【2022年】ライトアジのリールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

今知って欲しいライトアジ用のリールはこちら!今回、釣りラボでは、ライトアジのリールの特徴、おすすめのライトアジのリール、コスパ最強製品、2021年シーズンに向けた新製品のライトアジのリールをご紹介します。

リール ライン・釣り糸
スポンサーリンク

ライトアジのリールの選び方

シマノ(SHIMANO) 船・手巻リール 両軸 20 ゲンプウ XT 150(右) カワハギ マルイカ カレイ

ライトアジリールの選び方について解説します。

選ぶポイント1:リールタイプで選ぶ

ライトアジのリールを選ぶ際には、リールタイプに注目しましょう。
ライトアジは船から、ほぼ垂直に仕掛けを落とす釣りなので、両軸リールが便利です。
電動リールや手巻きリールがありますが、ライトアジは比較的水深の浅い場所で行います。

ライトアジだけを行うのなら、手巻きのリールで十分対応できます。
もちろん、小型の電動リールを用いても一向にかまいません。

選ぶポイント2:ラインキャパで選ぶ

ライトアジのリールを選ぶ際にはラインキャパは大切なポイントです。
ライトアジの釣りは、海面から30m程度までになるので、それほどのラインキャパは必要ありません。

ライトアジのリールはPE1.5号が100m程度巻くことができるリールでも十分楽しむことができます。

最大でもPE2号が200m程度巻くことができるリールを選んでおけば、他の釣りでも十分活用可能です。

選ぶポイント3:ギア比で選ぶ

ライトアジのリールを選ぶ際にはギア比について考えてみましょう。
ライトアジの場合には、あまり深いところまで仕掛けを落とさないので、巻き上げスピードについて考える必要はありません

ギア比はノーマルギアでも十分です。
もちろんハイギアでも活用できるので、他の釣りとの兼ね合いも考えて選んでみてください。

選ぶポイント3:カウンターの有無で選ぶ

ライトアジリールを選ぶ際にはカウンターの有無について考えてみましょう。
カウンター付きは、水深が一目でわかるのでとても便利な機能ですが、ライトアジはあまり深い場所で行う釣りではないので、ラインのカラーの変化などでも十分確認できます

ただし他の釣りでも使う場合にはカウンター付きを選んでおくと使う範囲が広がりよいでしょう。

スポンサーリンク

ライトアジのリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) 船・手巻リール 両軸 18 ベイゲーム 150(右) カワハギ マルイカ タコエギ ヒラメ タチウオ タイラバ ジギング

ライトアジのリールおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

【シマノ】ゲンプウXT 150

コンパクトボディで人気の両軸リールで価格も比較的安く設定されており、初心者にもおすすめです。
150は、ギア比6.3のノーマルギアとなっています。

【シマノ】ベイゲーム 150

マイクロモジュールギアを搭載しており、巻き上げ性能が向上したリールで人気がありランキングにあがることもあります。
剛性やパワーも十分で、ライトアジ釣りにも余裕で使うことができます

【ダイワ】フネXT 150HL

ダイワから発売されており、多くのターゲットに使うことができる小型両軸リールで、スーパーメタルフレームで、力強い巻き上げが特徴です。
スーパースプールフリー仕様で、仕掛けの落下もスムーズに行えます。

【アブガルシア】ブルーマックス船

様々な船釣りに対応できる小型の両軸リールで、扱いやすいうえに価格も安くコスパは最強です。
ロープロファイルボディでパーミング性も高く、ロケットクラッチなどの装備も充実しています。

【ダイワ】スパルタンMXIC 150H

高い性能のICカウンターを装備した小型の船釣り用両軸リールで、多くのライトゲームに対応できます。
スーパーメタルフレームで、高い剛性を持ち、スムーズな巻き上げを実現しています。

【プロマリン】デジタルフォースDX DF200P

オフショアでのライトゲームに最適な小型の両軸リールで、デジタルカウンター搭載となっています。
DF200Pはパワーハンドルモデルで、力強い巻き上げが可能です。

スポンサーリンク

【2021年〜2022年新作】おすすめのライトアジのリール2選

ダイワ(DAIWA) フネ XT 150HL 両軸リール

2021年新作、おすすめのライトアジリール2選をご紹介します。

【ダイワ】バサラIC 150

2021年新製品の両軸リールで、最新コンセプトのハイパードライブデザインを採用し、購入時の性能を長く維持することができます
150は、ギア比6.3のノーマルギアとなっています。

【シマノ】バルケッタBB 150DH-PG

2021年新作の両軸リールで、カウンターが付いている基本的なモデルで、初心者にもおすすめです。
150DH-PGはギア比5.8のノーマルギア仕様で、PEライン1.5号を200m巻くことができます。

スポンサーリンク

ライトアジのリールについてまとめ

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール BLUEMAX船3

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ライトアジのリールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ライトアジのリールの選び方
  • ライトアジのリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのライトアジのリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】アキアジ(鮭釣り)向けリールおすすめ人気8選!選び方や新製品もご紹介
アキアジ(鮭釣り)に使うリールには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、アキアジ向けリールの特徴、おすすめのア…
【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2022年】両軸リールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
今釣り師の方に知って欲しい!2021年度激推し!両軸リール厳選集!今回、釣りラボでは、両軸リールの特徴、おすすめの両軸リ…
【2022年】電動リールおすすめランキング10選!シマノやダイワの人気製品から使い方・選び方も
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ…
【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン