【2021年】打ち込みリールおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介

沖縄で人気のある打ち込み釣り。どのようなリールを選ぶと良いのでしょうか。今回、釣りラボでは、打ち込みリールの特徴、おすすめの打ち込みリール、2021年シーズンに向けた新製品の打ち込みリールをご紹介します。

リール
スポンサーリンク

そもそも打ち込み釣りとは?

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(投げ・遠投) 17 クロスキャスト 6000 (2017モデル)

打ち込み釣りとは、針がついた仕掛けを魚がいるポイントへ入れて、魚が食いつくのを待つという沖縄で多くの人が行う釣法です。
他の釣りとは違い、竿を固定して音が鳴るよう設置する釣法が一般的です。
竿が引っ張られる瞬間がアタリの合図です。

仕掛けがシンプルで必要な道具も少ない事から初心者でも始めやすい釣法となっております。

沖縄以外の本土でもクエやマダイ等様々な魚種に有効に使えるため人気です。
是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

打ち込みリールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 6000HG ショアジギング プラッギング ジギング 青物

打ち込み釣りにはお勧めのリールがあります。
どのタイプのリールを選べば良いのかをポイントごとにご説明します。
是非参考にしてみてください。

ポイント1:糸巻量

仕掛けを遠投する打ち込み釣りは糸巻量がたくさん必要です。
引きが強い魚が多いため、糸巻量が少ない場合ヒットした際にラインが切れてしまいます。
10~13号のラインを150mほど巻けるものがおススメです。

更に太めのラインを選ぶと耐久性と安心感が増し楽しめます。

ポイント2:巻き上げ力

ポイント1でもお伝えしましたが、打ち込み釣りで釣れる魚は引きが強いです。
そこで必要となるのが魚に負けないような巻き上げ力です。

また、魚が岩の隙間に逃げようとした時にも巻き上げ力があるリールがあると便利です。
逃げる力に負けずに魚を浮かす確率が大幅にアップします。

スポンサーリンク

打ち込みリールおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(投げ・遠投) 17 WINDCAST 6000QD (2017モデル)

ここからは、打ち込みリールのおすすめをご紹介していきます。
先程ご説明したポイントに合ったリールから人気の高いもの、おすすめを上げますのでご参考ください。

【ダイワ】クロスキャスト

インフィニットストッパーを採用し、高精度の巻き上げ力を実現したリールです。
お手頃価格でコストパフォーマンスも抜群です。

是非最初のリールにご検討ください。

【シマノ】ストラディックSW

インフィニティドライブを搭載し、軽やかな巻上げと耐久性を実現した打ち込みにもピッタリなスピニングリールです。
高い防水性能も期待できるため、長く使用可能です。
シンプルながら高級感のあるデザインもお勧めするポイントです。

【ダイワ】ウィンドキャスト

エアローターを採用し、強度は維持しつつ大幅な軽量化を実現したリールです。
引きの強い魚とのファイトにも有利となります。
巻き糸のズレや食い込みを防ぐクラスラップも搭載しているため、ストレスなく釣りが楽しめます。

【シマノ】アクティブキャスト

打ち込み初心者におススメのリールです。
価格は1万円以下と安価ですがデザインもお洒落で必要なスペックは備わっており、コストパフォーマンス抜群です。

【ダイワ】ブラストLT

打ち込み用リールの中でもランキング上位で人気商品です。
エアローター搭載で高い巻き上げ力が特徴です。
大物の引きにも負けない頼もしいリールです。

【ダイワ】トーナメントISO 遠投

打ち込みリールとしてピッタリの人気商品です。

ダイワ独自の技術を生かした部品を採用し、軽量化と腐食に強いボディを実現しました。
その他、ダイワの技術を搭載し高い巻き上げ力と強さを持ったおすすめのリールです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの打ち込みリール2選

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 投げ・遠投 アクティブキャスト 1050 初心者向け 磯カゴ

ここからは、2021年発売の新作を中心にご紹介致します。
コスパが高い2つを解説していきますので、参考にしていただけたらと思います。
是非ピッタリなリールを選び、打ち込み釣りに挑戦してみてください。

【ワタチャンプ】Aladino2500

2021年発売、ワタチャンプの新作です。
なんと言っても価格が安価で、打ち込み初心者の方にもピッタリなスピニングリールです。
高速ギアで巻き取り力も抜群です。

【ダイワ】21フリームスLT

2021年発売の打ち込み対応のスピニングリールです。

新形状のラインストッパーを搭載し、細糸と太糸どちらも対応できスプールの軽量化も期待できます。
更にエアローターも搭載しており、高い巻き上げ力と剛性を実現しています。

スポンサーリンク

打ち込みリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 ブラスト LT5000D-CXH (2018モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】打ち込みリールおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそも打ち込み釣りとは?
  • 打ち込みリールの選び方
  • 打ち込みリールおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめの打ち込みリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2021年】コスパ最強のスピニングリールおすすめ12選!特徴・選び方・使い方も
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
【2021年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…
【2021年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、…
【2021年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング11選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン