ウキ釣りにおすすめな撒き餌・付け餌をご紹介!付け方や使い方もご紹介

海や川、堤防など様々な場所から手軽に楽しむことができるウキ釣りですが、そんなウキ釣りにおすすめの餌の種類をご存じでしょうか?今回、釣りラボでは、ウキ釣りに使う餌について、オススメの餌や付け方などを解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

釣り餌
スポンサーリンク

ウキ釣りとは?

ウキ

出典:写真AC

ウキ釣りとは、すごくシンプルで、ウキという目印を使った釣り方です。
この目印となるウキは釣りをするにあたって様々なメリットや種類がありますので紹介します。
二つの大きなメリットとして、仕掛けに魚が食いついた時に一目でわかるということと、ある一定の深さに餌を仕掛けていられるということが挙げられます。

前者のメリットにより、水面に浮かぶウキが沈むと餌にかかったと分かるので、釣りが初めてという人など竿の機微な感覚が掴めなくても釣ることが出来ます。

また後者のメリットにより、餌を付けた針が魚がいる深さよりも深く沈んだりするのを防ぐことができます。
これによって、常に魚のいる範囲に餌を仕掛けておくことが出来ます。

またウキ釣りは、堤防や河川、海藻の側など様々な場所で行うことが出来ます。
これらの汎用性の広さも魅力的です。

スポンサーリンク

ウキ釣りで使うおすすめの餌

釣り餌

出典:写真AC

まず最初に、ウキ釣りの餌には「撒き餌」と「付けエサ」の二種類があります。
狙う魚の性質によって使用するエサが違います。

撒き餌は読んで字のごとく、餌をまいて魚を集めて、群がった魚を釣る方法です。
この撒き餌を使った浮き釣りでは初めての方でも、釣果が期待できるのでお勧めです。

「付けエサ」には、様々な種類があったり、また付け方によって釣果が変わったりするので、目的に合った餌を選ぶことをお勧めします。

付けエサ

付けエサにはどんな種類のものがあるのか、エサがどの魚に有効なのかを踏まえながら、付け餌について、紹介していきます。

オキアミ

オキアミは小さなエビのような見た目をしていて、ウキ釣りにおいて一番使用されている餌です。
オキアミで釣れる魚は、メジナ、アジ、カンパチ、チヌ、サバと様々で回遊魚なども釣ることが出来ます。

また撒き餌として使用することもできるので、迷ったら定番のオキアミを使用することをお勧めします。

ゴカイ

ゴカイやイソメはミミズのような見た目をしていて、小さい魚から大きな魚まで狙える万能な付け餌です。
ゴカイで狙える魚として一番有名なものはキスです。
また、ウキ釣り黒鯛餌としても使用されます。
価格はイソメとほぼ同じで、1パック500円前後で100gだと約600円程度です。

イソメ

イソメも穴子や太刀魚、メバルなど様々な魚を狙うことが出来る便利な餌です。
値段も安価で保存もしやすいので、釣りを初めたての人たちに人気の餌です。

活きエビ

続いて、活きエビ(シラサエビ)についてですが、シラサエビは川などにいるスジエビを釣り用の餌に使うときの名前です。
活きエビの値段は、50gで500円程度と、ゴカイやイソメよりは少々高くなります。

撒き餌(コマセ)

撒き餌(コマセ)は、種類が豊富でまた、近場でのウキ釣りをするにあたっての釣果を高める非常に重要な役割があります。

こちらの撒き餌はオキアミを使用した撒き餌で、出口がチューブ型になっているので手が予後入れる心配もなく、管理が容易なのでおすすめです。

また、近くに釣具屋さんがない方などは、こちらの冷凍オキアミを買っておくと便利です。

スポンサーリンク

ウキ釣りで使う餌の使い方

ウキ

出典:写真AC

こちらではウキ釣りで使う「付け餌」「撒き餌」の具体的な使い方について説明していきます。
付け方によって、外れにくくなったりとかなどのコツがあるので、ぜひ参考にしてください。

付けエサの付け方

付けエサの付け方で、まず、オキアミの付け方を紹介します。
まず最初に一番基本となる「腹掛け」という付け方を紹介します。

この方法ではお腹を内側に丸めるように付けていき、針が少しだけはみ出るようにすることがポイントです。

釣りエサの針への付け方 オキアミ(堤防釣り)

次に、「背掛け」の付け方が解説されている動画を紹介します。
この付け方は腹掛けよりも、外れにくくなるので、遠くへ飛ばすことができます。

ウキ釣り超入門-ツケエの付け方(背掛け)

続いて、イソメとゴカイの通し刺しという最も基本的な付け方について紹介します。
イソメやゴカイは先から刺して、真っ直ぐにつける方が効果的です。

その方法を丁寧に説明している動画あるので紹介します。

青イソメの付け方 – 最も基本的な【通し刺し】 –

撒き餌の撒き方

撒き餌をただ闇雲に撒いても効果は運任せになってしまうので、ここでは最も基本的な撒き方を説明している動画を紹介させていただきます。

ウキ釣り超入門-マキエの投入方法・基本篇
スポンサーリンク

ウキ釣りで釣れる魚・やり方・タックル

タックル

出典:写真AC

それでは最後に、ウキ釣りで釣れる魚、やり方、おすすめの道具・タックルをご紹介します。

ウキ釣りで釣れる魚・対象魚

ウキ釣りで釣れる魚・対象魚は、小さい魚から大きい魚まで幅広いです。
また、川の魚やうなぎやアナゴなども釣れるので、釣りを大いに楽しむことができます。

メバル

メバルは、夜行性の性質が強いので電気ウキを使用して主に夜釣りで釣ることが出来ます。
メバルを狙ったウキ釣りは大きな釣果が期待できる為、全国的に人気です。

小アジ

小アジを釣るためのウキ釣りで使われる手法はサビキウキという手法です。
これは餌をカゴに入れて海の中で撒かれて、それに群がった小アジを釣る方法で、比較的簡単に釣ることが出来るので、初心者の方にも人気です。

太刀魚

太刀魚のウキ釣りは、棒ウキを使用した、夜釣りがおすすめです。
小魚の群れがあるところで釣れる可能性が大きいのもポイントです。

ウキ釣りのやり方

ウキ釣りのやり方ですが、大きく分けて二つのやり方があります。
固定仕掛けと遊動仕掛けを使う方法です。

固定仕掛けはウキ釣りの基本的なやり方で、近場でウキ釣りを行うときの方法です、

近場でのウキ釣りに慣れて、遠方やより深いウキ釣りをしたいときは遊動仕掛けを使います。

両方とも、釣り方は同じでかつ簡単で、ウキが水面に沈んでいったらアタリの合図ということです。

ウキ釣りで使用する道具(タックル)・仕掛け

ウキ釣りで使用する道具・仕掛けを2つご紹介します。

【ダイワ】リバティクラブ 磯風

ウキ釣りで使用するロッドで長さも十分あるのに軽く、扱いやすいのでオススメです。

【冨士灯器】FF-D03 完全自立電気ウキ 3B

こちらの電気ウキは自立性が高く非常に使いやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

ウキ釣りでおすすめな餌に関するまとめ

ウキ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ウキ釣りにおすすめな撒き餌・付け餌をご紹介!付け方や使い方もご紹介」というテーマに沿って、「ウキ釣りとは?」「ウキ釣りで使うおすすめの餌」「ウキ釣りで使う餌の使い方」「ウキ釣りで釣れる魚・やり方・タックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】釣りウキおすすめ10選を種類ごとにご紹介!選び方や号数・浮力による違い、付け方も
釣りをするなら必要不可欠とも言えるウキ(浮き)。ウキに関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回、釣りラボでは…
【ウキ釣り入門】海・堤防釣りにおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
ウキ釣りは初心者でも手軽に始めれることから人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなウキ釣りについて、ウキの…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
【釣り餌の王道】オキアミとは?餌の付け方・値段相場・使い方をご紹介
オキアミは釣りエサの代表格であり、多くの方が使う万能餌の一つです。今回、釣りラボでは、そんなオキアミについて、オキアミの…
【釣り餌の王道】イソメとはどんな餌?保存方法・付け方・飼育方法・値段相場を解説
イソメは釣り餌の代名詞として知られるほど有名です。今回、釣りラボでは、そんなイソメについて、イソメの種類や違い、購入方法…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン