを狙うので使用するエギも1.5号~3号を使用します。
エギングロッドと銘打っているものに限らず、仕様が合えば使用することができます

ライトエギングロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:長さで選ぶ

ライトエギングロッドの長さは、7ft~8ft程度のものを選択しましょう。
ライトエギングに限らずエギングロッドは8ft程度のものが主流となっています。

エギングで狙うポイントはと遠くても岸から50m程度なので、8ftを大きく超えるレングスは必要ないでしょう。

選ぶポイント2:硬さで選ぶ

ライトエギングに用いるロッドの硬さは、UL~LあるいはML程度のものがおすすめです。
あまり硬いものは、小型のイカの繊細なアタリを感じにくくなるのでおすすめできません。

エギングロッドはショアジギングなどに代用しているアングラーも多いと思いますが、ショアジギングロッドのライトエギングロッドへの代用は少し難しいようです。

ショアジギングは、遠投が主となるため、長さが長く硬めのロッドが多くなってしまうからです。

ショアジギングロッドをライトエギングに代用する場合は、ロッドレングスが短めで硬さの柔らかいものを使ってみましょう。

スポンサーリンク

ライトエギングロッドおすすめ人気6選

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 17 セフィア CI4+ S803L ソフチューブトップ 2~3.5号のエギ向き

ライトエギングロッドおすすめ人気6選をご紹介します。

【メジャークラフト】ソルパラ エギング SPX-832EXL

新型のソルパラは、価格も安く中級者から初心者にも扱いやすいように開発されておりおすすめです。

ロッドを構成するカーボン素材から、グリップ形状そしてガイドのセッティングまで見直しました。

SPX-832EXLは、1.2~2.5号といった小型のエギを使うことができるライトエギング専用モデルで、小型のツツイカ等も攻略できる柔らかい上に高感度のティップが特徴となっています。

【ヤマガブランクス】Mebius710L

ヤマガブランクスから発売されているメビウスはエギング専用ロッドとして、ブランクスの性能を高め、かつコストパフォーマスを向上させました

710Lはショートレングスでセンシティブな特性を持ったモデルで、1.8~3.5号のエギを扱うことができます。

わずかなアタリを感じることができ、ヒイカやツツイカから2kgまでの比較的大型のイカまで対応しています。

【シマノ】セフィア CI4+ 803L

徹底的な軽量化で、シャクリ性能を高めたエギングロッドで、ブランクスの改良により、手首を動かすだけで比較的簡単にシャクリを行うことができ人気です。
ネジレ剛性が高く、ブレが生じにくいロッドとなっています。

803Lは1.5~3.5号のエギに対応していることから、ライトエギングロッドとして十分な仕様となっています。

【シマノ】ルアーマチックS70UL

バスやトラウトそしてアジやメバルなどのルアーフィッシングに用いるルアーマチックは価格も安くランキングでも上位を占めるロッドで、ライトエギングに対応する仕様となっています。

S70ULは10gまでのルアーウェイトに対応しており、小型のエギ(2.5号程度)と同程度となるのでライトエギングにもおすすめのロッドです。

【ダイワ】月下美人MX 78MLS-S

ダイワのメバリングロッドの月下美人は、軽量でありながら粘りがあり、軽量で高感度であるためライトエギングロッドとしても十分活用できます

78MLS-Sは1.5~10gのルアーウェイトに対応しており、小型のエギを使用するのに適した長さと硬さを持っています。

【シマノ】ブレニアスBB S70ML

ブレニアスBBは種々のルアーゲームを楽しむことができるコストパフォーマンスの高いロッドです。

バットパワーは十分でかつ軽量なロッドで、チニングなどにも使われます。
ライトエギングでも不意の大物がかかる場合もありますが安心して対峙することができます。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのライトエギングロッド2選

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック 2本継ぎ S70UL メバル・アジ狙いのライトルアー

2021年新作のおすすめライトエギングロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】エメラルダスMX 86ML・N

2021年新作のダイワのエギングロッドで、上位のロッドの技術を搭載したベーシックモデルとなっており、初心者のみならず中級者から上級者にもおすすめです。

86ML・Nは1.8~3.5号のエギに対応しており、ライトエギングにも十分使用できます。
ネジレ防止構造を採用し、しなやかでブレの少ないライトエギングロッドに仕上がりました。

【シマノ】セフィアエクスチューンS86L

最新技術を搭載したシマノの新作エギングロッドで、軽量で高感度のカーボンモノコックボディやキャスト時のトラブルを避けるXガイドを採用しました。

1ピースロッドと遜色の無い、新技術のフェルールを搭載するなど多くの面で進化しています。

S86Lは1.5~3.5号のエギに対応する小型のイカにも対応するモデルですが、強力なバットを持ち予想外の大物にも十分対応できます。

スポンサーリンク

ライトエギングロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド 月下美人MX・V 78MLS-S・V 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ライトエギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方・新製品も徹底比較」というテーマに沿って、

  • そもそもライトエギングロッドとは?
  • ライトエギングロッドの選び方
  • ライトエギングロッドおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのライトエギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド16選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】シマノのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
シマノのエギングロッドは、エギング初心者から上級者までに支持される人気の製品です。今回、釣りラボでは、シマノのエギングロ…
【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
ダイワのエギングロッドは、エギングをするならぜひ1本は持っておきたい商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのエギングロッド…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド11選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ11選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン