釣り用スイベル(スナップ)とは?種類・選び方・2020年最新のおすすめスイベル7選を紹介!

釣り糸同士を結ぶために必要なスイベル(スナップ)は、釣りに欠かせないアイテムの一つです。今回釣りラボでは、そんな釣り用のスイベルについて、種類や選び方を解説した上で、おすすめの釣り用スイベルを5つ、2020年の新製品を2つご紹介します!

ジギング
スポンサーリンク

スイベル(スナップ)とは?

スイベル

出典:写真AC

スイベル(スナップ)とは、ラインと仕掛け、ルアーをつなぐ際に糸がよれないように使用する金属製の釣具です。
糸のよれを防ぐことから「より戻し」とも呼ばれることがあります。

スイベルにも様々なサイズや種類があり、それぞれルアーや仕掛けの形状に合わせたものを選ぶことが重要になってきます。
一見地味な存在のように思えるスイベルですが、上手に活用して釣果アップを目指しましょう。

スイベルをつける意味・用途

スイベルがついていることで、ラインが回転したときにスイベルも同じ方向に回転するので糸よれを軽減することができます。
糸がねじれたままだと糸が絡まるだけではなく、メタルジグが不自然な動きをするので釣果の不振にもつながります。

水深のある場所で長い仕掛けを使うときほどスイベルをつける意味やスイベルが果たす役割は大きくなってきます。

どういったリグ(仕掛け)で使われるの?

スイベルは、主にダウンショットリグやキャロライナリグなどで使われることが多いです。
また、ジギングやエギング、ジギングのようなルアー仕掛けを使った釣りでも、よく使われます。

スイベルとサルカンの違い

スイベルとサルカンはどちらも用途や構造は同じものとして扱われていますが、それぞれ販売されているメーカーによって呼び方が異なります。

スポンサーリンク

スイベルの選び方・ポイント

ダイワ(DAIWA) DスイベルSS インタースナップ付ローリングスイベル 10 (徳用)

それでは、早速スイベルの選び方のポイントを、詳しく紹介していきます。

選ぶポイント1:スイベルの種類

スイベルには、以下のように様々な種類があります。

  • タル型スイベル
  • 三つ又スイベル
  • スナップ付きスイベル
  • スイベル型サルカン

種類によって特徴が異なりますので、やりたい釣りによって使い分ける必要があります。

タル型スイベル

タル型スイベルは、最も一般的なスイベルの形状です。
糸と糸の間につけることで糸よれを防ぐことができます。

三つ又スイベル

三つ又スイベルは3つのスイベルを組み合わせたもので、三つ又に分かれています。
ブッコミ釣りなど、海底の魚を狙うときによく使われます。

スナップ付きスイベル

スイベルに開閉可能なスナップを取り付けたものが、スナップ付きスイベルです。
糸結びなしにルアーの交換や仕掛けの取り外しができるので大変便利です。

スイベル型サルカン

スイベル型サルカンは、メーカーによってパワースイベル、ローリングスイベルなど呼び方が異なります。
タル型サルカンに比べ強度が高いのが特徴で、船釣りや大型の魚を狙う際に活躍します。

選ぶポイント2:スイベルのサイズ・強度

自分の仕掛けにあった、スイベルのサイズ・強度を選ぶことが重要になってきます。
大きなスイベルほど強度は高いですが、その分ライン絡みのトラブルなども増えてきます。

自身が使っているラインの強度を考え、必要な強度を確保したうえでなるべく小さなサイズのスイベルを選ぶことがポイントです。

選ぶポイント3:スイベルの重さ

サイズが大きいものほど、スイベルの重さも比例して重くなってきます。

大きいものほど水中での抵抗も大きくなり、ルアーの動きも不自然になってくるので、サイズと同様、必要最低限の重さのスイベルを選びましょう。

スポンサーリンク

釣り用スイベルおすすめ5選!

それでは、実際におすすめの釣り用スイベル5選をご紹介します。

餌釣りにおすすめのスイベル2選

ウキ釣りやワカサギ釣り、サビキなど様々なシチュエーションで活躍するスイベルですが、仕掛けのサイズに合ったスイベルを選ぶことが重要です。

軽い仕掛けのチヌのフカセ釣りであれば14~16号など、小さめのスイベルがよいでしょう。

それでは、餌釣りにおすすめのスイベルを紹介していきます。

【NTスイベル】パワースイベル

おもりと針がついており、ハリスを別々にセットすることができるスイベル型サルカンです。
ステンレス線を使用して非常に強度があるので大物狙いにおすすめの商品です。

【ダイワ】DスイベルSS

滑らかな回転で糸よれが軽減されると評判のスイベルがダイワかから出ています。

ウキを固定できるタイプのスイベルのため、堤防からのウキ釣りにもおすすめです。
ペンチ等でつぶしてもメッキがはがれる心配がないのでラインを傷つけることもありません。

ジギング・エギングにおすすめのスイベル3選

ジギング・エギングのときでも、スイベル(スナップ)を使用すればジグやエギの交換がスピードアップし、釣果にも直結します。

フックシステムが多いタチウオジギングでも、スイベルを使用すれば簡単にフックをセットすることができるので、初心者でもライントラブルがなく釣りを楽しめます。

ライトショアジギングなどの場合は、波や潮の流れを受けやすくルアーが回転しやすいため、ベアリング入りのスイベルを使うこともおすすめです。

それでは、実際にジギング・エギングにおすすめのスイベルを紹介していきましょう。

【オーナー】ジグスピン

100%ステンレス製でさびに強く、耐久性に優れています。

回転しながら上がってくるマグロ類のキャスティングや、オーシャンフラッシュのように回転を伴うタイプのメタルジグを使用する場合にはおすすめです。

【TICT】ラクリップ ノーマル

メバリングやアジングなど、小型ルアーを使用するときにはおすすめです。
コンパクトな設計なので魚に違和感を与えることもなく、着脱しやすいのでナイトゲームでも活躍します。

【ハリミツ】墨族 オモリグスイベル

船エギングの際に使用する錘に適したスイベルです。
ジギング用ツインロックスナップを採用しており、激しくしゃくっても外れないのが特徴です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめスイベル2選

続いて、2020年以降に発売された新作のスイベルを2つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【富士工業】リグスベル SSM-NOR2.5

糸滑りが良くフリーリグやキャロライナリグに最適なスイベルである富士工業の「リグスベル」シリーズは、今まで7種類のタイプが展開されていましたが2020年10月に新しく3つのタイプが追加されました。
こちらのSSM-NOR2.5は直結型スナップによって動きが出やすいライトスイングタイプで、ターゲットに警戒心を抱かせない自然なアクションが可能です。
以前の7タイプより価格がリーズナブルになっています。

【宇崎日新】BLACK JAGUAR 漢気スイベル

「漢気スイベル」は、宇崎日新のブラックジャガーシリーズに並ぶイカメタルの時に使用する親子サルカンにスプリットリングを搭載した中錘式イカメタル専用スイベルです。
ステンレス製のスプリットリングは仕掛けのトラブルも抑えてくれる上、ターゲットのケンサキイカやヤリイカ、スルメイカを警戒させないブラックカラーは注目です。
S、M、Lの3種類のサイズから仕掛けに応じてチョイスしましょう。

スポンサーリンク

スイベルの付け方・結び方・使い方

スイベルのライン、ルアーの取り付け方は様々ありますが、結び方によってそれぞれ結ぶのにかかるスピードやその強度は異なります。
スイベル(スナップ)の付け方・使い方を、取り付けるもの別にご紹介します。

ラインへの付け方

スイベルにラインを結ぶ際に、最も一般的な結び方が「クリンチノット」と呼ばれる結び方です。
小型から中型を狙う際には十分な強度の結び方です。

さらに強度が求められる場合には「パロマーノット」や「漁師結び」と呼ばれる結び方があります。

それぞれ結束強度は最強クラスですが、結び方は簡単ではありません。
しかし、大型の魚を狙う際にはぜひ覚えておきたい結び方です。

詳細は以下の動画をご覧ください。

【簡単強力!】クリンチノット(サルカン結び)結び方解説

ルアーへの付け方

ルアー釣りにおいて、スイベルをルアーにつける際はスナップ付きスイベルを使用すれば、ルアーを交換するときの結びかえの手間が省けて便利です。

スポンサーリンク

釣り用スイベルまとめ

スポンサーリンク

スイベル(スナップ)とは?

スイベル

出典:写真AC

スイベル(スナップ)とは、ラインと仕掛け、ルアーをつなぐ際に糸がよれないように使用する金属製の釣具です。
糸のよれを防ぐことから「より戻し」とも呼ばれることがあります。

スイベルにも様々なサイズや種類があり、それぞれルアーや仕掛けの形状に合わせたものを選ぶことが重要になってきます。
一見地味な存在のように思えるスイベルですが、上手に活用して釣果アップを目指しましょう。

スイベルをつける意味・用途

スイベルがついていることで、ラインが回転したときにスイベルも同じ方向に回転するので糸よれを軽減することができます。
糸がねじれたままだと糸が絡まるだけではなく、メタルジグが不自然な動きをするので釣果の不振にもつながります。

水深のある場所で長い仕掛けを使うときほどスイベルをつける意味やスイベルが果たす役割は大きくなってきます。

どういったリグ(仕掛け)で使われるの?

スイベルは、主にダウンショットリグやキャロライナリグなどで使われることが多いです。
また、ジギングやエギング、ジギングのようなルアー仕掛けを使った釣りでも、よく使われます。

スイベルとサルカンの違い

スイベルとサルカンはどちらも用途や構造は同じものとして扱われていますが、それぞれ販売されているメーカーによって呼び方が異なります。

スポンサーリンク

スイベルの選び方・ポイント

ダイワ(DAIWA) DスイベルSS インタースナップ付ローリングスイベル 10 (徳用)

それでは、早速スイベルの選び方のポイントを、詳しく紹介していきます。

選ぶポイント1:スイベルの種類

スイベルには、以下のように様々な種類があります。

  • タル型スイベル
  • 三つ又スイベル
  • スナップ付きスイベル
  • スイベル型サルカン

種類によって特徴が異なりますので、やりたい釣りによって使い分ける必要があります。

タル型スイベル

タル型スイベルは、最も一般的なスイベルの形状です。
糸と糸の間につけることで糸よれを防ぐことができます。

三つ又スイベル

三つ又スイベルは3つのスイベルを組み合わせたもので、三つ又に分かれています。
ブッコミ釣りなど、海底の魚を狙うときによく使われます。

スナップ付きスイベル

スイベルに開閉可能なスナップを取り付けたものが、スナップ付きスイベルです。
糸結びなしにルアーの交換や仕掛けの取り外しができるので大変便利です。

スイベル型サルカン

スイベル型サルカンは、メーカーによってパワースイベル、ローリングスイベルなど呼び方が異なります。
タル型サルカンに比べ強度が高いのが特徴で、船釣りや大型の魚を狙う際に活躍します。

選ぶポイント2:スイベルのサイズ・強度

自分の仕掛けにあった、スイベルのサイズ・強度を選ぶことが重要になってきます。
大きなスイベルほど強度は高いですが、その分ライン絡みのトラブルなども増えてきます。

自身が使っているラインの強度を考え、必要な強度を確保したうえでなるべく小さなサイズのスイベルを選ぶことがポイントです。

選ぶポイント3:スイベルの重さ

サイズが大きいものほど、スイベルの重さも比例して重くなってきます。

大きいものほど水中での抵抗も大きくなり、ルアーの動きも不自然になってくるので、サイズと同様、必要最低限の重さのスイベルを選びましょう。

スポンサーリンク

釣り用スイベルおすすめ5選!

それでは、実際におすすめの釣り用スイベル5選をご紹介します。

餌釣りにおすすめのスイベル2選

ウキ釣りやワカサギ釣り、サビキなど様々なシチュエーションで活躍するスイベルですが、仕掛けのサイズに合ったスイベルを選ぶことが重要です。

軽い仕掛けのチヌのフカセ釣りであれば14~16号など、小さめのスイベルがよいでしょう。

それでは、餌釣りにおすすめのスイベルを紹介していきます。

【NTスイベル】パワースイベル

おもりと針がついており、ハリスを別々にセットすることができるスイベル型サルカンです。
ステンレス線を使用して非常に強度があるので大物狙いにおすすめの商品です。

【ダイワ】DスイベルSS

滑らかな回転で糸よれが軽減されると評判のスイベルがダイワかから出ています。

ウキを固定できるタイプのスイベルのため、堤防からのウキ釣りにもおすすめです。
ペンチ等でつぶしてもメッキがはがれる心配がないのでラインを傷つけることもありません。

ジギング・エギングにおすすめのスイベル3選

ジギング・エギングのときでも、スイベル(スナップ)を使用すればジグやエギの交換がスピードアップし、釣果にも直結します。

フックシステムが多いタチウオジギングでも、スイベルを使用すれば簡単にフックをセットすることができるので、初心者でもライントラブルがなく釣りを楽しめます。

ライトショアジギングなどの場合は、波や潮の流れを受けやすくルアーが回転しやすいため、ベアリング入りのスイベルを使うこともおすすめです。

それでは、実際にジギング・エギングにおすすめのスイベルを紹介していきましょう。

【オーナー】ジグスピン

100%ステンレス製でさびに強く、耐久性に優れています。

回転しながら上がってくるマグロ類のキャスティングや、オーシャンフラッシュのように回転を伴うタイプのメタルジグを使用する場合にはおすすめです。

【TICT】ラクリップ ノーマル

メバリングやアジングなど、小型ルアーを使用するときにはおすすめです。
コンパクトな設計なので魚に違和感を与えることもなく、着脱しやすいのでナイトゲームでも活躍します。

【ハリミツ】墨族 オモリグスイベル

船エギングの際に使用する錘に適したスイベルです。
ジギング用ツインロックスナップを採用しており、激しくしゃくっても外れないのが特徴です。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめスイベル2選

続いて、2020年以降に発売された新作のスイベルを2つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【富士工業】リグスベル SSM-NOR2.5

糸滑りが良くフリーリグやキャロライナリグに最適なスイベルである富士工業の「リグスベル」シリーズは、今まで7種類のタイプが展開されていましたが2020年10月に新しく3つのタイプが追加されました。
こちらのSSM-NOR2.5は直結型スナップによって動きが出やすいライトスイングタイプで、ターゲットに警戒心を抱かせない自然なアクションが可能です。
以前の7タイプより価格がリーズナブルになっています。

【宇崎日新】BLACK JAGUAR 漢気スイベル

「漢気スイベル」は、宇崎日新のブラックジャガーシリーズに並ぶイカメタルの時に使用する親子サルカンにスプリットリングを搭載した中錘式イカメタル専用スイベルです。
ステンレス製のスプリットリングは仕掛けのトラブルも抑えてくれる上、ターゲットのケンサキイカやヤリイカ、スルメイカを警戒させないブラックカラーは注目です。
S、M、Lの3種類のサイズから仕掛けに応じてチョイスしましょう。

スポンサーリンク

スイベルの付け方・結び方・使い方

スイベルのライン、ルアーの取り付け方は様々ありますが、結び方によってそれぞれ結ぶのにかかるスピードやその強度は異なります。
スイベル(スナップ)の付け方・使い方を、取り付けるもの別にご紹介します。

ラインへの付け方

スイベルにラインを結ぶ際に、最も一般的な結び方が「クリンチノット」と呼ばれる結び方です。
小型から中型を狙う際には十分な強度の結び方です。

さらに強度が求められる場合には「パロマーノット」や「漁師結び」と呼ばれる結び方があります。

それぞれ結束強度は最強クラスですが、結び方は簡単ではありません。
しかし、大型の魚を狙う際にはぜひ覚えておきたい結び方です。

詳細は以下の動画をご覧ください。

【簡単強力!】クリンチノット(サルカン結び)結び方解説

ルアーへの付け方

ルアー釣りにおいて、スイベルをルアーにつける際はスナップ付きスイベルを使用すれば、ルアーを交換するときの結びかえの手間が省けて便利です。

スポンサーリンク

釣り用スイベルまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「釣り用スイベル(スナップ)とは?種類・選び方・2020年最新のおすすめスイベル7選を紹介!」というテーマに沿って、

  • スイベル(スナップ)とは?
  • スイベルの選び方・ポイント
  • 釣り用スイベルおすすめ5選!
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめスイベル2選
  • スイベルの付け方・結び方・使い方
  • スイベル(スナップ)とは?
  • スイベルの選び方・ポイント
  • 釣り用スイベルおすすめ5選!
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめスイベル2選
  • スイベルの付け方・結び方・使い方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン