タナゴ釣りにおすすめの餌を紹介!自作餌の作り方や保存方法も解説

タナゴと言えば、釣りを楽しめる魚の中では最小と言っても過言ではないほどの小ささを誇る魚ですが、そんなタナゴ釣りで使う餌はどんなものなのでしょうか?今回釣りラボでは、タナゴ釣りにおすすめの餌や付け方、手作り餌の作り方などを紹介します。

釣り餌
スポンサーリンク

タナゴ釣りとは?

タナゴ

出典:写真AC

タナゴ釣りは、釣りの対象魚としては最も小さい魚を釣るアクティビティです。
小川や用水路などのうち、流れの緩やかなところで行う非常に繊細な釣りです。

タナゴ釣りは、タックルも道糸もハリスも針も、ほぼタナゴ専用の極細・極小のものを使う、非常に難しく奥が深い釣りです。

タナゴの生態

タナゴとはコイ目コイ科タナゴ亜科タナゴ属に分類される淡水魚です。

日本に生息するタナゴと呼ばれる魚には、タナゴ、ゼニタナゴ、バラタナゴ、ヤリタナゴ、アブラボテ、オオタナゴ、カネヒラ、ミヤコタナゴなど全16種がいますが、釣りの対象としては「タナゴ」とひとくくりにされています。

このうち、ミヤコタナゴは1974年に国の天然記念物に指定され、1994年には国内希少野生動植物種に指定されました。
環境省のレッドデータブックでは、絶滅危惧種ⅠA類に指定されています。

その他、イタセンパラ、スイゲンゼニタナゴも捕獲が禁止されています。
最も分布域が広く、数が多いものは、東アジア原産のタイリクバラタナゴです。

タナゴ類は、川底に生息するドブガイなどの二枚貝の鰓葉に産卵する生態があります。
この二枚貝が多くの河川、湖沼で減っており、タナゴの仲間は、最も大きく成長(15cm程度まで成長)するカネヒラと繁殖力の強いタイリクバラタナゴを除き、減少傾向にあります。

タナゴ釣りを行う場所

タナゴ釣りは、小河川の流れのゆるい場所、田んぼへ水を引くための用水路などにいます。
水草が繁殖しているところ、暗渠の出入り口付近に溜まっています。

タナゴ釣りの代表的な釣り方・仕掛けの種類

タナゴ釣りの代表的な釣法は、超軽量仕掛けによるウキ釣りです。
極小のシモリウキを3〜4個つけるシモリウキ仕掛け若しくは、超小型の立ちウキ(ハエウキ)を使うウキ釣りです。

いずれにしても、ロッドから道糸、ウキ、ハリス、針など、タックルのすべてを超小物用にします。

タナゴ釣りの注意点

タナゴ釣りの注意点は、「採捕が禁止されている種がいる」ことです。

ミヤコタナゴ、イタセンパラ、スイゲンゼニタナゴなどは採捕が禁止されています。
なかなか見分けが付きづらいので、図鑑などを持ち歩き、採捕禁止対象と判明したら速やかにリリースしましょう。

タナゴ釣りでおすすめの道具・装備

タナゴ釣りのタックルはとにかく小さいもの、軽いもので統一します。
タナゴ釣り専用タックルもたくさん販売されていますので、それらを利用するのが良いでしょう。

【タカミヤ】竿 H.B concept 白滝 手長エビ・タナゴ

長さ1.5m、自重35gの超軟調小物専用ロッドです。
タナゴ、テナガエビ専用設計で、柔らかい竿さばきが必須のターゲットを優しく釣り上げるのに必要な衝撃吸収性を持っています。

【オーナー】糸付 20307 タナゴ 極小 0-0.3

タナゴ釣り専用針として古くから使われている、新半月と呼ばれる赤ハリス針です。
一瞬の小さなアタリを逃さず、一発でフッキングさせるには新半月の細くて柔らかなしなりが必要です。

スポンサーリンク

タナゴ釣りに使うオススメの餌

タナゴ

出典:写真AC

タナゴはコイ科の魚ですので、基本的には雑食性ですが、タナゴ針という特殊な極小針につけられることが大前提になります。

練りエサ

タナゴ釣りの餌として一般的なものは練り餌ですが、練り餌にもいくつか種類があります。

グルテンエサ

グルテン餌は、小麦粉に含まれるタンパク質を抽出したものです。
バラケ安い性質があり、どちらかというと食わせには使いづらいですが、タナゴの食いは非常に良好です。
頻繁につけ直す必要がありますが、必携の基本餌です。

【マルキュー】タナゴグルテン NO.1652

タナゴ釣り専用に開発されたグルテン餌です。
比較的針に残りやすい設計になっています。
にんにくエキスを加え、タナゴの嗜好性をアップさせています。

おかゆ練り

タナゴ用のおかゆ練りは、マッシュポテト粉末とおかゆ粉と小麦粉を1:1:0.5くらいで混ぜたものに40℃くらいのお湯を加えて行き、10分以上割り箸で撹拌すると、あるタイミングで突然変質し、粘度の高いおかゆ練りができます。
作るのも、使いこなすのも技術が要りますが、タナゴへの効果は抜群です。

【マルキュー】おかゆ粉

食いが渋っているときに効果を発揮する、柔らかくて粘り気の強いおかゆ練りが作れます。
マッシュポテト粉末、小麦粉に混ぜてよく練ります。

黄身練り

小麦粉に卵の黄身を加えて練ったもので、注射器状の容器に入れて押し出しながら針に刺して使います。

【泡づけ本舗】おかゆポンプ オレンジ 小

おかゆ練りを定量押し出すための道具です。
乾燥させてしまうとと押し出しできなくなりますので、乾燥させないことが大事です。

玉虫

玉虫はイラガの繭の中にいる蛹のことで、タナゴの特餌として知られています。
針への付け方も特殊で、繭から取り出した蛹の尻の部分を押して腸を引っ張り出し、その強くて長い腸を針にくるくる巻いて行くと言う付け方になります。

この一連の作業には慣れと技術が必要ですが、きちんと針につけられれば、玉虫1個で100匹釣る人もいるほど餌持ちが良いです。

ミミズ

ミミズはできる限り小さいものを、さらに2〜3mmくらいに小さく切って、針先に刺します。
オオタナゴやカネヒラなどの大型のタナゴを狙う場合は1cm程度にしても良いでしょう。

スポンサーリンク

タナゴ釣りで使う自作練りエサの作り方

タナゴ

出典:写真AC

タナゴ釣りで使う練りエサを自作する場合、水分量に気を付けましょう。
また、保存状態が悪いとすぐに乾いてパサパサになりますので、乾燥させないような工夫が大事です。

グルテンエサの作り方

お麩、マッシュポテト、小麦粉で作ることができます。
お麩とマッシュポテトはバラケを、小麦粉がつなぎの役目を担当します。
仕掛けを投入して30〜40秒くらいで針からすべてバラけ、餌がなくなるくらいのセッティングがベストです。

黄身練りの作り方

卵黄だけを使います。
取り出した卵黄を崩し、小麦粉を少しずつ加えながらかき混ぜていきます。
水飴くらいの硬さ(持ち上げるとドローンと伸びる感じ)になったら完成です。
おかゆポンプに入れて、少量ずつ出して針につけます。

スポンサーリンク

タナゴ釣りで使う餌の付け方

タナゴ

出典:写真AC

タナゴ釣りはとにかく針も餌も釣りの中でもっとも小さいものを使いますので、餌の付け方にはコツがいります。
場合によっては補助器具を使います。

練りエサの場合

タナゴ釣りに使う練りエサは非常に柔らかいものを使いますので、おかゆポンプや注射器のシリンジがあると便利です。
もし、シリンジなどがない場合は、割り箸の先に練りエサをを付けて、そこにタナゴ針を押し付けるようにして少量針につけます。

虫エサの場合

赤虫(ユスリカの幼虫)を針につける場合は、大根の輪切りがあると非常に便利です。
大根の上にアカムシを一匹置き、赤虫に触ることなく大根ごと赤虫をチョン掛けにします。

大根の白色と赤虫の真紅色のコントラストが、狙いを定めやすく、赤虫を簡単に針に刺すことができます。

針を大根から外せば赤虫だけが針先についています。

スポンサーリンク

タナゴ釣りに使う餌の保存方法

タナゴ

出典:写真AC

タナゴ釣りは往々にして餌が余ってしまうかも知れません。
練り餌の場合は、ラップを広げた真ん中に練りエサを小分けにして巾着状にラップの四隅をねじって輪ゴムで止め、冷凍庫で保管できます。

虫餌の場合は、ぬらした新聞紙などを入れたケースに赤虫やサシなどを入れ、冷蔵庫で保管すれば1週間くらいは保ちます。

スポンサーリンク

タナゴ釣りの餌に関するまとめ

タナゴ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タナゴ釣りにおすすめの餌を紹介!自作餌の作り方や保存方法も解説」というテーマに沿って、「タナゴ釣りとは?」「タナゴ釣りに使うオススメの餌」「タナゴ釣りで使う自作練りエサの作り方」「タナゴ釣りで使う餌の付け方」「タナゴ釣りに使う餌の保存方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【タナゴの基本知識】生態・種類・釣り方・稚魚の飼育方法を解説!
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、タナゴの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、釣り方、飼育方法…
タナゴ釣りにおすすめの仕掛け・餌・釣り場所をご紹介!釣り方のコツも解説
タナゴ釣りは、初心者の方には比較的難しいとされています。今回、釣りラボでは、初心者の方でもタナゴ釣りに挑戦できるよう、タ…
釣り針の種類と選び方を徹底解説!おすすめ5選や自作方法、結び方もご紹介
釣り人には必要不可欠なアイテムである釣り針。釣りを始めるなら釣り針に関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
釣り糸にはどんな種類がある?選び方やおすすめのライン6選、結び方をご紹介!
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン